いよいよ明日は旅行に出発!この日のために、毎日残業してたまった仕事を片付けました。しかし疲れのせいか、こんなときになって体調がいまいち・・・。

そんなときあなたは旅行に行くのを諦めますか?それとも、無理やり行きますか??ちょっとした不調なら無理してでも行く!という人が多いと思います。

しかし、体調に不安がある人は「丸腰」で旅に出るのはやめましょう。最低限、市販のお薬くらいは持っていくことをおすすめします。

でも、万が一思う以上に具合が悪くなったらどうしたらいいのでしょう?

そんな不安で余計に具合が悪くなりそうな人は、ぜひこの記事を参考にしてください。今回は「旅先での病気に備えて準備すべきこと」をお届けします。

PayPayの賢い使い方を徹底解説!!

旅行中にケガや病気をしても健康保険証さえあれば本当に大丈夫なのか?

医療機関にかかるときは「健康保険証」が欠かせません。

日本では国民の多くが「健康保険」に加入しており、医療費の総額の一部を負担するだけで適切な治療を受けられます。

(ちなみに海外ではこのような保険がないので、手術を受けるのに借金をする人も少なくありません。)

医療機関では3割負担の人なら治療費の3割を本人に請求し、残りの7割は健康保険証の発行元に請求します。

つまり「健康保険証」は健康保険に加入している証拠であり、かつ7割を負担する保険者(加入先)を証明する証明書なんですね。

そのため医療機関では、健康保険証の確認をする必要があるのです(毎月しつこく保険証の提示が求められるのはそのためです)。

こどもやお年寄りは「福祉医療証」も忘れずに

15歳未満のお子さまや70歳以上74歳未満の人の場合、お住まいの自治体から「医療証」をもらっていませんか?(収入によっては付与されない世帯もあります)

「乳幼児医療証」とか「こども医療証」、70才以上の人は「高齢者受給者証」とか書いてあると思います。

これは本来3割(6歳未満なら2割)負担すべきところを、設定された負担割合に応じて支払額を一定にとどめてくれるありがた~いものです。人によってはまったくの負担なしという人もいるでしょう。

この医療証を提示しなければ負担割合が分からないため、医療機関によっては正規の割合(6歳未満2割・それ以上は3割)で請求するしかありません。

旅行中に余計なお金を支払いたくない(申請すれば還付されますが)なら、このような医療証も必ず提示しましょう。

ちなみに乳児医療証・こども医療証が使えるのは発行県内エリアの医療機関に限られ、他府県では利用できませんのでご注意ください。

病気治療中の人は「お薬手帳」があればベスト

現在投薬治療を受けている場合は、保険証といっしょに「お薬手帳」も持参しましょう。

お薬手帳は薬剤師さんが作ってくれた「今飲んでいる薬」の記録です。

ドクターは薬の飲み合わせを考慮してお薬を処方しますので、今飲んでいる薬を知らせることはとても大切なこと。

とくに複数の薬を服用しているときは持参しておいたほうがなにかと安心です。

旅先でかかる初対面のドクターだからこそ、「今飲んでいる薬」を正しく伝えましょう。

健康保険証がなかったらお金はどうなる?

100%自己負担が原則!後日精算してもらおう

旅先で起こりがちなのは「健康保険証の不携帯」です。

保険証は大切なものなので、自宅に置いてくる人も少なくありません。

しかし先にお話したとおり、健康保険証は「健康保険に加入している証拠」であり「加入先の証明」でもあります。

「医療保険の加入先」が分からなければ、お金をどこに請求したらいいのかわかりませんので、医療機関は患者さん本人に100%全額請求するしかありません。

しかし、医療機関は保険証さえ確認できれば保険適用の金額に計算しなおすことができます。

同月内に医療機関に出向き、保険証を提示すれば差額を返金してもらえるので安心してください。

家から遠くて二度と行けない!そんなときは精算できる?できない?

保険証を提示して、お金を返してもらいたいけど遠すぎて再訪できない・・・。

旅行中の場合は滞在先の医療機関にかかるため、ふたたび訪ねることは難しいですよね。

そんなときは遠慮なく、医療機関の指示に従いましょう。

医療機関によっては、保険証のコピーを郵送することで精算し、差額を口座に振り込んでくれる場合があります。

しかし、そのような手配をすべての医療機関がしてくれるとは限りません。

個人情報の取扱いに厳しい今、保険証コピーの郵送やFAX・メール添付などを避ける医療機関も少なくありません。

振込精算の対応をしてもらえない場合は、加入先の保険者に報告して還付を受けることができます。

還付申請を行うときは、病院でもらった領収書が必要になりますので紛失しないように注意しましょう。

保険証のコピーは有効?無効?

保険証の原本を持参するのが不安で、コピーしたものを持参する人がいます。

これを受理するか否かは医療機関によってマチマチのようですが、基本的には保険証のコピーは「無効」です。

なぜならコピーの保険証は本人であるという確証が低く、悪用の可能性があるからです。

保険証は原本確認が原則です。

コピーを提示しても、受け付けてもらえない可能性が高いことを覚えておいてください。

旅行中にケガや病気をしてしまったら費用はいくらぐらいかかる?現金すぐ必要?カードは使える?

病気の内容によって費用は違う!検査によっては高額になるケースも!

旅行中のケガや病気にかかる費用は、病気によって異なります。

スキー旅行で骨折した場合と風邪による発熱では、受ける検査も治療方法も違えば当然お薬も違いますよね。

そのため「いくらくらいかかるか」は病気次第といったところでしょう。

一般的な検査の中でもっとも高額になるのは、画像診断のCTスキャンです。

CTスキャンは「頭部打撲」とか「腹痛」などでも施行される検査です。とくに夜間緊急時には精査のために施行される可能性が高いです。

ちなみに単純なCT(造影剤を用いない)の場合は、初診料を含めると3割負担でも約6,000円ほどかかります。

医療機関に行くときは、多めにお金を用意していきましょう。

カードが使えない医療機関もあるので受診前に確認を!

どれだけ高額な検査を受けても、クレジットカードがあるから大丈夫!とタカをくくっていませんか?

クレジットカードの普及率が低い日本の医療機関では、医療費の支払いにクレジットカードが使えないところが多くあります。

クレジットカードを導入すると病院側がカード会社に「手数料」を支払わなければならないため、経営側としては導入に消極的にならざるを得ないのです。

そのため医療機関を受診する場合は現金を用意する、もしくは事前にクレジットカードが使える医療機関を調べて受診する、このどちらかが必要になります。

休日・夜間診療は健康保険証使えないって本当?いくら請求される?

休日・夜間診療は「預かり金」を支払うことが多い

「夜、おなかが痛くなって夜間診療にかかったら1万円も請求された」という話を聞いたことがありませんか?

「健康保険証を提示したのに1万円も?!」とびっくりしてしまいますよね。

もしかして夜間診療は保険証が無効なのか?と思ってしまいますが、これには実はきちんとした「ウラ」があります。

結論から言えば1万円は「預り金」で、後日きちんとお金が払い戻されます。

 

では、どうして夜間診療は預り金をしなければならないのでしょうか。

それは単に「休日・夜間は会計担当者が不在だから」です。

会計担当者は診療費をルールに従って算定する人(いわゆる医療事務員)です。

会計担当者が24時間待機している医療機関もありますが、その数は多くありません。

そのため、休日や夜間の診察料については翌日や休み明けにまとめて処理されることになります。

「預り金」はいくらくらい?

ちなみにこの「預り金」の金額は医療機関によってまちまちです。

1万円のところが多いですが、それ以外の金額に設定している医療機関もありますので受診前に確認しておくと安心です。

また、医療機関によっては「預り金」をしないところもあります。

治療が終わり次第そのまま帰宅し、後日送付される振込用紙で支払う形式です。

しかし今(世知辛い話ですが)医療費未払いが日本の大きな問題になっていますので、多くの病院では「預り金」方式を採用しているようです。

休日・夜間に受けた治療は、休み明けに精算しよう

休日・夜間に受診した人の医療費は、翌日(休み明け)以降に随時精算できます。

旅行者の場合は、そのときすでに地元に帰っているか帰路についている道中かもしれませんね。

精算方法については、受診した医療機関の指示に従いましょう。

ちなみに預り金よりも実際の金額が上回った場合は、振込先と金額が書かれた請求書が送られてきます。

旅行中は病院にいくべき?それとも近くの診療所にいくべき?

緊急を要しないなら近くの診療所へ。病院は「別途費用」が請求される!

休日・夜間については、かかる医療機関を「選ぶ余地」はありません。

開いている医療機関にかかるしかないので、医療機関選びに迷うことはないでしょう。

平日のお昼間に医療機関にかかるなら、「診療所(クリニック)」にかかるほうが診療費が安く済みます。

なぜなら「病院」に初めてかかる場合、「選定療養費」という診療費とは別のお金が請求されるからです。

この「選定療養費」とは、医療機関の中でも病院だけが請求できるいわば「病院を選んだことに対する料金」です。

「選定療養費」がなければ、風邪のような比較的軽症の患者さんまで病院に集ってしまい、緊急を要する患者さんに手が回らなくなりますよね。

だから国としては「軽い病気」や「診察の手始め」は診療所で受けてほしいと考え「選定療養費」という制度を設けているのです。

そのため「風邪ひいて点滴してほしい」くらいであれば、ぶっちゃけ診療所に行くほうが診察代も安く・そして早く済ませることができます。

「選定療養費」は病院ごとに設定された金額が異なり、多くの場合「数千円単位」で請求されます(10,800円という病院も存在します)。

課税対象・保険適用外の高額な「選定療養費」、払いたくないなら診療所にかかりましょう!

最後に

旅先で病気になったとき、人は「みんなに迷惑をかけてはいけない。」と考えて、辛い症状があっても耐えようとします。

旅先での体調不良はせっかくの楽しい旅行のムードをぶち壊すようで、周りの人になかなか言い出しにくいものです。

しかし、病気の中には「一刻の猶予も許されない病気」があります。

もしくは「簡単な治療をするだけで回復できる病気」もあります。

できるだけ安全に旅を終えるためにも、体調が悪いときは旅先でも医療機関を受診しましょう。

楽しい旅をするために、日頃から万が一の備えや知識を身につけておくことも大切です。

 

旅行が趣味で「節約はすべて旅行のため」と考える兼業ライター。旅行で貯めたポイントは生活消耗品代に使っています。最近は地理の奥深さに目覚め、「地理検定」を取得しようとヒマさえあれば日本地図とにらめっこ。わかりやすく・楽しい記事がお届けできるよう、頑張りますのでよろしくお願いいたします!