dカード GOLDの公式サイトを見る >

ドコモのケータイ料金に対して10%という驚異的な還元率のポイントが貰えるdカードゴールドを発行しようと考えているドコモユーザーは多いはずです。

 

毎月10,000円の利用料だったら、1,000円のお小遣いが勝手に貰えるようなものですから、ドコモユーザーなら絶対に発行するべきクレジットカードです。

もちろんそれだけでも全然発行する価値はあるのですが、さらに追い打ちをかけるキャンペーンがスタートしました。キャンペーン終了日は未定なので今のうちに発行するべきです!

そのキャンペーンとは、最大15,000円分のiDキャッシュバックが貰えるキャンペーンです。

後に詳しくご紹介しますが、iDは電子マネーの1つで現在約50万店舗のお店で利用できる電子マネーです。ネットショップのAmazonでも利用できます。

つまり「15,000円分のiD」とは「15,000円の現金」と訳してほぼ問題ないでしょう。15,000円あったらかなり高品質な電子機器が購入できますよね。

問題はどうやって15,000円分の特典をゲットするか?です。

結論からいうと、カード発行から翌月末までにたった20,000円のカード利用をするだけで15,000円分のキャッシュバックがゲットできます!

全部で5ステップの簡単なステップで15,000円分をゲットできます。この記事ではその詳細について詳しくご紹介します。

【dカードGOLD】

携帯料金の10%のポイントが毎月貯まる!!年会費高いけど大人気のカード!!ドコモでスマホ契約してるならdカード GOLDは必須!!

年会費
10000円+税
家族カード
1枚無料
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
空港ラウンジ ケータイ補償
JALマイル
還元率0.5%
国内海外保険
自動付帯
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大15,000円分の電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

クレナビ管理人が書籍を執筆しました!!

これからポイ活を始めたい方にぜひ!!

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済、そしてポイントサイト。あらゆる方法を駆使してお得にポイントを貯める方法について、約190Pの1冊の本にまとめました!

これからポイ活を始めたい、ポイントをもっと賢くお得に貯めたい、そんなあなたにピッタリの内容になっています。詳しくはAmazonでご確認ください。

1.キャッシングリボとこえたらリボを設定するキャンペーン

①最大15,000円のキャッシュバックキャンペーン!

dカードゴールドでは現在最大15,000円のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。

キャンペーンの概要としては

  • 入会キャンペーン
    =最大13,000円分
  • 「こえたらリボ」「キャッシングリボ」の設定
    =最大2,000円分
  • 合計
    =最大15,000円分

という内訳です。

これらのキャンペーン特典は全てiDキャッシュバックという形でカード利用者にバックされます。※iDキャッシュバックについては後ほど詳しくご紹介します。

キャンペーン終了の期限が記載されていないのでなるべく早めに入会してキャンペーンをゲットすることをオススメします。

②iDキャッシュバックとは?

「iDキャッシュバック」と聞いても聞き慣れない方もいますよね。

「何か限定的な使い方しかできない使い辛いものなんじゃないの?」「結局貰っても使えないんじゃない?」という心配もあるかもしれません。

しかし実際のところiD(アイディー)は現金や、下手するとクレジットカード自体よりも使いやすい可能性を秘めたサービスです。

iD=電子マネー

まずiD(アイディー)についてですが、iDとは簡単にいうと、電子マネーです。

iD(アイディー)とは?

ドコモと三井住友カードが提携して運営している電子マネーです。

後払い(ポストペイ)のタイプなので、事前にチャージする必要がないのがメリットです。クレジットカードのポイントも得られます。

dカードゴールドの券面の右上には「iD」という表記がされてるのが分かりますが、その表示の通りdカードゴールドは電子マネーのiDが一体になったクレジットカードです。

例えばSuicaなどの電子マネーが付帯したクレジットカードがありますよね。

それはクレジットカード+Suicaという合体タイプのクレジットカードですが、dカードゴールドはクレジットカード+iDという組み合わせのクレジットカードということになります。

「じゃあiDじゃなくてSuicaでいいんじゃないの?iDだけの特別なメリットがあるの?」という疑問があると思いますが、先の説明にもある通り、iDは後払い型の電子マネーで”ポストペイ型電子マネー”という風にいわれています。

普通の電子マネー、例えばSuicaなどはカード内にチャージした金額が0円になるとまたチャージしなければ利用することができなくなってきます。

つまり、チャージ→利用→残高が無くなったらチャージ→利用というサイクルを繰返すことになります。

このデメリットとして

  • いちいち現金でチャージしなければいけない
  • 現金を銀行から引出すことで手数料が発生する
  • チャージする手間がかかる
  • 残高を気にする必要がある

このような方式の電子マネーを「プリペイド型」と呼びます。

一方で、iDのようなポストペイ型の電子マネーは支払時に機械にかざして「ピッ」とお会計を済ませるまではプリペイド型と同じですが、利用額の支払方が異なります。

ポストペイ型の支払は、クレジットカードの利用額の引き落としと同時に行なわれます。

プリペイド型と違って「あれ!?残高が残ってなかった!お買い物ができない!」なんてことがないということですね。

iDはどこで利用できる?

つまり、dカードゴールドのキャンペーンでゲットできるiDキャッシュバックによって最大で15,000円分のお買い物をタダにできるということです。

じゃあ次に重要になってくるのは「iDってどこで使えるの?」という疑問ですよね。

自分が使っている電子マネーならまだしも、利用していない電子マネーがどこで使えるかって以外と分からないもんですよね。

iDを利用可能な店舗は全国でなんと約50万店舗以上にものぼります。

それぞれのジャンルの主な利用可能店舗をご紹介すると下記のような店舗があります。

ジャンル 店舗名・系列名
コンビニエンスストア
  • セブンイレブン
  • サークルK
  • ファミリーマート
  • ローソン
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • その他多数
スーパー
ショッピングセンター
  • イオンショッピングセンター
  • マックスバリュー
  • メガマート
  • 平和堂
  • その他多数
モール
百貨店
  • イトーヨーカドー
  • イオン
  • イオンモール
  • ビブレ
  • アピタ
  • ピアゴ
グルメ
  • カッパ寿司
  • 牛角
  • とんかつ浜勝
  • はま寿司
  • その他多数
レストラン
  • ガスト
  • ジョナサン
  • バーミヤン
  • その他多数
ファーストフード
  • CoCo壱番屋
  • すき家
  • マクドナルド
  • ミスター・ドーナツ
カフェ
  • プロント
  • コメダ珈琲
  • タリーズ
  • その他
居酒屋・バー
  • 魚民
  • 坐・和民
  • チムニー
  • 笑笑
  • その他多数
ドラックストア
  • ココカラファイン
  • ツルハドラッグ
  • マツモトキヨシ
  • サンドラッグ
  • その他多数

上記のようにiDの加盟店には有名店舗が勢揃いしているので利用場所に困ることはないでしょう。

家電量販店のジャンルにはビッグカメラやヨドバシカメラなどもあるので、例えばキャンペーンで15,000円分のiDをゲットすることができればデジカメを無料でゲットできたりします。

この他でいうと、街の店舗で利用できるのはと別に、ネットショップ最大手のAmazon.comでも利用することができるので、「利用する場所がない!」というのは完全に有り得ません。

iDで決済した場合、支払金額は一度通常通り支払うことになり、カードから引き落とされる時点でiDキャッシュバック分の金額が割引かれる形になります。

なので例えば「iDキャッシュバックの特典を利用して買物をしよう!」と思った場合でも、レシートには利用した分の金額が記載されます。

「あれ!?割引かれてないじゃん!!」と感じるかもしれませんが、カード利用分の支払日に口座から引き落とされるタイミングで割引かれるので安心して利用してください。

dカード GOLDの公式サイトを見る >

③最大15,000円のiDキャッシュバックをゲットする条件とは?

では一番気になる15,000円分のiDキャッシュバックの獲得条件をご紹介します。

入会キャンペーンやキャッシュバックキャンペーンでありがちなのは、特典よりも多い金額を利用しなければならないパターンが大多数です。

例えば「3ヶ月間に30万円分のカード利用で特典ゲット!」とか、「年会費別途○○円の〜会員に加入で特典ゲット!」とか、結局利用者側にデメリットというかメンドクサイ作業を強いるキャンペーンが多いのが実際のところです。

そうすると「どうせ15,000円分のiDキャッシュバックの条件もメンドクサイんでしょ?」と心配してしまうのもうなずけます。

しかし、dカードゴールドのキャンペーンは超良心的で、誰でも最大15,000円分のiDキャッシュバックを狙えるようなハードルの低い条件ばかりです。

条件 iDキャッシュバック
dカードゴールドに入会 2,000円分
新規申し込み時にドコモケータイ料金をdカードゴールド払いに設定 1,000円分
入会の翌月末までに2万円のカード利用
※キャンペーンへのエントリーが必要
8,000円分
入会翌月末までに「キャッシングリボ」の設定
※特典③の条件を満たしている必要あり
1,000円分
入会翌月末までに「こえたらリボ」の設定
※特典③の条件を満たしている必要あり
1,000円分

特典1〜3は瞬時に理解できますよね。しかも見ての通りハードルは全然高くありません。

問題は特典4の「こえたらリボ」と「キャッシングリボ」の設定です。

パッと見「ん?何それ??」という感じだと思いますが、キチンと把握すれば全然難しいことではありません。

クレジットカードのリボ払いは手数料が発生するので、クレジットカードを利用する上でのリボ払い利用はNG行動です。

「手数料を支払ってまでカード利用をしたくない!」「結局手数料でお金を取られるならキャンペーン特典も意味ないじゃん!」と思う方は次の項目を参考にしてください。

手数料を発生させずに15,000円分全部の特典をゲットする方法をご紹介します。

dカード GOLDの公式サイトを見る >

2.キャッシングリボとは?

①キャッシングリボの概要

キャッシングリボとは?

「リボ」は毎月のお支払額がご利用残高に応じてほぼ一定になる便利なお支払方法です。 重ねてご利用しても毎月のお支払額が安定しているので計画的にご利用いただけます。
※月々のお支払額はお支払コースやご利用残高により変わります。
※1回払いのお引き落とし額にはお利息が加算されます。

パッと流し読みしただけだと「…??」という感じで分かり辛いと思いますが、要するに

  • お金(現金)を借りることができる
  • 毎月の支払は決めた一定金額でOK

というサービスです。

例えば2018年1月に40,000円のお買い物と、20,000円のお買い物をしたとしましょう。

通常であれば合計60,000円を次の支払日に支払う必要がありますが、リボ払い設定を10,000円にすれば、毎月の支払は10,000円+手数料にすることができます。

これが「リボ払い」で、キャッシングリボとはこのシステムを現金(キャッシュ)の借入で適用するシステムです。

つまり

  • リボ払い
    =カード払い分を一定金額で支払うサービス
  • キャッシングリボ
    =現金を借りて、借りた分を一定金額で返済するサービス

ということです。

②キャッシングリボのメリット・デメリット

キャッシングリボのメリット・デメリットをまとめると下記のようになります。

【メリット】

  • ATMやコンビニでいつでも瞬時にお金を引き出す(借りる)ことができる
  • 毎月の支払を任意で決めることができる
  • 任意で設定できるので家計の管理がしやすい
  • 無理のない支払で高額な商品を購入できる
  • 収入がある時に繰り上げ返済も可能

【デメリット】

  • ATMで簡単に引出せるのでお金を借りている感覚がなくなる
  • 毎月に支払を任意で決められるので、完済を低額にして先延ばしにしてしまいがち
  • 手数料の計算は返済期間と金額に依存するので把握がし辛い
  • 自分の収入以上の品物を無理なく購入できるので感覚が麻痺しやすい

特にキャンシングリボを警戒する方はデメリットの部分に抵抗があるともいますし、実際にこれらのデメリットは注意するべきで、「感覚が麻痺しやすい」という点に関しては「自分は大丈夫!」と思っている人ほど注意が必要です。

③キャッシングリボの設定方法

「そこまで言われるとキャンペーンの特典は諦めようかな…」と思われるかもしれませんが、dカードゴールドのキャンペーンではキャッシングリボを設定するだけでOKで、利用する必要はありません!

クレジットカードには

  • ショッピング利用枠
    =通常のカード払い枠
  • キャッシング利用枠
    =現金を借りれる枠

の2つがあり、キャンペーンをゲットするためには、キャッシング利用枠を設定するだけでOKということです。

つまり、キャッシング利用枠は「利用枠を設定しますか?しませんか?」という選択肢があり、任意で設定できるということですね。

設定方法は簡単で、申し込み時、もしくはカード発行後にキャンシング利用枠を

「自分は自制心がないからキャッシングリボが利用できるようにしておくのは抵抗がある…」という方は最低金額の10万円を選んでおきましょう。

ちなみにキャンシング枠は法律で年収の3分の1までしか設定できないようになっているので、年収の3分の1以上の金額を選択すると審査で落とされてしまうので注意が必要です。

特典4-1キャッシングリボの設定で1,000円分のiDキャッシュバックをゲットする方法まとめ

まず特典4のひとつ目、キャッシングリボの設定で1,000円分のiDキャッシュバックをゲットする方法をまとめると下記のようになります。

  • キャッシングリボを利用すると手数料が発生するので基本的には利用はNG
  • キャンペーン特典を貰うには利用枠を設定するだけでOK
  • 利用枠設定はカード発行申し込み時、カード発行後にできる
  • キャッシング利用枠は年収の3分の1以下の金額しか設定できない
  • 不安な方は最低金額の10万円を選ぶ

この「設定する」という作業だけで1,000円分のiDキャッシュバックはかなりアツいので絶対にゲットしておきましょう。

dカード GOLDの公式サイトを見る >

3.こえたらリボとは?

①こえたらリボの概要

特典4の2つ目「こえたらリボ」についてです。

こえたらリボとは?

「こえたらリボ」は、お店で”リボ払い”とお申出いただかなくても、事前に決めておいた支払額を超えた分を自動的に翌月以降にリボ払いできて便利です。

キャッシングリボは自分が借りた”現金(キャッシュ)”を毎月一定の金額で返済して行くサービスですが、「こえたらリボ」はカード払いで適用されるサービスです。

例えば、最初に「こえたらリボ」の設定を5,000円にしておくとします。

そしてその月のカード利用が20,000円になったとすると、自動的に「こえたらリボ」が適用されて、20,000円分を毎月5,000円分づつ支払っていくことになります。

つまり簡単にいうと「5,000円(設定した金額)以上になったら自動的にリボ払いにしてください!」というサービスです。

もちろんリボ払い時には支払金額とは別途でリボ払い利用手数料が発生します。

②こえたらリボのメリット・デメリット

こえたらリボのメリット・デメリットは下記の通りです。

【メリット】

  • カードを利用しすぎた場合に自動的にリボ払いにできる
  • いちいちリボ払い申し込みをする必要がない
  • 高額な商品を毎月任意の支払金額で購入することができる

【デメリット】

  • 毎月設定金額を超えていたら手数料が重なってくる
  • 自動的にリボ払いになるので意識していないと手数料が把握できなくなる
  • 一度設定したら忘れたままになり、リボ払いが重複してくる

こえたらリボの特徴は設定した金額以上になると”自動で”適用になるので、一度設定してしまうと忘れてしまうという危険性があるので注意が必要です。

「自分は忘れっぽいから設定するのが不安…」という方は次でご紹介するルールを守っておけばこの「こえたらリボ」で失敗することは絶対にありません。

③こえたらリボの設定方法

こえたらリボもキャッシング利用枠と同様に申し込み時もしくはカード発行後に設定することができます。

申し込み時では下記の画面でチェックマークにチェックを入れることで設定できます。

上記の画像の下部の「これたらリボ(毎月の指定支払額)」のところでは1万円、2万円、3万円の3種類を選ぶことができるので、不安な方は最大の3万円を選択しましょう。

例えば3万円を選択して、1ヶ月のカード利用額が2万円だった場合は3万円をこしていないのでリボ払いは適用されません。

つまり、特典4のこえたらリボのキャンペーン特典を無料でゲットするのもキャッシングリボの特典と同じく“設定するけど、利用しない”という方法で特典だけを無料でゲットすることができます。

特典4-2こえたらリボの設定で1,000円分のiDキャッシュバックをゲットする方法まとめ

こえたらリボの設定で1,000円分のiDキャッシュバックをゲットする方法をまとめると下記のようになります。

  • こえたらリボの設定は申し込み時、もしくはカード発行後にできる
  • 設定金額はできるだけ高額に設定する
  • 設定した金額よりも低い金額であればリボ払いにならない
  • こえたらリボは最低入会から4ヶ月後までは設定しておく
  • キャンペーン特典がゲットできたら解除する

ここで注目して欲しいのは「こえたらリボ」で貰える特典の1,000円分のiDキャッシュバックは条件達成してから4ヶ月後に贈呈されます。

なので、4ヶ月間は「こえたらリボ」を設定しておき、キャンペーン特典がゲットできたら最速で「こえたらリボ」を解除しましょう。

そうすれば無料で1,000円分の特典を安全にゲットすることができます。

dカード GOLDの公式サイトを見る >

4.設定して入会特典もらおう!でも注意してほしいこと

特典 条件 iDキャッシュバック
特典1 dカードゴールドに入会 2,000円分
特典2 新規申し込み時にドコモケータイ料金をdカードゴールド払いに設定 1,000円分
特典3 入会の翌月末までに2万円のカード利用
※キャンペーンへのエントリーが必要
8,000円分
特典4 入会翌月末までに「キャッシングリボ」の設定
※特典③の条件を満たしている必要あり
1,000円分
入会翌月末までに「こえたらリボ」の設定
※特典③の条件を満たしている必要あり
1,000円分

注意点①キャンペーンには対象外項目がある!

特典3の「入会の翌月末までに2万円のカード利用で8,000円分のiDキャッシュバック」には対象外になる項目になるものがあるので要注意です。

特典3の注意点!!
特典3について、20,000円(税込)以上のご利用はカード利用およびiD利用が対象となります。dカードポイントサービスにおいてポイントが進呈されないご利用(ドコモご利用料金、dカードの各種手数料、年会費、遅延損害金、電子マネーチャージ、ユニセフなどの募金、国民年金保険料 等)は対象外になります。

※参照:dカードゴールド公式サイト

要するに普通にショッピングした分の金額がカウントされるということなので、ドコモのケータイ料金などはカウントの対象外になるので注意しましょうということです。

注意点②月末の入会は避ける!

特典の条件を見てもらえば分かると思いますが、それぞれには「翌月末」という表現が多く記載されています。

つまり例えば、4月30日にカードを発行した場合、翌月末は5月31日になります。

4月1日にカードを発行した場合も同じく、翌月末は5月31日になります。

つまり、カードは月初めに発行した方が確実に条件達成の猶予期間が長くなるので、カードを発行するのであれば月初めに発行しましょう。

特に特典3の20,000円のカード利用は出来るだけで余裕があった方が達成しやすいので、この発行のタイミングが意外とキモになってきます。

注意点③月末のカード利用は対象外になる可能性がある!

次に注意して欲しいのが月末のカード利用です。

特典③で「ヤバい!2万円のカード利用に間に合わなそう!」という感じで月末にカードを無理矢理利用したとしましょう。

例えば、4月にカードを発行して、特典③の対象期間の期限が5月31日までとします。

「ヤバい!」と思い、店舗Aでクレジットカードを利用したのが5月31日の場合、売上げ情報がクレジットカード会社に届くのが翌日の6月1日になってしまえば、カードを利用したのが5月31日でも、カード会社に利用履歴が届いたのが6月1日なのであればそれは対象外になってしまうということです。

 店舗からの売上情報が当社の集計日を過ぎても到着しなかった場合、当該売上情報に記載されているご利用代金は、対象期間中のご利用代金であっても、本特典における対象とならない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※参照:dカードゴールド公式サイト「特典の進呈対象外となる場合について」より

つまり、特典3の20,000円以上のカード利用は余裕を持って達成しましょうということです。

注意点④カードの発行時、発行後にやっておくべきこと!

ここまで読んでくれた方はdカードゴールドを発行することで15,000円分のiDキャッシュバックが簡単に手に入ることが理解できたと思います。

ただし情報がごちゃごちゃしてしまったと思うので、カード発行前、カード発行後のタイミングでそれぞれに何をすれば良いのか?とステップごとにまとめます。

下記に記載したポイントさえ抑えていれば確実に15,000円分のiDキャッシュバックをゲットできて、自分の好きな家電などをゲットできたり、Amazonで欲しかったものを手に入れることができるのでよく読んで確実にゲットしてください。

【カード発行前(申し込み時)】

  • ケータイ料金をdカードゴールド払いにする
    →特典2の条件クリアのため
  • こえたらリボを設定する
    →特典4-2の条件クリアのため

【カード発行後】

  • 特典3、4へのエントリー
    →特典3、4をゲットするにはエントリーが必須!
  • 入会から翌月末までに20,000円以上のカード利用
    →特典3の条件クリアのため
    ※特典4も特典3をクリアしていることが前提になるので注意!
  • キャッシングリボ枠の申し込み
    →特典4-1の条件クリアのため

上記のポイントさえ抑えておけば確実に15,000円分のiDキャッシュバックを受けることができます。

注意点⑤リボ払いの使いすぎには要注意!キャンペーン特典ゲット後はすぐ解除!

dカードゴールドのキャンペーンが良心的なポイントとしては「リボ払いを利用しろ!」と言っているワケではなく、あくまでも「利用できるように設定してください」と言っている点です。

つまり、無理にお金を使わずとも特典4の合計3,000円分のiDキャッシュバックは誰にでも受けとることができるという嬉しいサービスなのです。

繰り返しになりますが、リボ払いに依存するのはNGです!

リボ払いは使い勝手がよく、高額な商品も無理なく一発で手に入れることができますが、あくまでも支払いの先延ばしであり、キャッシングにいたっては立派な『借金』です。

自分の収入が増えているような錯覚に陥ってしまうかもしれませんが、一切何も変わっていないので注意しましょう。

「そんなに煽られると不安になる…」という方もいるかもしれませんが、もし自身がない方は、キャンペーンを達成したら即刻解除しましょう。

特典④の「キャッシングリボ」も「こえたらリボ」も、どちらとも条件達成から4ヶ月後にiDキャッシュバックが贈呈されるので、ゲットしたことが確認できたら即刻解除してOKです。

解除はカード裏面に記載されてある電話番号に電話するだけでOKなので5分程度で完了します。

dカード GOLDの公式サイトを見る >

5.まとめ

dカードゴールドのキャンペーンを利用して最大15,000円分のiDキャッシュバックを確実にゲットする方法まとめると下記のようになります。

ステップ1:カード申込時にケータイ料金支払をカード払いに設定する

ステップ2:カード申込時にこえたらリボを設定する
※注意点:こえたらリボの設定金額以下であれば手数料は支払わずに特典が貰える

ステップ3:キャッシングリボ枠を申込む
※キャッシングリボ枠は最低10万円、設定には審査があるので不安な人は10万円を選ぶ

ステップ4:カード発行後すぐにキャンペーンにエントリーする

ステップ5:カード発行から翌月末までに20,000円分のカード利用をする

ステップ6:iDキャッシュバック特典を全てゲット(4ヶ月後)したら「キャッシングリボ」と「こえたらリボ」を電話解約する

ステップ7:iDは贈呈から半年間が有効期限なので、半年以内にショッピングなどで利用する

特に最後の”iDの有効期限は半年間(6ヶ月間)”という点には注意してください。

せっかくもゲットできたのに使わずに有効期限が切れてしまったら悲しいですからね。

是非有効に15,000円分のショッピングを楽しんでください!

【dカードGOLD】

携帯料金の10%のポイントが毎月貯まる!!年会費高いけど大人気のカード!!ドコモでスマホ契約してるならdカード GOLDは必須!!

年会費
10000円+税
家族カード
1枚無料
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
空港ラウンジ ケータイ補償
JALマイル
還元率0.5%
国内海外保険
自動付帯
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

最大15,000円分の電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /