dカードの新規入会特典の特典はやや特殊で、会社独自のポイントプログラムで還元されるのではなく、iDという電子マネーでキャッシュバックが行われます

このiDは大変便利でメリットがわかればとても使いやすい電子マネーなのですが、一般的なSuicaなどの交通系電子マネーに比べるとややマイナーなのも確かです。

そこで今回はそんなdカードGOLDでのお得キャンペーンでキャッシュバックしてもらったiDの使い方についてレクチャーしていきます。

まずiDという電子マネーがどういったものなのか、他の電子マネーと何が違うのか使い方や初期設定のやり方についてご紹介していきます。

他にもドコモと紐づけたiDの利用方法他のポイントプログラムへの互換性など、気になる点もしっかり網羅しているので、dカードGOLDを新規発行する方にとってぴったりの内容となっております。

最大14000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

dカードGOLDのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

スポンサードリンク

電子マネーiDとは?

クレナクレナ

入会特典がiDキャッシュバックって何?

商品券やギフトカードとかdポイントでもらえると嬉しいんだけど…

iDとかでもらっても使いにくいんじゃないの?それだと意味無いんだけど…

普段から電子マネーiDを利用している方であれば「この特典スゴイ嬉しい!」と思ってくれると思いますが、電子マネーiDを利用したことない人からすれば、「iDって何?」って疑問に思いますよね。

使いにくいのではないか、せっかく入会特典もらえても使いこなせないんじゃないか。入会特典をちゃんと使いこなせるのか心配する人もかなり多いです。

しかし、電子マネーiDはものすっごく使いやすいんですよ。

コンビニで撮影させてもらいました。よーく見ると、電子マネーiDのマークがあります。

ナビィナビィ

電子マネーiD(アイディ)で払います

店員さん店員さん

それではこちらにタッチをしてください

レジで「電子マネーiDで払います」と伝えれば「こちらにタッチしてください」と店員さんに言われるので、dカードGOLDをタッチします。これで支払い完了です。

このように、dカードGOLDの支払い明細でiDの利用明細も確認できます。

iDで利用した分はdカードの引き落とし日にまとめて支払いとなります。その時にiDキャッシュバックで差し引かれるようになります。

これが、最大14000円分使えるようになります。つまり…電子マネーiD決済できる店舗であればどこでも使えるんです。

iDは全国でも普及率はトップクラスで、電子マネー使える店舗であればどこでも使えると思って大丈夫です。

あなたが普段よく利用する店舗のレジ付近をよーく見てみてください。iDのマークがきっとあるはずです。

さらにiDはiPhoneのApplePayに登録して使えます。dカードGOLDを持ち歩かずにiPhoneに登録しておけば、スマホ1台だけで支払いができます。

私も実際に体験してきました。夕食の食材の支払いでApple Payを使ってみました。その時の体験記事がこちらになります。

 

電子マネーiDの使い方について。予めiDの初期設定など必要?

iDの利用方法はとても簡単で、店頭で利用する場合は、iDで決済を行う旨を伝えて読み取り機にかざすだけです。

dカードGOLDをかざすだけで使えるので、現金不足の時も利用できますし、カード引き落とし日にiDで利用した分も一緒に引き落としされます。

つまりは、電子マネー版デビットカードと言えばわかりやすいでしょうか。

Suicaやnanacoは残高が足らなくなったら一定額をチャージをするか、残金と現金を併用して支払うかしか選択肢がないので、常に電子マネーに端数のお金が残った状態になりますが、iDはいつでもちょうどの利用(決済)となるので、いわゆる死に金が生まれません。

楽天Edyの残高95円、nanacoの残高69円…というような状態を回避できる。それがiDです。

dカードGOLDで使う場合

カードで利用する場合は至ってシンプルで、すでにiDとクレジットカード自体の紐づけが出来ている状況なので、携帯での設定は不要です。

クレジットカードでのショッピング枠を利用した買い物も、電子マネーiDを利用した決済ものカード1枚で利用出来るオールイン状態です。

ちなみに基本的に100円で1ポイントのdポイントたまり、各種お得なキャンペーンが開催されたり、dカードGOLDの家族カードも同じくiDの利用が可能で、電子マネーを家族全員で共有して利用することも出来ます。(支払は一元化)

Androidのおサイフケータイで使う場合

Androidスマートフォンを利用している場合は、まずは電子マネー情報を登録しておくiDアプリをダウンロードしなければなりません。

ダウンロード後、注意事項等読んだらはじめての利用可、他機種からの引継ぎかを選択し、必要事項を入力したうえで利用が可能になります。

アプリの初期設定の場合、通常のクレジットカード決済の設定と、ドコモ決済と2パターンあり、後者を選択した場合はドコモの携帯代金と合算して請求が行われます。

一応、公式サイトで紹介されている各種設定方法を載せておきますので、困った際は参考にしてみてください。

Androidスマホ dカードアプリ設定
Androidスマホ iDアプリ設定
iPhone dカードアプリ設定

iDはどこで使える?

では、どこのお店でiDが使えるかと言うと、下記の店舗で利用することが出来ます。

スーパーに関しては地方対応店舗まで網羅してしまうと本当に膨大な量となってしまうため、全国で利用出来る店舗のみ記載させていただきました。

コンビニエンスストア
スーパー、ショッピングセンター(全国対応のみ掲載)
グルメ
本、CD、DVD
家電、ドコモショップ
宿泊、レジャー
ドラッグストア
タクシー・バス
カーライフ
その他ショッピング

以上、10のカテゴリーで相当数のお店で利用することができ、電子マネーとしての利便性が高いことがわかります

今回私も調べて驚きましたが、有名なお店で使えることはもちろんのこと、普段利用するあのお店まで対応しているの!?という驚きがあり、意識していないだけで決済方法としてiDが浸透していることを思い知らされました。

また、店舗以外にも下記のオンラインショップでも利用することが可能です。

総合
本・CD・GAME
カタログ・TV通販・百貨店
コミック
交通
その他

こちらは一見数は少ないものの、大手の通販サイトアマゾン有名なショップジャパン、珍しいところでは園芸や観光サイトでもiDが利用出来ることがわかります。

さきほどの利用先一覧と合わせれば、日常でやりたいことのほとんどはiDによる決済で済んでしまいそうですね。

電子マネーを数種類使い分けることが悪いとは言いませんが、支払いを一つにまとめて行った方が便利ですし、ポイントが多く付くのは自明の理です。

もしもiDをメインの電子マネーとして利用していくのであれば、上記利用可能店舗一覧から自身の日常生活で置き換えて利用出来るストアがないか探してみて下さい

 

電子マネーiDの残高を確認する方法

電子マネーiDには基本的にクレジットカードと紐づけて利用すると、クレジットカードの利用可能額が減るので、チャージ残高の確認というよりは橋渡しの先にある支払元の利用可能額の確認が必要になります。

今回の例で言えば、dカードGOLDの利用可能額です。

クレジットカードの利用可能額の照会は、dカードメンバーサイトにログインし、利用可能額の照会を選択すると参照可能になります。

同様に何らかのiDキャッシュバックについて確認を取りたい場合はiDキャッシュバック照会 より確認が可能です。

携帯代金と合算して請求が行われるdカードminiの場合は、スマートフォンのiDアプリを起動し、dカード miniを選択することで、当該月の利用可能残高を把握することが出来ます。

 

dカード発行してもらえるキャッシュバックキャンペーンの残高を確認する方法はあります。こちらの公式ページに移動してログインすると確認できます。

 

キャッシュバックで獲得したiDは有効期限ある?

キャッシュバックで獲得したiDは期間的に無限利用出来るわけではなく、例えば、利用代金に直接キャッシュバックされるケースでは、充当される期間が決まっています

利用期間については、公式でiD利用代金に充当できる期間は申し込み受付月の16日を起算日(スタート)とし、6ヶ月間(15日)までが有効期間となり、それ以降は失効すると書かれているので、約半年がキャッシュバックされたiDの有効期限と言えそうです。

ちなみに重ねてキャッシュバックを受けた場合は、古い方の有効期限は更新され、新しいiDキャッシュバックの利用期間に上書きされるとのこと。

なので、金額が小さくともキャンペーン条件が満たせそうなものを定期的に利用していくと、その度に延命が出来るので、そこまで利用期限を気にする必要もないでしょう。

もしも利用期限を確認したい、キャッシュバックがどうなっているか不安だという方は、マイメニューから確認することが出来るので、クレジットカード作成後に様子を見ることも出来ます。

 

電子マネーiDはドコモの携帯料金の割引に使用できる?

結論から言うと、キャッシュバックで獲得したiDでのドコモ携帯料金の割引は不可能です。

というのも下記のような注意事項があるので、充当の対象外だと思われます。

※Mastercard/VISA、ETC、キャッシングご利用代金、年会費、遅延損害金、ドコモのケータイ料金および「ドコモ光」ご利用代金、故障修理代金、事務手数料などの一部については、iDキャッシュバックの充当対象外となります。

さらにiDが一般的な現金をチャージして残高としているのではなく、支払い方法に紐づけてデビット的な機能で利用しているとお伝えしました。

つまり、iDで携帯料金を割り引こうと考えることは、クレジットカードでその分支払っていることに代わりありません

dカードGOLDでの携帯代金支払いはポイントが付かないので、もしも減殺出来たとしてもあまりお得ではない結果になってしまいます。(ゴールドの恩恵でdポイントクラブには10%付与される)

以上のことから、電子マネーのiDはショッピングやインターネットの買い物決済で利用するのが賢いといえるでしょう。

他のキャンペーンの注意事項にも、基本的に携帯代金の支払い設定は項目として挙がっていても、直接支払代金に応じて条件が満たせるものは存在しません。(2万円以上など)

同様の事柄を狙うのであれば、dポイントであれば充当が可能で、月々の返済額に充てたり、携帯の機種変更、各種周辺機器の購入にも利用することが出来るのでおすすめです。

iDでたくさん決済する→dポイント多く還元される→そのdポイントで携帯代金に充当する

とした方がサイクル的にも重ねて利用出来るの良いかもしれません。

 

電子マネーiDは他の電子マネーやポイントに交換移行できる?

再三の案内になりますが、iDは支払い方法の利用可能額を消費して決済を行う電子マネーなので、他のポイントプログラムへ交換したり、残高を移すことは出来ません。

iDから何かへ変換することは不可能ですし、キャッシュバックを除く、他社からのポイント交換を受けることも不可能な完全独立した電子マネーとなっています。

ただし、ドコモを契約してる人限定で、dポイントからiDキャッシュバックというプログラムに交換可能で、dポイントクラブより手続きが可能です。

クレジットカードの”dカード”もしくは”dカードGOLD”のiDを利用する場合

交換できるポイントは2,000ポイントからで2,000ポイントにつき2,000円分の交換レートとなっていて、1ヶ月あたりの上限は40,000円分までです。

クレジットカード機能無しの”dカード mini”を利用する場合

交換できるポイントは2,000ポイントからで1,800ポイントにつき2,000円分の交換レートとなっていて、1ヶ月あたりの上限は10,000円分までです。

例えば、2000円分のdポイントをiDキャッシュバックに交換すれば、iDで2500円分利用したとしても、自動的に2000円分の割引が適用され、500円の支払いで済むようになります。

明細書にはこのように記載されます。iDで利用した合計金額から、iDキャッシュバック分が差し引かれます。

さらにiDで100円利用につき1ポイント貯まるので、「iD利用→dポイント貯まる→またiDに交換して利用する」の手順を繰り返すことができ、dポイントをiDの利用可能額に充当することができます。

 

iDはクレジットカードを電子マネーにしたものだと思って利用する

電子マネーとしてはやや在り方が特殊なiDですが、クレジットカードを電子マネー化したものだと思えばすんなり使えるかと思います。

クレジットカードの利用可能額を店先や形態によってカード払いしたり、電子マネーで決済するための手段の一つと考えるのです。

例えば、コンビニでカードを出すのは購入額も少額で恥ずかしいという時にさっとiDでタッチして支払いを済ませば何てことはありません。

また、アプリと紐付けて登録しておけば、たとえクレジットカード本体がなくとも携帯一つで支払いを済ませてスマートに出かけることも可能です。

ドコモがお膝元の電子マネーサービスとあって、iDのキャッシュバックキャンペーンも頻繁に行われており、だいたいの適応条件であるdカードGOLD(新規作成、利用)との相性は抜群。

利用先一覧でもお見せした通り、iD対応店舗も74.2万の利用先に恥じぬカテゴリー数と店舗数でした。

iDの更新情報を見るに、今現在対応している提携先を拡大中のようなので、これからますます世の中のマストとなっていく電子マネーだと思われます。

最大14000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

dカードGOLDのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

dカードGOLDに申し込む前にもう一度詳細を確認しておく

クレジットカード13枚利用した私がたどり着いたポイントの貯まりやすいカードはこの3枚でした

管理人管理人

2018年5月の段階で発行した枚数は13枚!

でも正直ハズレと思うカードもいくつかありましたし、全然ポイント貯まらないカードもありました。実際に使ってみないとわからないものです…。

その中で、私が実際に13枚のカードを使ってみて、ポイント貯まりやすいと思ったカードがこちらの3枚でした。

  • 楽天カード
  • dカード
  • Yahoo!JAPANカード

なかでもこの3枚は、かなりポイント貯まりやすいので、どのカードにすればいいかわからない場合はこの3枚からひとつ選んでおけば間違いないです。

ちなみに、3枚ともすべて年会費無料なので、カードを作って損することは一切無いので、気軽な気持ちで1枚持っておいて大丈夫です。

1位:楽天カード

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

2位:dカード

年会費実質無料!
最大9000円もらえる入会特典実施中!

dカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

3位:Yahoo!JAPANカード

年会費無料!
8000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

Yahoo!JAPANカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

なぜこの3枚を選んだのか。その理由についてはこちらのページで詳しくまとめました。

⇒ クレジットカードで累計30万ポイント以上貯めるクレナビ流ポイントの貯め方を完全公開