ドコモユーザーにとっても非ドコモユーザーにとっても「持っているとお得」なdカードとdカードGOLD。

ローソン、マクドナルド、スーパーマーケットのライフ、東急ハンズ、タワーレコード…ここで挙げるにはキリがないほど、あらゆるジャンルのお店でポイントを貯めたり使ったりすることができます。

そんなdカード、「ある時突然使えなくなった!」ということはありませんか?

もしかするとそれは、dカードの利用限度額が関係しているのかもしれません。

あなたは自分のdカードの利用限度額を知っているでしょうか?

自分に最適な利用限度額を設定することで、「今月使いすぎて限度額オーバー、本当に使いたいところで使えなかった…」というようなことも避けることができます。

また例えば利用限度額を引き上げることでdカードをより多くの支払いに使うことができ、今よりもっとポイントを貯めることもできるのです。

この記事ではまず自分のdカードの利用限度額を確認し、必要に応じて限度額の引き上げや変更をする際の方法をまとめてみました。

クレナビ管理人が書籍を執筆しました!!

これからポイ活を始めたい方にぜひ!!

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済、そしてポイントサイト。あらゆる方法を駆使してお得にポイントを貯める方法について、約190Pの1冊の本にまとめました!

これからポイ活を始めたい、ポイントをもっと賢くお得に貯めたい、そんなあなたにピッタリの内容になっています。詳しくはAmazon or 楽天ブックスでご確認ください。

 

dカード/dカードGOLDの利用限度額を確認する方法

通常版の「dカード」の利用限度額は、「10万円以上100万円まで」となっています。

利用限度額はその人の収入やクレヒスをはじめとする社会的信用度によって決められます。

ちなみに10万円から100万円の範囲で、どのような人がどのくらいの利用限度額になるのか、目安をまとめてみました。

  • 学生・専業主婦・年金生活者など低収入の人:10〜20万円程度
  • 中程度の収入かつクレヒスに問題がない人:20〜30万円以上
  • 社会的信用度も高く、高収入で、クレヒスに問題がない人:100万円

※クレヒスというのは、dカードだけでなくクレジットカードやローンなど全体の利用履歴です。延滞や金融事故などの履歴がある場合、入会審査や利用限度額に影響が出ます。

一方、「dカードGOLD」の利用限度額は「最大300万円まで可能」となっていますが、だいたい「50〜200万円」が相場のようです。

そもそもdカードGOLDの場合は「年収300万円」くらいが入会審査に通る目安となっているため、dカードよりも利用限度額は高くなっていますね。

しかし通常タイプのdカードでも年収が高かったり利用状況に問題がない場合は、100万円の利用限度額が最初から設定されていることもあります。(交渉次第ではそれ以上に引き上げられた事例もあります。)

もしかすると「1ヶ月に100万円は利用する」という人はdカードGOLDにして、様々な特典やポイントキャッシュバックを利用した方がお得かもしれません。

その反対に、dカードGOLDに入会したとしても「利用限度額が10万円しかもらえなかった…」ということだってありえます。

dカード/dカードGOLD利用限度額を確認するには

利用限度額を確認するには、dカードの会員サイトが便利です!

dカードオンラインサービスで確認する場合

 

  1. dカードオンラインサービスの右上にある「ログイン」からログイン
  2. その下にある「設定・よくある質問」を選択
  3. 「ご利用状況確認」の中から「ご利用可能額照会」を選択
  4. 現在の利用枠が表示されます。

会員デスクへ電話して確認することもできます。

dカード会員デスクで確認する場合

dカード/dカードGOLDの限度額は1ヶ月間ごとじゃないの?ギリギリの状態だけどいつになったら使えるようになる?

ここでちょっと確認しておきましょう。

たとえば利用限度額が30万円の場合、これは「いつからいつまで」の利用限度額になるのでしょうか。

この利用限度額を「1ヶ月間ごと」のものだと思っている人が少なくありませんが、これは大きな間違いです。

1ヶ月ごとに利用限度額がリセットされて翌月にはまた30万円まで使えるわけではないのです。

限度額30万円のうち25万円を利用していたら、その25万円の引き落としが完了しないかぎりは「残り5万円」しか利用できない状態が続きます。

分割払いやリボ払いを利用していて、たとえば「毎月5万円ずつ引き落とし」という形をとっているのであれば、月々5万円の引き落としをしていくごとに、利用可能額が5万円分増える、利用限度額に5万円分の余裕ができる、という仕組みになります。

もしくは指定の引き落とし日より前に「繰り上げ返済」という形で支払いを済ませてしまえば、その情報が反映され次第、利用限度額はリセットされます。

例えば、限度額30万円の場合…

dカード/dカードGOLDの「締め日」は毎月15日なので、2018年10月16〜11月15日の間に総額25万円分の買い物をしたら、11月15日に引き落とし金額が確定し(リボ払いなどへの変更期間あり)、翌月の12月10日に銀行口座から引き落としとなります。

引き落としされるまでは残り5万円分しかカード決済できない状態になり、12月10日の引き落としが問題なくできたことが確認され次第、限度額30万円まで使えるようになります。

※引き落とし金額が確定する日、引き落とし日は、カード会社によって異なります。

ちょっとややこしいでしょうか?

前項でご紹介した方法で「利用限度額」を毎月確認してみると、返済に応じて限度額の金額が変わってくるのがわかります。

毎月チェックしておけばよりイメージをつかみやすくなりますよ!

引き落としされてもdカード/dカードGOLDの限度額ギリギリなのはリボ払いが原因!

「引き落としが終わった!これでまた限度額まで使える!」と思ったのに、実際はまだ利用できない状態が続いている…という経験はありますか?

リボ払いや分割払いの「未払い分」が残っている場合、このようなことが起こってしまいます。

そんな時には会員サイトで利用限度額や利用残高について調べましょう。

リボ払いや分割払いの利用残高があとどのくらい残っているのかや、全体の利用限度額から利用残高を差し引いた「今利用出来る限度額(利用可能額)」が確認できると思います。

利用残高をすぐにでも支払える余裕がある人は、毎月決められた引き落とし日を待たずとも、「繰り上げ返済(一括返済)」をすることができます。

こうすることによって利用残高が0円となり、また利用可能枠いっぱいまで利用できることとなります。

dカード/dカードGOLDは限度額を超えても少しならカード利用できる?

利用限度額はその名の通り「○○円まで使えますよ」という上限です。

たとえば利用限度額が50万円だったとして、40万円利用している状態だと残り利用できる「利用可能額」は10万円となります。

利用した分の40万円の引き落としが終わった時点で、利用可能額は「また50万円に戻る」という仕組みです。

dカードとdカードGOLDは、利用限度額に達した時点ですぐに「利用停止」つまりカードが使えない状態となってしまいます。

「必要な時に利用できなくなっていた」ということにならないよう、利用限度額に対して自分の利用分を把握しておくことはとても重要です!

限度額ギリギリまで使いがち…限度額の引き上げを検討してみよう!限度額引き上げのメリット

利用停止になるのを避けられる

前述したように、利用限度額を超えた時点でdカードの利用がストップされてしまいます。

もしも限度額オーバーによって、「どうしても必要な買い物ができなくなってしまった…」と思うとゾッとしませんか?

たとえば残りの利用可能額が2万円の場合、3万円のお買い物は原則としてできません。

たまに利用可能額の確認をしないで決済ができる店舗があり、そこでは限度額オーバーしていても利用できてしまったりしますが、あくまでも稀なケースです。

また、公共料金や携帯電話など月々自動的にdカードに請求が来る場合は、そのことも予算に入れておかなければなりません。

毎月利用限度額ギリギリまで利用している場合「いつもよりちょっと多めに携帯電話を使った」月があれば、それだけで「利用限度額オーバー!利用停止になっていた…」ということも有り得ます。

毎月の利用が限度額ギリギリなのであれば、限度額の引き上げも検討してみましょう。

利用限度額の引き上げをすることで気兼ねなくdカードの利用をすることができるようになります。

メインのクレジットカードとして利用を集約できる

もしもdカード以外のクレジットカードも持っていて、利用が分散しているようであれば、dカードもしくはdカードGOLDに利用を集約してみてはいかがでしょうか?

ポイント目的でクレジットカードを発行したとしても、「思ったより使わない」「ポイントが全然たまらない」というのはよくあることです。

せっかく利用によってポイントが貯められるのであれば、複数のカードで中途半端に貯めるよりも一枚のクレジットカードにまとめてしまう方が断然「貯まり度」が違います。

利用限度額を引き上げておくことで、これまではdカードだけでまかなえなかった支払いも一緒にすることができます。

一時的に限度額を引き上げることもできる

利用限度額の引き上げには「審査」が必要になります。

それが面倒だという人や、「一時的に多く使いたいだけ」という人には、利用限度額の「一時引き上げ」というものがあります!

たとえば海外旅行へ行く予定があるとか、引っ越しでまとまったお金が必要などといった場合にも、dカードをいつものように利用することができるのです。

大きな金額の利用でポイントもたまって、まさに一石二鳥ですね。

「一時引き上げ」の申し込みはこちらの手順でできます。

  1. dカード会員サイト「カード利用枠の一時引き上げお申込み」ページへアクセス、ログイン
  2. カードの「有効期限」と「セキュリティコード」を入力
  3. 引き上げ後の「ショッピングご利用希望枠」で希望する金額を選択
  4. 年収や住居形態、個人情報などの入力をする

利用の2日前までに申し込みをすれば良いということになっていますが、次のような人は会員サイトでの申し込みができません。

  • 現在一時引き上げ中の金額・期間の変更をご希望の方
  • 前回引き上げ終了後間もない方
  • 学生・未成年の方

上記に当てはまる人は、電話で相談しましょう。

限度額を引き上げるデメリット

限度額の引き上げに審査が必要

利用限度額の引き上げには「審査」があるということをご紹介しました。

この審査には、1週間から2週間ほどかかるようです。

利用限度額は「確実に支払える」という金額で設定されるものなので、新規発行の際の審査と同様、利用限度額の金額に無理がないかどうか、慎重に審査が行われるのです。

この過程がちょっと面倒だと感じる人もいるかもしれませんね。

使いすぎにならないように注意

利用限度額を引き上げることで、「使いすぎ」てしまう可能性はありませんか?

使える金額が大きくなると、ついついあれもこれもと買ってしまったりします。

ひとつひとつは大した金額ではないとしても、使い続けるとあっという間に大きな金額になっているのがクレジットカードの怖いところです。

特に利用限度額を引き上げた直後は、新しい支払いペースに振り回されてしまうかもしれません。

くれぐれも用心しましょう。

ちなみに利用限度額の引き上げをすると同時に、家族カードの限度額も引き上げとなります。

自分自身はもちろん、ご家族にも「使いすぎに注意!」と伝えておきましょう。

dカード/dカードGOLDの利用限度額を変更する方法

利用限度額を変更するには

dカード/dカードGOLDの利用限度額を引き上げてもらうには、会員サイトからの申し込みが必要になります。

手順はこちらを参考にしてください。

  1. dカード会員サイト「ご利用枠の引き上げ」ページへアクセス、ログイン
  2. カードの「有効期限」と「セキュリティコード」を入力
  3. 引き上げ後の「ショッピングご利用希望枠」で希望する金額を選択
  4. 年収や住居形態、個人情報などの入力をする

限度額引き上げが可能かどうかの結果については、1〜2週間後に書面で通知されます。

利用限度額は10万円単位で設定できます。

なお、「引き上げ」ではなく「引き下げ」の場合にも同様の手順となります。

利用限度額の引き上げができない人もいる

dカードの公式サイトによると、利用限度額の引き上げができない人もいます。

それは以下のような人たちです。

  • ご入会半年未満の方
  • 学生・未成年の方
  • 家族会員の方

入会してから半年未満の人はdカードを半年利用してから、家族会員の人は本会員に利用限度額の引き上げを相談してみましょう。

学生や未成年の場合は、引き上げができる年齢や身分になるまでただじっと我慢ですね!

最後に

dカード/dカードGOLDの利用限度額の確認方法や、利用限度額の引き上げ・変更方法についてご紹介しました。

利用限度額は会員サイトもしくは電話にて確認することができます。

利用限度額が50万円だとしても、たとえば40万円分の利用がある場合、その引き落としが終わるまでは残りの10万円しか利用できない状態となります。

「限度額ギリギリまで利用することが多い」という人は、限度額の引き上げを検討してみましょう。

利用限度額の引き上げは会員サイトから簡単に申請できますが、審査結果が出るまでに1〜2週間かかります。

審査結果は書面にて通知されますので、郵便物を見逃さないようにしましょう!

晴れて利用限度額の引き上げに成功したとしても、使いすぎにはくれぐれも要注意です。

計画的な利用でお得にdカードを活用しましょう。