宅急便よりもコンパクトな荷物を送りたい。そんなとき使いやすいと評判なのが郵便局の「クリックポスト」です。

クリックポストはフリマやオークションにおいて、いまや欠かせない存在となっています。とくにヤマト運輸の「クロネコメール便」が廃止となってからはクリックポストに人気が集中していますよね。

しかしクリックポストにはサイズ制限があり、ユーザーの頭を悩ませることとなっています。その中でもっとも大きなハードルが「厚さ3cm」の制限です。

この3cm、実際かなり「微妙」なことから、サイズオーバーしやすく返送される人が続出しています。そうかと思えば「3cm超えたけど返送されなかった」という意外な情報も飛び交っているのも事実です。

今回の記事では、返送された人とされなかった人の背景や、また返送されたときの対処法などクリックポストのサイズに関するお悩みにお答えいたします。

クレナビ管理人が書籍を執筆しました!!

これからポイ活を始めたい方にぜひ!!

クレジットカードや電子マネー、QRコード決済、そしてポイントサイト。あらゆる方法を駆使してお得にポイントを貯める方法について、約190Pの1冊の本にまとめました!

これからポイ活を始めたい、ポイントをもっと賢くお得に貯めたい、そんなあなたにピッタリの内容になっています。詳しくはAmazon or 楽天ブックスでご確認ください。

 

クリックポストの発送条件と発送料金をもう一度確認しておこう

郵便ポストに投函できる「クリックポスト」は、送れる大きさと重さが決まっています。

クリックポストで送れるサイズ
  • 長さ:34cm×25cm以内
  • 厚み:3cm以内
  • 重さ:1kg以内

この範囲に収まるものがクリックポストで送れるサイズで。ちなみに送れる最小サイズは   と最低限度の規定もありますので、ラベルが貼れないほどの小さすぎる荷物も送ることはできません。

クリックポストの送料

クリックポストの料金は全国一律185円で、サイズと重量が規格内なら全国どこでも同じ料金で発送できます。

クリックポストは普通郵便のように重さに比例して料金が高くなることがありません。さらに土日祝日でも届けてもらえることから、メルカリやオークションなどの小物の発想方法として広く人気を集めています。

サイズを超えたらどうなる?

クリックポストがサイズオーバーしていて「送れない」と判断されたものは差出人に返送されます。

その場合、返送に関する手数料は請求されません。また、郵便局が引き受けたときまで決済されませんから、送りなおしたとしても別途負担は発生しません。

その点は安心してもいいのですが・・・。

返送されるということは配達日が遅れるということです。つまり「返送は受取人だけが迷惑をこうむる」ことになるので、クリックポストのサイズには十分な注意が必要です。

クリックポストは郵便ポスト投函でOK?郵便局の窓口に持っていく必要がある?

クリックポストは郵便ポストOK!

クリックポストには、普通郵便にはない3つのメリットがあります。

  • 自宅で決済できる
  • 自宅でラベルが発行できる
  • 郵便ポストに投函できる

このように、クリックポストはわざわざ時間を割いて郵便局に行く必要がありません。

クリックポストの誕生によって、これまでかかっていた「切手を買いに行く・郵便局に持ち込む」という手間が解消され、時間や曜日に関係なく気軽に小型の荷物が発送できるようになったのです。

郵便窓口もOK!むしろ、急ぐ時は窓口がおすすめ

郵便局の窓口でもクリックポストは引き受けてもらえます。

(まれに窓口で「ポストに投函してください」と突っ返された・・・というケースがあるようですが、これは郵便局での引き受け処理がいらないからポストに誘導されたと考えられます。)

郵便局は、郵便ポスト特有の「集荷時間」がないのがメリットです。

郵便ポストには1日2回の集荷時間があって、これを過ぎると次の集荷時間まで荷物はポストの中で止まったままの状態です。

そのため投函のタイミングによっては明日の朝まで集荷されないことも・・・。

どうしても翌日中に届けたい、そんな急ぎのクリックポストは午前中に郵便局窓口に持ち込むことをおすすめします。

厚さがギリギリ3cm超えててもクリックポストで発送してもらえる?

3cm超えは基本「返送される」と考えておこう

クリックポストには先の項でお伝えしたとおり、荷物のサイズに明確な規定があります。

これには「個人の郵便受けに投函する」というクリックポストの特性が関係しています。

自宅の郵便受けを見ると一目瞭然ですが、郵便受けの入り口の高さはだいたい3cmから4cm程度。クリックポストの厚みは、このポストの入り口に入るサイズを限度としています。

クリックポストは手渡しではありません。そのため「盗難の恐れがない安全なポストに入る厚み」でなければならないのです。

微妙なサイズで困ったら「専用の定規」がおすすめ

荷物の厚み、みなさんはどうやって測っていますか?横から定規を当てて、ざっくりと計測する人も多いと思います。

明らかに3cmに満たないものは悩む必要はありませんが、3cmギリギリ・もしくはそれ以上かの場合はかなり悩みますよね。

そんな微妙なサイズのときに役立つアイテムがあります。

郵便物を出すとき、係員の方がこのようなスケールを使っているのを見たことがありませんか?

これは「厚さ測定定規」といって郵便物やゆうパケット、クリックポストなどの厚みを測る専用の定規です。

この定規には長方形の穴が何種類か開いていて、クリックポストなら3cmの高さの穴(赤枠内)を使って荷物の厚みを測ります。この穴に通すことができる荷物は明らかに「3cm以内」ですから、ここを通るサイズなら「クリックポストで出してOK」となります。

「厚さ測定定規」はネットショップで1200円~で販売されていますので、ぜひ検討してみてください。メルカリなどこれからたくさんの荷物を送る予定があるなら、家に1つ置いておいてもよさそうですね!

定規は手作りもできます!

わざわざ定規を買うほどでは・・・と考えるなら段ボールなどの厚紙を使って自分で手作りしてみてはいかがでしょうか。

作りかたは簡単です。厚紙(変形しない、固め・厚めの素材がおすすめです)に、カッターで3cm×25cm(厚み×縦幅)分の穴を空ければ完成です。

段ボールはだんだん穴が広がってくるので、ガムテープなどで補強するといいですよ!

【参考】厚さ測定定規の実際の扱い方

筆者も以前、郵便局で厚さ測定定規の「洗礼」を受けたことがあります。

3cm以内に梱包した自信があったのに、実際に定規を通すとまん中あたりで引っかかって通らないではありませんか!

大丈夫だと思ったのになあ・・・断られるかな?とヒヤヒヤしましたが、局員さんは「このお荷物、ちょっと押さえて空気抜きますね!」と筆者に確認し、ちょっと押さえて再び定規に通してくれました。

おかげで2回目でクリア。

そして「規定内に収まりましたので、このままお預かりしますね~」と快く受け付けてくれたのです。

しかし、クリックポストの厚みについては、「2mmオーバーで返送された」とか、「4cmに近かったのに返送されなかった」などさまざまな情報が飛び交っていますので、すべての荷物がこのような「親切」を受けるとは限らないようです。

筆者のケースも、窓口ではなくポストに投函していたら返送されていたかもしれません。

返送されたくないなら、確実に3cm以下になる工夫を行うか、ギリギリで不安なら窓口にもって行くのがベターだと言えるでしょう。

どうやったら失敗なく3cm以内で送れる?

筆者のような「意外なサイズオーバー」を起こしたくないなら、クリックポスト専用の箱を使うのが一番確実です。

クリックポストの規定サイズで設計されていますので、箱に入りさえすればサイズオーバーすることはまずありません(ただし1kg以内です)。

クリックポスト専用ボックスはネットショップでも購入できます。

枚数は25枚や100枚などある程度まとめて購入しなければなりませんが、1枚あたり80円程度で購入できます。

コストはかかりますが、なによりサイズオーバーの懸念がありませんし封筒のように膨らむこともありません。

少しサイズオーバーした状態で郵便ポストに詰め込んだら投函できたけどこれって大丈夫?あとで返送されたりしない?

クリックポストを利用した人の体験談の中には、まれに「3cmを微妙に超えていても返送されなかった」という情報がみられます。

これは筆者も経験したように、中身がギュッと押しつぶせば圧縮できるような「柔らかいもの」の場合で、かつ係員の方が「許容範囲である」と判断してくれたケースと考えられます。

もし中身がハードケースや文庫本など、押しても凹まないものなら結果はまったく別のものになるでしょう。なぜなら受け付けたとしても配達先で入らない可能性が高いからです。

そのため「少しなら大丈夫らしい」と情報を拡大解釈することはやめておいたほうが無難です。

また、無理やりポストに投函して「詰め込んだら投函できたのだから、配達できないわけがない!」という考えもおすすめしません。なぜなら配達員は中身が変形するほどの圧縮はしないからです。

返送されたらどうしたらいい?

返送された場合は、すぐにサイズ内に梱包しなおして再発送しましょう。

なにより荷物を待っている人のためでもありますが、クリックポストには支払い手続き完了日から7日以内の発送期限があります。

7日間を過ぎた時点でラベルは無効になりますから、再発送が送れると「ラベル無効」と再び返送される可能性があります。

サイズオーバーで返送されてきた場合は、支払い手続き完了日から7日以内であることを確認した上で再発送しましょう。

また、有効期限の7日以内とは「郵便局が引き受けた日が7日以内」という意味なので、7日目当日にポストに再投函した場合翌日扱い(8日目扱い)で「ラベル無効」となってしまいます。

ラベルの期限がギリギリの場合は、Webサイトから新しいラベルを発行して貼り替えましょう。未使用のラベル(郵便局が引き受けていない状態)は決済の対象にはなりませんので、送料を2回支払うことにはなりません。

万が一返送されたらまず取り引き相手に報告を!

万が一返送を受けてしまったら、まず取引相手に連絡しましょう。

発送した翌日に返送された場合でも、そこから再発送すれば当初の予定より最短2日は到着が遅れることになります。

送ったと言っているのに届かない、この状態は取り引き上非常に良くない状態です。

返送されてしまったことを正直にお伝えし謝罪することが大切です。再度返送を受けないためにも、クリックポスト以外の発送方法に変える相談をするなど、誠意ある行動をとりましょう。

3cmを超えても発送できるけど、商品が潰れたり状態が変わらないか注意しよう

「厚さ3cm」については、2つの種類があります。

  1. 目視の状態で3cm以内
  2. 圧縮して3cm以内

1は荷物を横から見て定規を当てたときの厚みです。この時点であきらかに3cmに満たない場合、重量と縦横幅さえクリアしていれば問題ありませんのでポストに投函しましょう。

2は、横から見て3cmを超えているけれど圧縮したら3cm未満になるときです。たとえばセーターなど空気を含む衣服が良い例です。

封筒の上から軽く圧縮して3cm以下になるなら基本的に発送可能ですが、100%安心はできません。なぜなら「圧縮」そのものが中身に悪影響を与える可能性があるからです。

押さえて3cm未満、は変形に注意!

仮に圧縮してポストに入れてもらえたとしても、押さえたことで予想しなかった変形・破損が起きる可能性があります。

たとえば衣服の場合は、圧縮することで畳みジワ以外の余計なシワやヨレが起きたり、毛足のあるものはいらないクセがつき風合いを損なうことがあります。

このほか、メルカリやオークションでは外箱の潰れも出来るだけ避けたいところ。なぜなら「外箱も商品の一部」と考える人が意外と多いからです。

とくに「新品」と称して出品したものについては注意が必要です箱が潰れていることで「新品ではないものが送られてきた」と見なされてしまったり、「写真と実物の状態が違う」と評価を下げられかねません。

特にデリケートな素材のもの・新品外箱つきに価値があるものについては、無理やり押さえて送ることに大きなリスクが伴うと心得ておきましょう!

最後に

コンパクトな荷物を送るのに最適なクリックポストですが、中身の破損や変形のリスクも考慮した上で利用しましょう。

専用ボックスも販売されていますが、その分梱包剤や緩衝材が入るスペースも少ないです。そのため衝撃に弱いものを送るときにも十分な注意が必要です。

荷物や郵便物は、宛先に無事到着することが大前提です。

スムーズに配達され・問題なく受け取ってもらうためには、正しい発送方法を選択することこそが一番の近道です。

「これは3cmには収まりそうにない」と思ったら、早めに見切りをつけて別の発送方法を選ぶ。判断力・決断力がこれからのフリマ・オークション生活に求められるのではないでしょうか。