あなたは自分専用の銀行口座をいくつお持ちですか?

最近、お金に関する本で「複数口座を使い分ける」という記事をしばしば目にします。これは生活費用・貯蓄用など目的ごとに使い分けることでお金の流れを「見える化」する、極めて優しい財テク方法です。

この方法を採択するには、当然銀行口座が複数必要になります。今持っている銀行をどのように使い、新しい口座をどこでどのように選ぶかで今後のあなたのお金事情が変わります。

銀行のサービスはどこも同じではありません。金融商品だけでなく、金融機関の種類によってもサービス範囲が異なります。「金利が良いところ」を選びますか?それともアクセスに便利なところを選びますか?銀行選びは「手数料」で選ぶことも大切です。

今回は銀行を新規開設するときのおすすめの銀行をランキング形式でお届けいたします。

入金、引出手数料で比較(銀行ATMで入金出金をした場合の手数料)

銀行ATM利用料は常に無料ではありません。むしろ有料や割増の時間帯のほうが多いくらいです。金融機関ごとに微妙に金額や時間が違うので、銀行を選ぶときは手数料そのものはもちろん「入出金手数料無料の時間帯」にも注目しましょう。

三井住友銀行の入出金手数料

平日
  • 8:45以前   108円
  • 8:45~18:00 無料
  • 18:00以降  108円
土曜・日曜・祝日    終日108円

三井住友銀行は、いわゆる「デイタイム」の利用手数料が無料です社会人の場合は勤務時間帯が無料なので、出社前や退社後では多くの場合108円という手数料が差し引かれてしまいます。

ところがこの「一律108円」は業界の中ではかなり良心的な範囲です。三井住友銀行には24時間利用できるATMもありますので利便性にも優れていると言えるでしょう。

三井住友銀行のATM手数料を無料にする方法!

もしあなたが三井住友を給与振込先に指定するなら無料のチャンスです。当月に給与振込があれば利用手数料は無料になります。もしくは三井住友カードかセディナの引き落としがある場合でも無料になります。

三菱UFJ銀行の入出金手数料

平日
  • 8:45~21:00 無料
  • その他の時間帯 108円
土曜・日曜・祝日

三菱UFJ銀行は、8:45~21:00の間の手数料が無料です。これは拘束時間が長い社会人にとっては大きなメリットです。

また、平日のみならず土日祝日も同様の無料。有料になるのは21:00以降ですから多くの人が手数料無料の恩恵が受けられます。夜遅くまで仕事をしなければならない1人暮らしの人にとってはこのサービスは「選ぶポイント」としてかなり有効です。

三菱UFJ銀行の手数料を無料にする方法!

三菱UFJ銀行のサービス「三菱UFJダイレクト」の契約をしましょう。一定の条件を満たすことでATM手数料が無料になります。

一定の条件とは、預金残高等合計が10万円以上・Eco通帳(インターネット通帳)・三菱UFJデビットの引き落とし・クレジットカードの引き落とし(DC・NICOS・旧UFJカードが対象)の4つのうちいずれかを満たすことです。

みずほ銀行の入出金手数料

平日
  • 0:00~8:00 216円
  • 8:00~8:45 108円
  • 8:45~18:00 無料
  • 18:00~23:00 108円
  • 23:00~24:00 216円
土曜・日曜
  • 0:00~8:00 216円
  • 8:00~22:00 108円
  • 22:00~24:00 利用不可
祝日
  • 0:00~8:00 216円
  • 8:00~22:00 108円
  • 22:00~24:00 216円

先にお伝えした三井住友銀行と三菱UFJ銀行の手数料を見たあとでは「高い」イメージになるのがみずほ銀行です。「どうしてこんなにややこしいの?」と思うくらい細かい料金設定・・・。しかしこれにはウラがあります。

みずほ銀行のATM手数料を無料にする方法!

そのウラとはみずほ銀行の「うれしい特典」です。これは「みずほマイレージクラブ」(無料)に加入することでクレジット契約・利用をすると24時間みずほ銀行ATMの手数料が無料にできる優れた特典です。

もちろん時間外手数料まで無料ですから、時間を気にせずいつでも入出金ができます。また月4回までならコンビニATMの利用手数料も無料に。ここに書かれているちょっとお高い手数料は、あくまで一般論。みずほ銀行を選ぶときは。みずほマイレージありき!です。

ゆうちょ銀行の入出金手数料

ゆうちょ銀行は、曜日・時間帯に関わらず手数料無料です。これは大いなるメリットです。でも、ここを読んだだけで「じゃあゆうちょ銀行に決めた!」と決断するのはちょっとお待ちください。

次の項で説明する「振込手数料」を一読してから決めましょう。

しかし、ゆうちょ銀行は手数料面以外のメリットが大きいです。支店という区分けがないので、全国どこへ行っても同じサービスが受けられます。また、カードがなくても通帳だけで引出できることは家計の管理上とても有効です。

りそな銀行の入出金手数料

平日
  • 8:00~18:00 無料
  • それ以外の時間帯 108円
土曜・日曜・祝日    終日108円

りそな銀行のATM手数料を無料にする方法!

もともと長い時間無料なりそな銀行ですがATM手数料を無料にする方法があります。それは給与や年金の受け取り口座に使うこと。もしくは投資信託口座に30万円以上の残高を保有しておくこと。このほかにもありますが一番簡単なのは給与の振込ですね。

入出金手数料が安い銀行ベスト3!

平日の日中(8:45から18:00)はだいたいの金融機関は無料に設定しています。ただこの時間帯は働く人にとってはイタいんですよね。仕事が9時から18時なんて人は出勤かランチタイムを利用しなければなりません。

使いやすさで考えた結果、

3位:無料化へのハードルが低い「みずほ銀行」

2位:8:45~21:00まで無料の「三菱UFJ銀行」

1位:終日無料の「ゆうちょ銀行」!

手数料無料でつかえる「ゆうちょ銀行」は文句なしで1位です。

三菱UFJ銀行は無料の時間が長いことで2位、クレカ契約で無料化になるみずほ銀行は3位にランクインしました。

振込手数料で比較

相手先にお金を振り込むとき、必ず「振込手数料」がかかります。同じ銀行で同じ支店同士なら無料ですがそれ以外は有料です。とくに他行など相手先銀行との兼ね合いにも注意しましょう。家賃など毎月決まった振込が長年継続する場合は振込手数料が安い・無料の銀行がおすすめです。

三井住友銀行の振込手数料

3万円未満 3万円以上
三井住友銀行同一支店

への振込

現金 216円 432円
 キャッシュカード 無料 無料
三井住友銀行本支店

への振込

現金 216円 432円
キャッシュカード 108円 108円
他行への振込 現金 432円 648円
  キャッシュカード 216円(※108円) 432円(※108円)

(※他行への振込で関西アーバン銀行/みなと銀行/SMBC信託銀行宛に振り込む場合の手数料)

三井住友銀行は同一支店なら無料です。本支店への振込が金額に関わらず一律108円のところはたいへん良心的な部分です。

他行への振込で一部の金融機関に限り108円のままという点も比較的良心的です。

三菱UFJ銀行の振込手数料

3万円未満 3万円以上
三菱UFJ銀行同一支店

への振込

現金 216円 432円
 キャッシュカード 無料 無料
三菱UFJ銀行本支店

への振込

現金 216円 432円
キャッシュカード 108円 216円
他行への振込 現金 432円 648円
 キャッシュカード 270円 432円

三菱UFJ銀行の場合、本支店への振込が3万円以上になると倍額の216円に増額されます。三井住友銀行が金額一律だったのに比べると割高です。

家賃など3万円以上を振り込む場合は注意が必要です。また他行への振込も270円と他の金融機関より54円も高いです。

みずほ銀行の振込手数料

3万円未満 3万円以上
みずほ銀行同一支店への振込 現金 108円 324円
 キャッシュカード 無料 無料
みずほ銀行本支店への振込 現金 108円 324円
キャッシュカード 108円 216円
他行への振込 現金 432円 648円
 キャッシュカード 216円 432円

三菱UFJ銀行と同じ考え方ができます。3万円以上になると割高な手数料になります。

ゆうちょ銀行の振込手数料

ゆうちょ銀行の振込は、他の銀行と名称が異なり同じ振込でも「送金」と「振込」の2種類に分かれます。「送金」とはゆうちょ口座間の振込(電信振替)のことで、他行への振込は「振込」となります。

5万円未満 5万円以上
電信振替(ゆうちょ→ゆうちょ) 80円(月1回無料) 290円(月1回無料)
他行への振込 216円 432円

ゆうちょ銀行同士のでも月2回目以降は表内の手数料が発生します。同銀行支店内が無料の金融機関が多いなかでこれだけは驚きでした、

またゆうちょ銀行同士であっても双方が「振替口座」または「総合口座」をもっていることが条件。さらにATMからの利用は総合口座だけに限られている点も不便です。

ゆうちょ銀行の総合口座保有している相手に月1回の送金を行う。この条件が整って初めてゆうちょ銀行は「振込無料」となることを覚えておきましょう。

りそな銀行の振込手数料

振込手数料 ATM利用手数料
りそな銀行同一支店

への振込

現金 108円 108円
 キャッシュカード 無料
りそな銀行本支店

への振込

現金 324円 108円
キャッシュカード 108円
他行への振込 現金 648円(※324円) 216円
 キャッシュカード 432円(※108円)

(※関西アーバン銀行 みなと銀行 りそなグループ本支店宛の振込手数料)

りそな銀行の強みは「振り込み金額に関わらず手数料一律」なところです。3万円以上の家賃を振り込み続ける場合は他の金融機関の手数料の半額ですみます。

しかし注意すべきは土日祝日の振込。別途「ATM利用手数料」(終日108円~216円)が加算されますので、振込の手続きは平日限定がおすすめです。

【共通】ATM手数料はこのままとは限らない!

ここまで金融機関のATM利用手数料や振込手数料をご紹介してきましたが、バラバラで一貫性がありませんでしたよね。

利用手数料は安いけれど振込手数料が高い、振込手数料は安いけれど無料で使える時間が短いなどまさに「あちらが立てばこちらが立たず」の状態です。

しかし今の状態がいつまでも続くとは限りません。むしろATM手数料はこれからさらに高くなる可能性の方が濃厚です。

金融機関におけるATMは、管理コストが非常に高い存在です。また近年インターネットバンキングが主流となりATMの使用率は下がり続けていますから、いずれはATM機の数を減らすか、利用手数料を引き上げるしかありません。

突然ですがみなさんは「フィンテック」という言葉を聞いたことがありますか?

FinTech(フィンテック)とは、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、金融サービスと情報技術を結びつけたさまざまな革新的な動きを指します。 身近な例では、スマートフォンなどを使った送金もその一つです。フィンテックとは

まだ聞きなれない言葉ですが、これからますますどんどん銀行ATM機は減る傾向にあることがわかりますね。そうなると私たちは銀行ATM だけの手数料に注目するのではなく、コンビニATMやネットバンキングの手数料も比較しておきたいところです。

次の項ではコンビニATM手数料を比較していきます。

コンビニATM手数料で比較(コンビニで入金出金をした場合の手数料)

銀行にいけないときに便利なのがコンビニATMでの入出金。本来行くべき銀行ATMと同じ手数料なのでしょうか?それとも高くなる?それとも安くなる?コンビニATMが主流になっている今、私たちは手数料を支払い続けるしかないのでしょうか?

三井住友銀行のコンビニATM手数料

使えるコンビニ

  • ファミリーマート(E-net)
  • ローソン(ローソン銀行)
  • セブンイレブン(セブン銀行)

利用可能時間:24時間

ファミリーマート・他(E-net) 平日8:45~18:00は108円 

それ以外の時間はすべて216円

ローソン(ローソン銀行)
セブンイレブン(セブン銀行)

三井住友銀行ATMを利用したときと比較すると、きっちり2倍の額がかかります。とくに8:45~18:00の時間帯は銀行ATMなら無料ですがコンビニだと108円が差し引かれます。

利用状況によってはコンビニATMも無料【回数制限4回まで】

三井住友銀行の口座を作るなら、銀行ATMを使わないと確実に損することになります。しかし、三井住友銀行を給与振込口座として利用する、もしくは残高合計は30万円以上などの条件が伴えばコンビニATMでの出金が月4回まで無料になるサービスがあります。

また、「SMBCポイントパック契約口座」を持っている場合にもコンビニATMでの入出金が無料になり、振込時のATM時間外手数料108円も月3回まで無料になります。

三菱UFJ銀行のコンビニATM手数料

使えるコンビニ

  • E-net ファミリーマート・サークルKサンクス・ポプラなど
  • ローソン
  • セブンイレブン

利用可能時間:24時間 ※毎月第2土曜日の21:00~翌日7:00はご利用不可

ファミリーマート・他(E-net) 平日8:45~18:00は108円 

それ以外の時間はすべて216円

ローソン(ローソン銀行)
セブンイレブン(セブン銀行)

三菱東京UFJ銀行のメリットである「土日祝日を含み8:45~21:00まで手数料無料」「それ以外の時間は108円」コンビニではこの2つが完全になくなっています!

特に8時から21時の間は本来無料ですから、コンビニを選んでしまうと216円も差し引かれてしまいます。これはかなりの大損!

三菱東京UFJ銀行はかならず銀行ATMを利用するとキモに命じておきましょう。無料の時間がどこよりも長い、この恩恵をムダにするのは避けたいところです。

利用状況によってはコンビニATMも無料【回数制限3回まで】

三菱東京UFJ銀行では、月10万円以上の給与を受け取りや預金残高30万以上なら月3回までATM手数料が無料になります。または住宅ローン利用、預金残高が500万円以上など(※プラチナステージの場合)でも月3回のコンビニATM利用手数料が無料になります。

どれだけ「三井住友銀行と密着するか」でコンビニATM利用手数料が無料・有料に分かれそうですね。

みずほ銀行のコンビニATM手数料

使えるコンビニ

  • E-net ファミリーマート・サークルKサンクス・ポプラなど
  • ローソン
  • セブンイレブン

利用可能時間:平日24時間/土曜日0:00~22:00/日曜日8:00~24:00

ファミリーマート・他(E-net) 平日8:45~18:00は108円 

それ以外の時間はすべて216円

ローソン
セブンイレブン

利用状況によってはコンビニATMも無料【回数制限4回まで】

みずほ銀行は、みずほマイレージクラブカード(クレジットカード)に入会することで、みずほ銀行ATM・イオン銀行ATM利用手数料が何度でも無料、月4回までコンビニATMの利用手数料が無料となります。

残高30万円の三井住友銀行より敷居が低めなところが大きな利点ですから、契約するときはクレカの契約もぜひ検討してください。

ゆうちょ銀行のコンビニATM手数料

使えるコンビニ

  • E-net ファミリーマート・サークルKサンクス・ポプラなど
  • ローソン
  • セブンイレブン

利用可能時間:毎日0:00~0:05、23:55~0:05は利用不可

ファミリーマート ゆうちょATM  24時間手数料無料
E-net 平日8:45~18:00と土曜日9:00~14:00:無料 

それ以外は終日216円

ローソン 平日8:45~18:00と土曜日9:00~14:00:108円 

それ以外は終日216円

セブンイレブン

ファミリーマートと言えば「E-net」ですが、ファミリーマートの中には「ゆうちょATM」を設置している店舗があります。かつて「am/pm」だった店舗にのみゆうちょATMを設置する方針のため、現在は「ファミマの一部はゆうちょATM」の状態となっています。

設立時からファミリーマートだった店舗にはE-netが設置されています。つまり、同じファミマでも違うATMがあると覚えておきましょう。

ファミリーマートのE-netは、平日8:45~18:00と土曜日9:00~14:00の時間帯が無料です。ローソンやセブンの同じ時間帯は108円ですから、間違ったコンビニを利用しないよう注意が必要です。

りそな銀行のコンビニATM手数料

使えるコンビニ

  • E-net ファミリーマート・サークルKサンクス・ポプラなど
  • ローソン
  • セブンイレブン

利用可能時間:前日24時間 ※毎月第2土曜日23:00~翌日8:00は休止

ファミリーマート・他(E-net) 平日8:45~18:00は108円 

それ以外の時間はすべて216円

ローソン
セブンイレブン

りそな銀行はコンビニATM無料の方法はない!

りそな銀行については、コンビニATMが無料になる特別なプログラムは存在しませんでした。かつて無料だった新生銀行が一部有料化となったことから、今以上のサービス向上は期待できないかも。

コンビニATMの手数料で決める!使える口座ベスト3

3位:条件満たせば月4回無料の「三井住友銀行」

2位:マイレージクラブ加入で月4回無料の「みずほ銀行」

1位:24時間無料店舗ありの「ゆうちょ銀行」

「平日8:45~18:00は108円、それ以外の時間はすべて216円」これが共通する基本ベースです。

その点ゆうちょ銀行は無料の範囲があり、特に旧am/pmファミマに設置されている「ゆうちょATM」なら24時間無料。E-netでも基本の平日8:45~18時の部分も無料があるのはありがたいですよね。

大手3社の「コンビニ手数料無料」については、無料になる条件の「ハードルの高さ」がポイントです。

もっともハードルが低いのはマイレージクラブに加入するだけで4回無料のみずほ銀行が2位に。同じハードルの高さでも回数が4回と1回多いことで三井住友銀行が三菱UFJ銀行を抑えて3位といたしました。

大手銀行と地方銀行のメリットデメリットについて。どちらの銀行口座を作って置けばいい?

大手銀行と地方銀行の違いをご存知でしょうか?大手銀行は、今回挙げた5つの銀行ですが、中でも「メガバンク」と言われるのは三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行の3つです。銀行は大きければ大きいほどメリットが大きいのでしょうか?

大手銀行を選ぶ場合

メリット

  1. 知名度・信頼性の高さ
  2. 顧客数が多い
  3. 店舗・営業所が全国規模・海外にも拠点がある
  4. 破綻の可能性が低い
  5. 証券や投資信託など金融商品が豊富

デメリット

  1. 1つの地域の店舗数が少ない
  2. 利便性が低い
  3. 混雑しやすい

大手銀行のメリットは、第一に知名度の高さと顧客数の多さにあります。

「大きな金融機関と取り引きをしている」(取り引き内容はともかく)ことを企業紹介ページに掲載する会社があるように、取り引きしている事実だけでも企業イメージは向上します。

サラリーマンにとっては、大手金融機関なら全国どこでも・海外に行っても変わらず利用できるのは間違いなくメリットです。給与振込口座を指定するときも「うちは〇〇銀行使えません」と会社から断られることはまずありません。

その反面、店舗数が地方銀行に比べて少ない(密度が低い)ことがデメリットです。1つ1つの店舗は大きくても店舗数が少ないのでお客さんが密集しやすいです。そのためいつも満員状態、口座を開くだけでも順番待ちなんてことも日常茶飯事です。

さまざまな金融商品や革新的なサービス展開については多いに期待できる大手銀行ですが、懇切丁寧にきめ細やかなサービスが受けられるかについても疑問が残ります。インターネットバンキングに誘導する「クールさ」が果たしてどの世代まで受け入れられるでしょうか。

地方銀行を選ぶ場合

メリット

  1. 店舗数が多い
  2. 混雑しにくい
  3. 地域密着型で相談しやすい

デメリット

  1. 地方にしかないので地方転勤後継続して使いにくい
  2. 給与振込対象外のケースもある
  3. インターネットバンキング普及率の低さ

地方銀行のデメリットとしてはインターネットバンキングがない(もしくは内容が薄い)、転勤先で使えない可能性があるところです。極端にローカルな金融機関の場合給与振込み口座として利用できないケースもあります。そういった面での利便性はどうやっても大手に勝つことはできません。

しかし、地方銀行の存在意義は「地域密着型経営」にあります。小型有人店舗を高密度で設置しているため、徒歩で行ける手軽さや間口の広さは魅力です。

これはお年寄りにとっても非常に有効で、年金の受け取りや預貯金の管理などを親身になってお手伝いするアットホームさはメガバングでは得られない「見えないサービス」です。これから私たちが年老いたとき、身近な味方になってくれるのは間違いなく地方銀行です。

 

銀行は規模によって強みが違いそれぞれにメリットやデメリットがあります。これは都銀と地銀の住み分けによる「業務上の違い」ですので、それぞれの強みを顧客側も理解しておくことが大切です。

金融機関選びは自分のライフスタイルや働き方によって正解が異なります。何のために銀行を使うのか、どのようにお金を使うのか、用途に合わせて複数の口座を上手に使い分けることをおすすめします。

銀行口座は一つあれば十分?二つ以上持つ理由ってある?

銀行口座を生活に合わせて使い分けよう!

銀行口座を使い分けるとしたら、大きく3つに分けることができます。

  1. 使う口座
  2. 貯める口座
  3. 増やす口座

使う口座は、給与振込口座でありながら水道光熱費・クレジットカードの引き落とし用に使う生活に密着した口座です。「いくら入っていくら使ったか」が見えるので、家計管理がしやすくなります。

生活に密着している分お金の出入りが活発ですから、ATMの手数料が無料であったり振込手数料が安い銀行を選ぶことが大切です。給与振込指定口座にすることで得られるメリットで比較しましょう。

 

貯める口座は、貯め続けるための口座です。前項でも触れたとおり、ぜったいに手をつけないものとして考え、将来の安心のために保有する「未来に向けた口座」です。

貯める口座は「使う口座」と別銀行である必要ありません給与振込口座から貯蓄口座へ自動振替してくれる「自動積立口座」があるなら1つの銀行にまとめる方が手数料もかからず便利です。

 

最後の「増やす」は、まとまったお金を投資に回すなど「金利」を狙うための口座です。貯める口座にひたすら貯め続けても金利は低いままです。証券口座や外貨預金を取り扱っている銀行に預けることでより高い利回りでお金を増やすことができます。

投資に自信がない、投資に回すまとまったお金がない人でも最低2つの口座を使い分け、かしこくお金と付き合っていきましょう。

最後に

筆者が銀行口座を初めて自分で作ったのは、アルバイトを始めた高校生のときでした。金額は知れたものですが毎月増える通帳を見るたび将来への夢が膨らませていました。しかしそれは学生時代のお話。社会人になるとお金は出て行くばかりでお金はすぐに無くなってしまいました。

お金が貯まらなかった理由、その答えは「お金を1つの口座で管理していたから」です。1つの口座だと使いたいだけ使うことができ、知らないうちに(?)貯金の部分にまでジワジワ手を伸ばしていたのです。

その後筆者は会社で「財形貯蓄」を始め、数年後にはある程度まとまった額のお金を貯めることができました。強制的に天引きされる「財形貯蓄」が、意思の弱い筆者にはぴったりだったのです。

銀行にはさまざまな貯蓄口座があります。自分のライフスタイルだけでなく「性格」に合った口座を見つけることも大切ではないでしょうか。

旅行が趣味で「節約はすべて旅行のため」と考える兼業ライター。旅行で貯めたポイントは生活消耗品代に使っています。最近は地理の奥深さに目覚め、「地理検定」を取得しようとヒマさえあれば日本地図とにらめっこ。わかりやすく・楽しい記事がお届けできるよう、頑張りますのでよろしくお願いいたします!