ファミリーマートがポケットカードという会社と提携して発行しているファミマTカードですが、昔はTポイントカードしかなかったので惰性でTポイントカードを使い続けている人もいるのではないでしょうか?

結論から言うと、Tポイントカードを利用している方、ファミリーマートを利用している方は絶対にファミマTカードを発行しておくべきです。

年会費0円なので維持コスト、リスクは全てゼロです。

むしろ年会費無料なのにも関わらず

  • ファミリーマートで異常なほどボーナスポイントが貰える
  • ファミリーマートの人気商品がカード会員限定価格で購入できる

というサービスが使えます。

正直「なんで年会費無料でそこまでできるの?」という感じですが、全国に16,000店舗以上あるファミリーマートだからこそ成せるサービスでしょう。

この記事ではファミマTカードがどれだけファミリーマートでお得なのかをとことんご紹介します。

最大4000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

クレナビ管理人が書籍を執筆しました!!

これからポイ活を始めたい方にぜひ!!

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済、そしてポイントサイト。あらゆる方法を駆使してお得にポイントを貯める方法について、約190Pの1冊の本にまとめました!

これからポイ活を始めたい、ポイントをもっと賢くお得に貯めたい、そんなあなたにピッタリの内容になっています。詳しくはAmazon or 楽天ブックスでご確認ください。

1.ファミマTカードの特徴スペック一覧表

提携ブランド JCB
支払日 毎月月末締め/翌々月1日払い
年会費 年会費無料
ポイント名称 Tポイント
ポイント還元率 ・ショッピングポイント=0.5%
Tポイント提携店でお買い物の際、カード提示で、支払方法にかかわらず200円(税込)につき1P
・ファミリーマートで=0.5%〜1.5%
ファミリーマートでお買い物の際、カード提示で、200円(税込)につき1~3Pのショッピングポイント加算
・クレジットポイント=0.5%
クレジット払いで200円(税込)につき1P
ポイント有効期限 実質有効期限なし
※ポイントを「使う」、「貯める」、「交換する」のいずれも1年間、 行われなかった場合のみ、ポイントが失効
ポイント優遇対象サービス ポケットモール(ポイントモール)経由でのネットショッピングで店舗ごとに指定されたボーナスポイント付与
ポイントの提携 【提携先ポイントに移行】

【提携先ポイントをTポイントに移行】
MUFGカード:500グローバルポイント→2,250Tポイント
お財布.com:300コイン→300Tポイント
近畿大阪銀行:1近畿大阪クラブポイント→1Tポイント
クラブネッツ:500CNポイント→250Tポイント
埼玉りそな銀行:1埼玉りそなクラブポイント→1Tポイント
CMサイト:2,000CMポイント→1,000Tポイント
Gポイント:500Gポイント→500Tポイン
JP BANKカード:200JPバンクKカードポイント→1,000Tポイント
JACCS:200ラブリィポイント→1,000Tポイント
十六銀行:100J-マイレージポイント→100Tポイント
ちょびリッチ:1,000ちょびポイント→500Tポイント
DCカード:500DCハッピープレゼントポイント→2,250Tポイント
NICOSカード:500わいわいプレゼントポイント→2,250Tポイント
ネットマイル:2,000マイル→1,000Tポイント
ブルーチップ:ブルーチップギフト券1枚、またはハーフ券2枚→250Tポイント
ポイントインカム:5,000ポイントインカムポイント→500Tポイント
ポイントタウン:2,200ポイントタウンポイント→100Tポイン
POINT BOX:5,000ポイントボックスポイント→500Tポイント
POTORA:20,000POTORAポイント→2,000Tポイント
PONEY:50,000PONEYポイント→500Tポイント
マイコメント:400マイコポイント→400Tポイント
マネックス証券:10マネックスポイント→50Tポイント
三井住友VISAカード:200ワールドプレゼントポイント→900Tポイント
三菱UFJ銀行:500三菱東京UFJポイント→2,250Tポイント
モバトク通帳:10,000モバトク通帳ポイント→1,000Tポイント
予想ネット:5,000予想ネットポイント→500Tポイント
りそな銀行:1りそなクラブポイント→1Tポイント
【 マイル交換】
ANA
500ポイント→250マイル
※移行手数料無料
利用可能最低ポイント数 【支払いに充填】
1ポイント以上
【ANAマイル】
500ポイント以上
ボーナスポイント
電子マネー付帯 iD、Tマネー、Apple Pay、QUICPay
チャージできる電子マネー nanaco・モバイルSuica・SMART ICOCA
家族カード 年会費無料
ETCカード 年会費無料
国内・海外旅行保険 国内旅行保険 なし
海外旅行保険 なし
ショッピング保険 なし
ApplePay対応 対応
マイルの還元率 0.5%
即日発行 不可

2.ファミマTカードのメリットについて

2-1.年会費・家族カード・ETCカードが永久に無料!

まず最初にお伝えしたいのが、ファミマTカードは年会費が永久に無料というメリットについてです。

年会費種別
本会員カード年会費 永久無料
家族カード会員年会費 永久無料
ETCカード年会費 年会費無料
発行手数料無料

上記のように全てが無料なので、「メリットは?デメリットは?」という以前に、カードを発行した人は維持コストが0円なので、カードを利用しようが利用しなかろうが、何のデメリットもありません。自由です。

例えばこれが年会費1,500〜3,000円が発生するクレジットカードであれば、「年会費の元を取るには〜円分のカード利用をして、〜ポイントをゲットしなければ〜…」とややこしくなるのですが、ファミマTカードは

  • 発行した人
    =0円でファミマTカードのメリットが利用できる
  • 発行しなかった人
    =何もなし

ということになるので、どちらに転んでもマイナスになることはありません。発行すればプラス、発行しなければプラスマイナス0というクレジットカードです。

特にETCカードなんかは年会費無料のクレジットカードでも発行手数料が発生するものが多いので全てが無料なのは流石知名図の高いTカードという感じですね。

まずこの「発行して利用しなくても、利用してもカード保持者の自由!維持コスト0円!」という前提の上でこの後のメリットを読んでみてください。

明らかにお得なことが分かります。

2-2.毎週火曜・土曜日は還元率最大5倍(2.5%)!

ファミリーマートでは元々毎週火曜日と土曜日はカードを提示するとポイントが3倍貰える「カードの日」というイベントを行っています。

ファミマTカード会員はさらにカードでショッピングするとポイントが2倍上乗せされ、合計で5倍のポイントを貰うことができます。

つまり、カードの提示のみで200円で3ポイント、カードの利用で200円で5ポイントということですね。

単純に計算して、普通にカードを利用するよりも5倍のスピードでポイントがザクザクと貯まっていくということです。

Tポイントは1ポイントを1円として利用することができるので、200円で5円分のポイントが貯まれば還元率としては2.5%で、年会費無料のクレジットカードとしては激しいポイント還元率になります。

朝やお昼、夜に必ずファミマを利用する方は絶対にこのカードを利用するべきです。

一回の利用ではそんなに実感しないかもしれませんが、1年、2年…というスパンで考えると簡単に数十万円単位の出費をファミマで行なうこともあるでしょう。

ファミマTカードは年会費無料なので何も考えずに発行して、ファミマで買物をする時だけファミマTカードを利用すればOKなカードです。

2-3.ファミマでの利用額に応じて最高還元率8倍(4.0%)!

さらにファミマTカードでは、ファミリーマートでの月間利用額によって次の月のポイント還元率がアップするサービスを行なっています。

“翌年”ではなく”翌月”です。

クレジットカードでは前年の利用額に応じて次年度のポイント還元率がアップするサービスがほとんどで、気が遠くなることがほとんどですが、ファミマTカードでは毎月更新されるのでモチベーションも保ちやすく、ファミマを頻繁に利用する方の中には意識しないでもポイントボーナスがゲットできる方もいるでしょう。

では「ファミランクってどういう基準があるの?」という具体的な条件をご紹介すると下記のようになります。

ファミランク 月間のポイント
対象利用金額
付与ポイント 還元率
ブロンズ 5000円未満 200円あたり1Tポイント +0.5%
シルバー 5000円以上
1万5000円未満
200円あたり2Tポイント +1.0%
ゴールド 1万5000円以上 200円あたり3Tポイント +1.5%

このランクシステムはどのくらいの難易度か?というと、それほど厳しいものではありません。

例えば1日500円をコンビニで利用する方であれば、500円×1ヶ月(30日)=1万5000円でゴールドランクをゲットできてしまいます。

さらにこのシステムの超絶的なメリットは、他の特典と重複できると言う点です。

先にご紹介した毎週火曜日・土曜日の「カードの日」ではカードの提示とカードの利用でそれぞれポイントボーナスが貰えますよね。

そのボーナスのファミランクのボーナスポイントもさらに加算することができます。

ゴールドランクの方は「カードの日」にはファミマTカードの利用で還元率最大4.0%を叩き出すことができます。※200円ごとに8ポイント

200円ごとの獲得ポイント
ポイント内訳 ブロンズ シルバー ゴールド
基本ポイント 1ポイント 1ポイント 1ポイント
ファミランク特典 0ポイント 1ポイント 2ポイント
カードの日
(カード提示)
2ポイント 3ポイント 3ポイント
カードの日
(カードの利用)
2ポイント 2ポイント 2ポイント
合計 5ポイント 7ポイント 8ポイント
最大還元率 2.5% 3.5% 4.0%

難しいことは考えず、「ファミリーマートでファミマTカードを利用していると有り得ないスピードでポイントが貯まっていく」と覚えておけばOKです。

「ランクを上げるために今月は○○円使わなきゃ…!」という感じで無理にファミリーマートで出費するのではなく、あくまでも必要な時にファミマTカードをキッチリ利用していくことで文字通りザックザックとTポイントを貯めて行くことができます。

後にご紹介しますがTポイントはマイルにも交換することができるのでマイラーにももってこいなクレジットカードです。

注意点としてはファミランクの利用額の対象、付与対象になる商品は全商品ではなく「ショッピングポイントが貯まる商品」で、ジャンルによって異なるので、そこだけは抑えておきましょう。

ショッピングポイントとは、Tカード提示で貯まるTポイントの分です。

ポイントの種類 ショッピング クレジット デビット Tマネー決済
ポイント付与(税込) 200円あたり1pt 500円あたり1pt
ポイント還元率 0.5% 0.2%
食品、お酒
日用品、雑誌、本、新聞、CD、ゲーム、DVD
ヤマト宅急便、宅急便コンパクト
カタログ&ギフト
タバコ
切手、はがき(お年玉付きはがき含む)、印紙
金券、プリペイドカード(QUOカード、amazonショッピングカード等)類、商品券
チケット類(イープラス、JTB、ワーナーマイカル映画券等)、航空券支払、各種乗車券等
公共料金、保険取次ぎ、Famiポート収納票によるお支払い等
ファミマTカードを含むクレジットご利用料金の支払い、貸付金支払い
Famiポートで取り扱い中のプリペイドサービス
電子マネーチャージ(Tマネー・楽天Edy・WAON・Suica等)
ファミマ受取便(楽天ブックス)、ネットショッピングの店頭商品引換払い
スポーツ振興くじ「toto」
コピー、FAX等

つまり、上記の表を参考にすると、ファミマランクの判定対象になる商品、ボーナスポイント付与の対象になる商品は

  • 食品、お酒
  • 日用品、雑誌、本、新聞、CD、ゲーム、DVD
  • ヤマト宅急便、宅急便コンパクト
  • カタログ&ギフト

ということになります。

日常的な利用で購入する商品が対象なので、概ね正当な対象商品ですね。

ただこのようなルールがあると「今月どれだけ自分が利用しているのか分からない!」と混乱しそうですが、ファミリーマートで買物をした時には毎回レシートに詳細が記載されているので、いつでも確認することができます。

2-4.女性必見!レディースデイは毎週還元率4倍(2.0%)!

ファミリーマートでは毎週水曜日に「レディースデイ」として女性限定でポイントが2倍になるイベントを行なっています。

このイベントではカードの提示のみで通常の0.5%に+0.5%が上乗せされて還元率が1.0%になり、カードを利用することによって還元率がさらに+0.5%されて合計1.5%の還元率でポイントが貯まるようになります。

レディースデイでポイント2倍になる商品も、先にご紹介したショッピングポイントが付与される商品が対象です。

【ショッピングポイントが付与される対象商品】

  • 食品、お酒
  • 日用品、雑誌、本、新聞、CD、ゲーム、DVD
  • ヤマト宅急便、宅急便コンパクト
  • カタログ&ギフト

もちろんこのレディースデイのポイント2倍時にもファミランクの会員ランクのボーナスは上乗せすることができるので、下記の表のように状況によって最大で3.0%の還元率(200円で6ポイント)にすることができます。

ポイント内訳 ブロンズ シルバー ゴールド
基本ポイント 1 1 1
ファミランク特典 0 1 2
レディースデーの上乗せ 1 2 2
クレジットポイント 1 1 1
合計 3 5 6
最大還元率 1.5% 2.5% 3.0%

つまり女性であればファミマTカードで毎週火曜日・水曜日・土曜日と3日もボーナスポイントを貰えるチャンスがあるということですね。

嬉しいのがカードの提示だけで貰えると言う点で、クレジットカードを利用する、しないは自分の裁量で選ぶことができる点です。

もちろんカード決済した方がポイントはさらに貯まるので、女性ファミマユーザーであれば確実にファミマTカードを持っておきたいところです。

2-5.25歳未満は曜日に関係なくポイント2倍(1.0%)!

さらにファミマTカードでは25歳未満の方限定でいつでもポイント2倍の「若者応援ポイント」というサービスが付帯しています。

レディースデイやファミランクなどのサービスはTポイントカードなどのポイントカードのみの方でも利用することができますが、この「若者応援ポイント」というサービスは完全にファミマTカード(クレジットカード)限定のサービスです。

ポイントが2倍になるのはクレジットポイントが貰える商品で、2-3でご紹介した表からピックアップすると下記の商品が対象になります。

【「若者応援ポイント」対象商品】※毎日ポイント2倍

  • 食品、お酒
  • 日用品、雑誌、本、新聞、CD、ゲーム、DVD
  • ヤマト宅急便、宅急便コンパクト
  • カタログ&ギフト
  • タバコ
  • 切手、はがき(お年玉付きはがき含む)、印紙
  • 金券、プリペイドカード(QUOカード、amazonショッピングカード等)類、商品券
  • チケット類(イープラス、JTB、ワーナーマイカル映画券等)、航空券支払、各種乗車券等
  • 公共料金、保険取次ぎ、Famiポート収納票によるお支払い等
  • Famiポートで取り扱い中のプリペイドサービス
  • ファミマ受取便(楽天ブックス)、ネットショッピングの店頭商品引換払い

付与されるポイントは「特別ポイント」という形で、通常ポイントとは別に利用月の翌々月12日頃に、1ヶ月分まとめて加算され、クレジットご利用代金明細書等に表示されます。

もちろん「若者応援ポイント」もファミランクやレディースデイとの併用が可能で、下記のような還元率になります。

【ファミランクとの併用の場合】
ポイント内訳 ブロンズ シルバー ゴールド
基本ポイント 1 1 1
ファミランク特典 0 1 2
クレジットポイント
※25歳未満の方
2 2 2
合計 3 4 5
最大還元率 1.5% 2.0% 2.5%
【レディースデイとの併用の場合】
ポイント内訳 ブロンズ シルバー ゴールド
基本ポイント 1 1 1
ファミランク特典 0 1 2
レディースデーの上乗せ 1 2 2
クレジットポイント
※25歳未満の方
2 2 2
合計 4 6 7
最大還元率 2.0% 3.0% 3.5%

ここまでご紹介してきた内容を加味しても、ファミマTカードはファミリーマートで利用すると他の年会費有料のクレジットカードでも太刀打ちできないくらい高還元率のクレジットカードとして利用することができます。

2-6.Tポイントプラス対象商品を買うと大量のボーナスポイントが貰える!

ここまでご紹介してきたファミマTカードのメリットをまとめると

  • 毎週火曜日・土曜日はポイント最大5倍!
  • ファミランクで最大還元率8倍!
  • 女性限定で毎週水曜日はポイント2倍!
  • 25歳以下の方限定で毎日ポイント2倍!

と一定の条件を満たすとポイントボーナスが貰えるサービスをご紹介しましたが、次にご紹介するのは特定の商品を購入するとキャンペーンポイントが貰えるというメリットです。

「Tポイントプラス」というサービスで、指定されている商品を購入すると、商品ごとに決められているポイントがプラスしてゲットすることができます。

じゃあその商品とは何なのか?という話になるのですが、対象商品は毎月変化するのでファミマ店頭で確認するか、公式サイトから確認することができます。

ちなみに2018年5月現在では下記の商品が対象となっています。

Tポイントプラス対象商品
対象商品 キャンペーン
ポイント
ファミリーマート
通常価格(税込)
実施期間 実施エリア
ゼリー飲料<各種> +60ポイント 5/15(火)~5/28(月) 北海道、東北、関東、東海、北陸、関西、中国、四国、九州
ゼリー飲料<各種> +20ポイント 沖縄

守る働く乳酸菌L-92

+10ポイント 138円 全国
アミールやさしい発酵乳仕立て +10ポイント 138円 全国
プレミアガセリ菌 +10ポイント 138円 全国
エスカップNEXT +20ポイント 157円 全国
ユンケルローヤル200 +50ポイント 206円 全国
ソルマック胃腸液プラス +40ポイント 379円 全国
ソルマックサキノミ +40ポイント 379円 全国
ファイブミニ +20ポイント 113円 全国
ヘパリーゼWプレミアム極 +90ポイント 864円 全国
ライジンZERO +50ポイント 206円 全国
ライジンドライ +50ポイント 206円 全国
アリナミンVゼロ +100ポイント 311円 全国
マカの元気ドリンク +20ポイント 206円 全国
爽健美茶 健康素材の麦茶 +20ポイント 156円 5/8(火)~6/4(月) 全国
カラダカルピス +20ポイント 172円 全国
レッドブル・エナジードリンク +30ポイント 260円 全国
1本満足バー <各種> +15ポイント 130円 全国
-196℃ブラックパンチ
350ml
+10ポイント 152円 全国
-196℃ブラックパンチ
500ml
+10ポイント 207円 全国

アイスジンレモン&ライム
500ml

+20ポイント 756円 全国
アイスジン ドライジントニック
500ml
+20ポイント 756円 北海道、東北、関東、東海、北陸、関西、九州
さらりとした梅酒
1000ml
+80ポイント 860円 全国

これらの商品は毎月変化していくので、自分がよく購入するものがピックアップされた際はポイントを大量に貯めるチャンスです。

例えば上記の表を参考にすると2018年5月現在、アリナミンVゼロは311円(税込)で+100ポイントがゲットできるので、通常200円で1ポイントと考えると20,000円利用しないと貯まらないポイント数を一気に獲得することができるということになります。

311円払って100円分のポイントが帰ってくるって笑ってしまいますよね。かなり激しいポイント還元率になります。

Tポイントプラスではカード利用の有無に関わらず提示だけでもゲットできるのでこのサービスを素通りするとかなり損をします。

2-7.ファミチキなどはいつでもカード会員特別価格(5~10%OFF)で買える!

次にご紹介するのはポイントボーナスではなく、「今お得」というダイレクトに商品価格が割引かれるサービスについてです。

ファミリーマートでショッピングをしたことがある方であれば一度は目にしたことがあると思いますが、ファミリーマートでは特定の商品が定価から割引かれているものがあり、さらにファミマTカード会員限定でさらに割引かれるというサービスを行なっています。

これはポイントが付与されるわけではなく、商品がダイレクトに割引かれるので「なんだ、たった数十円か〜」と感じてしまうかもしれませんが、ポイントボーナスより断然お得なサービスです。

例えば上記の画像では通常106円のお菓子が88円で購入できるので実質18円引きで、還元率としては約17%です。

ポイントが貰えるのも嬉しいですが、このように商品が割引されるのはもっと嬉しいですよね。

対象商品は半月程度で変わっており、地域によっても多少異なります。

「Tポイントプラス」よりも商品が多いので全ての商品紹介は控えますが、一般的に購入頻度が高そうな商品をピックアップすると下記のような商品があります。※2018年5月中旬現在

「今お得」対象商品一例
対象商品 特別価格
(税込)
ファミマTカード
会員特別価格
(税込)
ファミリーマート
通常価格(税込)
実施期間
おむすび・寿司<各種> 2個で30円引き 2個で40円引き 5/15(火)~5/19(土)

ふんわりホットケーキ
(メープル&マーガリン)

98円
10円引き
88円
20円引き
108円 5/15(火)~5/21(月)
ホイップメロンパン 128円
10円引き
118円
20円引き
138円
対象のヨーグルト 2個で20円引き 2個で30円引き
野菜一日これ一本 100円
10円引き
95円
15円引き
110円 5/8(火)~5/21(月)
マイルドカフェオーレ 105円
8円引き
100円
13円引き
113円
Doleオレンジ100% 105円
8円引き
100円
13円引き
113円
Doleアップル100% 105円
8円引き
100円
13円引き
113円
マウントレーニア
カフェラッテ
146円
12円引き
140円
18円引き
158円
マウントレーニア
エスプレッソ
マウントレーニア
ノンシュガー
ボス レインボーマウンテン 110円
13円引き
100円
23円引き
123円 5/8(火)~6/4(月)
ボス 贅沢微糖
コカ・コーラ ゼロ 128円23円引き 118円33円引き 151円
カルピスウォーター
三ツ矢サイダー

一商品の割引額は10〜20円程度ですが、利用すればするほど、数百円、数千円という風に巨大な金額になってきます。

「今お得」はファミマTカード会員限定のサービスです。

繰り返しになってしまいますが、ファミマTカードはファミリーマートユーザーであれば確実に持っておくべきクレジットカードなのです!

「今お得」も提示だけでOKなサービスで、クレジットカード払いにしたくなかったら現金でも大丈夫です。

2-8.ドコモユーザーはおサイフケータイ『iD』が使える!

NTTドコモの「おサイフケータイ」限定ですが、「ファミマTカードiD」という名称の電子マネーを利用することができます。

iDは後払い式の電子マネーなので、カードにチャージする必要がなく、クレジットカードの引落しと一緒に利用額が引き落とされます。

iDは支払の時に専用機械にかざすだけで支払が完了するのでクレジットカードよりもスピーディーにお会計を済ませることができます。

しかもiDの加盟店は日本全国に約50万店舗あり、ファミリーマート以外のコンビニでも気軽にワンタッチでお買い物をすることができます。

ただやっぱりファミマTカードはファミリーマートで利用してこそ最大限魅力を発揮するクレジットカードなので、iDを利用する際でもファミマTカードの利用はファミリーマート限定にしましょう。

2-9.ポケットモールでザクザクポイントが貯まる!

ファミマTカードでは「ポケットモール」というポイントモールを利用することができます。

他のクレジットカードが提供しているポイントモールと同じように、利用したいネットショップにポケットモール経由でアクセスしてショッピングをするとボーナスポイントが貰える仕組みです。

2018年5月時点でポケットモールと提携しているネットショップは94店舗と他のポイントモールと比べて比較的少ないですが、利用できるサイトには「楽天市場」や「Yahoo!ショッピング」などの有名店が参加しているので利用しやすさは文句なしです。

主要なネットショップは下記の通りです。

ポケットモール加盟店一例
商品名 ポイント付与 プラスポイント還元率
楽天市場 1,000円につき+6ポイント 0.6%
Yahoo!ショッピング 1,000円につき+12ポイント 1.2%
ポケットブックストア 1,000円につき+48ポイント 4.8%
LOHACO 1,000円につき+18ポイント 1.8%
ヤフオク! 1,000円につき+6ポイント 0.6%
ポンパレモール 1,000円につき+36ポイント 3.6%
イトーヨーカドーネット通販 1,000円につき+24ポイント 2.4%
SEIYUドットコム 1,000円につき+12ポイント 1.2%
楽天トラベル 1,000円につき+6ポイント 0.6%
爽快ドラッグ 1,000円につき+24ポイント 2.4%
ホットペッパー グルメ 27ポイント
じゃらん 1,000円につき+18ポイント 1.8%
ベルメゾンネット 1,000円につき+6ポイント 0.6%
ニッセン(nissen) 1,000円につき+18ポイント 1.8%
hontoネットストア 1,000円につき+18ポイント 1.8%
ビックカメラ.com 1,000円につき+6ポイント 0.6%
ヤマダウェブコム 1,000円につき+6ポイント 0.6%
RaCoupon 買うクーポン 1,000円につき+6ポイント 0.6%

貯まるポイントはポケット・ポイントのボーナスポイントでTポイントではありませんが、ボーナスポイントの他にも利用した店舗ごとの通常ポイントも貰うことができるので、楽天市場では楽天スーパーポイントが、Yahoo!ショッピングではTポイントが貯まります。

もちろんファミマTカードの通常ポイントも200円ごとに1ポイントのTポイントが貯まるので、

  • ファミマTカードのポイント
  • ポケット・ポイントのボーナスポイント
  • ネットショップごとの独自ポイント

というポイントの三重取りをすることができます。

利用方法はポケットモールを経由していつも利用しているネットショップにアクセスするという簡単な利用方法なのでネットショッピングの際はポケットモールを利用することでガッツリお得にお買い物をすることができます。

2-10.TSUTAYAの会員証を合体できる!

かなり馴染み深い方が多いと思いますが、ファミマTカードでは上記のTSUTAYAの会員証の機能をカードに追加することができます。

しかもこのサービスは以前は有料でしたが、今年(2018年2月)から無料でTSUTAYA店舗で手続きをすることができるようになりました。

もちろん提示することでレンタルすることもできますが、Tポイントも貯めることができます。

無料なのでTSUTAYA会員は利用するべきサービスですね。

財布の中からいちいち会員証を探す必要がなくなり、ファミマTカードを提示するだけでサクッとスマートにレンタル・お会計を済ませることができます。

2-11.ポイント有効期限は実質無期限!しかもマイルにも交換できる!

貯まったポイントは別のポイントに交換することはできませんが、ANAマイルに交換することができます!

マイルを貯めている方であれば、メインカードでマイルが貯まるクレジットカードを利用して、サブカードとしてファミリーマートでファミマTカードを利用することでダブルでANAマイルを貯めていくことができます。

ちなみに500ポイント以上から交換することができ、交換レートは500ポイントで250マイルというレートです。

しかも他のクレジットカードではポイントをANAマイルに交換するために別途手数料3,240円を取られるということがありますが、ファミマTカードでは移行手数料無料でANAマイルに交換することができます。

では「ファミマTカードのマイル還元率は?」というと、通常時で0.25%とかなり低くなっています。

「ダメじゃん!」と思うかもしれませんが、先にご紹介してきた通り、ファミリーマートでのボーナスポイントを考慮すると、1.0%〜2.0%のマイル還元率を叩き出すこともできます。

500ポイント→250マイルなので、単純計算で還元率は半分になるので、例えば毎週火曜・土曜は「カードの日」でファミマでのお買い物で2.5%のTポイントをゲットした場合は、還元率1.25%という数字でマイルをゲットすることができます。

「ANAマイルを貯めている人だったら絶対発行するべき!」というクレジットカードにANAワイドゴールドカードというクレジットカードがありますが、そのカードでもマイル還元率1.45%なので、年会費無料のファミマTカードで1.25%はかなり高還元率ということができるでしょう。

2-12.JCBブランド共通のサービスが利用可能!

ファミマTカードではJCBブランド共通のサービスを利用することができます。

例えばファミマTカード自体にはショッピング保険は付帯していませんが、JCBブランド共通のサービスとして付帯している『JCB海外お買い物保険』というサービスで購入日から90日間はカードで購入したものに対して補償を受けることができます。

年間の限度額は50万円までですが海外旅行に頻繁にいかない方であれば十分な内容でしょう。

その他にも下記のJCB共通サービスを利用することができます。

特典名 内容
たびらば(旅LOVER) レストラン、ショップ、エステ・マッサージなど、JCB選りすぐりの優待情報や旅行に役立つ情報を地域別に紹介
JCB優待ガイド JCBおすすめの海外加盟店を地域別にご紹介したオリジナルガイド。
JCBレンタルフォン 海外へお出かけになるJCB会員の方向けに、海外で利用できる携帯電話をレンタル料金および送料無料で貸し出しするサービス
JCB GLOBAL WiFi 海外へお出かけになるJCB会員の皆様に、海外で利用できるWiFiルーターレンタルサービスを優待価格にて提供。
JCB空港優待ガイド 国内主要国際空港内のJCBおすすめ加盟店をご紹介したオリジナルガイド。
空港免税店割引サービス 成田国際空港、関西国際空港の免税店での割引優待クーポン券
海外レンタカーサービス JCBカードで支払うと5~25%の割引。
空港宅配優待サービス 海外にお出かけの際、重い荷物を指定の場所に配達
JCB PLAZA JCBプラザは、世界60ヵ所に設置された、海外サービス窓口。
空港でのJCB海外優待パンフレットの配布について 羽田空港・成田国際空港・関西国際空港で、海外のおトクな優待情報を紹介している「JCB優待ガイド」や空港免税店で利用できる優待クーポン等を配布
JCBプラザコールセンター 海外渡航前に、現地JCB加盟店のレストラン、エステなどをお電話で予約手配できる無料サービス
JCB海外おみやげサービス お土産に人気のチョコレートやお酒から、民芸品・食品など、世界各地の商品を豊富に用意
JCB海外お買い物保険 海外所在の加盟店にてJCBカードでご購入された品物を、偶然の事故による破損・盗難などにあった場合に、購入日から90日間、年間最高50万円まで(1回の事故につき自己負担額1万円)補償
海外旅行に役立つJCB旅行ガイドアプリ 海外旅行に役立つ情報や観光ガイド、さらにJCBカードのご利用で優待が受けられる店舗が検索
チケットJCB コンサートやミュージカル、スポーツなど多彩な公演をご案内。

主にトラベル関係のサービスが多いので、ファミマTカードはサブカードとして持っておき、旅行の際に必要なサービスをピンポイントで利用するのが賢い利用方法でしょう。

3.ファミマTカードのいまいちポイントについて

3-1.通常還元率が低い。でもこれだけキャンペーンがあれば全然大丈夫!

ファミマTカードの1つ目のイマイチなポイントはカード元々の還元率が200円ごとに1ポイント(還元率0.5%)と低いことです。

例えば同じ年会費無料のクレジットカードの楽天カードでは100円で1ポイントが貰えるの還元率として1.0%のクレジットカードです。

他にもクレジットカードの中には還元率1.0%のカードが沢山あるので、それらのカードと比べるとファミマTカードの還元率は低く感じると思います。

しかし、メリットの部分でご紹介したようにファミマTカードではファミリーマートで異常なほどザクザクとポイントが貯まるので通常還元率に低さが気にならなくなります。

家賃や光熱費などの支払は別の通常還元率が高いクレジットカードを利用して、ファミリーマートではファミマTカードを利用するという方法で効率的にポイントを貯めていくことができます。

3-2.リボ払い専用カードなので手数料には注意!手数料0円にする方法もある!

ファミマTカードはリボ払い専用のクレジットカードです。

「ええ!そうなの!?手数料が掛かるんじゃ…」と心配になるかもしれませんが、初回の手数料は無料なので、支払い方法を「ずっと全額支払い」に設定したら1回払いと同様に手数料0円で使えます。

会員サイトから簡単な手順で設定できるので、これもデメリットというほどのことではないですが、ちょっと注意したい点ですね。

3-3.旅行保険が無しというデメリットを0円で解消する方法!

ファミマTカードには海外・国内旅行保険が付帯していません。

「ファミリーマートで利用するだけだから別に要らなくない?」と言われればそれまですし、年会費無料のクレジットカードなので旅行保険がなくてもそんなに不満もないですよね。

でもTポイントはANAマイルに交換することができるので、一応旅行保険のデメリットを補う方法をシェアしておくと、年会費無料のクレジットカードでこのデメリットは補うことができます。

  • エポスカード
  • JCB EIT
  • 横浜インビテーションカカード

という3枚のクレジットカードは年会費が無料なのにも関わらず、海外旅行保険がなんと自動付帯(カードを持っておくだけで適用される)で利用することができます。

【海外旅行保険】
※全て自動付帯
エポスカード JCB EIT 横浜インビテーション
補償内容 保険金額
死亡・後遺障害 最高500万円 最高2,000万円 最高2,000万円
傷害治療 200万円 100万円 200万円
疾病治療 270万円 100万円 200万円
救援者費用 100万円 100万円 200万円
賠償費用 2000万円 2,000万円 2,000万円
携行品損害 20万円 20万円 20万円

旅行保険の特徴としては掛けている保険の合計金額が適用される(死亡・後遺障害のみ掛けている保険の中で最高額のものが適用)ので、上記のカード全てを持っていれば海外旅行中にケガや病気になっても500万円程度の補償を受けることができます。

ファミマTカードの他にメインカードを持つことをオススメしますが、ファミマTカードがメインカードの方は上記の方法で海外旅行保険を補うことができます。

4.ファミマTカードの最大の強み!こんな人におすすめしたい!

4-1.年会費無料なのでクレジットカード初心者でも安心!

ここまで色々をメリットやデメリットをご紹介してきましたが、一番最初にご紹介した通り、ファミマTカードは年会費が無料なのでメリット、デメリットという以前にカード保持者には何のリスクもありません。

カードを発行しても「やっぱ要らないな〜」と思えば使わなくてもOKなのです。

しかもサービスもごちゃごちゃしておらず、「ファミリーマートで使うとお得ですよ」というハッキリとしたコンセプトが光っているクレジットカードなので、

  • クレジットカードを使ったことがないから不安…
  • クレジットカードは複雑そうだから苦手意識がある…
  • 初めてクレジットカードを発行したいけど、どれを選べば良いか分からない…

というクレジットカード初心者にも易しいイージーモードのクレジットカードです。

審査基準も『日本国内に在住する18歳以上の方(高校生を除く)の方』という内容で、大学生でもフリーターでもアルバイト、パートの方でも発行できるクレジットカードです。

もちろんネットから申込むこともできますし、ファミリーマート店舗に置いてある申込み用紙からも申込むことができるというハードルの低さなので、初めての方にはオススメのクレジットカードです。

4-2.ファミマユーザーは絶対発行するべき!

ここまでご紹介してきた内容を読んでくれた方なら、言われるまでもないことだとは思いますが、日常的にファミリーマートを利用している方であれば絶対に発行するべきクレジットカードです。

むしろ「ファミリーマートを利用している人が発行しないなら、誰が発行するの?」というくらいファミリーマートユーザー向けのクレジットカードです。

「Tポイントカードだけではダメなの?」と思うかもしれませんが、ファミマTカード限定のサービスとしては

  • クレジットカード支払で別途ポイントが貰える
  • 25歳以下はみんなポイント2倍
  • 「今お得」の商品がさらに安く購入できる

というメリットがあります。

特に「今お得」の商品はダイレクトに商品が割引されるので、そこら辺の安売りスーパーで買物をするよりもファミリーマートで買った方が安く購入できる商品もあるでしょう。

「今お得」では定期的に大人気商品のファミチキも対象商品となっていて、ファミマTカード会員限定割引価格で購入することができます。

繰り返しになりますが、年会費無料なので発行するだけ発行しておいて、自分の好きな時に利用することもできるので、ファミリーマートユーザーであれば取りあえず発行しておくだけでも絶対に損はしないでしょう。

4-3.マイルを貯めてタダで旅行に行ける!

TポイントはANAマイルに交換することができるので、「ファミリーマートはよく利用するけど、Tポイントには興味がないな」というかたでもANAマイルに交換してタダで旅行に行くことができます。

ファミマTカードとは別にANAマイルを貯めるためのクレジットカードをメインカードとして持っている方はサブカードとしてファミマTカードを持っておき、貯まったポイントをANAマイルに交換することでメインカードの手助けをするカードとして利用することもできます。

5.ファミマTカードはどういう使い方が最もお得になるのか?

ファミマTカードをお得に利用する方法は超簡単・単純です。

  • ファミリーマートで使う
  • ポケットモールで使う

というたった2点に絞るだけで最大限の力を発揮することができるので、何も難しいことを考える必要はありません。

5-1.ファミマ利用時の利用は絶対!

ご紹介してきた通り、ファミマTカードはファミリーマートで最大限の魅力を発揮するクレジットカードなので、ファミリーマートで利用することは絶対です。

カードの提示だけでもポイントは貰えますが、カード利用するこでもさらにポイントがザクザクと貯まるようになります。

  • 毎週火曜日・土曜日は「カードの日」でボーナスポイント
  • 毎週水曜日はレディースデイでポイント2倍
  • 25歳以下の方はいつでもポイント2倍
  • カードの提示で対象商品割引
  • カードの提示で対象商品ごとのボーナスポイント

など挙げたらキリがありません。

この他にも期間限定キャンペーンなどを定期的に行なっているのでご紹介しきれないのですが、難しいことは考えず、「とりあえずファミリーマートで使っとけばポイントが異常なスピードで貯まる」と思っておけばOKです。

5-2.ネットショッピングはポケットモールで!

ファミマTカードをファミリーマートで利用するのは大前提ですが、ネットショッピングをする際には「ポケットモール」をいうポイントサイトを経由してショッピングをしましょう。

メリットの部分でもご紹介しましたが、ポケットモール経由でショッピングすると

  • ポケットモールのポイント
  • ファミマTカードのポイント
  • ネットショップ独自のポイント

が三重でゲットできるので、還元率がグングン伸びます。

無理にネットショッピングをする必要はないですが、「そういえばファミマTカードにそんなサービスあったな」くらいの感じで活用しましょう。

6.まとめ

ファミリーマートは2018年4月30日の時点で日本全国に16,193店舗がある大型チェーン店で、誰もが知っているコンビニの1つです。

ここまでの勢いがあると何が起こるか?というと、ユーザーへの還元です。

当たり前の話ですが、店舗数が多く、売上げが順調な分サービスが充実してきます。

だからといってお客さん全員にサービスしていたらそれはそれで利益を圧迫するので、その恩恵を受けられるのはファミマTカードというお得意様だけなのです。

せっかくファミリーマートを利用しているのにファミマTカードを発行せず一般客としてお買い物をしていると、確実に損をするので、ファミマTカードは絶対に発行しましょう。

維持コスト0円なので何のリスクもありません!