dカード GOLDの公式サイトを見る >

dカードGOLDはドコモ料金に対して10%のポイント還元があるのでドコモユーザーであれば絶対に発行するべきクレジットカードです。

というか現在では約300万人がdカードGOLDを発行しているので、おそらくドコモユーザーのほとんどがdカードGOLDを持っているのでしょう。

そんなdカードGOLDには年間利用額特典として

  • 年間100万以上
    =10,800円分のクーポン
  • 年間200万円以上
    =21,600円分のクーポン

が貰えるサービスがあります。

2018年になってドコモ側からこの特典の一部変更(延期)についてのお知らせが来ているので、その部分も含めて年間利用額特典について詳しくご紹介します。

「ていうか、年間200万円なんて無理じゃない?」と思う方も、年間200万円を達成するための具体的な方法・誰も思いつかない裏技をシェアするので参考にしてください。

【dカードGOLD】

ドコモでスマホ契約してるならdカード GOLDは必須!!月々の携帯代の10%のポイントバック!!さらにケータイ補償付きで安心♪

年会費
10000円+税
家族カード
1枚無料
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
空港ラウンジ ケータイ補償
JALマイル
還元率0.5%
国内海外保険
自動付帯
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大13000円分の電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

PayPayの賢い使い方を徹底解説!!

見出し一覧

1.年間100万円以上の利用でもらえる特典

dカードGOLDでは年間利用額特典がありますが、100万円以上のカード利用をした場合と、200万円以上のカード利用をした場合とでは少し選べる特典内容が異なってきます。

ただし共通点として、どちらの特典も本会員が対象で、家族カード会員は対象外という点があります。

「え!?家族カードで100万円使っても何の特典も貰えないの!??」と驚くかもしれませんが、家族カードのカード利用分は本会員の銀行口座から引き落とされるので、結果的に

  • 家族カードの利用分
    =本会員の利用分

としてカウントされます。

なので、本会員で50万円、家族カード会員で50万円のカード利用をすれば、本会員は年間100万円利用したこととなって年間100万円以上利用した場合の特典を貰うことができます。

これを前提とした上で貰える特典をそれぞれご紹介していきます。

1-1.ケータイ割引クーポン(10,800円分)

1つ目はドコモのケータイを購入する際に利用できる割引クーポン10,800円分です。

単純にケータイの購入代金が-10,800円されるので、機種変更や新規契約を考えている人からすると現金と同じように利用することができます。

嬉しいことに、もしお近くのドコモショップで何かキャンペーンやセールをやっている場合でも、このケータイ割引クーポンを併用することができます。

ただし注意点としては、クーポンの割引額10,800円を下回る金額の場合、その差額は戻ってこないので、できるだけ10,800円を上回る金額の際に利用したいところですね。

さらに、MNP(携帯電話番号ポータビリティ)と呼ばれる他社からの乗り換え時にもこのクーポンを利用することはできません。

これはおそらく他社からの乗り換えを優遇するために、爆発的なメリットを用意しているため、その特典とこのクーポンと一緒に使われると赤字になってしまうからでしょう。

例えば「他社からのお乗り換えの方は最大○○円キャッシュバック!」のようなキャンペーンをよく目にしますよね。

ドコモではその場合、このケータイ割引クーポンは利用することができません。

利用できる対象サービスは下記の通りです。

【ケータイ割引クーポンが利用の対象】

  • 新規契約
  • FOMAからFOMAへの機種変更
  • XiからXiへの機種変更
  • FOMAからXiへの契約変更

つまり、新規契約orドコモからドコモへの機種変更の場合にこのケータイ割引クーポンが利用できるというわけですね。

dカードGOLD自体がドコモケータイユーザーにとって驚異的なメリットがあるクレジットカードのため、dカードGOLDを持っている方は必然的にドコモユーザーだと思うので、これは心配する必要ないかもしれませんね。

クーポンを利用する場合は

  • 店舗で利用する場合
    →電子クーポンの提示
  • ドコモオンラインショップで利用する場合
    →12桁のシリアルナンバーを入力

で利用することができ、ネット上でも問題なくクーポンを利用できるのが嬉しい点です。

対象機種はスマートフォン、フィーチャーフォン全機種で、フォトパネル・TV-BOX・GearS・ドコッチ等一部商品が対象外のものもあるので購入の際には注意しましょう。

また、当たり前ですが、Amazonやソフマップ、メルカリ、ヤフオク!で販売されているドコモの白ロムには使えません。

ドコモが関与していないので当たり前ですね。

ケータイ割引クーポンの概要をまとめると下記のようになります。

項目 内容
特典金額 10,800円分
対象商品
  • 新規契約
  • FOMAからFOMAへの機種変更
  • XiからXiへの機種変更
  • FOMAからXiへの契約変更
  • スマートフォン、フィーチャーフォン全機種
対象外商品
  • 他社からの乗り換えの場合(MNP)
  • フォトパネル
  • TV-BOX
  • GearS
  • ドコッチ等
注意点
  • 店頭価格が割引額を下回る場合には店頭価格が割引額の上限となります。
  • 事務手数料および一部オプション品は上記割引の対象外です。
  • 店頭独自割引がある場合は割引後の価格から割引となります。
  • オークションへの出品など転売は禁止されています。

 

1-2.d fashionクーポン(5,400円分×2)

2つ目はドコモが提供するネットショップ「d fashion」で利用できるd fashionクーポンです。

年間利用額100万円以上の場合、5,400円分のクーポンを2枚貰うことができ、合計で10,800円分のクーポンをゲットすることができます。

d fashionクーポンが利用できるのはサイトの商品全てが対象で、5,400円以上の商品を購入した場合に利用することができます。

さらに自身の保有しているdポイントとも併用することができるので、ドコモ料金に対して10%のポイントが付与されるdカードGOLD保持者はさらにお得にショッピングをすることが可能になります。

もしクーポンとポイントを併用した場合、先にクーポンが適用され、次にdポイントが適用されるので、中途半端にクーポンがムダになることはありません。

注意点としてd fashionクーポンで割引されるのはあくまでも商品代金で、送料・手数料には適用されないというルールがあるのですが、dファッションは3,000円以上の購入で送料無料ほぼ意識しなくてOKです。

 

d fashionでは「d fashion アウトレット」というアウトレットコーナーもあります。MAX70%~85%OFFなどもあるので、運が良ければ欲しいアイテムを低価格で、無料で、しかも複数手に入れることができる可能性があります。

1回で利用できるクーポンは1枚までなので、5,400円分までしか割引くことはできないですが、セール品に利用すればお得感は半端ないですね。

注意点としては、クーポンは一度使うと消滅してしまい、「服のサイズが合わなかった!返品する!」という場合にも使ったクーポンまでは返品されないので注意しましょう。

ただし、d fashion では注文完了から1時間以内であればキャンセルが可能なので、もし1時間以内に商品をキャンセルすればクーポンも利用したことにはならないので大丈夫です。

他の注意点としては

  • 予約商品にクーポンは利用できない
  • クーポンで購入した場合はdポイントは貰えない

というルールもあります。

d fashionクーポンの概要をまとめると下記のようになります。

項目 内容
特典金額 10,800円分
対象商品
  • d fashion内の商品全て
対象外商品
注意点
  • 全ショップ対象で、購入金額はクーポンの額面を上回る必要がございます。
  • d fashionクーポンは商品代金にのみ適用され、送料・手数料は適用対象外です。
  • クーポンとdポイントは併用することができます。
  • d fashionクーポンは予約商品にはご利用いただけません。
  • d fashionクーポンでお支払いいただいた分はdポイント付与の対象となりません。
  • 全ショップ対象で、購入金額はクーポンの額面を上回る必要がございます。
  • 1回の購入で利用できるd fashionクーポンは1枚までです。

1-3.d トラベルクーポン(10,800円分)

3つ目は「dトラベル」というドコモが提供する旅行サービスに利用できるクーポン10,800円分についてです。

海外ツアーは一括払いの場合には10,801円以上の旅行代金に、分割払いの場合には12,001円以上の旅行代金の申込金に使えます。

dトラベルクーポンが利用できるサービスには下記のようなものがあります。

  • 国内募集型企画旅行:エースJTB・サンアンドサン・その他
  • 国内手配旅行:JTBセレクション・部屋タイプお約束他
  • 海外募集型企画旅行:ルックJTB・JTBお買得旅・Web専用商品
  • ホテル・旅館
  • 温泉
  • ビジネス
  • 国内ツアー
  • 海外ツアー
  • レジャー
  • レンタカー
  • 国内航空券
  • 高速バス
  • 民泊

1件の予約の際に利用できるdトラベルクーポンは1枚で、

1件の予約で複数の部屋を予約する場合でも、dトラベルクーポンは1枚しか利用できません。この場合は多少の手間がかかりますが、1部屋1予約で複数回予約すればOKです。

泊まれるホテルはというと、

  • ディズニーアンバサダーホテル
  • 東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ
  • 東京ディズニーランドホテル
  • 東京ディズニーセレブレーションホテル

などの彼女彼氏とのデートで利用できるホテルや

  • グランドニッコー東京お台場
  • ヒルトン東京お台場
  • ヒルトン大阪

などちょっと大人なラグジュアリーな空間のホテルでも利用することができます。

 

dトラベルではタイムセール、訳あり格安プラン、期間限定 お得なJR付プラン、LCC・格安航空ツアーなどお得なプランが実施されていますが、なんとこれらのセール品とdトラベルクーポンは併用可能なのでさらにお得に旅行商品を購入することができます。

ただし、セール品に限ったことではないですが、dトラベルクーポンと利用した場合はdポイントの付与対象外になります。

また、d fashionと同じく、クーポンとポイントを併用して利用することができ、優先的にクーポン分の利用金が割引かれ、次に残りをポイントで支払うという形になります。

dトラベルクーポンの概要をまとめると下記のようになります。

項目 内容
特典金額 10,800円分
対象商品
  • 国内宿/国内ツアー/海外ツアー
  • 日本全国約13,000施設の予約
対象外商品
  • 10,800円を下回る商品
注意点
  • dトラベルクーポンご利用時の旅行代金は、クーポンの額面を上回る必要がございます。
  • 1件の予約の際に利用できるdトラベルクーポンは1枚までです。1件の予約で複数の部屋を予約する場合でも、dトラベルクーポンは1枚しか利用できません。
  • クーポンとdポイントは併用することができます。
  • dトラベルクーポンでお支払いいただいた分はdポイント付与の対象となりません。
  • d fashionクーポンでお支払いいただいた分はdポイント付与の対象となりません。
  • 全ショップ対象で、購入金額はクーポンの額面を上回る必要がございます。
  • 1回の購入で利用できるd fashionクーポンは1枚までです。
  • 国内宿/国内ツアーでは、10,801円以上のプランでご利用いただけます。
  • 海外ツアーは一括払いの場合には10,801円以上の旅行代金に、分割払いの場合には12,001円以上の旅行代金の申込金に使えます。空港諸税等は含まれません。

dカード GOLDの公式サイトを見る >

1-4.d fashion&dトラベルクーポン(5,400円分×2)

4つ目はd fashionとdトラベルのクーポンセットです。

それぞれのクーポンが5,400円づつ貰えます。

先ほどdトラベルクーポンをご紹介した時には「dトラベルクーポンは10,800円以上の商品にしか利用することができません。」とご紹介しましたが、5,400円で1枚の場合は5,400円以上の商品に対して利用することができ、10,800円を超える必要はありません。

1泊10,000円以下のホテルなどの予約には5,400円のdトラベルクーポンが役に立ちますね。

その他のルールや注意点は先に紹介した「d fashion」「dトラベル」と同じなのここでは省きます。

1-5.d ショッピングクーポンは延期になりました!

2017年度の年間利用額特典の中に「dショッピングクーポン」という特典があることが発表されていましたが、どうやらシステムの準備が間に合わなかったらしく提供が延期されることが発表されました。

dショッピングは約170万アイテムが出品されているネットショップなのでこれまでの利用用途や購入できる商品がかなり限定されていたクーポンに比べて使いやすそうなクーポンでしたが、次回登場するのは2018年の年間利用額特典になるでしょう。

期待していた方は残念!

1-6.年間100万円利用で貰える特典まとめ

ここまでに紹介してきた年間100万円利用で貰える特典をまとめると下記のようになります。

特典名 内容
ケータイ割引クーポン 10,800円分
1枚
d fashionクーポン 5,400円分
2枚
d トラベルクーポン 10,800円分
1枚
d fashion&dトラベルクーポン 各5,400円分ずつ
合計2枚

上記の中から1つだけ選択することができます。

特典の受けとり方や有効期限に関しては詳しくまとめて後述しているので、気になる方は目次から参照してください。

dカード GOLDの公式サイトを見る >

2.年間200万円以上の利用でもらえる特典

dカードGOLDでは年間利用額100万円で貰える特典の他、200万円を超えるとさらに特典のグレードがアップします。

貰える特典は年間利用額100万円で貰える特典と同じなのですが、金額が2倍になります。

それぞれの特典の詳細は年間利用額100万円で貰える特典と同じなので、サクッとご紹介していきますね。

2-1.ケータイ割引クーポン(21,600円分)

年間利用額200万円以上で貰えるケータイ割引クーポンは21,600円分です。

ここで少し注意点があるのは、年間利用額100万円で貰えるのは10,800円分×1枚、年間利用額200万円で貰えるのは21,600円分×1枚という点です。

「え?それの何が注意なの?」と思うかもしれませんが、それぞれ”クーポンは1枚”という点です。

つまり、21,600円分×1枚ということはこのクーポンを利用する時は21,600円以上の商品を購入しないと、お釣りなどを貰うことができないので損してしまうことになります。

1枚=1回と訳すと分かりやすいですね。

10,800円を2回などのように分けて利用することはできないということです。

この点にだけ注意して、もしケータイ割引クーポンを利用する場合は21,600円以上になる時に利用しましょう。

その他の注意点は年間利用額100万円で貰えるケータイ割引クーポンと同じです。

2-2.d fashionクーポン(5,400円分×4)

d fashionクーポンは5,400円分×2枚(2回分)から5,400円分×4枚(4回分)にグレードアップします。

d fashionクーポンの場合はクーポン自体の枚数が2倍に増えているので一気に利用する必要はありませんし、クーポンは一回のショッピングで1枚までしか利用することはできません。

ただし、先にご紹介したクーポンと同じように5,400円以上の購入に適用されるので、もしクーポンを利用したい場合は最低でも5,400円以上を超えるようにしましょう。

一回のショッピングで1枚までしか利用することはできないですが、商品を数回に分けて購入することはOKなので、例えば1日で使い切りたい場合は5,400円以上のショッピングを4回に分けて行なえばOKです。

2-3.dトラベルクーポン(10,800円分×2)

年間利用額200万円の場合、dトラベルクーポンも2倍の21,600円分になります。

dトラベルクーポンの場合もd fashionと同じく、クーポンは1回の商品購入につき1枚しか利用することができません。

ツアー旅行などの商品であれば10,800円を超えることは簡単だと思いますが、ホテルの宿泊の場合は10,800円を超えない場合があるので、なるべく10,800円以上ほホテルを選びましょう。

他のクーポンと同じく、クーポンの金額より少ない商品に利用した場合でも差額が現金で帰ってくるわけではないので損をしてしまいます。

dカード GOLDの公式サイトを見る >

2-4.d fashion&dトラベルクーポン(5,400円分×2+10,800円分)

年間利用額100万円以上を達成した場合にもありましたが、d fashionとd トラベルの複合クーポンです。

年間利用額100万円以上の特典では

  • d fashion
    =5,400円 1枚
  • d トラベル
    =5,400円 1枚

でしたが、年間利用額200万円の場合は

  • d fashion
    =5,400円 2枚
  • d トラベル
    =10,800円 1枚

になっています。

つまり、d fashionでクーポンを利用する場合は5,400円分の商品購入時1回につき1枚が利用できるので、計2回の買物で利用することができますが、dトラベルクーポンの場合は10,800円1枚なので、1回の利用で使い切ることになります。

分かりやすく言うと、d fashionで使えるクーポン2回分と、dトラベルで使えるクーポン1回分ということです。

年間利用額200万円以上の場合、dトラベルクーポンのみの特典を選ぶと、10,800円分×2回分が貰えますが、「旅行はそんなに頻繁に行かないから、dトラベルクーポンは1回分だけで良い!」という方はこの複合クーポンを選ぶと良いでしょう。

その他のルールに関しても、それぞれのクーポンごとのルールに沿った使い方をすればOKです。

2-5.選べるクーポンセット(合計23,522円分)※申込み終了

2016年度分の年間利用額特典としてあったのが、dTVターミナルクーポンとdfashionクーポンの複合クーポンです。

ただし、申込み期限2017年8月31日までだったので、2018年の現在にはもう既に関係ない特典になっています。

2016年、2017年、2018年とそれぞれの年間利用額特典は毎年ちょっとずつ変わってきているので、逐一公式サイトを確認してみましょう。

ちなみに先にご紹介したように、2017年度分の年間利用額に対して、2018年にプレゼントされる新しいクーポンとして予定されていた『d ショッピングクーポン』は来年からのプレゼントに変更になっています。

このように変更もあるので、もし年間利用額が100万円もしくは200万円を超しそうな方は公式サイトをブックマークしておいて、来年プレゼントされる特典がどんなものかをチェックしておくといいでしょう。

dカード GOLDの公式サイトを見る >

3.年間200万円も利用できるものなの?どうすれば年間200万円の利用額に達するのか?

年間100万円の利用は意外と達成するのは簡単です。

100万円÷12ヶ月=約8万4,000円/月のカード利用をするだけなので、家賃や光熱費などをカード払いにしておけば意図せずとも年間100万円くらいは達成してしまいます。

学生ならまだしも、社会人であればかなりハードルが低いでしょう。

問題は年間200万円のカード利用です。

「ほんとに年間利用額200万円を達成する人なんているの!?」と疑問に思うかもしれませんが、正直に言うとそんなに簡単ではありません。

200万円÷12ヶ月=約16万6,700円/月なので、この数字を見た時点で「これはキツい!というか無理!」という方は諦めて年間利用額100万円の特典を目指しましょう。

では具体的な方法である「年間利用額200万円にするにはどんなカードの使いかをすればいいの?」ということについてご紹介して行きますが、年間利用額100万円を目指している方も一緒に下記の方法を参考にしてください。

3-1.毎月絶対に払うものをカード払いにする!

カードの年間利用額を上げる方法の基礎中の基礎は毎月必ず発生する出費をキチンとカード払いにすることです。

例えば下記のようなものがあります。

  • 家賃
  • 水道代
  • 電気代
  • ガス代
  • 交通費(ガソリン代、定期代など)
  • 通信費(ケータイ代、ポケットWi-Fiなど)
  • 保険代

ぶっちゃけ、これだけでも年間利用額100万円を超すことも全然可能です。

これら出費は無理矢理お金を使うものではなく、必要経費として毎月発生するものなので、クレジットカードを利用して払うことが一番お得になります。

何がお得なのか?というと、クレジットカード払いにするだけでポイントがゲットできるので、勝手にポイントが貯まっていくのです。

dカードGOLDでいえば、100円ごとに1.0%のポイントが貯まっていくので、年間100万円利用で10,000円分のポイントが貯まります。

年間100万円利用すれば特典も貰うことができるので、さらにお得ですね。

これら固定費の金額は年間を通すと馬鹿にならない金額になるので、これらの出費は特典の有無に関わらずクレジットカード払いにしましょう。

3-2.ショッピング時も必ずカード払いにする!

次のステップとしては、ショッピングの際に現金払い生活をやめて、カード払いをする癖を付けましょう。

  • 食費
  • 旅行代
  • 娯楽費(酒・タバコ・ゲームなど)
  • 交際費(デート・同僚との飲み会など)
  • ファッション(服・靴・アクセサリーなど)
  • 美容(エステ・ヘアーカット・ジムなど)

年間利用額100万円を目指す人であれば”できるだけ”という感じですが、年間利用額200万円を目指すのであれば”確実に”というくらいストイックにカード払いを徹底するべきです。

「え…でも会社の飲み会とかで割り勘になった場合はカード払いにできないよ…」という悩みもあるかもしれませんが、実は大人数で割り勘をする時こそ高額なカード利用をする絶好のチャンスです!

確かに「私だけクレジットカード払いで良いですか?」というと、一緒に飲んでいる仲間も、もはやお店の店員さんでもちょっとメンドクサイと感じてしまうでしょう。

これはNGだとしても、「私がカードで払うから、割り勘分の金額をちょうだい!」と言えば全てが丸く納まります。

例えば飲み会のお会計が4人で1万6000円だった場合、あなたがカード払いで1万6000円全部を支払い、割り勘分4,000円を他の3人から貰うということです。

こすれば何の問題もないうえ、あなたのカード利用額が上がるので一石二鳥です。いや、ポイントも貰えるので一石三鳥です。

忘年会や送迎会などの感じになった場合なども幹事になれば莫大な金額になるので実は飲み会の場はカード利用額を上げる絶好のチャンスなのです。

大きな忘年会だと一回の支払で20〜30万円のカード利用ができます。

もちろんカードで立て替えた分は自分の銀行口座から引き落とされるので、幹事として徴収したお金は無駄遣いせずに口座に振り込んでおきましょう。

3-3.iD(おサイフケータイ)を利用して利用額を上げる!

「日常的にカード利用するのって慣れてないから難しい…」という方にピッタリなのが、dカードGOLDに元々付帯しているおサイフケータイのiDを利用する方法です。

dカードGOLDのカード右上に「iD」というロゴがありますが、これがiDを利用できる印で、例えばコンビニなどのレジで「iDで」と店員さんに伝えてカードを専用の機械にタッチするだけで支払を完了することができます。

「でもiDって利用できる店舗が限られているんじゃないの?」と心配に思うかもしれませんが、iDは日本全国約50万店舗のお店で利用できる電子マネーです。

有名な電子マネーのSuicaの加盟店でも全国で約20〜25万店舗なので、単純に考えてSuicaの2倍の使いやすさがあり、当たり前ですが全国チェーンの有名なコンビニ全店で利用することができます。

しかもSuicaのようにカードにチャージする必要がなく、利用分はカード利用分と一緒に引き落とされる「ポストペイ型(後払い型)」のクレジットカードなので

  • 現金をチャージする必要がない
  • 現金を銀行から降ろしてくる必要がない
  • 残高を気にする必要がない
  • 利用分にもちゃんとポイントがつく

というメリットがあります。

dカードGOLDは申込みの必要なく、このiDを利用することができるので確実にこの機能は活用していきましょう。

もちろんiDを利用しても100円で1ポイントが貯まります。

dカード GOLDの公式サイトを見る >

3-4.現金払いのものもクレジットカードを利用する!

次のステップはかなり上級者向けの方法で、「カード利用はできない!現金でしか払えない!」というものに対してもクレジットカードを活用する方法です。

例えば

  • 冠婚葬祭費用
  • お年玉
  • 知人などの借りたお金の返済
  • 仕送り
    など

などがあります。

例えば結婚祝いなんかはカード払いできないですよね。

「は?それらをどうやってカード払いするの??」というと、クレジットカードのキャッシング機能を利用するのです。

キャッシング機能で現金を引出して、それをご祝儀や仕送りなど現金払いしかできないものに活用することでカードの利用額を上げることができます。

もちろん貰った方には何の支障もないのでかなり有効な手段です。

注意点としてはキャッシングした分は必ず次の月に一括で返済することです!

あくまでも借金として借りるわけではなく、カード利用額を上げるための手段として活用するだけなのでキャッシングリボなどを選択して手数料をムダに払って生活を圧迫するのは論外です。

どうしても現金でしはらわなければいけないもののほとんどは高額になりがちなので、この方法をマスターするとカード利用額を簡単にグッと上げることができます。

3-5.家族カードを活用して数人で達成を目指す!

最後にご紹介するのは家族カードを活用する方法です。これは安全かつ確実にカード利用額を上げる最も有効な手段でしょう。

例えば年間利用額200万円を達成するためには先にご紹介したように月に16万6,700円のカード利用が必要なので、1人で頑張ると結構ハードルが高くなってしまいます。

ですが、家族と一緒に目指すことで負担額が半分になるので一気にラクになります。

dカードGOLDの家族カードは1枚目が無料なので、年間利用額200万円を目指さないとしても発行して損はないでしょう。

例えば家族カードを発行して、先ほどの「飲み会の割り勘の席でカードを利用する方法」などを利用して年末などの忘年会に家族と2人で幹事などをすると爆発的にカード利用額を上げることができます。

家族がいる場合は確実に家族カードは利用しましょう。

dカード GOLDの公式サイトを見る >

4.年間の合計利用額を確認する方法

年間利用額200万円を達成するためには月に16万6,700円と言いましたが、あくまでも200万円を月額に換算した場合の数字なので、実際にカードを利用していると月によって「20万円使った!」という月もあれば「15万円しか使わなかった!」という場合などがあるでしょう。

年間利用額200万円を目指していると意識的にカード払いをする必要があるので、ある種”追われているような感覚”になってしまいがちです。

そうならないためにもマネジメントとして「今自分は合計でどれくらいのカード利用をしているのか?」ということを知るための確認方法を知っておきましょう。

4-1.年間利用額にカウントされる期間は?

まず年間利用額にカウントされる期間ですが、毎年12月16日から、翌年の12月15日というのがスタンダードになっています。

例えば2017年12月6日〜2018年12月15日の間に200万円以上のカード利用をした場合、2019年に利用できる年間利用額特典に申込みができるという感じですね。

4-2.今現在の年間利用額合計を確認する方法

では早速年間利用額の合計を確認する方法をご紹介します。

まずはdカードの公式サイトにアクセスしてください。

それから下記の簡単なステップで確認することができます。

【今年度の利用額を確認する方法】

step1.dアカウントにログインする

dアカウントもしくはMember’s ID・パスワードでログインします。

step2.「ご利用状況確認」から利用額を確認する

この簡単な2stepで今年度のお買い物額累計が表示されます。

【前年度の利用額を確認する方法】

step1.「設定・よくある質問」から「ご利用枠の紹介」を選択する

「設定・よくある質問」→「各種設定」→「ご利用枠の照会」を選択します。

step2.dアカウントにログインします。

dアカウントもしくはMember’s ID・パスワードでログインします。

step3.照会したい期間を選択する

ページ上部で照会したい期間をクリックして「ご利用枠・お買物額累計の確認」をクリックします。

step4.利用額を確認する

表示された画面で利用額を確認します。

上記の簡単なステップでいつでも利用額を確認することができるので、「200万円利用まであとちょっとだったのに!」「200万円超えてたのにムダにオーバーしてしまった!」などがないようにコマメにチェックしましょう。

4-3.年間利用額にカウントされる対象と対象外

年間利用額にカウントされる対象に支払についてですが、基本的にカードで支払う買物で利用した分はカウントされると考えてOKです。

ドコモのケータイ料金も還元率10%のポイントが貰えるうえにこの年間利用額特典のカウントに計算されるのでドコモユーザーの方はドコモ料金は絶対にdカードGOLD払いに設定しておきましょう。

一方で何が対象外になるのか?というと、カードの年会費や諸手数料、国民健康保険料、電子マネーのチャージなどが上げられます。

例えばモバイルSuica(電子マネー)に年間100万円のチャージしても、dカードGOLDの利用額にはカウントされません。

ポイントも貰えないので現金で支払ったのと同じ扱いになり何のメリットもありません。※ただし先にご紹介したように電子マネーのiDはポストペイ型なのでカード利用額にカウントされます。

対象になる支払、対象にならない支払をまとめると下記のようになるので、注意してカードを利用しましょう。

【対象になるもの】

  • クレジットカードを利用したショッピング
  • iDを利用したショッピング
  • キャッシング枠の利用
  • ドコモ料金の支払
    など

【対象外になるもの】

  • Edy、モバイルSuica、nanacoなどの電子マネーのチャージ
  • ショッピングリボ、キャッシングリボの手数料
  • 分割払いの手数料
  • ドコモ料金の消費税分
  • カード年会費
  • 遅延損害金
  • 国民健康保険料
    など

dカード GOLDの公式サイトを見る >

5.特典の優待券っていつ頃もらえるのか?

5-1.年間利用額特典の申込み期限と有効期限について

年間利用額特典には申込み期限と有効期限があります。

2018年5月現在は下記の4種類に申込むことができます。

クーポン 金 額 申込期限 クーポン有効期限
ケータイ割引クーポン 21,600円相当 2018年5月31日 2018年5月31日
d fashionクーポン 2018年6月30日
dトラベルクーポン
d fashion&dトラベルクーポン

年間利用額を達成した方には契約する時に入力した住所(カード送付先の住所)にダイレクトメールで「年間利用額特典の対象です!」という通知があり、申込めるようになります。※申込み方法については後述しています。

5-2.年間利用額特典の付与時期について

じゃあ申込んでからどのくらいすると貰えるのか?というと、申込んでからクーポンが貰えるのは約1ヶ月後になります。

なので例えば「来週旅行に行くからdトラベルクーポンをゲットしよう!」と思っても、申込んでから1ヶ月後の付与になると利用できないので、余裕を持って申込みを行ないましょう。

また受け取りは紙媒体ではなく、電子クーポンとなり、dアカウントに登録しているアドレスに届きます。

迷惑メールフォルダーに振り分けられないように注意しておきましょう。

dカード GOLDの公式サイトを見る >

6.特典の優待券を受け取る方法

まず、年間利用額100万円または200万円を達成した方には、dカードGOLDを申込む時に登録した住所にダイレクトメールが届きます。

ダイレクトメールが届いた方は優待特典を貰うことができます。

優待特典を受けとる方法ですが、dカード公式サイトの年間ご利用額特典お申し込みページの「特典を申込む」から申込むことができます。

その後にdアカウントにログインし、自宅に贈られてきた年間利用額特典のダイレクトメールに記載されている専用シリアルコードを入力して欲しい特典を選ぶと電子メールで通知が来ます。

それぞれのクーポンはそれぞれの専用サイトで確認することができます。

例えばd fashionクーポンを選んだ場合は、自分のdアカウントでログインした状態でd fashionのサイトに行くと付与されています。

「え?でもケータイ割引クーポンの場合はどうするの?」という疑問があると思いますが、ケータイ割引クーポンの場合は、クーポン画面を店舗でスタッフに提示すればOKです。

もしドコモオンラインショップ(ネット上)で利用したい場合も、贈られてきたクーポンのシリアルコードを入力することで利用することができます。

特典の受け取り方、利用方法をまとめると下記のようになります。

step1.1年間(毎年12月16日〜翌年12月15日まで)の間に年間利用額を達成する

step2.カード申込み時に登録した住所に年間利用額特典に関するダイレクトメールが届く

step3.申込み期限までに専用サイトから申込む

step4.欲しいクーポンと1つ選ぶ

step5.約1ヶ月後に電子クーポンが届くので、それぞれのサイトで利用する

dカード GOLDの公式サイトを見る >

7.まとめ

dカードGOLDは

  • ドコモ料金に対して10%の還元率
  • 年間利用額に応じて年会費以上の特典
  • 空港ラウンジ無料利用サービス
  • ドコモケータイ補償最大10万円
  • 充実の海外・国内旅行保険

などの特典があるため、年会費10,800円(税込)はむしろ安いといえるでしょう。

ドコモユーザーでなければメリットを感じることはできないかもしれませんが、逆に言うならドコモユーザーであれば発行しなければ確実に損です!

例えばドコモケータイ補償サービスでは紛失・全損時の補償が10万円まで利用できるので、ケータイごとのオプションサービスに別途料金で入る必要がありません。

年会費10,800円は月額にするとたった900円ですから、たった900円で上記のサービスが受けられて、しかも年間100万円利用すれば年会費分の特典が貰えるので絶対にお得です。

dカードGOLDは現在約300万人が利用していて、その会員数がカードのメリットの多さを物語っていますね。

ドコモユーザーでdカードGOLDを発行しないのが損なのは明らかなので、絶対利用するべきです。

今なら電子マネーiDもらえるキャッシュバックキャンペーンも行なわれているので入会するなら今がベストです。

【dカードGOLD】

ドコモでスマホ契約してるならdカード GOLDは必須!!月々の携帯代の10%のポイントバック!!さらにケータイ補償付きで安心♪

年会費
10000円+税
家族カード
1枚無料
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
空港ラウンジ ケータイ補償
JALマイル
還元率0.5%
国内海外保険
自動付帯
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大13000円分の電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /