日本の3大携帯電話会社としておなじみのドコモ。

最近ドコモにしたという人も、もう十年以上もドコモユーザーだという人もいると思います。

しかし誰でも共通して気になるのが、毎月の携帯料金です。

「今月はパケット利用の追加しすぎちゃったなぁ…」とか、「今月は急な出費が続いて、携帯料金を支払えるかどうか心配…」など、いつもは問題なく支払いができている人でも、時には支払いが難しい時もあります。

この記事ではドコモの携帯料金の引き落とし日や支払日を確認する方法、そして万が一支払いが難しい時の対処法もまとめてみました。

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

ドコモの携帯料金の引き落とし日いつ?支払日って変更できる?

ドコモの携帯料金の引き落とし日は、「利用月の翌月末日」となっています。

たとえば1月1日から1月31日までに利用した分は、2月末日に引き落としとなります。

末日が土日祝日の場合は翌営業日となるために、翌々月の初めにずれこむこともあります。

この引き落とし日についてはドコモによって指定されているため、残念ながら変更することができません。

もしも支払日を変えたいという場合には、いくつか方法があります!次の項でご紹介しましょう。

ドコモの携帯料金の支払日はどのようにして決まるのか?

ドコモの携帯料金の支払日を月末日ではなくしたい場合、支払い方法によっては支払い日を変更することが可能です!

ドコモの携帯料金の支払い方法には、以下のようなものがあります。

  • クレジットカードによる支払い
  • 口座振替による支払い
  • 請求書による支払い

支払日が月末に設定されているというのは、「口座振替」による支払いの場合です。

クレジットカード支払いの場合には、クレジットカード会社によって請求日が変わったり、クレジットカード利用料金の引き落とし口座に設定している銀行によっても引き落とし日が変わることがあります。

ドコモの携帯料金をクレジットカードで支払っている場合

たとえばクレジットカードによっては、「毎月1日〜末日までの利用分を翌月○日に支払い」となっていることもあれば、「16日〜翌月15日までの利用分を翌月△日に支払い」となっていることもあるのです。

もしもドコモの携帯料金の支払日を変更したい場合には、クレジットカードでの支払いにしてみると良いでしょう。

自分の利用しているクレジットカードの締め日や口座振替日がわからないという場合は、たいていの場合、クレジットカードが送られてきた時のカードの台紙に書かれていることが多いです。

そのほか、クレジットカードの会員サイトでも確認することができます。

口座振替日だけでなくクレジットカードの締め日も把握しておくと、毎月の支払いがより計画的にできるというメリットもあります。

すでにクレジットカード支払いをしているという人は、他のクレジットカードの締め日と支払日を確認してみると、希望の支払いスケジュールに合うものが見つかるかもしれません。

ただし、支払い方法の変更には若干時間がかかります。

少なくとも翌月支払い分の支払い方法の変更は間に合わないと考えておいた方が良さそうです。

ですが早めに変更手続きをしておくことで、少しでも早く支払日を変更することができます。

請求書で支払っている場合

ちなみにもうひとつある支払い方法の”請求書による支払い”というのは、こちらで指定することはできません。

これは万が一口座振替やクレジットカードでの支払いが行われなかった場合に、ドコモが発行して郵送する請求書のことになります。

(私もごくたまにやってしまいますが、)口座振替日に口座にお金が足りていなかった場合など、数日後に自宅にバーコード付きの請求書が送られてきて、コンビニや金融機関やドコモショップで支払う、という流れになっています。

「あと数百円多く入っていれば引き落としできていたのに!」というような悔しいこともありました。

請求書での支払いは、結果的に支払いを延期できることになりますが、その分、請求書の発行手数料として100円も請求されることとなります。

また、支払日に支払えないということが続くと、ブラックリスト入りしてしまったり、最悪の場合は利用停止になってしまうこともあります。

利用停止になると強制解約、そして再びドコモに契約することも難しくなってしまいます。

滞納分の返済が済むまでは他の携帯電話会社とも契約ができないことになっているようです。

請求書による支払いはあくまでも「うっかり引き落としできていなかった」ような時のためのものなので、毎月決められている支払日に支払いをするのが難しいという場合には、さきほどのクレジットカード支払いで支払いスケジュールを調整してみるか、ドコモの人に相談してみましょう。

お問い合わせ窓口はこちら。

総合お問い合わせ<ドコモ インフォメーションセンター>

ドコモの携帯料金の支払いが遅れそう…そんな時はどう対処すればいい?

「ドコモの携帯料金の支払いが遅れそう…」と事前に分かっている場合は、それに合わせて対処をしておきましょう。

もしかするとドコモだけではなく他の支払いも難しくなっている状況かもしれませんので、それを正直にドコモにお話しましょう。

たとえば事故や入院などで急な出費が続いてお金がないとか、働けない状況になったとか、理由はいろいろあると思いますが、やむをえない事情であればドコモも融通を利かせて支払いを待ってくれる可能性もあります。

携帯電話は大切な生活の一部ですので、支払いができなくなって利用停止になってしまったらさらに大変な状況になってしまうこともあります。

まずは相談してみることが大事ですね。

総合お問い合わせ<ドコモ インフォメーションセンター>

最後に

ドコモの携帯料金の引き落とし日は、基本的には毎月月末日となっています。

月末日が土日祝日の場合は、翌営業日になります。

これは口座振替で支払いをしている場合で、支払い方法をクレジットカード払いにしている場合には、そのクレジットカード会社が指定している日に引き落としとなります。

ただし同じクレジットカード会社でも振替口座に指定している銀行によって引き落とし日が違うこともあります。

引き落とし日については、クレジットカードが送られてきた時のカード台紙を確認するか、クレジットカードの会員サイトでも確認することができます。

それぞれの支払日までに支払いが難しいという場合は、ドコモの人に相談してみましょう。

やむをえない事情であれば、支払いを待ってもらえたり、分割払いにしてもらえることもあるかもしれません。

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?