dカードGOLDはdocomoユーザーにとって最大限お得なクレジットカードですが、だからといって自動的にdocomo利用分のポイントが貯まっていくわけではありません…!

dカードGOLDをお得に利用するためには、まず利用者情報登録という手続きが必要なのです。

「利用者情報登録?なにそれ。なんだか面倒くさそう…」と思いましたか?

でもこれをしておかないと、後々後悔することになってしまうかもしれないのです。

その理由と利用者情報登録のやり方についてご紹介します!

最大14000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

dカードGOLDのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

スポンサードリンク

利用者情報登録とは?dカードGOLD発行後にやらないといけないのはなぜ?

利用者情報登録をしないとできないこと

利用者情報登録とは、dカードの情報とdocomoの「dアカウント」を紐付けるということです。

dカードGOLDを発行しただけの状態では、それはただのクレジットカードに過ぎません。

私のようにdocomoユーザーでない人でも普通に発行することのできるクレジットカードです。

しかしdカードGOLDの真の価値は”docomoの利用料金でポイントが貯まる”という点ですよね?

これがなければ、わざわざ年会費1万円以上するゴールドカードを作ったりはしません。

docomoユーザーであるからこそ、年会費を差し引いてもプラスになる特典があるのです。

たとえば毎月のdocomo携帯電話の料金の10%や、docomo光というインターネットサービス利用分の10%、そのほかdポイント加盟店での利用やdカード決済によるポイント還元など、月々9,000円以上の利用があるならば、dカードGOLDを持つメリットがあります。

しかしdocomo携帯電話やdocomo光の利用は、それがたとえ、dカードGOLDによる決済であったとしても、それがdアカウントと紐付いていない限り、ポイント対象として加算されないという落とし穴があるのです…!

とても複雑ですね。どうやらdカードの情報とdアカウントの情報は別物だと考えた方が分かりやすいようです。

利用者情報登録をするとできること

dカードGOLDの利用者情報登録をすることによって、上記のようなdocomoの利用を余すことなくポイントに還元することができるようになりますが、他にもできるようになることがあります。

それは、「dポイントを使う」ことです。

利用者情報登録をしていない状態では、dポイントの加盟店でdポイントを貯めることができても、使うことはできません。

ポイントを貯めっぱなしで使うことができないのでは、ポイントカードを持つことの意味がほとんどなくなってしまいますね。

dカードdocomoが手元に届いた瞬間に、dアカウントの利用者情報登録を済ませてしまいましょう!

利用者情報登録をする方法

それでは利用者情報登録はどのような手順で行うのでしょうか。

まず手元に準備するものがあります。

  • dカード番号(dカードに記載されている16桁の番号)
  • dカードの暗証番号
  • ネットワーク暗証番号(docomo携帯電話の契約時に設定した4桁の暗証番号)

さて、準備できましたか?では次に進みましょう。

dアカウントを作成する

まずこちらのページからメールアドレスを登録し、dアカウントを作成します。

  • ※dアカウントをすでに持っている場合は次の項「dアカウントを発行した/すでに持っている」へ進んでください。

 

  1. 入力したメールアドレスにワンタイムキーが送られてきます。
  2. ワンタイムキー(6桁の数字)を入力します。
  3. dアカウントのIDを設定します。(半角英数字6〜20桁もしくはメールアドレス)
  4. パスワード、氏名、性別、生年月日などの情報を入力します。
  5. 確認画面で間違いがなければ「規約に同意して次へ」に進みます。

以上でdアカウントの発行が完了です!

(「dアカウント発行完了通知」というメールが送られてきます。)

dアカウントを発行した/すでに持っている

dアカウントをすでに持っている場合は、このページからログインします。

もしもログインした先で「dカードの利用者情報は登録済です。」というメッセージが出てきたら、すでに利用者登録ができているということです。(docomoショップでdカードGOLDを発行してもらった場合などはこのパターンになります。)


よって、利用者情報登録はもう必要ありません。

念のため、正しい情報が登録されているか確認しておきましょう。

利用者情報登録ー必要情報を入力する

dアカウントのログインした先で「利用者情報が設定されていません。」というメッセージが出ていたら、利用者情報登録がまだだということです。

その下にある「利用者情報設定」をクリックして、

  • dカード番号(dカードに記載されている16桁の番号)
  • dカードの暗証番号
  • ネットワーク暗証番号(docomo携帯電話の契約時に設定した4桁の暗証番号)

を入力します。

画面の指示に従って入力していけば、何も難しいことはありません。

さて、これでdカードとdアカウントの紐付けが完了しました!

家族カードは最大にお得だけど、とくに注意が必要

dカードGOLDとdアカウントの紐付け、つまり利用者情報登録をすることがいかに大切かが分かりました。

しかしdカードGOLDを持つ一番の真髄は、家族カードにあります。

ちなみにdカードGOLDの年会費は10,800円ですが、家族カードの年会費は1枚目無料、2枚目以降は1枚につき1,080円となっています。

dカードGOLDと家族カードを持っていることによって、家族のdocomo利用分も10%のポイントとして還元されます。

仮に1ヶ月の利用料金が1人9,000円(税抜)だとしましょう。

家族4人分だとしたら、36,000円分の10%で3,600円分のポイントが貯まりますね。たった1ヶ月で!

家族でdocomoを使えば使うほど、かなりのお得になります。

しかしここでも忘れてはいけないのが「利用者情報登録」です!

家族利用分のポイントも無駄なく貯めるために、このような手続きをしてください。

家族が利用している電話番号を登録する

これをしなければ、せっかくの月々のdocomo利用料金がポイントになってくれません。

たとえ家族利用分の支払いを1枚のdカードGOLDに集約していたとしても、電話番号の紐付けがされていないといけないのですね。

月々9,000円も使わない…というdocomoユーザーの人でも、家族と合わせればあっという間にクリアしてしまうのではないでしょうか?

年会費分もすぐに回収できてしまいそうですね。

家族の利用者情報登録を行うには

家族の利用者情報登録はオンラインでもできますが、私が調査したところ、迷宮入りしてしまうような複雑さがありました…。

ということで、さくっと手続きできる電話窓口「ゴールドデスク」をおすすめします。

dカード ゴールドデスク

まとめ

dカードGOLDはdocomoの利用料金の10%をポイントにできるという嬉しいクレジットカードですが、その恩恵を受けるには「dカード」と「dアカウント」を紐付けるという手続きが必要です。

dカードが送られてきた時点ではこれがされていないので、docomoの利用をいくらしたところでポイントは貯まりません。

カードが送られてきた時点ですぐに利用者情報登録をしてくださいね。

そして家族で利用している人はなおさら注意が必要です。

それぞれの電話番号を紐付けして、きちんとポイントに加算されているかどうか確認してみてください。

この手続きさえしてしまえば、あとはdocomoやdカードでの支払い、dポイント加盟店を利用するだけでdポイントがたくさん貯められますよ。

クレジットカード13枚利用した私がたどり着いたポイントの貯まりやすいカードはこの3枚でした

管理人管理人

2018年5月の段階で発行した枚数は13枚!

でも正直ハズレと思うカードもいくつかありましたし、全然ポイント貯まらないカードもありました。実際に使ってみないとわからないものです…。

その中で、私が実際に13枚のカードを使ってみて、ポイント貯まりやすいと思ったカードがこちらの3枚でした。

  • 楽天カード
  • dカード
  • Yahoo!JAPANカード

なかでもこの3枚は、かなりポイント貯まりやすいので、どのカードにすればいいかわからない場合はこの3枚からひとつ選んでおけば間違いないです。

ちなみに、3枚ともすべて年会費無料なので、カードを作って損することは一切無いので、気軽な気持ちで1枚持っておいて大丈夫です。

1位:楽天カード

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

2位:dカード

年会費実質無料!
最大9000円もらえる入会特典実施中!

dカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

3位:Yahoo!JAPANカード

年会費無料!
8000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

Yahoo!JAPANカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

なぜこの3枚を選んだのか。その理由についてはこちらのページで詳しくまとめました。

⇒ クレジットカードで累計30万ポイント以上貯めるクレナビ流ポイントの貯め方を完全公開