この記事ではファミマTカードの作り方の手順を細かくご紹介します。

そのまま真似していただければ確実にファミマTカードを発行することができます。

…と、その前にファミマTカードと一言にいっても、実はファミマTカードには

  • ポイント機能のみのカード
  • クレジット機能付きのカード
  • デビット機能付きのカード

の3種類が存在します。

「どんな違い、特徴があるの?」というと、下記の通りです。

ファミマTカード3種類の特典・特徴比較
ファミリーマートでのTポイントの貯まり方 ファミマTカード
(ポイントカード)
ファミマTカード
(クレジットカード)
ファミマTカード
(Visaデビット付)
基本ショッピングポイント 200円(税込)につき
1ポイント
200円(税込)につき
1ポイント
200円(税込)につき
1ポイント
決済ポイント ファミリーマートでのクレジット利用時(クレジットポイント) 200円(税込)につき
1ポイント
ファミリーマートでのVisaデビット利用時(デビットポイント) 200円(税込)につき
1ポイント
Tマネー利用時 500円(税込)につき
1ポイント
500円(税込)につき
1ポイント
500円(税込)につき
1ポイント
ファミリーマートご利用の特典 ファミランク
Tポイントプラス
カードの日
※ポイント最大5倍
レディースデー
※ポイント2倍
若者応援ポイント
※※ポイント2倍
会員限定割引
今お得
トラベル最大8%割引
機能・サービス名称
TSUTAYAレンタルサービス

PGM
クレジット利用ポイント2倍  

キャッシュカード機能
Tマネー
オートチャージ・クレジットチャージ

また、ポイントカードはそのまま「ポイントを貯められる・使えるカード」という認識でOKですが、クレジットカードとデビットカードの違いとしては下記の通りです。

クレジットカードとデビットカードの違い
カード種類 ファミマTカード
(Visaデビット付)
ファミマTカード
(クレジットカード)
支払いのタイミング 即時支払い 後払い
引き落とし口座 ジャパンネット銀行のみ※ ジャパンネット銀行以外も可
分割払い、リボ払い、ボーナス払い ×
ブランド Visa JCB
審査 なし(15歳以上なら誰でもOK) あり(安定した収入がある18歳以上)
カードの限度額 上限は自分で決められる
※口座残高から引き落とされるので所持金以上は利用できません。
クレジットカード会社が決める金額
ポイント還元率  0.2% 0.5%
ETCカード/Apple Pay ×
入会キャンペーン 1000ポイントもらえる 4000ポイントもらえる

これを踏まえた上でファミマTカードの発行方法を詳しくご紹介します。

最大4000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

 
クレナビ管理人が書籍を執筆しました!!

これからポイ活を始めたい方にぜひ!!

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済、そしてポイントサイト。あらゆる方法を駆使してお得にポイントを貯める方法について、約190Pの1冊の本にまとめました!

これからポイ活を始めたい、ポイントをもっと賢くお得に貯めたい、そんなあなたにピッタリの内容になっています。詳しくはAmazon or 楽天ブックスでご確認ください。

1.ファミマTカードの作り方の手順について

最初にご紹介した通りファミマTカードには

  • ポイント機能のみのカード
  • クレジット機能付きのカード
  • デビット機能付きのカード

の3種類があります。

カード種類 ファミマTカード
(ポイントカード)
ファミマTカード
(クレジットカード)
ファミマTカード
(Visaデビット付
キャッシュカード)
年会費 無料 無料 無料
概要 店頭ですぐに発行、ファミリーマートでのお買い物で、Tポイントが貯まる、使える! 店頭支払いコースなら口座登録不要!公共料金や金券類のお支払いでもクレジットポイントが貯まる! 審査なし!
Visaデビットは使ったその場で引き落とし。
現金感覚で利用できます。

このうちのどのカードを発行するかによって発行方法が異なるので、それぞれを詳しくご紹介していきます。

1-1.ファミマTカード(ポイントカード)を作る方法

ポイントカードのみの機能が利用できるファミマTカードの発行方法は一番簡単で、ファミリーマートの店舗で受けとるだけです。

年齢制限などなく誰でも発行できるポイントカードですが、ポイントカードに貯まったポイントを利用するために必要なサービス登録を行なう場合、15歳以下の方は保護者の同意が必要になります。

カード自体は「ファミマTカードください」というと、そのまま「はい、どうぞ」という感じで貰うことができます。

店舗によってはレジの横においていて、自由に貰える店舗もあるようです。

「Tポイントが貯められるカード」と聞くと一番最初に思うのがノーマルなTポイントカードだと思います。

ファミマTカードの、しかもポイントカード機能しか無いカードならTカードと同じじゃないの?という疑問もあると思いますが、キチンと違いがあります。

ファミマTカードとTポイントカードの違いは

  • Tポイントカード
    =Tポイントが貯められる・使えるカード
  • ファミマTカード(ポイントカード)
    =Tポイントが貯められる・使えるカード
    =ファミリーマートでポイントボーナスがあるカード

という違いがあります。

Tポイントカードにはメチャクチャ多くの種類があり、その数は何と260種類にものぼっていて、全部のカードを把握するのは困難でしょう。

チラッと一部のカードを紹介すると下記のようなTポイントカードがあります。

エネオス提携
エクセルシオールカフェ提携 ドトール提携
大阪王将提携 アイシティ提携 SoftBank提携

つまり、Tポイントカード×○○という感じで提携しているTポイントカードが260種類以上あるということです。

じゃあファミマTカード(ポイントカード)は独自メリットとしてどんなサービスがあるのか?というと、毎週火曜・土曜日はファミリーマートでポイント2倍や、その他キャンペーンなどでポイントボーナスをもらうことができます。

コンビニの利用は年間を通すと馬鹿にならない金額を利用していることがほとんどなので、ファミマユーザーであれば絶対に持っておきたいカードですね。

1-1-1.注意!ファミマTカード(ポイントカード)は情報登録しないと貯めたポイントは利用できない!

ここで1つ注意点があります。

カードはメチャクチャ簡単に誰でも貰うことができるのですが、貯めたポイントを利用するにはポイントカードを事前に会員サイトで登録する必要があります。

詳しくは後ほど、手順・登録に必要なものも含めてご紹介します。

一旦ファミマTカード(ポイントカード)の概要をまとめると下記のようになります。

ファミマTカード(ポイントカード)概要まとめ
  • ファミマTカード(ポイントカード)はポイントカード機能のみ
  • ファミリーマートでポイントボーナスが貰える
  • カードは店舗で貰える
  • 15歳以下の方が利用登録するには親の同意が必要
  • ファミマTカード貰った時点から”ポイントを貯める”は利用できるが”ポイントを使う”を利用するには別途登録が必要

1-2.ファミマTカード(クレジットカード)を作る方法

次にクレジットカード機能が付帯したファミマTカードについてです。

クレジットカード機能が付帯すると、当たり前ですが発行基準や発行方法はポイントカードのみの時よりも複雑になります。

まず発行基準を確認すると下記のように定められています。

  • 18歳以上の方(高校生を除く)
  • インターネットからの申込みの場合は20歳以上の方

ポイントカードよりは断然発行基準が上がりますが、フリーターやアルバイト、パート、主婦の方なども発行することができるのでクレジットカードの審査基準としてはかなり易しい方だということができるでしょう。

じゃあ具体的な申込み方法?というと、ファミマTカードのクレジットカードの場合、申込み方法は

  • ①インターネットから申込む方法
  • ②入会申込書から申込む方法
  • ③ポイントカードからクレジットカード機能付きへ切り替える方法

の3種類があります。

新規場合は①もしくは②の方法で発行することができます。

1-2-1.インターネットから申込む方法

まずインターネットから申込む手順をご紹介します。

後に入会書から申込む手順もご紹介しますが、確実にインターネットから申込む方法の方が手間も時間も掛からないのでオススメです。

インターネットから申込む具体的な手順
step1.ファミマTカード公式サイトにアクセスする

「ファミマTカード 発行」と入力すると、ファミリーマート公式ページが上位表示されるのでクリックします。

step2.「カードを作る」をクリックする

表示された公式サイトのページを下にスクロールすると、ファミマTカードの

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • ポイントカード

の3枚が選べるので、クレジットカードの下の「カードを作る」をクリックします。

step3.「インターネットでお申し込み」をクリックする

表示されたページで発行方法の選択ができるので、「インターネットでお申し込み」をクリックします。

step4.「新規入会はこちら」をクリックする

表示されたページで「新規入会はこちら」をクリックします。

step5.注意事項を読んで「入会受付画面へ」をクリックする

カードの注意事項が表示されるのでよく読んでページ下部の「入会画面へ」をクリックします。

step6.会員規約を読む

カードの会員規約が表示されるので、よく読んで「承認して申込む」にチェックを入れた上で「次へ」をクリックします。

「承認して申込む」にチェックを入れてない場合は「次へ」をクリックすることはできないので、カードを申込みたい場合は必然的に「承認して申込む」にチェックを入れることになります。

step7.個人情報を入力する

次にカード発行者の名前や住所などの個人情報を入力するページに移動するので、それぞれ入力していきます。

入力後に「次へ」をクリックすると次のステップへ進みます。

入力する事項は下記の通りです。

項目 必須 or 任意
ご氏名 必須
ご氏名(フリガナ) 必須
ご氏名 (ローマ字) 任意
性別 必須
生年月日 必須
暗証番号 必須
ご自宅住所 必須
電話番号 必須
メールアドレス 必須
メールマガジン 必須
 Web明細のお申込み 任意
配偶者 必須
子供 必須
同一家計人数 必須
ご本人からみた世帯主との続柄 必須
世帯主との同居状況 必須
お住まいについて 必須
居住年数 必須
住宅ローン・家賃支払いの有無 必須
ご本人の借入状況 必須
クレジットカードお申込みの目的 必須
ご希望のキャッシング利用可能枠 必須
運転免許証 必須
ファミリーマート店番 任意
ご職業 必須

 

step8.職業情報などを入力する

次に職業や収入に関する情報入力画面が表示されるので、それぞれ入力していきます。

全てに入力後、「次へ」をクリックします。

入力項目は下記の通りです。

項目 必須 or 任意
ご職業 必須
※前ページで入力したものが表示されます
お勤め先名(法人種別 必須
お勤め先名 必須
お勤め先名(フリガナ) 必須
勤務先電話 必須
業種・お仕事内容 必須
所属部署 必須
従業員数 必須
勤続年数 必須
ご本人の年収額 必須
クレジットのお支払いに
充当可能な預貯金額(年間)
任意
世帯主の年収額 任意
世帯主の今後1年間の
クレジット支払予定額
任意

 

step9.入力内容を確認して送信する

入力内容が全て表示されるので、間違っていないか確認後、「送信」をクリックして申込み完了です。

1-2-2.入会申込書から申込み方法

次に入会申込書からファミマTカード(クレジットカード)を申込む方法です。

入会申込書から発行する場合はまず入会申込書をゲットする必要があり、入会申込書をゲットする方法は

  • ①サービスデスクに問い合わせて自宅に送ってもらう
  • ②ファミリーマート店舗でゲットする
  • ③インターネットで入会申込書を取り寄せる

という3つの方法があります。

お気づきかもしれませんが、③は「インターネットがあるならそのまま申込めばいいんじゃない?」というと、まさにその通りで、申込書を送ってもらって、送り返す時間や手間を考えるとダイレクトにインターネットからカードを申込んだ方が素早く発行することができます。

特別な理由がない限りインターネットからの申込みをオススメしますが、念のため全ての手順をご紹介します。

入会申込書を取り寄せる具体的な手順
step1.ファミマTカード公式サイトにアクセスする

まずインターネット申込みと同じようにファミリーマートの公式サイトにアクセスします。

step2.「カードを作る」をクリックする

ファミマTカード(クレジットカード)の「カードを作る」をクリックします。

step3.「新規入会はこちら」をクリックする

次に表示されたページで「新規入会はこちら」をクリックします。

step4.「入会申込書でお申し込み」からインターネット or 電話を選択する

次に表示されたページで入会申込書のお申し込み方法が選ぶことができ

  • ファミリーマート店頭
  • インターネット
  • お電話

の3つが表示されます。

step5.電話 or 店舗で入会申込書を貰う場合

まず簡単な方法からご紹介すると、電話で申込書を貰う方法と、店舗で申込書を貰う方法です。

もし「ファミリーマートが近くにあるから、店舗で入会申込書を貰いたい!」という方は、店舗に行くと入会申込書が入った棚があるので、そこから自由に持って帰ることができます。

ただしもしかすると無い店舗もあるので、確実に申込書をゲットしたい場合は電話で取り寄せるか、インターネットで取り寄せる方法をオススメします。

電話で入会申込書を取り寄せる場合は下記のサポートデスクに問い合わせることで自宅に送ってもらうことができます。

●ポケットカード株式会社 ファミマTカードサービスデスク

0120-230-553(フリーダイヤル)
0570-064-230(携帯電話・スマートフォン)

営業時間:9:00~21:00 年中無休

step6.インターネットから入会申込書を取り寄せる場合

「インターネットから入会申込書を取り寄せたい!」という方は下記のステップを辿ってください。

まず下記の画面で入会申込書でお申し込みの下にある「インターネット」がクリックできるので、クリックします。

step7.個人情報取扱いについての説明に同意する

すると個人情報の取扱いについての内容が表示されるので、よく読んで「同意してフォームへ進む」をクリックします。

step8.送付先の情報を入力する

ファミマTカードの入会申込書をおくって欲しい住所を記入します。

全て必須事項なので、全てを入力した後に「確認」をクリックします。

step9.入力内容を確認して「送信」をクリックする

入力事項確認の画面が表示されるので、入会申込書を送付して欲しい住所になっているかをキチンと確認してから「送信」をクリックします。

step10.入会申込書に記入して返送する

数日後に入会申込書が届くので、それぞれの項目に記入して返送することで申込みが完了します。

1-2-2.ポイントカードからの切り替えの場合

次に「ポイントカードを既に持っていて、ポイントカードをクレジットカードのファミマTカードに切り替えたい!」という方に向けた方法です。

ポイントカードをクレジットカードに切り替えるとポイントカードで貯まっていたポイントをクレジットカードに引継ぐことができます。

概ね新規入会の場合と同じですが、今持っているポイントカードのカード番号を入力するなどのステップが追加されています。

ポイントカードからクレジットカードへ切り替える具体的な手順
step1.ファミリーマートの公式サイトへアクセスする

他の方法と同じようにファミリーマートの公式サイトへアクセスします。

step2.「カードを作る」をクリックします。

ここも他の方法と同じく、ファミマTカード(クレジットカード)の下にある「カードを作る」をクリックします。

step3.「クレジットカードへ切り替える」をクリックする

次に表示されたページで「クレジットカードへ切り替える」という専用のリンクがあるので、それをクリックします。

step4.「クレジットカードへの切替はこちら」をクリックする

次に下記のようなページに移動するので、赤く「クレジットカードへの切替はこちら」と表示されているバナーをクリックします。

step5現在所持しているポイントカードの情報を入力します。

クレジットカードへ切り替えたいポイントカードの情報を入力して、「次へ」をクリックします。

step6.会員規約、個人情報、職業情報、入力内容を確認して完了

ここから先はクレジットカードの新規入会と同じ手順になるので割愛します。

結局カードの新規入会とカード切り替えの場合では何が違うのか?というと、持っているポイントカードの情報を入力するかしないかだけの違いなので、そんなに発行方法が異なるワケではありません。

ポイントカードに貯まっているポイントを引き継いだ上でファミマTカード(クレジットカード)を発行したい場合は、この簡単なステップをプラスするだけでポイントを引継げるのでオススメです。

1-3.ファミマTカード(VISAデビット付き)を作る方法

次はファミマTカード(VISAデビット付キャッシュカード)についてです。

クレジットカードとは違い、デビットカードは利用限度額などがなく、カードで利用した分は即日銀行口座から引き落とされます。

つまり、自分の限界を超えてカード利用をする心配がなく、未成年の方でも安心して利用することができるカードです。

この記事でご紹介している3枚のファミマTカードの年齢制限をまとめると下記のようになります。

Tカードの種類 年齢制限
ポイントカード 年齢制限はありません。小学生、中学生、高校生でも作ることができます。※TSUTAYAレンタル機能をつける場合には小学生以下は保護者の同意書が必要です。
クレジットカード 18歳以上の方(高校生を除く)場合のみ申込が可能です。インターネットからの申込は20歳以上の方に限定されます。
デビットカード 審査なしで発行することができます。Visaデビット付キャッシュカード(ファミマTカード)は、15歳以上の方が対象となります。

「使える金額は自分の銀行口座にあるお金だけ」という条件のため、クレジットカードよりも発行条件が簡単で、審査などなく15歳以上であれば発行することができます。

そんなファミマTカードのデビットカードの発行方法はインターネットから申込む方法しかなく、申込書からの発行などはできません。

1-3-1.新規発行する場合の申込み方法

デビットカードの発行はインターネットから申し込む方法しかないですが、ジャパンネット銀行の口座を持っていることが前提条件となります。

なので

  • ジャパンネット銀行の口座を持っていない場合
    =新規発行
  • ジャパンネット銀行の口座を持っている場合
    =キャッシュカードから切替

で発行方法がことなるので、それぞれの方法をご紹介していきます。

新規発行する場合
step1.ファミマTカード(デビットカード)のサイトにアクセスする

まずは検索サイトで「ファミマTカード デビット」と入力してファミマTカード(デビットカード)の申込みページを表示させます。

ファミリーマートの公式ホームページからもアクセスすることはできますが、デビットカードはファミリーマートではなくジャパンネット銀行が主導となって発行申込みを受け付けているので、この方法が手っ取り早く申込みフォームにアクセスする方法になります。

step2.「口座開設」をクリックする※ジャパンネット銀行の口座を持っていない場合

サイトを開くと下記の画面が表示されるので「口座開設」をクリックします。

ファミマTカード(デビット付き)を発行するためにはジャパンネット銀行の口座が必要になるので、ジャパンネット銀行の口座を持っていない人はまずは口座開設を行なうことが必要になってきます。

※ジャパンネット銀行の口座を既に持っている方がファミマTカード(デビット付き)を発行する方法については後ほどご紹介します。

step3.「いますぐ申し込む」をクリックする

「口座開設」をクリックすると下記のページが表示されるので、「いますぐ申し込む」をクリックします。

step4.口座開設のための情報を入力する

口座開設のために必要な情報を入力する画面に切り替わるので、それぞれを入力していきます。

全ての入力が終わったら「同意して次へ」をクリックします。

注意点として、このページで本人確認資料ほ送付方法を選ぶ項目があり

  • スマホアプリで送る方法
  • 書類で送る方法

の2種類が選べ、それぞれによって多少手順が異なってきます。

step5.入力内容を確認する

入力内容を確認した後、「上記の内容で申し込む」をクリックします。

何か修正したい箇所がある場合は「修正」をクリックすると前の画面に戻ることができます。

step6.アプリで口座開設する場合

step7.申込書類で口座開設する場合

これで申し込みは完了ですが、口座開設を行なうためには本人確認書類を送信する必要があります。

本人確認書類の送信方法はstep5で選んだ方法によって異なるのでそれぞれご紹介します。

もし「郵送」での本人確認書類提出を選んだ場合は入力した住所へ書類が届くので、その書類に本人確認書類(健康保険証や運転免許証など)を添付して返送することで口座開設が完了し、カードが送られてきます。

一方で、もし「スマートフォンアプリ」を選択した場合はジャパンネット銀行のアプリをダウンロードして、表示されいてる受付番号を入力し本人確認書類をスマホカメラなどで撮影して送ることでカードが発行されます。

完全にスマホアプリでの本人確認書類提出の方が、書類で返送するよりも時間効率が良いのでオススメです。

1-3-2.キャッシュカードから切り替える方法

先にジャパンネット銀行の口座を持っていない方のためのファミマTカード(デビット付き)の発行手順をご紹介しましたが、次は既にジャパンネット銀行の口座を持っている方がファミマTカード(デビット付き)を発行する方法です。

口座開設のステップがないので、新規入会よりもかなり簡単に発行することができます。

既に口座を持っているということは、デビットカードを持っているということなので、それをファミマTカードに切り替えることになります。

キャッシュカードから切り替える場合
step1.ファミマTカード(デビットカード)のサイトにアクセスする

まずは新規発行する方法と同じように、「ファミマTカード デビット」と入力して入会ページを表示させます。

step2.「キャッシュカード切替」をクリックする※ジャパンネット銀行の口座を持っている場合

サイトをクリックすると下記のページが表示されるので、既に口座を持っている方専用の申し込み口である「キャッシュカード切替」をクリックします。

step3.会員画面にログインする

次に下記の画面が表示されるので、既に口座を持っている方は

  • 店番号
  • 口座番号
  • ログインパスワード

を入力して会員サイトにログインします。

step4.変更するキャッシュカードの種類を確認し、規約を確認して[同意して次へ]

次に切替に必要な入力事項が表示されるので、それぞれを入力します。

全ての入力が終わったら「同意して次へ」をクリックします。

step5.入力内容を確認後「ワンタイムパスワード」を入力

次に入力内容を確認する画面に移るので、入力内容を確認した後にワンタイムパスワードという一時的に有効なパスワードが発行されるので、それを入力し「申し込み」をクリックします。

手続完了後、1週間程度で新しいカードが到着します。

2.カードはどこで発行できる?WEB限定?店舗でも発行できる?

ここまでサクッとそれぞれのカード発行方法をご紹介してきましたが、「それぞれのカードって結局どこで発行することができるの?」という疑問についてまとめます。

1-1.ファミマTカード(ポイントカード)は店舗で即日発行のみ!

上記の通り、ポイントカード機能のみのファミマTカードは店舗での発行に限定されています。

ファミマTカードの公式サイトから「ファミマTカード(ポイントカード)を作る」をクリックしても上記の画面が表示され「ストアスタッフに入会希望とお伝えください」という表示がでて、ネットからの申し込み口がないことが分かります。

1-2.ファミマTカード(クレジットカード)はネット or 申込書

次にクレジットカード機能付きのファミマTカードですが、

  • インターネットでの申し込み
  • 入会申込書での申し込み

の2パターンがあります。

入会申込書は

  • 店舗で入手
  • インターネットでの取り寄せ
  • 電話での取り寄せ

ができるので、自分の都合の良い方法を選びましょう。

1-3.ファミマTカード(VISAデビット付き)はネットから

デビットカード機能付きのファミマTカードはインターネットからの申し込みに限定されています。

ジャパンネット銀行とリンクさせるために、ネット上での申し込みに限定しているようですね。

カードを新規発行する際の本人確認書類の提出は書類での申し込みを受け付けていますが、発行の入り口となるのはインターネットに限定されているので、店舗に行っても申込書などはありません。

1-4.ファミマTカード発行手段まとめ

ファミマTカードのそれぞれのカードの発行手段を簡潔にまとめると下記のようになります。

カード種類 ポイントカード
クレジットカード デビットカード
店舗
※店舗で入会申込書をゲットできますがその場で入会することはできません
×
WEB ×
入会申込書 × ×

3.貯めたTポイントを使えるように登録する方法と手順

次はファミマTカードでポイントが使えるようになる方法のご紹介です。

「え?使えるようになるってどういうこと??」と混乱するかもしれませんが、ファミマTカードを発行した時点ではポイントを”貯める”ことはできても、”使う”ためにはカードの情報をサイトに登録する必要があるのです。

ちなみに情報登録が必要になるのはファミマTカード(ポイントカード)のみなので、クレジットカード機能付き、デビット付きのカードでは関係ありません。

上記のようなポイントカード機能しか付いていないファミマTカードを持っている方は確実に情報登録を済ませておきましょう。

情報登録を行なう方法としては

  • インターネットから登録する
  • 申込書から登録する
  • Famiポート(ファミリーマート店舗にある機械)から登録する

の3種類があります。

3-1.インターネットから登録する方法

まずはインターネットから登録する方法をご紹介します。

インターネットで情報登録する手順

step1.カード情報登録ページにアクセスする

まず「ファミマTカード 情報登録」と入力して専用ページにアクセスします。

step2.「お客様情報登録はこちら」をクリックする

サイトをクリックすると下記の警告ページのように「ポイントを使うためには情報登録をしてください!!」というページが表示されます。

このページの右下の「お客様情報登録はこちら」をクリックします。

step3.Yahoo!JAPAN IDの有無を選択する

インターネットで情報登録する場合はYahoo!JAPANの会員ページから行なうことになります。

最初の画面では下記のように

  • Yahoo!JAPAN IDを持っている場合
  • Yahoo!JAPAN IDを持っていない場合

の2種類の選択肢があるので、どちらかを選択します。

step4.Yahoo!JAPAN IDを持っている場合

ページを下にスクロールするとYahoo!JAPANへのログインボタンが表示されるのでクリックします。

Yahoo!JAPAN IDとパスワードの入力が求められるので入力します。

Tカード番号を入力できる項目があるので入力すると氏名・住所・電話番号の入力欄が表示されるので、それぞれを入力したあと「登録」をクリックすると登録完了です。

step5.Yahoo!JAPAN IDを持っていない場合

Yahoo!JAPAN IDを持っていない方の手順は簡潔にいうとIDを新規取得して、後はIDを持っている方と同じ方法で登録することになります。

ただし、Yahoo!JAPAN IDの登録と同時にTポイントカードの情報登録を行なえるので、IDゲットと情報登録を一気に済ませることができます。

「Tカード」という項目で「持っている」を選択すると情報登録に必要な記入欄が表示されるので、それぞれを入力して「Yahoo!JAPAN IDを登録」をクリックすると登録完了です。

3-2.お客様登録申込書から登録する方法

次は登録申込書から登録する方法です。

方法はいたって単純で、ファミマTカードを店舗で貰う際に一緒に貰える封筒に記入して返送すると登録が完了します。

カードを自由に持って帰ることができる店舗では店員さんに「登録申込書をください」と言えば貰うことができます。

3-3.Famiポートから登録する方法

3つ目の方法はファミリーマート店舗にあるFamiポートという機械から登録する方法です。

この方法を利用すれば店舗で貰って直後に行なうことができるので一番オススメです。

Famiポートで情報登録する手順
step1.Famiポートトップメニュー画面

画面右上の「ファミマTカードメニュー」を選択します。

step2.ファミマTカード メニュー画面

画面左の「お客様情報のご登録」を選択します。

step3.起動中画面

起動中画面になります。

step4.はじめに画面

情報登録ができる対象のカード、年齢についてご確認します。

確認ボタンを押すと次に進みます。

step5.カード読取画面

カードの向きを確認の上、カードをカードリーダーに通します。

step6.通信中(カード照会中)画面

通信中の画面になります。

step7.規約確認画面

下矢印のボタンを押し「ファミマTカード会員規約」「T会員規約」「ポイントサービス利用規約」を最後まで表示(確認)すると、同意するボタンが押せるようになり、次の画面に進むことができます。

step8.氏名入力画面

姓・名それぞれに、漢字・かなを入力頂きOKボタンを押し、次の画面に進みます。

step9.生年月日入力画面

西暦(8ケタ)または和暦(平成、昭和、大正)のいづれかを選択し、生年月日を入力し、OKボタンを押して次の画面に進みます。

step10.性別選択画面

性別を選択すると次の画面に進みます。

step11.住所入力方法選択画面

郵便番号(7ケタ)を入力し住所を登録するか、都道府県から地名を入力し住所を登録するかを選択し、次の画面に進みます。

step12.都道府県選択画面

日本地図のイラストから、都道府県を選択し、次の画面に進みます。

step13.郵便番号入力画面

郵便番号(7ケタ)を入力し、確定ボタンを押して次の画面に進みます。

step14.市区町村選択画面①

市区町村の最初の読みがな(頭文字)を選択し、次の画面に進みます。

step15.市区町村選択画面②

リストの中から市区町村を選択し、次の画面に進みます。

step16.残りの住所入力画面①

市区町村に続く住所の最初の読みがな(頭文字)を選択し、次の画面に進みます。

step17.残りの住所入力画面②

リストの中から住所を選択し、次の画面に進みます。

step18.残りの住所入力画面③

残りの住所(番地、マンション・アパート名、部屋番号まで)をすべて入力し、OKボタンを押し次の画面に進みます。

step19.電話番号入力画面

電話番号(自宅・携帯電話のいづれか、または両方)を入力し、OKボタンを押して入力内容の確認画面に進みます。

step20.入力内容確認画面

入力したお客様の情報を確認いただき、間違いや過不足があれば各項目の「修正」を押して、修正をします。(各項目を修正すると、こちらの画面に戻ります。)情報が正しければ、OKボタンを押して登録完了画面に進みます。

step21.通信中画面

通信中の画面になります。

step22.登録完了画面

「お客様の情報のご登録が完了しました」という表示が出たら登録完了です。

繰り返しになりますが、ポイントカード機能のみのファミマTカードは上記の3つの方法いずれかで情報登録をしないとポイントを使うことができないので、カードを発行したら早めに手続きを済ませておきましょう。

4.登録はどこでできる?WEB限定?店舗でも登録できる?

ポイントカードを使えるようにするための情報登録に関して一旦まとめますね。

4-1.情報登録はネット、申込書、店舗でできる

情報登録はどこでできるの?という疑問に対しての答えは

  • インターネットから登録する方法
  • 申込書から登録する方法
  • Famiポートから登録する方法

の3つがあります。

それぞれの特徴としては

  • インターネットから登録する方法
    =Yahoo!JAPAN IDが必要
  • 申込書から登録する方法
    =申込書を店舗で貰う必要あり
  • Famiポートから登録する方法
    =カードをゲットした時点で店舗で行なうことができる

という特徴があります。

他の方法に比べると手順が多いですが、何か分からないことがあった場合も店員さんに聞くことができる「Famiポートから登録する方法」がオススメです。

4-2.情報登録が必要なのはファミマTカード(ポイントカード)のみ

繰り返しになりますが、情報登録が必要なのはポイントカード機能のみのファミマTカードだけで、クレジットカード機能、デビットカード機能のファミマTカードはカードを発行した時点からTポイントを”貯める”も”使う”行なうことができるので、そのまま利用しましょう。

5.まとめ

長々とご紹介してきましたが、自分に必要な情報だけをピックアップして参考にしてください。

ただ1つ確実に言えることは、もしファミリーマートユーザーであればファミマTカードを持っていないことは確実に損です。

特にファミマTカード(クレジットカード)を持っていると、毎月人気の商品が数十円割引で購入することができ、利用すればするほどお得になっていきます。

例えば大人気のファミチキも、ファミマTカード(クレジットカード)会員限定で割引されることがしょっちゅうあるので、このサービスを利用するだけでもかなりお得です。

年会費無料なので使う、使わないに限らず発行しておけばいざという時にポイントゲットや商品割引ができるのでかなりオススメです!