「えきねっと」とは、JR東日本が提供するネットサービスの名称です。「えきねっと」のサービスが普及して以来、これまで駅の窓口でしかできなかった新幹線の予約が、パソコンやスマホから行えるようになりました。

急な出張や旅行など、なかなか駅の窓口に行けない人にとってはとても便利なサービスですよね。窓口で行列に並ぶ必要もありませんので、時間と手間が省けます。

今回はそんな便利な「えきねっと」の詳しい使い方をご紹介します。基本はカンタンですが、ちょっと注意が必要な点など、筆者自ら調査したもののを交えていますので、使用前にぜひ参考にしてください。

えきねっとは全国の新幹線の予約ってできるのか?

「えきねっと」は、日本全国の新幹線が予約できます。

日本の鉄道会社はJRだけでも全部で5つ。近年は北海道新幹線の開業により、日本列島は北から南まで新幹線が貫通することになりました。

これらの各鉄道会社は、それぞれ独自のインターネットサービスを運営しています。JR西日本なら「e5489」(いいごよやく)、JR東海なら「スマートEX」など、名前も違えばサービスの特徴も違い、買えるきっぷの範囲もそれぞれ違います。

今回ご紹介するJR東日本が提供する「えきねっと」は、全国の新幹線の指定席の予約ができることが特徴です。きっぷの受け取り地が限られているなど、改善してほしい点がまだまだありますが、全国の新幹線の空席状況が確認できるだけでも便利ですよね。

「えきねっと」は、まさに日本列島を「網の目」で包むように展開するサービスなのです!

「えきねっと」のメリット

窓口に立ち寄る必要がないことだけでも大きなメリットとなる「えきねっと」ですが、得られるメリットは1つだけに留まりません。

「駅は毎日通る場所だから、ネット予約に魅力を感じない。」という人も、ぜひ次のメリットをご覧ください。きっと「えきねっと」が使いたくなるはずです。

「えきねっと」を利用するメリット
  • 窓口の行列に並ぶ必要がない
  • 窓口より早く指定席券が買える
  • 窓口よりお得な金額できっぷが買える
  • きっぷを受け取る前なら、何度でも予定の変更が可能
  • Suicaのチャージに充当できる「えきねっとポイント」が貯まる

よりよい席をとりたいとき、新幹線の指定席だけに限らず「早い者勝ち」がルールです。「えきねっと」では指定席の販売を「みどりの窓口」より1週間も早く公開しますので、窓口を訪ねるよりも確実に早く希望の席が予約できます。

また、ネット割引が適用され窓口よりも割安な価格できっぷが購入できます。このような点だけでも「えきねっと」を利用する大きなメリットがありますよね!

このほか、1席予約するごとにポイントが溜まったり、急な予定変更にもフレキシブルに対応できるなど、インターネット予約ならではの魅力も満載です。

えきねっとで新幹線チケットを買うと料金いくら?

「えきねっと」には魅力的なメリットがたくさんあります。その中でも1位・2位を争うメリットはやはり「割引きっぷが買えること」ではないでしょうか。

「えきねっと」を利用してきっぷを買うと、いったいどれだけお得になるのでしょうか?「どうせ大した額じゃないんでしょう~?」なんて言ってるあなた!「えきねっと」の割引率は最大時でなんと35%!

通常のきっぷが10,000円なら35%引きで6,500円、その差3,500円もお得になることだってあり得るんです!細かいことは次でご紹介していきますので、さっそくメモを用意してください。

えきねっとだけの割引!「トクだ値」を利用した場合

「えきねっと」では「トクだ値」というネット会員限定の割引サービスを提供しています。この「トクだ値」は、適用される列車・区間・座席数が限定されていますが、割引率が破格であることから注目を集める存在となっています。

「列車限定って、どうせゴールデンウィークとかは使えないんでしょ~?」と疑いの目で見る人もいるでしょう。では、まずは以下の要件をご覧ください。

「トクだ値」はこんなときにも使える!
  • 混雑時でも使える!

年末年始・お盆・大型連休期間にも使えます。

  • 最大6人分買える

1回のお申込みで最大6名までお申込みが可能!お友だちや同僚なども一緒に割引適用!

お盆の時期などでも6人分まで適用されるのですから、「家族みんなで新幹線で帰省するとき」の大きな味方になりますよね!

しかし!「えきねっと」のスゴイところはこれだけに留まりません。さらなる大幅な割引「お先におトクだ値」の存在があるんです。

13日前予約でさらにお得な「お先におトクだ値」

飛行機を予約するとき「前割」や「先割」など、早く予約すればするほど航空券がお得になりますよね。「お先にトクだ値」はまさにそれと同じ仕組みです。

出発日の13日前(厳密には13日前の午前1時40分前)までに予約すれば、「トクだ値」よりももっとお得にきっぷが買えてしまうんです!

「お先にトクだ値」の割引率は一律ではなく、路線や新幹線の種類ごとにバラバラです。しかしその割引率は、少なくて5%・大きいものでは35%にも及びます。

たとえば、東北新幹線で東京から新青森に向かう場合、通常の金額は17,350円ですが、「お先におトクだ値」なら25%割引きで13,010円!

その差はなんと4,340円ですから、ちょっと贅沢なランチや夕食代に使うのに十分な金額ですよね(※時期によっては割引率が変更になることがあります)。

「お先にトクだ値」の注意点

「お先にトクだ値」は、「トクだ値」よりも使える日・路線が細かく限定されています。「トクだ値」は混雑時にも適用されるサービスですが「お先にトクだ値」は以下のような「使えない期間」があります。

「お先にトクだ値」が使えない期間
  • 2018年8月10日(金)~12日(日)の「下り」列車
  • 2018年8月15日(水)~19日(日)の「上り」列車

さらに注意が必要なのは、「お先にトクだ値」は全便適用ではないということ。「お先にトクだ値」は、北海道・東北・山形・秋田上越・北陸の区間の新幹線のみ割引が適用されます。

つまり、①東京から北へ向かう新幹線で、②上記の期間を外し、③「お先にトクだ値」適用対象の列車を選択して初めて、「お先にトクだ値」が利用できるということになります。

こんなときにも使えない「おトクだ値」

「おトクだ値」と「お先におトクだ値」には、以下のようなリスクが伴います。JR東日本はこのように説明しています。

対象となる列車名であっても以下の列車には「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」が設定されないことがあります。
・全車自由席の列車
・列車の編成が変更となる場合など、運転計画に変更があった列車
・追加で運転することが急遽決定した臨時列車
その他、運用上の都合により「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の設定を変更する列車

恐れ入りますが、「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の設定有無につきましては、お申込み時にご確認いただきますようお願いいたします。

「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」の対象外となる列車

うーん、なんだか本当に割引きっぷが買えるのかちょっと不安になってきますよね。100%割引されます!とは言えないけれど、適用されれば大幅に安くなる、それが「えきねっとトクだ値」と「お先にトクだ値」だと考えるのが正しそうですね。

では、実際適用されたらどれだけお得になるのか?

実際どれだけお得になるのか、「トクだ値」と「お先にトクだ値」を利用したときをそれぞれ想定して比較してみましょう。ここでは「普通指定席で東京から各方面に向かうとき」の値段を抜粋して比較します。

列車の種類  行き先  通常の値段 「トクだ値」適用時  「お先にトクだ値」適用時
東北・北海道新幹線「はやぶさ」  新青森  17,350円  16,480円(5%割引)  13,010円(25%割引)
山形新幹線「つばさ」  山形  11,340円  10,200円(10%割引)  7,930円(30%割引)
北陸新幹線「あさま」  長野  8,200円  6,970円(15%割引)  5,330円(35%割引)

(ちなみに新幹線のきっぷは、繁忙期・通常期・閑散期で金額が異なり利用する時期で通常時の値段も上下します。そのため必ずこの金額になるわけではありませんので注意してください。)

いかがでしょう。「トクだ値」でも15%割引ではかなり格安感が生まれます。さらに「お先におトクだ値」の35%に至っては、「是が非でも!」と言いたくなるほどの安さではないでしょうか。

えきねっとで新幹線チケットを予約購入する手順について

「次回から“えきねっと”を利用しよう!」と思った方のために、ここからは実際の「えきねっと」の使用方法の説明に入りましょう。申し込み方法も1度目を通せばカンタンにマスターできます。

まずは具体的な申込み手順を知っておきましょう。

「えきねっと」の申し込み手順
  1. 無料会員登録
  2. きっぷの申込み(※クレジットカード必須)
  3. きっぷの受け取り
  4. 乗車

カンタン4ステップで、お得で快適な新幹線の旅が楽しめます。1と2は自宅や職場でスマホやパソコンで手続きできますので、お出かけが決まった日の空き時間にでもトライしてみてくださいね。

この時点で注意したいのは、「えきねっと」は現金決済やコンビニ払いができない点です。すべてクレジットカード決済となりますのでお手元にクレジットカードを用意しておいてください。

3については申し込みが完了したあとでOK。極端に言うなら、当日乗車する直前でも受け取りは十分に可能です。

それでは早速、実際の操作画面を見ながら手続きを進めていきましょう。

ポイント貯まりやすいクレジットカードを使うとオトクに

ポイントの貯まりやすいカードを使えていますか?カードの種類によってポイント貯まりにくいカードもあるので注意が必要です。

新幹線の予約をする前に、ポイントの貯まりやすいカードを予め作っておくと、さらに新幹線の料金がオトクになるのでおすすめですよ。

1.会員登録

「えきねっと」と検索し、えきねっとのホームページへ行きましょう。最初のページの右上部に「会員登録」ボタンがありますのでそちらから手続きを開始します。

次のページでは、会員登録をする前の確認事項が表示されます。

  • 「えきねっと」にはクレジットカードが必要であること
  • きっぷの受け取りができるエリアが限られていること

以上の重要な2つの点をしっかりと確認しておきましょう。特に次の点はぜったいに読み飛ばさず熟読が必要です。

「えきねっと」はたしかに全国の新幹線を予約できるサービスです。しかし、きっぷの受け取りについては「全国どこでも可能」ではありません。

例えるなら、「東京から新大阪」へ向かう新幹線のきっぷは予約・受け取りが可能ですが、復路の「新大阪から東京」はJR西日本の北陸エリア意外なので予約はできてもきっぷの受け取りはできません。

つまり「予約はできてもきっぷが受け取れない」ということです。そのためJR東日本から南へ向かうときは、絶対に復路を予約せず現地で帰りのきっぷを手配しましょう。

以上の2点に納得できたら、個人情報の取扱いに同意後メールアドレスを入力し送信しましょう。

登録したアドレスにログインURLが添付されたメールが届きます。メールが届いたら、URLをクリックして個人情報の入力を進めていきましょう。

入力する内容は以下のとおりです。

  • ユーザーID
  • パスワード
  • 氏名
  • 生年月日
  • 性別
  • 連絡先(住所・電話番号)
  • クレジットカード情報(本人名義)
  • メルマガ設定(ON/OFF)

このとき登録するクレジットカードは、「暗証番号」が分かるものであることが条件です。券売機で受け取りのときクレジットカードの暗証番号が必要になるからです。(窓口終了と暗証番号不明が重なると、その日はきっぷを受け取ることができません。)

項目がすべて入力できたら会員登録は完成です。えきねっとから「登録手続き完了のお知らせ」が届いたら、さっそくきっぷの申込みを始めましょう。

2. きっぷの申込み

会員登録が終わったらサイトのホームへ戻り、赤枠内の「きっぷ予約」から予約手続きを行います。

指定席の予約は赤枠内の「指定席」から手続きを行います。(自由席もここから申し込めますが、「えきねっと」による割引やポイントの付与はありませんので詳しい説明は割愛させていただきます。)

指定席の予約画面では、「えきねっと」で購入できる全国の新幹線の路線が表示されます。行きたいエリアの新幹線をクリックしましょう。今回は長野県に行くことを想定し、「上越新幹線」を選択します。

エリアの新幹線を選択すると、次は上越新幹線の空席状況の確認を行います。乗車日や出発時刻、利用区間を入力しましょう。今回は長野県に向かうので降車駅には「長野(JR)」を選択します。

 

設定した内容に合う列車がいくつか表示されますので、空席状況を確認しながら列車と座席の種別を選択します。

 

このとき注意したいのが選択箇所です。トクだ値」はその性質上自動的に適用されません。普通の乗車券を買うか・トクだ値で買うかを自分で選択しましょう。

また、「トクだ値」の欄に〇や△が表示されていないものがありますが、これは「トクだ値対応の列車ではない」ということです(「トクだ値」適用の列車かどうかは、この画面で初めて分かります)

ここでの入力が終わったら、次は座席指定のページに進みましょう。マップ式で選びたい場合はシートマップを選択すると空席状況が一目瞭然です。

ちなみに今回は大人5名で申し込みますが、果たして全員がお得に乗ることができるのでしょうか?そう、「トクだ値」の勝負はまさにここから。なぜなら「トクだ値」は席数限定の割引サービスであるからです!

もしかしたら、5人全員が割り引かれるかもしれませんし、逆に全員がアウトになるかもしれません!この危うさ(?)があるからこそ「トクだ値」は安いのです。

それでは、横一列に5人が座れるよう座席の位置を指定してみますね。

 

5名分を横一列にクリックしましたが、ここではとくに問題なくチェックを入れることができました。さらに次の確認ページには、選択した席が数字で表示されます。内容をよく確認して「申込む」のボタンをクリックしましょう。

ここでいきなりNG!

ここまで着々と進んできた「トクだ値」の予約作業ですが、申し込んだと同時にこんなメッセージが表示されました。

「お申し込みの指定席は、満席のためおとりできませんでした。」「トクだ値」をお申し込みの場合は、設定席数が発売済みとなりましたため、お客様のご希望の席をご用意することができませんでした。」

あの空席情報はいったい何だったの?と言いたくなりますが、「トクだ値」は冒頭でお伝えしたとおり、列車・路線・席数限定の割引サービスです。つまり席が空いてても、「トクだ値」が必ず適用されるというわけではないんですね・・・。

こうなったら、「戻る」から戻って「トクだ値」ではなく普通の指定席を購入するか・人数を減らす・もしくは「トクだ値」適用の席が潤沢に残っている別の列車を探すしかありません。

随時内容を調整し、納得がいく列車が見つかったらいよいよ「購入」に踏み切りましょう。

「購入する」を押したらこの後表示される「予約番号」を控えておきましょう予約番号はきっぷの受け取りのときに必要です)。自宅や職場でできる手続きはいったんここで終了です。

申し込んだあとは、きっぷを受け取るだけ!受け取り方は次の項で詳しく説明します。(ちょっと注意が必要なので必ず最後まで目を通してくださいね。)

えきねっとで申し込んだ新幹線チケットの受け取り方法について

「えきねっと」で申し込んだあと、乗車する前にきっぷの受け取りが必要です。

「えきねっと」はすべてがキャッシュレスではありませんので、きっぷの受け取りを忘れないようにしましょう。

きっぷの受け取りができるのは、インターネット申込み直後から乗車当日まで。受け取れる時間には限りがありますので、早朝や深夜に出発する列車に乗る場合は、前日までにきっぷを受け取っておきましょう。

きっぷが受け取れる場所はここ!

「えきねっと」の困ったところは、全国すべての新幹線の予約できても「すべてのきっぷが受け取れない」というところでしたよね。「えきねっとはJR東日本のサービスである!」というのをイヤでも感じさせられます。

「えきねっと」で予約したきっぷは以下の場所で・以下の時間に受け取りができます。

JR東日本エリア 指定席券売機・みどりの窓口・びゅうプラザのある駅

5時30分から23時

(窓口は営業時間内)

JR北海道エリア 指定席券売機・みどりの窓口・旅行センターのある駅 JR東海エリアなど一部会社線を含むきっぷは受取不可
JR西日本北陸エリア  指定席券売機・みどりの窓口のある駅

「5時30分から23時」とは指定席券売機が利用できる時間です。24時間使えるわけではありませんので「飲み会の帰りに取りにいこう!」というのは不可能かもしれませんね。

指定席券売機の操作方法

それではもっとも多くの人が選択すると思われる「指定席券売機」の操作方法を確認しておきましょう。その前に、券売機で必要となるものを揃えておいてくださいね。

指定席券売機で必要なもの
  • えきねっとに登録したものと同じクレジットカード
  • クレジットカードの暗証番号
  • えきねっとで発行された予約番号

必要なものを持ち、指定席券売機にいきましょう。券売機に表示される画面の中から「インターネット予約の受け取り」を選択します。

次に表示される画面で「えきねっと予約の受け取り」を選択します。

ここでクレジットカードが登場です!ここで注意したいのは「会員登録時に入力したのと同じクレジットカードであること」です。くれぐれも違うカードを差し込んではいけません。正しいカードを挿入することで、予約していた列車が表示されるからです。

複数表示される場合はきっぷを受け取る列車を選択して、表示された内容に間違いがなければ「確認」を押しましょう。

最後にクレジットカードの暗証番号をテンキーで入力します。

ここで「暗証番号なんてあったっけ?」というのは通用しません!暗証番号がわからない・・・」そんなときは操作を中止して、「みどりの窓口」に行きましょう。(みどりの窓口が閉まっていたら、その日は受け取れません。)

きっぷを受け取れなかったらどうなる?

乗車する予定の日の23時までにきっぷを受け取れなくても、指定席券や「トクだ値」の部分はしっかり請求されてしまいます。自由席や乗車券の場合は自動取消してくれて無料で済みますが、指定席や「トクだ値」は「席を押さえてある」ためその分きっちり請求されてしまうのです。

  • 指定券:購入予定だった代金全額を登録したクレジットカードに請求(1回払い)
  • トクだ値:発売価格の全額をクレジットカードに請求(1回払い)
  • 乗車券と自由席:代金の請求なしで自動取消

せっかく「トクだね!」と言いたかったのに、きっぷを受け取らないだけで「ソン」するのはもったいない!そんなことにならないように、きっぷは確実に受け取ってくださいね。

最後に

今回ご紹介した「えきねっと」この度筆者も登録してみました。なぜならこの夏、長野県に旅行に行く計画を立てているからです。

交通費は自腹を切るとなると、できるだけ割安であることに越したことはありませんが、「えきねっと」はうまく使えばこれほどトクなものはない!と言えるほどの割安感に満ち溢れています。

「えきねっと」が実際に使えるかどうかは、会員登録して画面を空けなければ分からないのがネックです。しかも説明が難解で、あちこち画面を切り替えなければ理解ができない「面倒くささ」がつきまといます。

しかし、その「面倒くささ」があるからこそえきねっとは安いのだ・・・とノドから出そうな文句が引っ込んでしまう。それが「えきねっと」だと筆者は思います。

ポイント貯まりやすいクレジットカードを使うとオトクに

ポイントの貯まりやすいカードを使えていますか?カードの種類によってポイント貯まりにくいカードもあるので注意が必要です。

新幹線の予約をする前に、ポイントの貯まりやすいカードを予め作っておくと、さらに新幹線の料金がオトクになるのでおすすめですよ。

旅行が趣味で「節約はすべて旅行のため」と考える兼業ライター。旅行で貯めたポイントは生活消耗品代に使っています。最近は地理の奥深さに目覚め、「地理検定」を取得しようとヒマさえあれば日本地図とにらめっこ。わかりやすく・楽しい記事がお届けできるよう、頑張りますのでよろしくお願いいたします!