セディナカードの支払いが遅れてしまうと、どのような悪影響がでてしまうのでしょう?

遅れた期間によっては、セディナカードの利用だけではなく、他のことにも影響がでてくる可能性があります。

しかし遅れてしまった時の対応もきちんと知っておけば、対処法が増えたり、不安が軽減することもあります。

セディナカードの支払いが遅れた時の対処法について、この記事で確認してみましょう!

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

セディナカードの支払いが遅れてしまった!こんな時はどうすればいい?

セディナカードの支払いが遅れてしまったとしても、すぐに支払いを済ませれば大きな問題はありません。

まずセディナカードの支払日を再確認しておきましょう。

セディナカードの支払日は、「毎月27日」となっています。

ショッピング利用分もキャッシング利用分もこの日に支払いとなっていて、支払う金額は「前月1ヶ月」の利用分です。

銀行口座からの引き落としができなかった場合、再度引き落としをしてくれることはありませんが、数営業日後には振込用紙が送られてきますので、それを使ってコンビニや銀行で支払いを済ませましょう!

銀行口座引き落とし以外に、もともとコンビニ支払いなどにしている場合には、支払い遅れによって遅延損害金などが発生している場合がありますので、支払い金額や支払い方法を確認するためにセディナのアンサーセンターに連絡をしましょう。

セディナアンサーセンター

自動音声に従って番号で問い合わせ内容を指定します。
問い合わせ内容のそれぞれの番号はこちらです。

オペレーターとお話できるのが9:30〜17:00(1月1日は休み)のため、支払いについての相談はこの時間に電話できるようにしましょう。

セディナカードの支払いが遅れたらどんな悪影響がある?

セディナカードの支払いが遅れてしまうと、こんな悪影響が考えられます…。

  • 遅延損害金が発生する
  • セディナカードが利用できなくなる
  • クレジットカードやローンの新規契約が難しくなる

ひとつずつ確認してみましょう!

遅延損害金が発生する

セディナカードの指定の支払日(毎月27日)に支払いができていないと、1日単位で遅延損害金というものが発生してしまいます。

返済が済んでいない「残高すべて」に「年率」と「遅れた日数」をかけたものが遅延損害金となります。

計算式にするとこちら。

(利用残高)×(実質年率14.6%)×(遅れた日数)÷365

たとえば10万円の返済が10日遅れてしまった場合にはどのくらいの金額になるのかというと、

100000×0.146×10÷365=400(円)

となります!

このように利用残高が多ければ多いほど、遅れた日数が多ければ多いほど、遅延損害金の額も大きくなります。

ちなみに年率14.6%というのはショッピング利用分に対しての年率で、キャッシング利用分については「20.0%」の年率で遅延損害金が発生しますのでより注意が必要です…。

1日でも早く支払いを済ませておきたいところですね!

セディナカードが利用できなくなる

指定の支払日に支払いができない状態が続くと、やがてセディナカードを利用することができなくなります。

利用停止までの期間は明確にされていませんが、利用残高によってはすぐさま利用できなくなることもあるようです。

クレジットカードが突然利用できなくなってしまったら、本当に必要な時に買い物やキャッシングができなかったり、生活の予定が狂ってしまうこともあるでしょう。

そうならないためにも、支払いはきっちりとするのが鉄則ですね。

クレジットカードやローンの新規契約が難しくなる

支払いが滞っている状態が続くと、60日後あたりを境に「延滞」という状態になり、信用情報に記録されてしまいます。

この信用情報はセディナだけではなくあらゆるクレジットカードやローンの新規契約のときに参照されるため、延滞の事実があることで契約することが難しくなることもあるのです。

セディナカードが利用できなくなるのはもちろん、他のクレジットカードやローンも利用できないというのは困りますよね。

ちなみに延滞の記録は5年間ほどは信用情報に残されますので、絶対に避けたいところですね。

セディナカードの支払日に間に合わないかも…事前に分かっていたら何をしておくべき?

もしもセディナカードの支払日に間に合わなさそう…と事前に分かっているならば、できる限りのことはしておいた方が良いです。

そのひとつとして、「支払いが難しそう」ということをセディナに連絡しておくことが挙げられます!
支払いが遅れるのがそれほど長くはなさそうでも、一報入れておくことでセディナからもたれる印象がまったく違うことになります。

些細なことですが、クレジットカードの利用は意外とこのようなコミュニケーションが大事になってくることもあります。

また、やむをえない事情で支払いが難しい状態が続きそうという場合にも、早めに連絡しておくのが得策です。

セディナのアンサーセンターはこちらです。

遅れて支払う場合の対応も教えてくれると思いますので、とりあえず連絡してみましょう!

セディナアンサーセンター

自動音声に従って番号で問い合わせ内容を指定します。
問い合わせ内容のそれぞれの番号はこちらです。

まとめ

セディナカードの支払いが遅れてしまった時の対処法をまとめました。

セディナカードの銀行口座からの引き落としは毎月27日の1回限りのため、その日に入金が間に合わなかったような場合は、アンサーセンターへ連絡するか、郵送されてくる振込用紙を待ちましょう。

支払いが遅れた日数だけ遅延損害金が発生しますので、注意が必要です。

支払いが遅れてしまうと、遅延損害金の支払いだけでは済まず、その後のクレジットカードやローンの契約にも支障が出てしまいます。

目安として60日支払いが遅れると「延滞」として信用情報に傷がついてしまうので、それはなんとしても避けましょう!

そして支払いが難しいと分かっている場合は、できる限り早めにアンサーセンターに連絡です!

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?