マルイで作れてお得に使えるエポスカードは、よく使うお店やレジャーでも優待特典が豊富なので、常におサイフに携帯している人も少なくないと思います。

持ち出す回数が多い分、エポスカードの紛失に遭ってしまったら、どんな手続きをしたら良いのか困ってしまいますよね。

エポスカードは、紛失時の対応にも安心な窓口があります。

ここでは、エポスカードの紛失・盗難時に知っておきたいポイントをまとめていきたいと思います。

エポスカードを紛失したらすぐに明細書を確認しておこう!不正利用されている可能性があります

エポスカードを紛失して、一番最初に気がかりになるのが、カードの不正利用ではないでしょうか。

エポスカードには暗証番号が設定してあるものの、ネットショッピングなどでは比較的簡単に第三者に利用されてしまう事も考えられます。

そんな時にすぐに確認して欲しいのがWeb明細です。

ネットで発行した人は、既にエポスNetに登録済みなので、すぐにWeb明細が見られるはずです。

また、マルイのカウンターでカード発行した人は、エポスNetで検索してみると、エポスカードの会員専用オンラインサービスに登録できますし、スマホなら専用のアプリもあります。

ネットで発行した人も、申込み時に登録したログインパスワードと、郵送で送られてきた仮IDでログインできるので、登録していればいつでもWeb明細が見られます。

まずネットでこれを確認し、心当たりのないカード利用履歴がなければ、ひとまずは安心ですね。

ただし!エポスカードの明細には、カード利用から即時に反映されるというわけではありません。

店舗によって、翌日反映される所もあれば、数か月かかる店舗もあります。

このような事をふまえ、まずは一旦Web明細を確認して頂いて、次に重要なのが、次章でご紹介する専用ダイヤルへの連絡です。

これによって確実に紛失手続きを進めていくというところがポイントです。

他にも、カード利用後に即時送信される「カードご利用のお知らせメール」がエポスカードは特に即時受信できて早いので、このメールで身に覚えのない支払いがあった時は要注意です。

これから紛失に備えたい人は、是非このメール登録ができているかチェックしてみて下さい。

エポスカードを紛失した時のカード会社の連絡先について

エポスカード紛失受付センター

電話番号:03-5340-3333

営業時間:24時間

エポスカードを紛失したら、とにかくここへ電話しましょう。

あなたの手元にカードがない間に、今にも心無い誰かに拾われて、不正利用されてしまうかもしれません。

それを防ぐ為に、エポスカード紛失受付センターで、カード持ち主の本人が電話をする事で、カードの利用を無効にする手配が完了します。

紛失して気になる事は、直接電話口のオペレーターに確認する事ができるので、安心です。

また、カードを再発行するには、電話を切った後に、エポスカード会員専用オンラインサービス「エポスNet」にアクセスして、再発行手続きを行います。

これは自分で行わなければならない作業なので、不明点や不安な部分はオペレーターに聞いておきましょう。

カード会社以外にも、警察に連絡しておいた方がいい?

エポスカードの公式サイトでも案内されている通り、エポスカードを紛失したら最寄りの警察にも紛失届を提出しておきましょう。

日本は比較的治安の良い国と言われているので、優しい人が拾ったカードを交番に届けてくれるかもしれません。

しかし、クレジットカードなので、警察に届けられずに悪用されてしまう事も考えられます。

そんな時、紛失届を提出していれば、後々不正利用された時の手続きで、補償を受けやすくもなります。

海外で紛失した場合はどうすればいい?

コールセンターに連絡

海外でエポスカードを紛失しても、日本での対応と同じように、コールセンターへ連絡しましょう。

海外からの電話は高額な通話料を請求されそうで恐い!と思うかもしれませんが、エポスカードはワールドフリーフォンという通話料無料の電話回線を利用できるので、心配する事はありません。

ただし、専用ダイヤルは電話番号を滞在国によって決まっているので、海外旅行前に番号チェックをしておく事が大切です。

エポスカード紛失受付センター

アメリカ・ハワイ 1-800-540-8595
グアム 1-888-890-3899
サイパン 1-866-222-0317
カナダ 011-800-53403333
ヨーロッパ各国
(ギリシャ以外)
00-800-53403333
ギリシャ 00-800-8113-0101
ニュージーランド 00-800-53403333
オーストラリア 0011-800-53403333
中国、台湾、フィリピン、マレーシア 00-800-53403333
韓国、香港、タイ、シンガポール 001-800-53403333
インドネシア 001-803-81-0268

滞在国によっては、繋がらない場合や、自己負担での有料国際電話になる事もあります。

また、東京のコールセンターに繋がるまでに、いくつかの接続先を通して繋がる場合、利用回線によってはその分の通話料がかかる可能性があります。

気になる場合は、電話回線を使うホテルや旅行会社のデスクに確認しておくと良いでしょう。

現地の警察に届け出る

海外でも例外なく、エポスカードの紛失には現地警察での届け出が必要です。

海外旅行での紛失物は、手元に戻る可能性が低いので、紛失物に対して海外旅行保険が適用される事もあります。

そのような補償内容の保険に入っていたら、特に警察への届け出は必要です。

そうでなくても、万が一、不正利用された場合を考えて、エポスカードの補償を利用する為に現地でしっかり手続きしておきましょう。

言葉の壁があって難しく思うかもしれませんが、今後の為には必要な作業です。

まず、パスポートとお金を持って、警察署に行きます。

紛失証明書の手続は現地警察官に案内してもらえるので、任せましょう。

国によっては手数料が要りますし、時間もかかる可能性があります。

旅の予定がくるってしまう事も考えられるので、同行者に理解してもらう事も大切ですね。

緊急カードを発行してもらう

エポスカードは、滞在国で紛失しても、緊急カードを発送してもらえるサービスがあります。

現地発行ではなく郵送なので、滞在期間が長い場合には利用しても良いかもしれません。

ただし、手数料が10,000円かかり、国によっては発行不可の場合もありますので、本当に緊急な時に利用できると良いでしょう。

ちなみに、ゴールド・プラチナカードの会員は、手数料無料です。

エポスカードを紛失したら再発行したほうがいい?再発行するときの注意点

エポスカードは、紛失しても再発行ができます。

本人からの連絡である事や、暗証番号が分からなければなりませんが、24時間自動応答サービスでも受け付けていますし、時間や場所を気にせずにネットで手続きもできます。

しかし、カードを紛失していると、不正利用以外にも支払いやポイントについても気がかりですよね。

ここでは、そんな再発行に関する気になる点をまとめていきます。

カードを失くすとエポスポイントも失効してしまう?

エポスカードには、通常クレジット利用で200円=1ポイントのエポスポイントが還元されます。

0.5%と還元率は決して高くありませんが、キャンペーン等を利用していつもよりお得にポイントをゲットしている人もいるでしょう。

これらのポイントは、エポスカードを発行する際に作成した、エポスNetのアカウントIDに対して貯まっていきます。

エポスカードは、このポイントを貯めたり使ったりする為のひとつのツールという事になるので、カードを失くしてもポイントは失効しません。

ネット上に保管されているという印象ですね。

再発行したカードのそのままポイントが引継ぎできるので、安心して下さい。

再発行したら、カード番号が変わる?月々の支払いはどうなる?

エポスカードで毎月の光熱費や保険料など、日常生活の引き落としを行っていた人にとっては、今までの引き落としがどうなるのか気になる点です。

再発行すると、エポスカードのクレジットカード番号自体が変わってしまうので、今までの引き落としは継続されません。

また新たに各電気やガス会社、携帯電話会社やプロバイダなどで、クレジットカード変更手続きが必要になります。

かなり面倒ですが、

  1. 先月の引き落とし明細を見て、どこの会社からの引き落としをしていたか確認する
  2. 月々の支払いだけでなく、NHKや保険料等で年払いをしていないか確認する

この2点を覚えておけば失敗はありません。

また、以下の会社では、クレジットカード変更手続きをしなくても、再発行後のエポスカードに引き落とし情報が引き継がれます。

docomo
au
Softbank

NTT東日本
NTT西日本

東京電力
関西電力
東京ガス
大阪ガス

東京都水道局

ENEOSでんき

BIGLOBE
Yahoo!BB
NTTコミュニケーションズ
NTTぷららKDDI

再発行に手数料はかかる?

エポスカードの再発行は、手数料無料です。

郵送の場合、1週間前後かかってしまうので、その間エポスカードを利用する事はできません。

その為、できるだけ早く発行した場合は、マルイ等にあるエポスカードのサービスカウンターで手続した方が早いので、身分証明書を持参して行ってみて下さい。

カードの利用状況によっては、その場での再発行不可の可能性もありますが、今まで普通に問題なく利用できていれば、ほぼ再発行できます。

エポスカードは不正利用されても補償制度は付帯されているのか?

不正利用された場合、エポスカードには紛失手続きからさかのぼって61日前までの利用を補償する制度があります。

カードを利用すると速報メールが届く機能に登録している方なら、早めに不正利用に気付くことができそうですが、そうでなければ不正利用を放置してしまう方もいるかもしれません。

そうならない為にも、冒頭で明細のチェックをオススメしましたが、それ以外にも、補償制度を使って約2ヶ月前までさかのぼって対処する事ができます。

利用した覚えのない明細を発見したら、すぐにエポスカード紛失受付センターに連絡しましょう。

不正利用による損失は全額補償対象になりますが、手続をスムーズに行う為にも、エポスカードを紛失した事を証明する意味での警察への紛失届も忘れず行っておきましょう。

最後に

  • エポスカードを紛失したら、すぐにコールセンターに連絡を
  • 今まで貯めたポイントは失効しないが、月々の引き落としカード番号変更の手間がかかる
  • 優待満載のエポスカードは、不正利用にも対応できる補償がある

エポスカードは、紛失・盗難にもしっかり対応してもらえるクレジットカードです。

再発行手数料無料、盗難補償あり、貯まっていたポイントも引き継がれる…という事なので、もし紛失しても、しっかり手続きすれば再発行カードで今まで通り利用する事ができます。

とは言え、クレジットカードには様々な個人情報が紐づけされていますから、カード自体を紛失しないように、最大限注意深く保管しましょう。