クレジットカードの紛失は誰でも焦りますが、大量ポイントがゲットできてお得なdカードの紛失なら、尚の事ですよね。

dカードを紛失したら、ポイントはどうなってしまうのでしょう。

不正利用や盗難補償は大丈夫?

ないと気付いた時から気になる点がたくさんだと思います。

ここでは、dカードの紛失について、今知りたい項目を詳しくまとめて行きたいと思います。

【dカード】

年会費
無料
家族カード
ETCカード
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
ローソンで
最大5%OFF
dポイント
貯まりやすい
JALマイル
還元率0.5%
ドコモ携帯
毎月1%
ポイント貯まる
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

クレナビ管理人が書籍を執筆しました!!

これからポイ活を始めたい方にぜひ!!

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済、そしてポイントサイト。あらゆる方法を駆使してお得にポイントを貯める方法について、約190Pの1冊の本にまとめました!

これからポイ活を始めたい、ポイントをもっと賢くお得に貯めたい、そんなあなたにピッタリの内容になっています。詳しくはAmazonでご確認ください。

dカードを紛失したらすぐに明細書を確認しておこう!不正利用されている可能性があります

あなたはdカードの明細をどのように確認していますか?

一度も確認した事がなく、方法が分からないという人はご注意を。

dカードを紛失したら、まずWeb明細を確認をしてみて下さい。

もしかしたら、あなたのdカードを拾った第三者に不正利用されてしまっている可能性もあります。

明細は、dカードを発行する時に自動的にネットで確認するWeb明細が選択されています。

その為、お持ちのdアカウントを使って、パソコンやスマホから明細確認ができます。

その他、毎月50円の手数料を支払って、紙媒体での明細書を郵送してもらっている人もいると思いますが、明細が送られてくるのは月末なので、すぐに確認したい場合はWeb明細がおすすめです。

ただし、Web明細でも、不正利用された店舗やサービスによって、明細に反映される時期が変わってきます。

翌日~数か月と、反映される時期によっては、明細を確認するだけでは不正利用に気付けない可能性もあるので、そんな時は、次の章でご案内する連絡先への問い合わせが必須です。

dカードを紛失した時のカード会社の連絡先について

dカードを紛失したら、必ず行うべきなのが、カード会社への連絡です。

電話で手続きをすると、紛失したdカードの利用停止手配を行ってもらえます。

カードが利用できないようにしないと、第三者に拾われて悪用されてしまうかもしれません。

dカードセンター紛失盗難デスク

電話番号:0120-159-360

営業時間:年中無休(24時間対応)

上記の専用ダイヤルもしくは、dカードセンターへの問い合わせでも対応してもらえます。

dカードセンター

電話番号:0120-300-360

営業時間:10:00~20:00

カード会社以外にも、警察に連絡しておいた方がいい?

dカードセンターへの連絡の他に、警察でも手続きをしておきましょう。

クレジットカードの紛失によって、放っておけば高額な不正利用の被害に遭うだけでなく、登録された個人情報を盗まれる等の被害にも遭うかもしれません。

万が一、dカードが見つかった時に連絡をもらえるようにする為にも、最寄りの交番か、管轄地域の警察署で紛失届を提出しましょう。

紛失届は、ネットで提出手続きできる地域もありますし、直接窓口で訪ねながら提出する事もできます。

海外で紛失した場合はどうすればいい?

海外旅行でも、お買い物のメインクレジットカードとしてdカードを利用する人は多いでしょう。

しかしそんな勝手の違う海外で、dカードを紛失したら、日本国内よりもパニックになってしまいますよね。

でも大丈夫です。

dカードには海外からも電話で紛失の手続きをする事ができます。

【海外】dカードセンター紛失盗難デスク

電話番号:(国際電話識別番号)-800-00300-360

または、

(国際電話アクセス番号)-81-3-5510-2360

滞在国の通話料や、国際通話料がかかりますが、dカードの不正利用で高額被害に遭うよりは良いですよね。

また、カード会社への連絡に次いで、滞在国の警察署にも行きましょう。

日本と同じように、紛失届を提出し、紛失証明書をもらって下さい。

手数料や発行に時間がかかる事もありますが、紛失証明書があると、帰国した際に旅行保険の補償が使える可能性もあります。

補償内容にもよるので、適用されない場合もありますが念の為に警察署へは行っておいた方が良いです。

dカードを紛失したら再発行したほうがいい?再発行するときの注意点

紛失したdカードの利用停止手続きの際に、新しいカードの再発行も同時に申し込めます。

再発行と言っても、カード番号は異なるので、新規発行と同じ扱いです。

そうなると、ポイントや今までのdカード引き落としはどうなるのでしょうか。

再発行手続きは必ずやった方が良いとは思いますが、その際に注意したい点、気になる点をまとめてみます。

貯めていたdポイントはどうなってしまうの?

dカードユーザーにとって、ドコモケータイ&スマホの利用でも街やネットでのショッピングでも貯まるdポイントは、大量にゲットしやすく、日常的なポイントとして流通しています。

dカードを紛失してしまうと、頑張って貯めたdポイントもまたゼロからになってしまうのでしょうか。

ご安心ください。

dカードを紛失しても、dポイントが失効してしまうわけではありません。

dポイントは、dカードを作成する時やドコモと契約する際に作成したdアカウントに貯まっていきます。

dアカウントはネット上のシステムなので、dカード本体がなくなっても、ネット上に貯まっている為、カードを再発行した時に、引き続き利用する事ができます。

ただし、dカードに貯めていたdポイントを、第三者に利用されてしまってはどうしようもありません。

dカードを紛失したら、dアカウントでログインしてポイントの状況を確かめたり、dポイントカスタマーセンターへの連絡でdポイント機能を停止してもらう事もできます。

dポイントカスタマーセンター

電話番号:0120-208-360

営業時間:年中無休(24時間対応)

カード番号は変わる?月々の支払いはどうなるの?

紛失手続きによるdカードの再発行をすると、紛失したdカードのカード番号はそれ以降、無効になります。

紛失したdカードはそのまま使えなくなり、以後は新しいカード番号に切り替わるのです。

お買い物の都度、レジで提示するスタイルでの支払いでは問題ありませんが、今までdカードで毎月自動引き落としを設定していた人は、一手間かかります。

まず、スマホ代や光熱費、保険料など、dカード引き落としにしていた支払いに対して全て、引き落としクレジットカード変更手続きが必要です。

例えば、電気代をdカードで引き落としていて、そのカードを紛失して新しいクレジットカード番号に切り替わっても、電力会社はその事を知りません。

ある月から突然引き落とせなくなるので、電話や郵便で契約者に引き落とし不可の通知が届きます。

引き落とせなくなってしまった電力会社に向けて、「これからはこのクレジットカード番号で引き落としします」と変更する手続きが必要という事です。

再発行には手数料がかかる?

dカードの再発行は、無料で手続きできます。

電話をしたり、dアカウントにログインしたり、再発行カードの到着を待ったりと、時間と手間はかかりますが、お金がかからないのはありがたいですね。

dカードは不正利用されても補償制度は付帯されているのか?

dカードには、不正利用されてしまった時の為に、会員補償制度があります。

第三者にdカードのクレジットカード番号がバレてしまい、そのまま不正利用された場合でも適用されます。

この補償制度は、紛失した事を届け出た日から、さかのぼって90日前までの分が補償されるので、不正利用に気付いてから紛失手続きをしても間に合う可能性が充分あります。

この補償制度を利用する為には、警察への届け出もマストなので、忘れないようにしましょう。

手続きには時間がかかる事もあるので、見覚えのない請求に気付いた時点で、出来る限り早くdカードセンターに連絡して下さい。

最後に

  • dカードを紛失したら、dカードセンターと警察で紛失手続き
  • 不正利用されても、手続きから90日遡って補償に対応してもらえる
  • dカード本体がなくても、dポイントはアカウントに保管されている

dカードを紛失しても、さすが大手キャリアのdocomoが発行しているクレジットカードだけあって、あまり心配する事はありません。

補償があったり、ポイントの管理もネット上でされているので、カードの紛失=現金やポイントも紛失、と考えなくてよさそうです。

ただしこれは、紛失後にしっかり手続きを行っていればこその話。

カードセンターへの連絡や警察への紛失届を怠ったりすれば、思い通りの補償が受けられない可能性もあります。

dカードの管理をしっかりする事ももちろん大切ですが、もし紛失・盗難されてしまったら、dカードのメリットを最大限に利用して、再発行して新しいdカードを使える手順を心得ておきましょう。