今回は仮想通貨ビットコインを現金で買わなくとも手に入れる方法を伝授します。

ニュースでも話題持ち切りだから「興味はあるがリスクを考えたら手が出せない」、あるいは「現金では買いたくない」と考えているリスクを嫌うユーザーには朗報と言える内容です。

クレジットカードのライフカード一枚あれば、普段のカード利用から特別なことをせず、仮想通貨を手に入れられるとなれば、どんな方でも興味がわくのではないでしょうか?

ライフカードを経由して仮想通貨取引所のビットフライヤーを利用すると、他社カード(楽天)との相互効果まで狙えるのでその点についても触れています。(つまり楽天ユーザーも必見

そのほかの具体的な記事の中身は、仮想通貨にそこまで詳しくない方のために簡単なビットコインとは何ぞや?という解説。

そして、ライフカードからビットコインを手に入れるまでの手順を一からわかりやすく紹介しています。

本記事さえ見ればライフカード+ビットコインユーザーになれる決定版的記事となっているので、ぜひ最後までご覧ください。

年会費無料なのに誕生日の月はポイント3倍!


※申込みにかかる時間:5~10分前後

ビットコイン(仮想通貨)とは?

ビットコインの基本的な解説をしております。※クリックすると詳細が表示されます。

ビットコインとは?

常日頃から鋭いアンテナを張っている方はご存知でしょうが、あまり知らない方のために仮想通貨についてざっと説明します。

仮想通貨とは、ネット上で様々な物品やサービスと交換できるリアルな実態を持たない文字通り仮想的なウェブ通貨です。

仮想通貨にはいくつも種類があり、もっとも有名なビットコインをはじめ、日本に馴染みの深いモナコイン、ビットコインに次いでブームが来ていると言われているイーサリアムリップルといった様々な銘柄が存在します。

一説によれば仮想通貨の種類は600種類以上と言われており、今現在も新たな仮想通貨がどんどん生み出されています。

世界的に見ても利用されている通貨は様々ですが、短期間でこれだけ生み出されているとなれば、それだけ社会的な需要が高いことがうかがい知れます。

ちなみにビットコインの時価総額は202,340円で仮想通貨の中ではトップの価値を持っており、仮想通貨の場合は需要が高い=価値が高騰すると考えてもらえば構いません。

ビットコインでは、基本的な数え方として1BTCという単位があり、それ以下の金額を0.00000001BTC=1satoshiと呼びます。

昔であれば~BTCで取引や会話が行われていましたが、あまりにも価値が上昇しすぎてしまったため、一般レベルのユーザー間ではsatoshi単位でBTCをやり取りするのが普通です。

1BTCが100万円だとすれば、1satoshiは0.01円の価値となります。

私たちが使う円や国際的に利用されているドルは、通常は中央銀行など必ず元締めとなる統括者がいますが、仮想通貨には存在しません。(発行上限はある)

専門的に取り扱う取引所(後述)で個人で自由に取引することが可能です。

かみ砕いて言うと、投資の通貨取引の側面を持った電子マネーと思ってください。

ネットショッピングやリアル店舗での支払いにも使えるが、日々その価値は変動していくのがビットコイン(仮想通貨)です。

例えば、私たちの使っている日本円であっても国際的な価値は数秒ごとに変化しています。

国内の利用のみだとほとんど意識しませんが、本質的なシステムでは日本円も仮想通貨も変わりません。

一目でわかるビットコイン(仮想通貨)
  1. 仮想通貨はリアルな形態を持たないウェブ通貨
  2. 600種類を超える銘柄が存在
  3. ビットコインがNo1の仮想通貨で時価総額202,340円(現状トップ)
  4. 個人で自由に取引可能
  5. 日々価値が変動し、投資的な側面を持つ
  6. 単位は1BTCを基本として、

 

ビットコインを手に入れる一般的な方法

ビットコインを手に入れるためには、さきほど説明した専門的な仮想通貨取引所で売買するのが一般的です。

知名度の高い取引所と言えば、ビットフライヤーZaif悪い意味で有名となってしまったコインチェックなどがあります。

その中で現金、銀行振り込み、クレジットカード決済で仮想通貨を購入するのが主流となっています。

他には仮想通貨はユーザー同士でウォレット(仮想通貨のお財布)に相互送金することも可能です。

つまり、銀行のようなシステムで他社へ振り込みことも出来るし、受け取ることも出来ます。

やや特殊な入手方法としては、マイニングという方法でビットコインを生み出すやり方もあります。

仮想通貨は大本の元締めがないと説明しましたが、実はパソコン一台一台の処理能力を使って生み出されています。

ブロックチューンという仕様で、マイニングを行うとビットコインを発掘(入手)することができ、新たな仮想通貨の発行にも手助けする形となるのでどんどん総量が増えていく仕組みです。

ただし、このマイニングは私も一時期挑戦していたのですが、個人のレベルでは消費する電気代を稼ぐことすらかなわず、相当効率は悪い方法なのでおすすめはしません。

数十万円もするPCを用意するか、何台もの高性能PCを用意してやっと利益が出るという次元です。

取引所は必ず交換業者登録しているか確認!無登録業者にご注意を

仮想通貨の危険性リスクは重々承知と言う方は次項に進んでしまって構いません。

出来るだけ不安は払しょくしたい方のみご覧ください。

仮想通貨が流通し始めたのはここ最近で、現在は黎明期を過ぎたばかりと言える状況

そのため、国としての法や体制の整備もままならず、場合によっては危うい利用先(取引所)があるのも事実です。

そこで政府がやっとこさ整備した制度が金融庁、財務局への登録が必要となる交換事業者登録制度です。

交換事業者とは仮想通貨を扱う会社のことと思ってもらって構いません。

国が認定する制度なのでユーザーをだまそうとしている、あるいは不正な運営を行うつもりであるいい加減な企業は登録しつらい制度です。

金融庁も仮想通貨取引所を利用する際は必ず登録を受けた事業者か確認するよう促しています。(ただし、安全を担保するものではない)

中には金融庁に無許可で勝手に解説されている取引所もあるくらいです。

参考:東洋経済オンライン 仮想通貨大国ニッポンのあまりにお寒い現状

なので、甘い話には裏があるではないですが、手数料が異常に安い、交換レートが美味しいなど少しでもおかしいと感じたら問題ない業者なのか確認するようにしてください。(あるいは利用前)

金融庁が登録を許可した業者はこちらから一覧で確認できます。

仮想通貨交換業者登録一覧 金融庁

一番安心なのは、本記事で紹介しているビットフライヤーは数多くのユーザーが利用している取引所です。

今現在もしっかりと運営され、ユーザーから安心と信頼を持って利用されている仮想通貨取引所となり、早い段階から交換業者登録して今日まで至っているイメージがあります。

セキュリティもこれでもかと言うくらい頑丈にしています。

ライフカードのポイント交換でリスクなく手に入れられる

さて、十分仮想通貨ビットコイン、そして、リスクや特徴について理解したところで、肝心のライフカードで現金投資なしで手に入れる方法をお教えしましょう。

答えから言ってしまえば、ライフカードを利用することで獲得出来るポイントプログラムを利用してビットコインを手に入れます

ライフクレカのポイントはライフサンクスプログラムと呼ばれ、様々な商品、あるいはサービスと交換することが可能です。

基本的な還元率は1,000円につき1ポイントの還元となり、1ポイントが約5円分の価値があるとされているので、0.5%のキャッシュバックです。

交換ラインナップの中には驚くべきことに、ビットコインの商品券にあたるビットコインクーポンが交換先として用意されています。

私が調べた中では仮想通貨と自社ポイントとで直接的な交換性を持たせたのは、ライフカードが先駆けであり、唯一無二です。

時代の最先端を行くさすがのライフカードといったところ。

下記に仮想通貨交換券のある交換カテゴリー、電子マネーコースの景品一覧をまとめておきましたので、ご覧ください。

交換商品 必要ポイント数 交換価額 有効期限
Vプリカ 600ポイント 3,000円分 発行後1年を経過した月末
1,000ポイント 5,000円分
3Dスマホクレーンゲーム
「神の手」ポイント
300ポイント 1,500神の手ポイント 記載なし
ビットコインクーポン 600ポイント 3,000円分
Amazonギフト券 1,000ポイント 5,000円分

つまり、ライフカードを日常的に利用して600ポイント貯めて、ビットコインクーポン3,000円分と交換で仮想通貨をゲットすることが今回の肝です。

1,000円で5円と計算すれば、12万円で600ポイントたまる計算なので、まさにクレジットカードを利用しているだけで仮想通貨を貯蓄しているのと同意義と言えます。

12万円程度であれば、年間と言わず数カ月で利用してしますユーザーも多いと思うので、特に負担なく達成することが出来るでしょう。

次項でまとめている多様なキャンペーンを利用すればもっと簡単に貯めることも可能です。

また、利用価値の高いアマゾンギフト券電子マネーVプリカと交換できるのは利用者目線で高評価。

すべてライフカードウェブデスク会員限定となっていますが、ライフカード所持者であれば登録するはずなので問題ありません。

ライフサンクスプログラムならこんなお得な特典、キャンペーンも!

さらに今ならライフカードに様々な特典がつき、以下の恩恵を利用することが出来ます。

  • 誕生日月ポイント3倍
  • スペシャルボーナス
  • 新規入会キャンペーンポイント
  • L-Mailで最大25倍還元
  • ステージ制プログラム

誕生日月ポイント3倍は文字通りの意味で、一律3倍の還元を受けられます。

説明した通り基本が1,000円につき1ポイント(5円相当)なので、誕生日月に限り1.5%相当の還元率にすることが可能。

 

また、スペシャルボーナスと題して、1年間の利用金額が50万円以上の方に300ポイント(1,500円相当)のキャッシュバックをプレゼントする太っ腹な企画もあります。

新規入会者には特別な特典として、入会後2年間はポイント1.5倍になるキャンペーンも開催中です。

再三伝えているように、ライフカードのプログラムでは1ポイントあたりの価値が高いため、相当美味しいキャンペーンと言えます。

これ目当てでLIFEカードを作っても良いくらいですね。

 

極めつけは、ライフカードが運営するウェブサービス、LIFE-webDeskの会員限定ショッピングモールで最大25倍の還元率を実現できます。

正式にはL-Mallと言うのですが、ただ経由して買い物するだけで25倍は破格の待遇と言えるでしょう。

なお、基本還元率が上昇するのではなくショップ還元という別項目のキャッシュバックとなるようです。

 

また、ライフカードではステージ制プログラムを採用しており、基本倍率の1倍から利用金額に応じて最大2倍まで引き上げることが出来るのもうれしい点です。

1倍で還元率0.5%、2倍で1%なので他社と比較するとやや弱いように感じますが、LIFEサンクスポイントは目為上よりも価値が高いことを決してお忘れなく!

だいたいすべて5倍換算で計算してもらえれば、どれだけお得な仕様となっているわかるはずです。

ステージ 基本倍率 適応条件
レギュラー 1倍 基本適応
スペシャル 1.5倍 年間利用金額50万円以上
ロイヤル 1.8倍 年間利用金額100万円以上
プレミアム 2倍 年間利用金額200万円以上

 

状況によってライフサンクスプレゼント21種とビットコインの使い分けも可能

交換プログラムによってビットコインを手に入れられるので、状況に応じてライフサンクスプレゼント(ウェブ交換)と使い分けられるのは大きな利点です。

例えば、ビットコインを一般的な方法、現金やカード決済、銀行振り込みで買ってしまうと完全に仮想通貨へ利用額がシフトしてしまいますね。

そうなるとビットコインで利用することしかできず、別の方法で使いまわそうとすれば一旦出金して、利用先に振り分けてと手間を掛けなければなりません。(当然、多く手数料もかかる)

であれば、ライフサンクスポイントで一旦貯蓄しておき、何か物品を買いたい場合は電子マネーのVプリカやアマゾンギフト券、現金に余裕があるから資産運用したい、貯金したい方はビットコインクーポン券交換へと使い分けることが出来ます。

もちろん、商品券系以外にも、家電や寝具、美味しいグルメと交換出来るので、幅広い多様性と利便性を確保出来るのがライフカードを利用した仮想通貨ゲット方法の強みです。

どんなコースがあるのか気になると思うので、カテゴリー分けしたものだけ一覧で貼って置きます。

参考までにどうぞ。

全部で21種類のカテゴリーと交換できるので、どんなユーザーでも利用したいサービスが必ず一つや二つ心にヒットするものがあるのではないでしょうか?

ビットコイン以外で私が個人的におすすめするのは、ポイント移行コース

dポイント楽天ポイントと交換できるうえ、auWalletANAマイレージクラブとも交換できるという最強の互換っぷりです。

それぞれdカードや楽天カードなど、該当クレカが必ずあるので何枚もカードを持っているユーザーには特におすすめの内容となっています。

ビットフライヤーを熟知することが重要

ビットフライヤーで無料アカウント開設手順

さきほどのLIFEサンクスプレゼントでビットコインと交換(クーポン券)するには、ビットフライヤーへ登録することが前提条件となります。

そのため、ユーザー登録はもちろんこと、ある程度bitFlyerの使い方を熟知していなければなりません。

ここの項目では、初心者でもわかるように口座開設から仮想通貨を現金として引き出すまでの一連の流れを簡単に解説していきます。

未だビットフライヤーにアカウントを持っていない、あるいは今からライフカードのポイントを使って換金を考えている方は、ぜひここから手順を追って実際に登録しつつ読み進めていってください。

  1. ビットフライヤーへアクセス
  2. 個人のお客様からメールアドレス、facebook、yahooID、googleアカウントで登録
  3. 確認メールが送信されるので認証
  4. 利用規約の確認、同意
  5. 利用開始

と、どこにでもあるよくある新規登録手順となっています。

むしろ、メールアドレスだけではなく、フェイスブックヤフーグーグルからもアカウント登録できるので簡単ですね。

アカウンドグレードのアップグレード

ビットフライヤーには、ユーザーごとにウォレットクラストレードクラスにグレード分けされており、クラスによって利用出来るサービスが異なります。

ウォレットが仮利用トレードが本利用だと思ってもらえれば結構です。

前項の無料登録では、ウォレットクラスからのスタートとなっています。(トレードになっても無料)

ウォレットクラス

  • 仮想通貨の預け入れ、送付が可能
  • ビットコイン決済可能
  • 日本円の出金が可能
  • 利用限度額が10万円

トレードクラス

  • 上記に加えて仮想通貨の購入、売却が可能
  • 利用上限なし
  • FXや現物取引が利用可能

といった制限と特典があります。

出来ればトレードクラスへアカウントを格上げしておいた方が、利用するうえでは不便がないと思うので、トレードクラスになるための条件を紹介しておきます。

こちらも手順を追いつつ実際にチャレンジしてみてくださいね。

だいたいの条件は、本人情報を登録したうえで本人確認資料を提出し、取引目的を確認&転送不要の書留郵便を受け取ることだけです。

最初の3つはすべてウェブ上で入力して手続きが完了しますし、書留郵便も届いたものを受け取るのみ。

すぐに本チャンであるトレードランクへなることが出来ます。

  1. ログイン後右下にあるアカウント情報へ
  2. 携帯電話認証を済みにする(SMS)
  3. 本人確認情報書類提出する
  4. 本人情報登録の登録
  5. 銀行口座情報を登録(出金先)
  6. ビットフライヤーに転送不要はがき(郵送)を受け取り

ライフサンクスポイントからビットコインへと交換する実際の手順

仮想通貨取引所の開設とトレードクラスへの移行が済んだところで、ライフカードからビットコインへ実際に交換する方法についても触れておきます。

  1. ライフカードデスクワークへログイン
  2. 右上のサンクスポイント照会
  3. 交換カード選択
  4. 電子マネーコース選択
  5. ビットコインクーポン選択
  6. 交換口数を決定(5口まで)
  7. 申し込むと登録メールアドレスへ交換メールが到着
  8. 記載URLからビットフライヤーへログイン
  9. 交換完了

となっています。

特別つまづくポイントもないと思いますが、私がよく引っかかるのはライフカードデスクワークログインIDパスワードです。

初期設定のままだと、よくわからない羅列で設定されているはずなので、必ず自分のわかる範囲でメモしておくと良いでしょう。

あとは交換数が5口上限となり、追加で利用するには再度手続きしなければなりません。

交換自体は驚くほど簡単で、数分あれば終わってしまうはずです。

楽天カードとの二枚持ちで一瞬で仮想通貨ホルダーの仲間入り

ライフカード以外に仮想通貨に対してお得なサービスを展開しているカードと言えば楽天カードです

ライフサンクスポイントのように直接ポイント交換することは出来ませんが、ビットコインの購入提携サービスの利用で楽天ポイントを得ることが出来ます。

例えば、1万円分の1BTCを買えば楽天のカード利用還元率が1%なので100円分のキャッシュバックが受け取れます

提携サービスと言いましたが、実際にはビットフライヤーがポイントサイトのようなサービスを提供しているので、既に開設済みであろうアカウントで提携広告を利用すれば自然とさらなる還元を受けることが可能です。

具体的には、「ビットコインをもらう」というプログラムで、楽天市場や楽天トラブルの利用額に対して0.6%のBTC還元となっています。

つまり、楽天カードを持っていてビットフライヤー経由で楽天市場を利用した場合、

楽天カードで4%、bitFlyerで0.6%のハイブリッドな二重取りを行うことも出来ます。

ライフカードで日常的なカード利用を賄い交換クーポンへ交換、ネットショッピングをする場合は「ビットコインもらう」から楽天カードを活用で楽天ポイント+仮想通貨貯蓄とすれば、瞬く間に一財産築いてしまうのではないでしょうか?

ライフカードをメイン利用しつつ、楽天カード等を絡めてビットコインを貯める

ライフカードがクレジットカード界の中で如何に時代を先取りし、仮想通貨好きにはたまらない心揺さぶるサービスを用意しているか十分理解してもらえたはずです。

ビットフライヤーなどの交換所へ登録する必要はありますが、交換手順も一般的なクレカのポイント交換と何ら変わりありません。

  • カードを使い
  • ポイントを貯める
  • 仮想通貨クーポン券

たった3ステップだけです。

さらにライフカードはカードとしての性能も高く、誕生日のポイント3倍から専用ポイントモールで25倍の高還元、加えて基礎倍率も最大2倍まで上がる高スペックなプログラムを有しています。

しかし、正直に言えばライフカード一枚だけではまとまったビットコインと交換することは難しいでしょう。

記事中で紹介した単位で言えばBTCではなく、satoshiレベルの交換が多数になると思われます。

なので、他に仮想通貨とシナジーのある楽天カードと共に利用することで、さらにビットコインへとクレジット決済利用分のキャッシュバックを充て、重点的に仮想通貨資産を増やすのがおすすめです。

そうすればでsatoshiではなく、本当のBTC単位で保有することも夢ではありません。

ちなみに補足となりますが、1BTCは最初0.07円だったと言われており、今現在100万円後(約1428万倍)となっていることを考えれば、複数の供給先(ポイント)から早めに交換しておけばおくほど、後々得をする可能性も高まって行くのではないでしょうか?

「あの記事を読んで挑戦しておけばよかった・・・」と過去の自分に後悔しないように、ぜひ3,000円分のBTC貯蓄からでもいいので、仮想通貨ホルダーとして人生の大きな一歩を踏み込んでみてください。

年会費無料なのに誕生日の月はポイント3倍!


※申込みにかかる時間:5~10分前後

【楽天カード】

顧客満足度No.1!!国内発行数No.1!!迷ってるならとりあえず楽天カードで間違いなし!!

年会費無料 家族カード
ETCカード
100円=1P
0.5マイル
VISA JCB
Master
AMEX
楽天市場5%還元  電子マネー
Edy
 ANAマイル
貯まる
不正利用
保証
顧客満足度
No.1
期間限定の入会キャンペーン実施中!!

今なら5000円分の楽天ポイントと500円分の楽天Edyもらえる期間限定キャンペーン実施中!

\ キャンペーン中に申し込むのがお得!! /

クレジットカードを使ったポイント活用術の魅力にハマり、現在は15枚のカードを所有。使う場所や組み合わせを変えたりなど、いつもクレジットカードのことばかり考えている。(累計30万ポイント、累計20万マイル以上を保有)貯めたポイントを使ったプチ贅沢が大好き。貯めたポイントを使って宿泊費を無料にしたり、貯めたマイルを使って飛行機代を無料にして、完全無料で旅行に出かけるのが至福。クレナビ管理人がクレジットカードを使って実際に30万ポイント以上を貯めた方法はこちら