コンビニのローソンで使うことができるポイントカードのPontaカード、もう使ってますか?

Pontaカードはそのポイントサービスが始まってからすでに10年弱の歴史を持っていて、ローソン愛用者はお財布に常備している基本の一枚です。

そしてもう一枚、dカードというものもあります。

こちらは2015年に開始された共通ポイントサービスで、ローソンを始めいろいろなお店やサービスでも利用できることから、人気を集めています。

実はあまり知られていないことですが、このdカードとPontaカードは、ただのポイントカードに留まりません!

両者ともにクレジットカードとしての側面も持っていて、使うほどお得な特典も満載なのです。

この記事ではdカードと、Pontaカードのうち代表的なPonta premium Plusカードについて、「ローソンで使うのによりお得なのはどちらなのか!?」を調査します!

【dカード】

年会費
無料
家族カード
ETCカード
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
ローソンで
最大5%OFF
dポイント
貯まりやすい
JALマイル
還元率0.5%
ドコモ携帯
毎月1%
ポイント貯まる
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /

dカードとPontaカードの使い方の違いって何?

dカードとPontaカードはポイントを貯めたり使ったりできる提携店舗に違いはありますが、ローソンで利用することに限って言えば、dカードもPontaカードも大きな違いはありません。

ポイントは100円につき1ポイント貯められるし、1ポイントは1円としてお買い物に利用することが可能。

ローソンならではの「お試し引換券」(飲み物や食べ物、お菓子などがかなりお得にお買い物できるという引換券)をもらえるというのも変わりません。

ひとつ大きな違いとして、ポイントの有効期限がdカードは4年間であるのに対し、Pontaカードは1年間となっています。

ただしこれは”最終利用日から”換算しての有効期限であるため、「1年間まったく利用しない」という人でない限りは、あまり問題にはならないですよね。

「お財布に常備するならかわいい方がいい!」という女子もいます。デザインは重要な要素です。

dカードは二羽のインコ「ポインコ」兄弟、Pontaカードはタヌキの「Ponta」くん。

この点でも甲乙つけがたい2つのカードですが、ポイントだけでなくクレジットカードとして考えるとそのほかの違いも出てきます。

dカードの特徴<一般カードとゴールドカード>

カードブランドはVISAとMasterCardから選択可能で、電子マネーのiDも搭載されています。

iD対応の店舗であれば、ApplePayも利用可能!

それでは年会費や入会条件、特典などを比較してみましょう。

一般カード ゴールドカード
年会費 初年度無料

(翌年度から1,250円。ショッピング利用があれば翌年度も無料)

10,000円
家族カード あり

(年会費400円)

あり

(年会費二枚目以降1,000円)

入会条件 個人・満18歳以上

(高校生不可)

個人・満20歳以上

(学生不可)

ETCカード あり
カードブランド VISA / MasterCard
電子マネー iD
保険

お買い物あんしん保険

(年間100万円まで)

・海外旅行保険(最大1億円)

・国内旅行保険(最大5,000万円)

・お買い物あんしん保険

(年間300万円まで)

トラベル 旅のサポート

海外レンタカー

海外緊急サービス

国内空港ラウンジ利用

旅のサポート

海外レンタカー

海外緊急サービス

ショッピングポイント 1ポイント/100円
ドコモケータイ・ドコモ光の利用によって… 10ポイント/100円 100ポイント/100円
ケータイ補償

最大1万円

(購入後1年間)

最大10万円

(購入後3年間)

 

ゴールドカードの年会費1万円が無料になる条件がないというところがなんとも硬派ですが、その分海外旅行保険(1億円!)や携帯電話端末の補償がついてくるという手厚さには納得の一言!

海外旅行が趣味の私にとっては、ゴールドカードもアリかなぁと心が揺らいでいます。

だって、年間1万円の出費で最大1億円の海外旅行保険が付いてくるのですから!

そして”毎月の携帯電話の利用がポイントになる”というのも嬉しいところ。

月々の携帯電話料金がストレスになっていたりしませんか?(私はしています。)

でもそれがポイントになって返ってくるのなら、ストレスをローソンのリッチな”ご褒美スイーツ”に変身させることもできますね。

利用の仕方によってどちらが適しているのかが違いますが、少なくともドコモのユーザーであるならば、dカードを持たない理由が見つけられませんね!?

Pontaクレジットカードの特徴<おすすめはPonta premium Plusカード!>

愛嬌のあるかわいいPontaくんが印象的なPontaカード、手堅くクレジット機能をつけてもPontaくんはちゃんとついてきます。

Pontaクレジットカードには全10種もの種類がありますが、私がおすすめするのは「Ponta premium Plusカード」です!

おすすめする理由は、このようなところにあります。

  • Pontaポイント二重取り
  • 「ポイント優遇月」には最高2〜3%の高還元率
  • Suicaチャージでもポイント貯まる
  • マイルも貯められる
  • リボ専用コースならポイント率2倍

まず最初に気になるのが「Pontaポイント二重取り」ですね!

これは”クレジットカードの利用分”としてのポイントと、”提携店舗での利用分”としてのポイントがもらえるということを意味しています。

つまりいつものお買い物でPontaポイントを貯めている人は、それをPonta premium Plusカードでクレジット払いにするだけで、2倍のポイントを獲得できることになります!

さらには、Pontaポイント提携店舗以外でのお買い物も、クレジット(ジャックスカード・JCB)の加盟店であればPontaポイントとして加算されるのです。

とっても至れり尽くせりではないですか?

そのほか、他のクレジットカードと同様にマイルを貯めたり、リボ利用によるお得な特典も用意されているので、日々のポイント生活をPontaカード一本に絞ることだって可能です。

そして最後に注目したいのが「ポイント優遇月」。


毎年7月と12月はポイント優遇月といって、通常の還元率1.0%にプラス0.5%が上乗せされます!

(月間利用10万円以上の場合。20万円以上利用の場合はプラス1.0%上乗せで合計2.0%にも…)

ポイント優遇月に提携店舗で20万円以上の利用をすると還元率2.0%、そのほかに提携店舗利用による1.0%のポイント還元を合わせると、合計3.0%のPontaポイントとなるのです!

これまで私は数あるクレジットカードについて調査してきましたが、この高還元率はなかなか類を見ません…。

ローソンで使うならdカードとPonta premium Plusカード、どちらのカードがお得?

繰り返しになりますが、ローソンで使うことに限って言うと、両者はたくさんの共通点を持っています。では一体、どちらを選べば良いのでしょうか。

dカードの一般カードとPonta premium Plusカードを比較してみました。

dカード Ponta premium Plusカード
年会費 初年度無料

(翌年度から1,250円。ショッピング利用があれば翌年度も無料)

初年度無料

(翌年度から2,000円。ショッピング5万円以上翌年度も無料)

家族カード あり

(年会費400円)

あり

(年会費400円)

入会条件 個人・満18歳以上

(高校生不可)

個人・満18歳以上

(高校生不可)

ETCカード あり
カードブランド VISA / MasterCard  JCB
電子マネー iD  Edy/Suica/ICOCA/PASMO/nanaco/WAON

(※ポイント対象外もあり)

保険 お買い物あんしん保険

(年間100万円まで)

・海外旅行傷害保険(最大2,000万円)

・国内旅行保険(最大1,000万円)

ショッピングポイント 1ポイント/100円 1ポイント/100円

(リボ専用コースは2ポイント/100円)

まとめると、

  • dカードは年会費の面でかなりお得。初年度無料、年間一度でもショッピングすれば次年度も無料!
  • dカードはローソンの利用でお買い物金額が3%オフ!
  • Ponta premium Plusカードは優待月にたくさん利用すべし!
  • 海外旅行保険ではPonta premium Plusカードに分があり

リボを多用する人であれば、驚異の還元率最高3.0%を活かせるPonta premium Plusカードがお得でしょう。

しかし年会費無料やポイント高還元率を実現するには、ある程度のクレジット利用が必要です。

「年間5万円以上の利用がある」、「優待月には10万円とか20万円のお買い物をしたいかも!」という人はPonta premium Plusカードですね!

一方で「クレジット払いはほとんどしない」という人には少量利用でもお得に使えるdカードがおすすめです。

そして言うまでもなくドコモユーザーの人は、迷わずdカードの手続きに進んでください!

まとめ

なかなか甲乙つけがたいdカードとPonta premium Plusカード。

選択の分かれ道は、ドコモユーザーであるかどうか、そしてクレジットカード支払いを5万円以上するかどうか、でしたね。

その選択ができればあとはポイントを貯めたり使ったりするだけ。

ローソンならではのポイント特典を大いに活用してください。

dカードはローソンやドコモをはじめとする提携店舗にて無料配布をしています。

dアカウントを作成すれば、アプリでポイント確認やポイント利用も楽々行えます。(公式サイトはこちら

Ponta premium Plusカードは新規入会キャンペーンもしていて、カード発行後2ヶ月以内に10万円の利用でもれなく6,000ポイントをもらうこともできます。

そのほか、PontaウェブサービスやJACCSのウェブサービスに登録することでそれぞれ250ポイントも獲得可能。

【dカード】

年会費
無料
家族カード
ETCカード
還元率1%
100円=1P
VISA
Master
ローソンで
最大5%OFF
dポイント
貯まりやすい
JALマイル
還元率0.5%
ドコモ携帯
毎月1%
ポイント貯まる
電子マネーiD
ApplePay
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

電子マネーiDがキャッシュバックもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むとお得!! /