1. あなたの悩みを解決し、迷いを振り払います。
  2. あなたの情報を得るコストはゼロ。情報料はすべて無料です。
  3. あなたの人生をワンランク上へ引き上げます。
  4. 管理人の実体験をベースに情報を発信します。
  5. Webライターの教育を徹底しております。
  6. クレナビ利用者数月間100万人突破を目標としています。
  7. キャッシュレス推進活動に貢献します。

 

あなたの悩みを解決し、迷いを振り払います。

わからないこと、気になること、悩んでること、知りたいことなど、クレジットカードに関する悩みや迷いがあればすべてクレナビにお任せください。あなたの胸にかかっているもやもやの霧をすべて振り払います。

当サイトは現在600ページ以上公開しており、1ページにつき一つの悩みを解決できるよう心がけて情報を発信しております。つまり、既に600以上の悩みを解決する為の情報をお届けしております。

現時点で3000以上の悩みを把握しておりますので、その悩みをひとつひとつ1ページ1ページで丁寧に解決していくため、順次ページを作成しております。

クレジットカードに関するお悩みを直接受け付けておりますので、気になることがあればクレナビ管理人の私に直接ご連絡下さい。24時間以内に返信させて頂きます。

あなたの情報を得るコストはゼロ。情報料はすべて無料です。

雑誌や書籍でもクレジットカードの知識を学ぶことはできますが、数百円~数千円のコストが必要となります。

高いお金ではありませんが、より多くの方にクレジットカードの情報をお届けしていきたいので、できるだけ完全無料でクレジットカードに関する情報をお届けしたいと考えております。

そこで、当サイトの運営維持のため一部広告を掲載させて頂くことで、クレジットカードに関する情報を完全無料で配信することができました。当サイトで取り扱う情報はすべて無料で閲覧することができますのでご安心ください。(当サイト以外の外部サイトに関しては範囲外となります)

あなたの人生をワンランク上へ引き上げます。

クレジットカードを正しく使うことで、あなたの人生をより豊かにすることができます。ワンランク上へ引き上げることが可能です。

まだあなたはクレジットカードの潜在能力を知らないだけ。ただ支払いを後回しにできる便利なカードだけではありませんよ。

実際に管理人の私も、クレジットカードをこのように活用できています。

  1. コンビニやスーパーの買い物を無料にする
  2. 飛行機代や宿泊代を無料にする
  3. 外食利用をほぼ毎回割引できる
  4. 高級食材や料理も無料で手に入れることができる
  5. 海外でケガや病気をしても保険が適用される
  6. 空港のラウンジを無料で利用できる
  7. 家計簿をすべて自動管理できる
  8. スタバも実質無料で利用できる
  9. ホテルの部屋を無料でアップグレードしてもらえる
  10. 1人1万円以上する高級レストランのディナーが最大半額になる

まだまだここには書ききれないほどの特典が、クレジットカードにはあります。

クレジットカードの種類によって得られる特典の種類は異なりますが、私は15種類以上保有しているので、ほとんどの特典を受け取ることができています。

あなたもクレジットカードの魅力を知って、ワンランク上の生活を過ごしてみませんか?当サイトですべてをお伝えいたします。

管理人の実体験をベースに情報を発信します。

クレナビ管理人はクレジットカード大好き人間です。(笑)2018年5月現在で15枚のクレジットカードを保有しております。

ほとんど現金を利用することはなく、できる限りすべてカード払いでここ数年過ごしております。

年会費無料の楽天カードやファミマカードから、ハイステータスカードのアメックスプラチナやJALプラチナなど、カードの種類も幅広く保有しております。

実際にカードを使って気づいたことや疑問に感じたことも、記事にして情報をお届けしております。

実際にカード利用者と同じ目線に立って情報を発信することで、あなたの悩みを狙い撃ちして確実に解決へと導きます。経験してるからこそ発信できることもありますからね。

当サイトで取り扱う情報の鮮度も重要視しておりますので、安心してクレナビをご利用頂けます。

Webライターの教育を徹底しております。

クレナビは管理人の私だけでなく、数名の専属ライター様にもお手伝いを頂いております。

ライター様も実際にクレジットカード利用者であり、あなたと同じ目線に立って情報を発信して頂いております。

実際に当サイトの専属ライター様には、このようにお伝えをしております。

■あなたの仕事は「文章を書くこと」では無い

​ライターとかライティング業務って何をすればいいのか?ただ文章を書けばそれでいいのか?

弊社のライティング業務は文章を書くことが仕事ではありません。そこだけは勘違いをして欲しくないです。

間違ったまま理解を深めてしまうと取り返しのつかないことになります。最初から正しくライティング業務を理解して頂くことで、ライティングスキルは飛躍的に向上します。

では、”何のために”文章を書く必要があるのでしょうか?あなたはどのように考えておりますか?

弊社では、ライティング業務の定義をこのように考えております。

  • ユーザーが求めている必要な情報が何かを把握し、調査をすること。
  • 調べた情報を、誤解を招くことなくわかりやすく文章化し、読者に情報を確実に伝えて、悩み解決のサポートをすること。

つまり、読者の悩み解決をサポートすることがあなたの仕事です。ただ適当にネット上にある情報を広く浅く拾い集めてまとめた文章を書くことがあなたの仕事ではありません。

  • 専門用語を連発している文章
  • 辞書みたいな文章
  • 古文、漢文
  • 大学のレポートや教科書、参考書

こういった文章って本当に読みにくいですよね…書かれている情報は、読み手の人にとって必要な情報がたくさん書かれていますが、読み手にちゃんと伝わっていなければ意味がありません。読まれていないということは、存在していないのと同じです。読まれない記事を書くライターに価値はありません。

出版社や作家さんは、本を作ることが仕事ではありません。読む人に文章を伝え、感情を動かし感動を与えることが仕事です。

それと同じように、ライターは記事を書くことや文章を書くことが仕事ではありません。

記事を読む人に文章を伝え、悩み解決をサポートするために必要な情報を読者の代わりに調べ、わかりやすく伝えることがライターの仕事です。弊社ではそのように定義しています。

そして、あなたが作った記事は、全国の何千何万人の人たちに読まれることになります。検索結果のページの中に、あなたが作成した記事が表示されます。その記事を全国のネット検索をしてきた人たちが読むことになります。

その人たちをガッカリさせない為に、「お!この記事すごく参考になる!」と思ってもらう為に、読む人の気持ちを考えて文章を作って頂きたいです。

悩みを抱えてネット検索をしてくる人たちの役に立つ記事を書けるように精進してください。

WEBサイトが急増するなか、ネット上の情報を書き直しただけの上っ面な情報が蔓延しております。悩みを解決する為にネット検索しているのに、なんかありきたりな情報ばかりで参考にならない。あなたもそう思ったことはありませんか?

読む人の気持ちを理解せず、読む人の立場に立っている人はものすごく少ないです。独りよがりの自分勝手な記事を読んでも参考になることは無いでしょう。そもそもそんな記事を読みたいとも思わないはず。

私たちは、常に読む人のことを最優先に考え、あなたの悩みを解決し迷いを振り払うことに全力で向き合って情報を発信しております。そういった心構えを持ってWEBサイトを運営していく人が一人でも多く増えることで、このネット社会はより豊かなものになると確信しております。

当サイトで発信している情報はあなたの悩みを解決できるものだと自負しております。そうして私たちは常にプロ意識を持って当サイトを運営しております。

クレナビ利用者数月間100万人突破を目標としています。

目標を持つことで日々の行動の質は高くなります。だから私たちは当サイトを運営していくにあたり、目標を設定しております。

2016年6月にクレナビを立ち上げた当初の目標は月間利用者数10万人でした。それも翌年の2017年7月に達成しました。

次の目標である月間利用者数30万人越えも、2018年3月に達成できました。次は月間利用者数50万人を目標に設定し、日々の業務に勤しんでおります。

WEBサイト運営者としては、やはりひとつの大台ともいえる、月間利用者数100万人を突破したい気持ちが強いです。まずはその目標を通過できるように、目の前の行動に集中して進めていきます。

キャッシュレス推進活動に貢献します。

2018年4月に経済産業省が発表した「キャッシュレス・ビジョン」。

キャッシュレス社会実現のため、加盟店側・消費者側双方の課題解消に資する取組の方向性及び方策を提言。

  1. キャッシュレス決済の定義等
  2. 世界のキャッシュレス動向
  3. 日本のキャッシュレスの現状
  4. 日本の現状を踏まえた対応の方向性及び具体的な方策(案)
  5. 今後の取組み
  • 検討会は、大阪・関西万博(2025年)に向けて、「支払い方改革宣言」として「未来投資戦略2017」で設定したキャッシュレス決済比率40%の目標を前倒しし、より高い決済比率の実現を宣言する。さらに将来的には、世界最高水準の80%を目指していく
  • 「キャッシュレス推進協議会(仮称)」において、オールジャパンの取組として産官学が連携して進めていく。

http://www.meti.go.jp/press/2018/04/20180411001/20180411001.html