ここ最近、いろんな雑誌やWEBサイトでも、dカードGOLDを見かけることが多くなりました。

人気No.1!おすすめ!絶対持っておいた方がいい!こんなにオトクなカードは他にないですよ!…というように、良い話ばかり目立ち、逆に違和感を感じます。

しかし逆に、価格.comの口コミを見ていると「騙された、話と違う、スグに解約しました、こんなのほぼ無意味」など、意外と悪いレビューも多かったです。

…実際のところどうなんでしょうか?

ってことで、私も試しにdカードGOLDを発行して、実際に使ってみて感じたことを正直にお伝えいたします。

dカードGOLDはドコモ契約者が得しやすいカード、というのは既にご存知のことだと思います。

なので実際に私も同じ立場に立って正直なレビューをしようと思い、dカードGOLDを発行した後、ソフトバンクからドコモに乗り換えをしました。

dカードGOLDは、ドコモユーザーだとどれだけ得できるのか?実際に利用した感想も交えてご紹介していきます。

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

見出し一覧

dカードGOLDに申込んで実際に使ってみて感じた10のメリットについて

実際にdカードGOLDを申込んでから半年以上が経過した今、実際に使ってみて感じたことを順にご紹介していきます。

まず先にメリットからお伝えしていきますね。

メリット1.携帯料金の10%のポイントが毎月貯まり続けていく

ドコモ携帯・ドコモ光料金をdカードGOLD決済で行うと、1,000円(税抜)につき100ポイント貯まります。(ポイント還元率10%)

(契約条件はドコモ携帯のみでもOK。ドコモ光の契約は必須ではありません。ドコモ光を契約してるならさらにポイント貯まります、って感じです。)

年会費1万円だけ見ると高い印象を感じますが、docomoで月々9000円以上の支払いをしている方であれば、年会費以上のポイントが貯まるので、十分元が取れる計算になります。

ドコモの携帯料金が月々1万円であれば、1年で12000ポイント貯めることができます。

実際に私のポイントの利用明細がこちらです。

毎月10日に携帯料金の10%のdポイントが付与されます。

携帯の引き落とし金額が2万円の時、付与されたポイントが1300ポイントでした。

ポイント10%還元の注意点

還元率10%なんですが、1000円につき100ポイント付与される計算になります。

なので、携帯料金が12980円だった場合、980円にはポイント付与されず、1200ポイントの付与となります。

ここを勘違いしないように注意しましょう。

ちなみに私は、

  • iPhone8Plus 256GB
  • カケホーダイプラン
  • 30GBシェアパックプラン

これで月々12000円ほどになり、年間14000ポイント貯まる計算になります。

私の場合、利用開始してから半年ほどですが、キャンペーンでもらえるポイントも含めると、既に1万ポイントを獲得しました。

…と、ここで1万ポイントの証拠画像をお見せできればいいのですが、既に使ってしまい、残り4000ポイントになっています。

ポイントを貯めるのも大事ですが、やはり使ってナンボだと思うんです。

貯めたdポイントの使い道について

  • ドコモの携帯料金に1000円分だけ使う
  • ローソンやマクドナルドで使って実質無料で買い物する
  • メルカリの買い物もポイントで実質無料に
  • タワレコ、紀伊国屋、無印ネットストアでもdポイントで買い物できる
  • 電子マネーiDの支払いをdポイントで充当

 

私の場合、貯まったdポイントを

  • 無印で食品に使う(7000円割引)
  • じゃらんで宿泊費に使う(25000円割引)
  • ホットペッパービューティーで美容院代に使う(3000円割引)

このようにして使いました。実際にdポイントを使った様子をこちらでまとめております。

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

ドコモの携帯料金の10%ポイント還元に要注意

ドコモ携帯とdカードGOLDを紐づけ登録しておけば、携帯料金の10%のdポイントが毎月貯まっていきますが、ここで注意点があります。

「ドコモの引き落とし金額」の10%が貯まるわけではなく、「携帯料金」の10%が貯まるようになります。

正しくは「基本使用料・通話料・通信料・その他利用料金の」の10%となります。

よーく見ると、dカードGOLDの公式サイトに小さい文字で書かれております。

  • ドコモのケータイ/「ドコモ光」のご利用金額1,000円につき進呈するポイントです。
    各種割引サービス適用後の基本使用料、通話・通信料、付加機能使用料の金額となります(ただし、FOMAサービスの利用金額のうちFOMA位置情報/FOMAユビキタスサービスにかかる基本使用料および通信料は除きます)。各種手数料、電報料、コンテンツ使用料/iモード情報料、コレクトコール通話料、ケータイのご購入代金分割支払金/分割払金、ドコモ口座による利用代金(送金依頼額および利用料)、消費税、「ケータイ補償サービス」「ケータイ補償 お届けサービス」ご利用時のお客さまご負担金、「ドコモ光」事務手数料・工事料および光訪問サポート利用料など1回ごとにお申込みが必要となるサービスなどはdポイント進呈の対象外となります。

文字で書かれるとわかりにくいので、ドコモの明細書の画面で確認してみましょう。

このようになります。

  • 基本使用料
  • 通話料・通信量
  • その他利用料金

主にこの3つの金額の10%が、dポイントに貯まると思っておけばOKです。

  • 端末代金分割支払い
  • 消費税

この2つに関しては、ポイント加算の対象外となります。

さらに、1000円ごとに10%還元なので、1000円未満は切り捨てとなりポイントの対象となりません。

私の場合も、18000円の支払いに対して、1300円分のdポイントが付与されていました。

(18832円のうち、ポイント付与対象となるのは13696円。1000円につき100ポイントなので、1300ポイント)

18000円の引き落とし額だと、1800ポイント貯まると思ってしまいますが、実際は違います。

しかし、それでも十分すぎるほどdポイントが毎月どんどん貯まっています。

口コミなどでは「いやらしい」「騙された」「セコい」という声を挙げる人も実際におられますが、私はそんなこと一切感じておりません。

他のカードであれば携帯料金の引き落とし額に対して1%しかポイント還元されません。そう考えるとdカードGOLDのポイント還元率は異常です。

メリット2.カード発行+利用で最大14000円分キャッシュバックもらえる入会特典がスゴかった

2018年4月1日~6月30日の期間限定ではありますが、dカードGOLDを発行+利用すれば最大14000円分のキャッシュバックがもらえます。キャッシュバックは電子マネーiDでもらえます。

dカードGOLDの入会特典

カード発行してすぐ
⇒ 2000円分のiD

ドコモの携帯料金をdカードGOLDで支払い
⇒ 1000円分のiD

翌月末までに2万円以上+エントリー
⇒ 8000円分のiD

こえたらリボ&キャッシングリボ設定+エントリー
⇒ 3000円分のiD

ここまで充実した入会特典は過去最高レベルです。私も驚きました。(私の時は最大12000円分の入会特典だったので…)

発行してすぐもらえるiDキャッシュバックの様子です。さらに条件を満たせば4か月後ぐらいに残りのiDキャッシュバックが追加されます。

入会特典のiDキャッシュバックって何?使いにくいんじゃない?

クレナクレナ

入会特典のiDキャッシュバックってなに?

商品券やギフトカードとかdポイントでもらえると嬉しいんだけどなぁ…。

正直、iDとかもらっても実際のところ使いにくいんじゃないの?それだと意味無いと思うんだけど…ちょっと心配です。

管理人管理人

ご安心ください。一度使ってみて慣れればものすごく簡単に利用できますので。

iDキャッシュバックの使い道は、無限にあると言ってもいいでしょう。それぐらい使えるお店の数がものすごく多いんですよ。

普段から電子マネーiDを利用している方であれば「この特典スゴイ嬉しい!」と思うのですが、電子マネーiDを利用したことない人からすれば、「iDって何?」って疑問に思いますよね。

使いにくいのではないか、せっかく入会特典もらえても使いこなせないんじゃないか。入会特典をちゃんと使いこなせるのか、心配する人もかなり多いです。

しかし、電子マネーiDはものすっごく使いやすいです。

私も今回はじめてiDを利用してみたのですが、とっても簡単でした。

実際に使ったところをコンビニで撮影させてもらいました。よーく見ると、電子マネーiDのマークがあります。

ナビィナビィ

電子マネーiD(アイディー)で払います

店員さん店員さん

それではこちらにタッチをしてください

レジで「電子マネーiD(アイディー)で払います」と伝えれば「こちらにタッチしてください」と店員さんに案内してもらえるので、dカードGOLDをタッチします。

これで支払い完了です。

このように、dカードGOLDの支払い明細でiDの利用明細も確認できます。

iDで利用した分はdカードの引き落とし日にまとめて支払いとなります。その時にiDキャッシュバックで差し引かれるようになります。

これが、最大14000円分使えるようになります。つまり…電子マネーiD決済できる店舗であればどこでも使えるんです。

iDは全国でも普及率はトップクラスで、電子マネー使える店舗であればどこでも使えると思って大丈夫です。

あなたが普段よく利用する店舗のレジ付近をよーく見てみてください。iDのマークがきっとあるはずです。

さらにiDはiPhoneのApplePayに登録して使えます。dカードGOLDを持ち歩かずにiPhoneに登録しておけば、スマホ1台だけで支払いができます。

私も実際に体験してきました。夕食の食材の支払いでApple Payを使ってみました。その時の体験記事がこちらになります。

 

ここまでdカードGOLDを実際に使ってみた感想

  • 携帯料金の10%ポイント還元。
  • 最大14000円分のiDキャッシュバック。

この2つのメリットだけでも、十分お得になるなぁと思いました。

ただし、

  • ドコモで携帯を契約している
  • 携帯料金が月々1万円以上である
  • 携帯料金は安いけど、ドコモ光を利用している

この条件を満たしていないと、dカードGOLDを申し込む意味は無いと思います。であれば、年会費無料のdカードならいいでしょう。

最大9000円分のiD電子マネーもらえる入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

私の場合、dカードGOLDを申し込んでソフトバンクからドコモに乗り換えたので、dポイントもたくさん貯めることができています。

もし、ドコモに乗り換えを検討しているのであれば、dカードGOLDと相性バツグンなのでオススメしますが、auやソフトバンク、格安スマホを利用してる人や乗り換えの予定がない人であれば、dカードGOLDの申し込みはオススメしません。その場合は年会費無料のdカードで十分です。

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

メリット3.3年間のケータイ補償!最大10万円の補償額が毎年1回!

docomo契約で利用している携帯電話・スマホの端末が、3年以内に事故により紛失・盗難・水濡れ・全損といったトラブルにあったとき、新たにdカードで同一機種・カラーの端末をdocomoショップで購入した場合、なんと、最大10万分を補償するサービスがあります!

dカードGOLDの最大のメリットとも言えるのがこの補償サービスです!

通常のdカードであれば購入から1年以内・最大1万円分の補償ですが、dカードGOLDであれば最大10万円分の補償なので、年会費以上の補償を受けることができます。

docomoユーザーの方であれば、dカードGOLDを持つだけで手厚いケータイ補償+特典サービスを獲得することができます。

1年目に画面割れてバキバキで使えない…
⇒ dカードGOLDがあれば無料交換!

2年目にiPhoneを紛失してしまった…
⇒ dカードGOLDがあれば無料で新品GET!

3年目にAndroidスマホ水没しちゃった…
⇒ dカードGOLDがあれば無料で本体交換!

いくら気をつけていたとしても、ケータイが壊れるときは一瞬です。

画面保護シールを貼っていたり、耐性ケースをつけていても、落としどころが悪ければ壊れますし、画面もバッキバキになります。

壊れるかどうかなんて、ほとんど運です。そんな時にdカードGOLDさえあれば、ケータイの故障で悩む心配は無くなります。急な出費で凹むこともなくなります。

dカードGOLDのケータイ補償についてはこちらのページでまとめております。dカードGOLDをご検討の方はぜひあわせてご確認ください。

メリット4.ETCカード・家族カードは年会費無料!

dカードGOLDでは無条件で、年会費無料でETC・家族カード(1枚まで)持つことができます!

夫がdカードGOLDを発行すれば、ドコモの携帯料金の10%をdポイントで貯めることができます。

さらに家族カードを嫁に発行すれば、嫁の携帯料金の10%もdポイントで貯まります。そして年会費無料。

年会費1万円でdカードGOLDを2枚発行でき、2人分のドコモ携帯料金からポイントを貯めることができます。

  • ゴールドカードなのに家族カード年会費無料
  • 家族の携帯料金も10%ポイント還元される
  • 家族もローソンの買い物で5%オフ
  • 家族カードでも特約店ポイントが適用
  • 家族もケータイ補償が適用される
  • 家族も空港ラウンジ利用可能
  • 家族も海外旅行保険が適用
  • 家族用のETCカード発行が無料
  • 家族分の支払いも口座一つで一括管理

家族がdocomo携帯であれば、別々で1枚ずつ発行するよりも、家族カードで発行したほうが確実にお得です。

これができたら理想?! dポイントをがっつり貯める作戦

家族全員docomoでスマホを契約

お父さん

dカードGOLD発行
(年会費10000円+税)
毎月1000ポイント貯まる

 

お母さん

家族カード発行
(年会費無料)
毎月500ポイント貯まる

 

長男

家族カード発行
(2枚目以降は年会費1000円+税)
毎月1000ポイント貯まる

年会費11000円なのに、家族3人で毎月2500ポイント、年間28000ポイント貯まる計算となります。

家族カードを賢く活用してdポイントを貯めたいのであれば、この作戦でがっつり貯めることができます。

夫婦や兄弟など、一緒に住んでいる20歳以上の家族がいるなら、dカードGOLDの家族カードは作っておくべきです。

ちなみに私も、嫁に家族カードを発行しており、夫婦そろってドコモ携帯でdポイントを貯めています。嫁はそんなにスマホを使っていないので毎月500ポイントほどですが、年会費無料で毎月500ポイント貯まるのはものすごくうれしい。

dカードGOLDの家族カードについてはこちらで詳しく解説をしておりますので、あわせてご確認ください。

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

メリット5.ローソンで最大5%引き!特約店ならさらにポイント2重取り!

dカード×ローソン
相性は抜群

もちろんdカードGOLDでも下記のようにローソンでオトクがいっぱいです!

  • ローソンでdポイントカード提示で100円=1ポイントがたまります!
  • dカード決済で100円=1ポイントがたまります!
  • さらにdカード決済で請求時に3%OFFとなります!

さらに、dカード特約店ならポイント2倍になります。100円で2ポイントもらえるので還元率2%です。

例えば…

  • ピザやお寿司の出前を取るなら「dデリバリー」で2%還元
  • ENEOSでガソリン給油で2%還元
  • 伊勢丹、高島屋、三越の買い物でも2%還元
  • タワレコ、紀伊国屋書店、洋服の青山の買い物でも2%還元
  • スタバ、ドトールならポイント4倍!チャージで還元率4%に!

スタバならスターバックスカードに、ドトールならドトールバリューカードに、dカードGOLDでチャージすることでポイント還元が4倍になります。(100円につき3ポイント貯まる+カード決済で100円につき1%貯まる)

特約店は他にも多数あります。こちらの公式ページでご確認ください。

メリット6.国内・海外旅行保険が”自動”付帯

dカードGOLDでは旅行傷害保険が自動付帯です。つまり、dカードGOLDで旅費を決済しなくてもdカードGOLDを持っているだけで海外旅行傷害保険の対象となります。

旅行費用をカード払いしないと保険の対象にならないことが多いのですが、dカードGOLDは旅行費用をカード決済してなくても、サイフに入れておくだけで保険の対象となります。しかもカード本人だけでなく家族みんな対象なので、1枚持っておくだけで安心感を買えます。

他のカードと比べてdカードGOLDが優れている点は

  • 保険の上限金額が大きい
  • 本人だけじゃなく家族も対象
  • 自動付帯だから持っておくだけでOK
  • 海外だけでなく国内旅行でも適用

さらに、海外旅行中にケガや病気をしてしまった場合の治療費用や、携行品損害などに備えた補償まで手厚くサポートしてくれます。

これらすべて自動付帯(国内旅行は利用付帯)。

しかも「海外航空便遅延費用特約」がついているので、乗り継ぎ遅延や手荷物遅延・紛失といった場合の費用をサポートまで安心!

●海外旅行損害保険の詳細

dカードをご契約のお客様の
担保項目および保険金額
dカードGOLD
本人会員/家族会員 本人会員のご家族様
傷害死亡 1億円(※) 1,000万円
傷害後遺障がい 程度により
400万円~1億円(※)
程度により
40万円~1,000万円
傷害・疾病治療費用
(一事故/一疾病の限度額)
300万円 50万円
賠償責任
(一事故の限度額)
5,000万円 1,000万円
携行品損害
(年間限度額)
50万円

一事故あたりの
自己負担額
3,000円

15万円

一事故あたりの
自己負担額
3,000円

救援者費用
(年間限度額)
500万円 50万円
海外航空便遅延費用特約 乗継遅延による宿泊・食事費用 2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用 1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用 2万円
出航遅延・欠航による食事費用 1万円

旅行代金や移動費をdカードGOLDで支払うことが条件となりますが、国内旅行傷害保険も付帯。(利用付帯)

航空機の遅延などで思わぬ出費がかさんだ場合でも、その費用を補償する国内航空便遅延費用特約もついてくるdカードGOLDは、ビジネスシーンや旅行でも役に立つでしょう。

●国内旅行損害保険の詳細

担保項目および保険金額 dカードGOLD
本人会員/家族会員
国内旅行傷害保険 傷害死亡保険金 5,000万円
傷害後遺障がい保険金 程度により200万円~5,000万円
入院保険金 5,000円(日額)
通院保険金 3,000円(日額)
手術給付金 入院保険金日額の5倍または10倍
国内航空便
遅延費用特約
乗継遅延による宿泊・食事費用 2万円
手荷物遅延による衣類・生活必需品購入費用 1万円
手荷物紛失による衣類・生活必需品購入費用 2万円
出航遅延・欠航による食事費用 1万円

国内・海外旅行傷害保険の付帯内容も、ゴールドカードとして申し分ないものになっています。

近い将来、海外に1度でも行く可能性がある方は、お守りとしてdカードGOLDを1枚持っておいてほしいです。お守りとしてどれぐらい効果が期待できるか、こちらにまとめております。

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

メリット7.国内空港ラウンジも利用できる!

全国28の空港のカードラウンジを、dカードGOLDの提示で無料で利用できます。

当日の搭乗券とdカードGOLDを提示するだけでOKです。出張や旅行の出発前にゆっくりとしたい方にオススメのサービス!

飲み物も無料で軽食付きのラウンジもあり、ものすごくゆったりできます。私もラウンジ大好きなので、いつも飛行機のチェックインより1時間早めに空港にきてラウンジに入って、ゆったりまったり過ごしてます。

一人利用はもちろん、家族で利用してもゆっくりできるので、出発までここで待機するのが大好きです。

dカードGOLD1枚あれば、全国の空港に併設されているラウンジを利用できます。※一部除く

利用できる空港ラウンジ一覧(クリックで開く)

飛行機を1回でも利用する機会があるなら、dカードGOLD持ってて損はありません。

ほとんどの空港のラウンジで使えますが一部使えないラウンジもあるので要注意。こちらの記事に空港ラウンジ利用について詳細をまとめておりますので合わせてご覧ください。

メリット8.USJラウンジ & USJのスぺファンの優先搭乗が利用できます!

USJの敷地内にある「ドコモラウンジ」を利用することもできます。

さらにさらに!ドコモラウンジを利用した方は、「スペースファンタジーザライド(スぺファン)」の優先搭乗チケットももらえます。

ユニバの年パス持ってる方なら、dカードGOLDもあわせて持っておきたいところ。

ドコモラウンジは、USJアトラクションの「スペースファンタジーザライド(スぺファン)」にあります。

 

※スぺファンは現在「ファイナルファンタジーXRライド」に変更となっております。そこにUSJラウンジがあり、優先搭乗チケットも入手できます。

なので、ラウンジでゆっくりした後、そのままアトラクションに優先的に乗ることができるってわけです。待ち時間も必要なく至福の時間を楽しむことができます。

USJのドコモラウンジは、dカードGOLD利用者限定の抽選に当選した人のみ利用できます

空港ラウンジは、カードさえ持っていれば誰でもいつでも利用できるのですが、USJのドコモラウンジは、dカードGOLDを持っていれば誰でも利用できるわけじゃありません。

  • 「dポイントクラブ」公式サイトから抽選に応募する
  • 1回の当選につき最大4名まで入れる(大人1人、子供3人でもOK)
  • 抽選は毎週実施されるので当選確率は高い
  • ドコモラウンジを利用する前に事前予約が必要
  • 利用開始から最長30分間利用できる
  • 毎時50分になると締め切りとなるので要注意

といった特徴があります。詳しい抽選方法と流れについてご紹介しますね。

dカードGOLDを申し込んでから、dポイントクラブの公式サイトにログインをします。「ゴールドステージ」になっていることを確認して「プレミアムクーポン」をクリックします。

 

ユニバーサルスタジオジャパンの項目から「応募する」をクリックします。他にもディズニーランドやギフト券など、いろんな抽選に参加できます。これもすべてdカードGOLD限定の特典です。

 

ドコモラウンジの抽選は毎週実施されていて、なおかつ毎日36組分の当選枠があるので、意外と当選率は高めです。

「応募する」を早速クリックしてみましょう。

 

おっと。既に応募数が多くて受付終了となっていました。応募したのが1月7日の応募期間の最終日でした。でも8日から次の抽選が始まるので、諦めずにどんどん応募すれば、いずれどこかで当選するでしょう。

当サイトの管理人の私も、当選まで繰り返し応募してみようと思います。

2018年1月8日追記:

応募期間初日です。さっそく応募してみました。

2週間後のいずれかの日にちと時間帯を選んで抽選をする流れになります。

当選してから選ぶのではなく、応募する時に日時を選ぶんですね。となれば金曜の夕方とか土日は倍率が上がりそう…

試しに、「1月28日日曜日の16時~17時」を選択して抽選してみました。

抽選はその場でスタートし、上記のようなスロット画面がでてきます。

おそらく数字がそろえば当選なのですが、ご覧の通りリーチしたもののハズレです。泣

でも、毎週応募できるので、めげずに続けていこうと思います。また次回。

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

メリット9.お買い物あんしん保険

dカードGOLDはショッピング保険(動産保険)も付帯しています!

この保険が付帯されてるカードって、実は意外と少ないんです。

dカードGOLD決済をして購入したものが、盗難や破損といった損害を受けた場合に購入日から起算して90日間補償されます。

普通カードにも付帯しているものになりますが、dカードGOLDでは年間補償額が300万円となります。(普通カードでは100万円)

 

メリット10.dカードGOLD限定の年間利用額に応じた特典

入会2年目以降には、前年の利用額累計が100万円(税込)以上、200万円(税込)以上を達成した場合は特典の進呈があります。

dカードGOLDをメインカードとして使えば、年間100万円以上は十分超えることができます。

  • 家賃:8万円
  • 光熱費:3万円
  • 携帯料金:1万円
  • 食費・生活費:5万円

これだけで月々17万円の支払いとなります。月々9万円なら年間100万円をギリギリ超えて、月々17万円なら年間200万円をギリギリ超える金額になります。

これもdカードGOLDのみにある特典内容となっています。

利用累計額次第では年会費以上の特典を受けられるので集中決済をする方にはかなりオトクになります。

dカードGOLDのメリットまとめ

実際に私も、dカードGOLDのメリットを知った瞬間から「このカード欲しい!」って心底思い、すぐにカード発行のため行動を開始しました。

ソフトバンクで契約してましたが、dカードGOLDを使う為にドコモに乗り換えました。(ちょうど2年経って乗り換えのタイミングでもあったので)

実際にdカードGOLDを発行して持っていますが、とても満足しています。1万円の年会費を払っても毎月1500ポイント貯まってるので十分元を取っています。

空港ラウンジも利用してますし、旅行保険も充実してるから安心だし、入会特典でもらった電子マネーiDもスーパーで食材や調味料とか買ったり、節約にかなり貢献してくれてます。有難く使わせてもらってます。

当サイトで数々のクレジットカードをご紹介しておりますが、ここまで充実したカードって他にないなぁって思うんですよね。

ゴールドカードって出張多い役員とか経営者とか、海外によく行く人じゃないと、持ってても意味無い場合が多いんです。

でもdカードGOLDは20歳以上なら誰が持っても年会費以上の恩恵を受けることができるお得なカードです。もちろん主婦の方や会社員の方にも節約効果を十分感じれます。

当サイトの「クレジットカードおすすめランキング」でも堂々の1位に設定していますし、それぐらい私はdカードGOLDを強くオススメしております。

クレジットカードって人によってオススメできる種類が異なるので、誰にでもオススメできるカードって実は数少ないんです。その中でもダントツでおすすめできます。

会員数も300万人を超えて、さらに会員数も伸びており、dカードを発行してるドコモも予想を超える勢いで伸びています。

2018年人気No.1間違いなしのカードをあなたにもぜひ持って魅力を実感してほしいです。入会特典がある今のうちにぜひ公式サイトよりお申し込みください。

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

 

dカードGOLDのデメリットって無いのか?

ここまで10のメリットについてご紹介してきましたが、良いところばかり紹介しすぎて逆に怪しく感じる方もいるでしょう。

実際にdカードGOLDを利用しているからこそ気づいたdカードGOLDのデメリットについてもあわせてご紹介していきます。

1.年会費は1万円(税別)

dカードGOLDで避けられないのが年会費10,000円(税抜)です。

GOLDとつくだけに、その付帯サービスなどは普通カードに比べて充実しているので、この年会費の価値に見合う使い方が出来るかどうかがカギとなります。

年会費の高さは、しいていえばデメリットともいえるでしょう。

しかし、docomoユーザーの方であれば携帯補償金額や期間も大幅にアップするので、ベーシックタイプよりもdカードGOLDのほうが良い気がします。

冒頭でもお伝えした通り、docomoで携帯料金を月々9000円以上利用している方であれば、ポイント10%還元で、年間1万ポイント以上貯めれるので、年会費1万円の元を取れます。

元が取れてなおかつ様々な付帯サービスを利用できるのですから、実質無料でdカードGOLDを所有できるようなものです。

他にもケータイ補償、旅行保険自動付帯、14000円の入会特典など、先ほどご紹介してきたメリットを知って頂ければ、年会費は安く感じてしまいます。

dカードGOLDの年会費について気になる方は、こちらの記事もあわせてご覧ください。

「年会費がちょっと…」という方は、まず年会費無料のdカードから使い始めるのもアリですよ。

最大9000円分のiD電子マネーもらえる入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

2.電子マネーにチャージしてもポイント貯まりません

dカードGOLDについても、プリペイド式の電子マネーへのチャージでのポイント付与は一切対象外となります。

楽天Edy、Suica、nanacoといった電子マネーに、クレジットカードでチャージしてもポイントは貯まりません。

楽天カードであればedyチャージで1%、ビュースイカカードであればsuicaチャージで0.5%のポイント貯まりますが、dカードGOLDは貯まりません。

しかし、dカードGOLDに付帯されている電子マネーiDであれば、100円で1ポイント貯まります。

iDはチャージ式ではなく後払い式なので、カード払いと同様にiD払いでも1%還元でポイント貯まります。

ちなみに、カード利用もiD利用も合算して引き落とし日にまとめて引き落としされます。

3.ドコモ携帯じゃないとdカードGOLDのメリットを感じにくい

dカードGOLDは、ドコモでスマホを契約していることが前提です。逆にドコモでスマホを契約していないと、dカードGOLDを持つ意味って正直”無い”です。

auユーザーでもsoftbankユーザーでも、dカードGOLDを発行するのであれば、ドコモに乗り換えるメリットは十分にあります。

逆に、ドコモはdカードGOLDが無いとそんなにメリット無いんじゃないかなって個人的に思います。dカードGOLDがあるからこそドコモに魅力を感じます。

私もdカードGOLDの存在を知ったから、softbankからドコモに乗り換えましたし、じゃなければsoftbankのまま契約していました。

しかし、ドコモじゃないからといってdカードGOLD発行できないワケではありません。カードの恩恵を最大限生かすためには、「dカードGOLD×docomo」がおすすめとなります。

ドコモじゃないけどdポイントを貯めたい方は、dポイントカードではなく年会費無料のdカードを使うことをおすすめしております。

最大9000円分のiD電子マネーもらえる入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

4.ドコモの携帯料金の10%ポイント還元に要注意

既にお伝えしている通り、10%ポイントの付与は、携帯代の引き落とし額が対象ではなく、携帯料金の金額が対象となります。

実際に私の携帯料金の明細を見ながら一緒に確認していきましょう。

 

以下の画像が、私のドコモの携帯料金の明細です。引き落とし金額21327円となりました。

ですが、2100ポイントが付与されず、この場合だと「端末代金・消費税」を除いた16164円が10%ポイントの対象となります。

10%付与の対象はここまでで、

この2つの金額は、10%付与の対象外となります。

引き落とし金額から付与されたポイントを考えると、実質7.5%還元となりました。

それでもクレジットカード業界ではポイント1%還元がデフォルトですし、リクルートカードの1.2%で業界トップレベルの還元率と言われています。

それを考えると実質7.5%の還元率でも業界トップレベルの還元率ですし、dポイントも毎月しっかり貯まってるので私は満足しています。

5.ケータイ補償の対象外を把握しておこう

dカードGOLDの大きな魅力であるケータイ補償ですが、一部対象外になる場合や、ケータイ補償を受けた時の弊害について、ここで知っておきましょう。

水没、画面割れ、盗難、紛失、全損といった場合はケータイ補償の対象です。その場合は本体を丸々交換して新しくスマホを買い替えることになります。

画面われたからと言って画面だけ交換するのは対象外となり、画面割れになった場合も本体交換となります。

さらに、スマホ購入から13か月以内に「同一機種・同一カラーのケータイ購入」となる場合は、端末購入サポート解除料が発生します。機種にもよりますが、2~3万円の費用がかかります。

dカードGOLDがなければ、本体代+端末購入サポート解除料=13~15万円と高額になってしまいますが、本体料金が最大10万円まで補償となるので、実質、端末購入サポート解除料のみの負担で抑えられます。

先にdカードGOLDに申し込んでおいてもOK

どうしてもドコモに乗り換えができない方は、dカードGOLDに乗り換えるメリットはほとんどないので、申し込まなくてOKです。

しかし、ドコモ携帯の方や、これからドコモに乗り換えようと検討している方であれば、dカードGOLDを発行しない理由は無いと思ってます。

14000円分の入会特典も期間限定ですので今すぐドコモに乗り換えてほしいところですが、スマホの乗り換えのタイミングを考えないと違約金取られるので逆に損をしてしまうことも…。

その場合は、ドコモに乗り換える前に先にdカードGOLDを発行しておくのもアリです。dカードGOLDを持ってドコモショップで手続きをすれば確実です。

申込むタイミングが遅い=毎月1000円分のdポイントを損していることに…!

  • ドコモ携帯を利用している
  • 携帯代が月々1万円以上
  • 今後ドコモに乗り換えを検討している
  • ドコモ光を利用している

いずれかに該当してる方は、毎月1000円分のdポイントを損しているとも考えられます。

今月申し込む人と、来月申込む人では、1か月分のdポイントの差が生じるワケです。

つまり、毎月1000円分のdポイントをもらえず機会損失しているとも考えることができます。

ドコモユーザーであれば、できるだけ早めに申込んでおくのがベストです。

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

dカードとdカードGOLDを比較してみた結果

年会費無料のdカードと、年会費1万円のdカードGOLDの特徴と違いについて調べてまとめてみました。

dカード
dカードGOLD
年会費 無料 10000円(税抜)
ポイント還元率 1%(カード利用) 1%(カード利用)
10%(月々の携帯料金から)
ケータイ補償期間 1年間 3年間
ケータイ補償額 最大1万円 最大10万円
補償適用条件 水没・盗難・画面割れなども補償可能
補償回数 年1回
ラウンジ利用 利用可能
USJラウンジ 利用可能
海外旅行保険 最大1億円
国内旅行保険 最大5000万円
ショッピング保険 年間100万円 年間300万円

dカードGOLD…圧勝!

こうして表で違いを確認すると、ダントツでdカードGOLDの勝利!圧倒的な特典内容です。

dカードGOLDの特徴
  • dポイントの使い道がかなり広い
  • dポイントはPontaポイントに交換できる
  • ドコモの携帯料金の10%ポイント貯まる
  • 貯めたポイントをマイルに交換できる
  • スマホ本体が故障しても最大10万円まで補償(iPhoneもOK)
  • 補償は3年間適用と長い

その中で最も魅力的に感じるのが、やはりポイント10%還元です。

dカードGOLDの年会費は1万円ですが、docomoで毎月8500円以上の携帯料金であれば、毎月850ポイント×12か月=10200ポイント貯まり、年会費は実質無料になります。

貯めたdポイントは、ドコモの月々の携帯代の支払いとしても使えるので、現金を浮かすことができます。

docomoでスマホを契約すれば、月々それぐらいの携帯料金になりますので、ほとんどの方が年会費実質無料とも言えるでしょう。

年会費実質無料なうえに【ケータイ補償・旅行保険・ラウンジ利用】の特典内容も利用できます。

もちろん、すべての人がdカードGOLDに向いてるわけではありません。

●年会費無料のdカードに向いてる人

  • ドコモ携帯ではない
  • dポイント貯める程度で持っておきたい
  • カード利用でdポイント貯めたい

●年会費1万円のdカードGOLDに向いてる人

  • ドコモ携帯を利用している
  • 携帯代が月々1万円以上
  • 今後ドコモに乗り換えを検討している
  • ドコモ光を利用している

ドコモ携帯ではなく、今後もドコモに乗り換えの予定がない人は、dカードGOLDを持つ意味は無いのでオススメしないです。その場合は年会費無料のdカードから使ってみるのもアリです。

最大9000円分のiD電子マネーもらえる入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

でも逆に、ドコモ携帯を利用してる人、今後ドコモに乗り換えを検討してる方には強くオススメできるカードです。

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

dカードGOLDはメインカードとしてもサブカードとしても使いやすい!

私の場合、dカードGOLDは、

  • dポイントを貯める為
  • 携帯料金の10%還元を受けるため
  • 電子マネーiDを使う為
  • 空港ラウンジ・USJラウンジを使う為
  • 海外旅行保険の為
  • JALマイルを貯める為

という目的で持っています。

なので、基本的には「サブカード」扱いです。dカードGOLDをメインに使いまくることはしていません。

ですが、100円で1ポイント貯まる”還元率の高いカード”なので、メインカードで使っても十分お得感を感じれるカードです。

毎月の支払いにdカードGOLDを使うと、毎月勝手にdポイント貯まり続けていくことに^^

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

結論:dカードGOLDはdocomoユーザーにおすすめできる最強カードだった

この記事を書くために、ソフトバンクからドコモに乗り換えて、dカードGOLDを実際に発行してみましたが、申し込んで本当に良かったと思ってます。

docomoじゃないしなぁ…というアナタも、これを機会にドコモに乗り換えてdカードGOLDを発行するメリットは十分にあります。

dカードGOLDを持つことによって、他のキャリアには無い魅力と特典がたっぷりあります。

年会費のかかるカードの申し込みには思わず躊躇してしまうと思いますが、ショッピング保険、旅行傷害保険の充実した内容に、携帯端末の補償額。それにポイント10%還元で年会費実質無料。

ドコモ携帯の人であれば、年会費以上の価値は十分に感じれる。それがdカードGOLDの特徴でした。私は今後もdカードGOLDを愛用し続けていきます^^

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

 

dカードGOLD申込むなら、VISAとMasterどちらがおすすめ?

正直、国際ブランドの選択はクレカユーザーの永遠の悩みと言っても良いかもしれません。

そこでもっともポピュラーで人気の高いVisaとMasterカードのメリット、デメリットを網羅し、ユーザーごとにどちらがおすすめか最終的な結論をずばっと出します。

ちなみに巷ではdカードを選ぶ際にはVisaでもMasterでもどちらでも良いという記事を見かけますが、皆さんが求めているのは国際ブランドで何が違うのかということだと考えています。

出来るだけ差別化出来るような内容にしていますので、これからdカード作成を検討している方はぜひ最後の一押しとして参考にしてみてください。

iDキャッシュバックとは?14000円分のiDってどう使うの?

電子マネーとして、dカードGOLDをかざすか、ApplePayで使うことができます。

「キャッシュバックキャンペーンでもらえる12000円分のiDってどう使えばいいのか?」

電子マネーiDは、楽天EdyやWAONと違って“後払い方式”なので、チャージしなくても電子マネーを使えます。そして登録してる銀行口座から使った分の合計が引き落とされます。

なので、チャージする手間無しで電子マネーが使えるってワケです。

「どうすれば12000円分のキャッシュバックを使えるのか?」気になっていたのですが、解決しました。

dカードGOLDで電子マネーのiDを使った後、引き落としされる直前に割引されます。入会してすぐもらえるキャッシュバックが2500円分あったので、カード利用した分から割り引かれています。

残りのキャッシュバックは、申し込みから4ヶ月以内に付与されるとのことなので、気長に待ちます。

※電子マネーiDの明細は、クレジットカードの明細と一緒に確認できます。

※電子マネーiD利用以外では割引されませんのでご注意ください。iDで使った分のみキャッシュバック分の割引が適用されます。

iDのキャッシュバックが付与されているかどうかはこちらで確認できます。(dカードGOLD発行後、確認できます)

 

キャッシュバックの電子マネーiDを実際に使ってみて気づいたことについてこちらの記事にまとめております。

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

dカード申し込む前にやるべきことってある?

dアカウントを作っておきましょう。

dカードGOLDを新規発行する場合は、予め「docomo ID(dアカウント)」というドコモ専用のアカウントが必要です。

携帯料金の確認や、ポイントの管理もすべて、dアカウントで一括管理します。誰でも簡単に、スマホから、いつでも無料で、アカウント作成ができますので、今のうちにコチラからアカウント登録を済ませておいてください。

アカウント登録を済ませた後に、当ページに戻ってきて、申し込みページへ移動してください。(このページをお気に入りに保存しておくと便利です)

 

dカードGOLDを申し込んでからいつぐらいにカード発行される?

Web申し込み後、最短5分で審査完了し、最短1週間ほどでカードが到着します。

公式サイトから抜粋した一文ですが、dカードGOLDのweb申し込み完了から最短5分で入会審査完了すると記載があります。

しかし、この条件を満たすためには、午前9時~午後7時50分の間にWebでカード申し込みが完了していることが条件となります。

さらに、Web申し込みの際に、オンライン上で引き落とし口座の設定も完了していることが条件です。

※Web申し込みの時に、既にドコモでスマホを契約している方は、ドコモと同じ引き落とし口座に設定も可能です。それだと手続きがスムーズなのでおススメです。

もし仮に、夜遅くに申し込みをした場合でも、1~2日あれば審査完了します。

オンライン上で引き落とし口座の設定ができなかった場合だと、口座振替用紙が郵送で届きます。必要事項を記入して返信する必要があるため、カード発行まで3~4週間かかる場合があります。

dカードGOLDの審査結果を確認する方法と審査時間についてこちらの記事でまとめております。

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

dカードGOLDの申し込み方法を教えてください

A. WEB申し込み、電話申し込み、郵送の申し込みの3パターンあります。

でも、WEB申し込みがダントツでおすすめです。

電話申し込み

  • 個人情報を電話で口頭で伝えないといけない
  • 通話料がかかる場合がある
  • 電話をかけている時間、縛られる
  • 時間帯によっては電話申し込みできない

郵送の申し込み

  • 時間がかかる
  • 記入ミスで申し込みできない場合がある
  • 間違えたら再度郵送しないといけない

WEB申し込みの場合

  • いつでもどこでもすぐに申し込める
  • 入力ミスを減らせる(自動認識されるから)
  • 最短でカード発行できる

WEB申し込みでdカードGOLDを発行しましょう。

dカードからdカードGOLDにアップグレードできる?

はい。可能です。キャッシュバックも受け取れます。dカードの会員ページにログイン後、手続きをしてください。

dカードからアップグレードした場合でも、dカードGOLDのキャッシュバックキャンペーンも適用されます。

dカードGOLDのカードが手元に届くまで、dカードを使えます。カードが届いたら、dカードを使わずにdカードGOLDを使うようにしましょう。

カード番号は新しいものに変更されますので、支払い方法として設定している場合はカード番号の変更が必要です。ただし、設定している暗証番号や引き落とし口座や、引き落とし日に関してはそのまま引き継がれます。

しかし、dカードのdポイントは、カードが届くまで使えなくなります。dポイントに関してはdカードGOLDのカードが届いてから使えるようになります。(dポイントの番号は変わりませんので、引き継いでポイントを貯めることができます)

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

申し込み時の入力フォームがややこしいので注意!

※申し込む前に確認!

dカードGOLDの申し込み、スムーズにできましたか?私も申し込んでみたのですが、一部ややこしい入力があり、理解するまで時間がかかりました。理解したら全く問題ないのですが、わかりにくくて…。

スムーズに申し込み手続きを進めるため、私がつまづいたところについてこちらで解説しております。申し込む前に一度ご確認ください。

キャッシュバックを確実にGETするための注意点

※確実にキャッシュバックをもらうための注意点

キャッシュバックは、公式サイトのエントリーボタンをクリックしないと受け取りができないため注意が必要です。「カード発行して2万円以上使ってるのにiDが反映されない…」という方は、エントリーできていないかもしれません。

以下の公式サイトから「キャンペーンエントリーはこちら」をクリックしてエントリー完了させてください。

こちらのページでも詳しく情報をまとめているので、あわせてご確認ください。

実際に私もdカードGOLDを愛用しています

もちろん、当サイトを運営している管理人の私も、dカードGOLDを使っています。その証拠がこちら。

限度額が100万円とケタ違いの設定にびっくりしました。なので後日オペレーターに電話して限度額を30万円に下げてもらいました。

私の場合、アメックスゴールドカードをメインに使用しているので、dカードGOLDでこんなに限度額は必要ないんですよね…(ポイント貯める目的で発行したので)

限度額が高すぎると、新たにカード発行する時の審査で悪影響でるかもしれないので、今は限度額を30万円に下げています。

dポイントも順調も貯まっています♪。定期的にポイント使ったりしてるのでポイント数は少ないように見えますが、既に2万ポイント以上は獲得できていると思います。

dデリバリーでピザハットを注文

宅配ピザを食べたくなったので、dデリバリー経由でピザハットを注文しました。

もちろん支払いはdカードで。200円利用で1ポイント貯まり、さらにカード引き落とし時に100円利用で1ポイント貯まるので、ポイント還元率は1.5%に。直接ピザハットで注文するよりポイント貯まるし少しお得に注文できました。

久しぶりのピザ。最高においしかったです^^

dデリバリーの他にも、旅行予約のdトラベル、飲食店予約のdグルメなど、dポイント貯まりやすいサービスがたくさんそろっています。

これから少しずつ、dポイント貯める為に他のサービスも利用していこうと思います^^

今月末まで!最大14000円分のiD電子マネーもらえる期間限定の入会キャンペーン実施中!

※クリックすると公式サイトへ移動します

【このページをシェアする】