デパートのマルイが提供しているエポスカードは、マルイにとどまらず様々な飲食店やレジャーやエンタメ、旅行関係など、手厚い優待が得られることがとても特徴的です。

たとえば飲食店の1,000円割引クーポンや映画館の500円割引優待など、入会金・年会費永年無料とはとても思えないサービスです。

そんなエポスカード、普段どのように活用しているでしょうか?

メインカードとしても充分に活躍してくれるエポスカードですから、「ついつい使いすぎてしまって限度額オーバーしてしまった」という人もいるかもしれません。

そこで気になってくるのが、”限度額はいくらに設定されているのか”というところですよね。

「いつも限度額ぎりぎりまで使いがちだから限度額を引き上げたい」ということもあるでしょう。

この記事ではエポスカードの利用限度額を確認したり限度額の変更をしたりする方法をご紹介します。

そして「もしも限度額をオーバーしてしまうとどうなるのか」ということについても確認しておきたいと思います。

 

エポスカードの限度額はいくらに設定されてることが多い?自分のエポスカードの利用限度額を確認する方法

エポスカードの利用限度額はいくら?

エポスカードの利用限度額は一体どのくらいに設定されるものなのでしょうか?

公式にはアナウンスされていませんが、ショッピングは10万円〜100万円、キャッシングは0〜50万円が一般的なようです。

具体的にどのような人がどのくらいの利用限度額になるのか、目安を見てみましょう。

  • 学生・専業主婦・年金生活者など低収入の人:10〜20万円程度
  • 中程度の収入かつクレヒスに問題がない人:20〜30万円以上
  • 社会的信用度も高く、高収入で、クレヒスに問題がない人:100万円

※ショッピングのみの利用限度額の目安です。

エポスカードはクレジットカードですので、「社会的な信用度」があることが必要とされます。

社会的な信用度とは主に年収が関わってきますが、単に年収が高いというだけではなく、雇用形態や勤続年数などから、「収入の安定性」や「きちんと支払いを継続できるか」というのが重要視されます。

また、「クレヒス」といってこれまでにクレジットカード(エポスカードだけでなく他のクレジットカードやローンなどすべて)をどのように利用してきたかという履歴も重要となってきます。

利用限度額を確認するには

さて、あなたは自分のエポスカードの利用限度額がいくらに設定されているのか知っているでしょうか?

常に限度額を意識しながら利用しているということでもない限り、利用限度額の詳細な金額についてはあいまいな人も多いと思います。

ここであなたの利用限度額を確認しておきましょう。

利用限度額は公式アプリまたは公式サイトで確認することができますよ。

手順はこちら。

公式アプリで利用限度額を確認する場合
  1. エポスカード公式アプリへログイン
  2. 「お支払照会」をタップする
  3. 「ご利用可能額照会」をタップする

(画像引用元:エポスカード「よくあるご質問」

公式サイトで利用限度額を確認する場合
  1. 公式サイト「エポスNet」へログイン
  2. 「ご利用可能額を見る」をクリック

いずれも「ショッピング」と「キャッシング」で利用限度額が設定されていますので、ご注意ください。

エポスカードの限度額は1ヶ月間ごとじゃないの?ギリギリの状態だけどいつになったら使えるようになる?

ところでこんな経験はないでしょうか?

「先月は○○万円まで利用できたのに、今月はそこまで使えない…」

それは利用限度額が原因しています。

たとえば利用限度額が20万円で「今月15万円まで利用した」とすると、その引き落としが終わるまでは「利用限度額は5万円」となります。

エポスカードの引き落とし日は27日の場合と4日の場合があります。

こちらの図を参考にしましょう。

(画像引用元:エポスカード「よくあるご質問」

引き落とし日(支払日)が27日の場合、「前月28日〜今月27日」利用分を翌月27日に支払うスケジュールとなります。

具体的な日付にするとこのようになります。

10月28日〜11月27日の利用分:12月27日に引き落とし

たとえば11月(27日まで)に15万円のショッピングをした場合、12月27日の引き落としが終わるまでは「15万円の利用残高」があるため、残り利用できる金額は「利用限度額20万円−利用残高15万円=5万円」となります。

利用限度額は「月ごと」にあるわけではなく、「全体として利用できる上限金額」なのです。

なお、引き落としができたことが確認された時点で利用限度額は最新のものに更新されます。

引き落とし日から数日後には反映されていますので、確認しておきましょう。

引き落としされてもエポスカードの限度額ギリギリなのはリボ払いが原因!

引き落としは終わってるのに「まだ限度額が元に戻らない」「ちょっとしか使えない」というような場合は、エポスカードでリボ払いを利用していなかったか確認してみましょう。

リボ払いをしていると、15万円のショッピングだとしても「月々1万円ずつ」の支払いになっていることがあります。

そうすると1ヶ月ごとに1万円ずつしか「利用限度額が増えていかない」ということになり、なかなか元の利用限度額いっぱいまで戻りませんね…。

「今すぐ利用限度額まで使えるようにしたい」という人は、「繰り上げ返済」をすることをおすすめします。

繰り上げ返済とは、引き落とし日を待たずに支払いを済ませてしまうことです。

これによって利用残高を0円にして利用限度額いっぱいまで利用することができます。

繰り上げ返済はエポスATM、コンビニ・銀行ATM、ペイジー(インターネットバンキング)、エポスカードセンターなどで支払いをすることができます。

  • エポスATMの検索はこちらから。
  • エポスカードセンターの検索はこちらから。

コンビニ・銀行ATMやペイジーを利用する場合はこのような手順になります。

コンビニ・銀行ATMで繰り上げ返済をする場合

まず最初にエポスNetへのログインをした状態で以下のように進めてください。

(画像引用元:エポスカード公式サイト

ペイジー(インターネットバンキング)で繰り上げ返済をする場合

まず最初にエポスNetへのログインをした状態で以下のように進めてください。

(画像引用元:エポスカード公式サイト

エポスカードは限度額を超えても少しならカード利用できる?

エポスカードの利用限度額を超えてしまうと、その時点でエポスカードは利用できない状態になります。

たとえば利用限度額20万円のうち18万円まで利用残高があるとすると、残りは2万円までしか使えません。

稀に利用限度額の照会をしないで決済ができてしまう店舗もありますが、ほとんどの場合は「店舗でエポスカードで決済をしようとする際に」利用できるかできないか確認をしています。

その決済によって利用限度額を超えてしまう金額の場合、エラーとなってエポスカードによる支払いはできないということになります。

限度額ギリギリまで使いがち…限度額の引き上げを検討してみよう!限度額引き上げの方法

クレジットカードによっては利用限度額を引き上げることが可能なものもありますが、エポスカードにおいては利用限度額の引き上げをすることが「できません」。

お客様のご要望による恒常的なショッピングご利用可能枠の増枠は承っておりません。

(引用元:エポスカード「よくあるご質問」

しかし例外的に「引き上げ」ができることがあります。

それはたとえばこんな時です。

  • 結婚式(ブライダル):利用限度額最大400万円まで
  • その他の目的(旅行・引越しなど):利用限度額の2倍または+100万円のうち、どちらか少ない金額まで

どうしてもまとまったお金が必要な時ってありますよね。

そんな時には利用限度額が一時的にでも引き上げられたら、とても助かります。

上記のように結婚式の場合は最大400万円まで、その他の場合でも利用限度額の2倍かプラス100万円まで引き上げられるというのはとても心強いですよね。

一時的な利用限度額の引き上げには審査がありますが、必要な人はひとまず申し込みしてみましょう!

手順はこちらを参考にしてください。

エポスカードの利用限度額を一時的に引き上げる方法
  1. エポスNetへログイン
    ブライダル目的の場合はこちらから
    ブライダル以外の目的の場合はこちらから
  2. 「各種お申し込み(オプションサービス)」より手続き
  3. エポスカードデスクで確認・審査
    (ブライダルは1週間程度、その他の目的は2,3営業日)
  4. メールにて審査結果の連絡がくる
  5. 「ご利用開始日」の当日0:00から約1ヶ月後まで利用限度額が引き上げられる

審査の結果、利用限度額の引き上げができないこともあります。

審査には少し時間がかかるので、ギリギリではなく早めに申し込みをしておくようにしましょう。

限度額を引き上げるデメリット

エポスカードは一時的であれば利用限度額を大幅に引き上げることが可能です。

これは急な出費やまとまったお金が必要な時にとても助かりますよね!

しかし、こんなデメリットもあるのでご注意…。

限度額の引き上げに審査が必要

前項でご紹介したように、利用限度額の引き上げをするには審査が必要になります。

もともとの利用限度額もエポスカードの入会審査の時に厳密に設定されたものなので、それを変更するのにはより慎重な審査が必要となるのですね。

ブライダル目的の引き上げの場合は1週間程度、それ以外の目的の場合は2,3営業日ほど審査時間が必要となります。

引き上げの申し込みをする際には収入や個人情報などを入力する必要があるためちょっと手間かもしれません。

使いすぎにならないように注意

晴れて利用限度額の引き上げに成功した場合に気をつけたいのが「使いすぎ」です。

エポスカードは最大400万円まで(例としてブライダルの場合)というかなり「大幅な限度額引き上げ」が可能です。

これによって「その時やりたいことができる」という便利さはありますが、その分、「普段では利用しないような金額」でもあります。

金額が大きくなればなるほど、普段の金銭感覚がマヒしてしまうこともよくあることです。

後で支払いに困ってしまわないよう、くれぐれも必要最小限の利用に抑えておきましょう!

最後に

エポスカードの利用限度額についてまとめてみました。

利用限度額は「月ごとに20万円」などと設定されているわけではなく、「最大で利用できる金額」であることを今一度確認しておきましょう。

利用限度額をまた最大の金額まで戻すためには、現在利用している分の「利用残高」が引き落とされるのを待つ必要があります。(たとえば利用限度額20万円のうち利用残高が15万円あると、残り5万円しか利用できません。利用残高の引き落としがされ次第、また20万円まで利用できることとなります。)

引き落とし日は契約内容によって異なりますが、毎月27日の場合と毎月4日の場合があります。

毎月27日の場合は「前々月28日〜前月27日」の分が、毎月4日の場合は「前々月5日〜前月4日の利用分」が引き落とし対象となります。

ただしリボ払いで支払いをしているという人は、一度に15万円の返済というわけでなく「月々1万円ずつ」というような支払い方法になっていることもあります。

「なかなか利用限度額が元に戻らない」という人は、リボ払いにしているものがなかったかどうか、確認してみましょう。

「引き落としまで待てない!」「今すぐ支払えるのに!」という人は、繰り上げ返済を利用するのが良いでしょう。

エポスATMやエポスカードセンターでの支払いや、コンビニ・銀行ATM、ペイジー(インターネットバンキング)などの中から都合の良い支払い方法を選ぶことができますよ。

なお、利用限度額の引き上げは一時的にはできますが、「ずっと」はできません。

引き上げの際には審査が必要になり、1週間ほど時間がかかることもありますので、申し込みをする場合は早めにしておくことをおすすめします。