PiTaPaカードの最大のメリットといえば、やはり「オートチャージ」ではないでしょうか。

2018年秋にはポストペイが主流となり、PiTaPaカードは本格的に「後払い方式のICカード」として進化する予定です!

主に関西エリアで使えるICカードであるPiTaPaは、JR西日本が運営する「ICOCAカード」と台頭する存在となりました。

これからさらに進化するであろうPiTaPaカードですが、今回は「オートチャージ」の利点やさまざまな手続き方法にスポットを当てた記事をご紹介いたします!

 

PiTaPaのオートチャージ設定方法について

PiTaPaカードは、手元に届いた時点では利用可能金額はゼロ円になっています。

「じゃあ初めて使うときは事前にチャージしなきゃいけないのね!」と思ったあなたは、ここで申込み内容を確認してください。

PiTaPaカードを申し込むとき、いっしょにオートチャージを申し込んでいますか?

もし申し込んでいるなら事前チャージは必要ありません。なぜならPiTaPaカード(オートチャージ申込み済み)なら、改札口にタッチした瞬間に一定額が自動的にチャージしてもらえるからです。

まさに「オートチャージ」ですね!

逆に、オートチャージを申し込んでいないならすぐに手続きを行いましょう。大丈夫、オートチャージは後日でも申込み手続きができるのです!

それでは実際の手続き方法を確認していきましょう。

入会時にオートチャージを申し込む場合

これからPiTaPaに申込みをする場合は、入会申込書のオートチャージ欄で「登録する」を選択しましょう。

上記の画面はインターネットでの申込み画面です。個人情報を入力したあとでこの画面が出てくるので忘れずにチェックを入れてオートチャージの申込みを完了させてください。

ちなみにオートチャージできる金額は、カード1枚につき1回2,000円(キッズは1,000円)までとなっており、この金額は後になっても変更することはできません。

入会後にオートチャージを申し込む場合

入会時にオートチャージを申し込んでいない場合は、後日改めてオートチャージの申込みが必要となります。

インターネットでは申し込むことができませんので、PiTaPa利用可能エリア内の主な駅・営業所に確認書類を持って申込みに行きましょう。

必要な書類は以下のとおりです。

  • 本人確認書類(免許証・健康保険症・学生証)
  • 手元にあるPiTaPaカード

オートチャージを申し込みたいカードが複数ある場合、それぞれ設定する必要があるため全てのカードを持って行きましょう。

 

PiTaPaのオートチャージを設定するメリット

使った分だけすべて後払いになる、PiTaPaのオートチャージ。そのメリットは大きく2つあります。

pitapaオートチャージのメリット
  • エリア内でのチャージが不要になる
  • すべて後払いなので残高を心配する必要がない

まず上げられるのメリットは、PiTaPaエリア内での利用分がすべて後払いとなることです。後払いになるということは、たとえ残額がゼロであっても電車やバスに乗れるということですよね。

これまでなら「今日チャージしなきゃ明日会社に行けない!」という心配がありましたが、そのような心配とも一切無縁になります。

家族カードで申しこんだ場合は本会員の口座から全員の使用料金がまとめて引き落とされますので、自分でお金を持つことができない小さなお子さまへの心配も皆無となります。

 

PiTaPaのオートチャージってJRや地下鉄やバス、コンビニ利用などでもオートチャージされる?

オートチャージができるのは「PiTaPa交通ご利用エリア」を走る私鉄とバスです。JRは私鉄ではありませんので、「全国相互利用サービス対象エリア」として区別されるのでJRではオートチャージは行われません。

まとめるとオートチャージが可能なのは以下のとおりとなります。

  • PiTaPa交通エリアを運行する電車の改札機
  • PiTaPa交通エリアを運行するバスの運賃箱

逆に言うならば、JR線は含まれておらずICOCAを利用する改札機ではオートチャージができない(利用は可能)と覚えておくとよいでしょう。

 場所  PiTaPaの利用  オートチャージ
JR 〇(事前チャージが必要) ×
地下鉄
バス 〇(大阪は除く)
コンビニ △(一部利用できない) ×

ちなみにこの表にはコンビニエンストアが項目に含まれていますが、PiTaPaがコンビニで活躍するのはショッピングのときだけでチャージは一切できません。

セブンイレブンやローソンは一部の店舗のみ限定でショッピングの支払いとして利用できます(キッズ用はショッピングに利用できません)。

 

PiTaPaはどのタイミングでオートチャージされるのか?

 

PiTaPaがオートチャージされるのは、残額が1,000円以下(キッズは500円)になったときに「PiTaPaエリア内の改札口を通過したとき」です。

残高が1,000円にならない限りはオートチャージは実行されませんので、あまりPiTaPaを使わないという人も安心ですよね。

オートチャージされた分はすべて入会時に登録した金融機関の口座から引き落としてもらえます。

 

PiTaPaのオートチャージでポイント貯まる?どれぐらいポイント貯まるのか?

PiTaPaはオートチャージした場合にもショッピングと同じようにポイントを貯めることができます。

オートチャージでは1,000円分のチャージをする毎に50ポイントが貯まります。オートチャージで貯まったポイントは500ポイントになった時点で交通費が自動的に割り引かれ、通常よりも安くなった金額が口座から引き落としてもらえます。

貯まったポイントはショッピングに利用できません。そのためクレジットカード付帯のカードに付与されるポイントにはオートチャージ分は含まれていないのです。

 

PiTaPaのオートチャージは口座から引き落とし?クレジットカード払い?

PiTaPaはクレジットカード払いでオートチャージできません。つまり、すべて口座から引き落とされる「現金払い」となります。

たとえクレジット機能が付帯されているPiTaPaであっても、クレジット利用部分とは確実に分けられて引き落とししてもらえます。

(別口座が設定できる会社とそうでない会社がありますのでご注意ください。)

引き落としのタイミングは、各社で指定された日になります。利用機関は毎月1日から末日までの1ヶ月分となります。

 

PiTaPaのオートチャージの解除方法を知っておこう

インターネットではオートチャージを解除することができません。

なんらかの事情でオートチャージ機能を解除したいときは、PiTaPaエリアの主要駅窓口へ行って手続きを行いましょう。

ちなみにオートチャージを解除しても残金が返金されることはありません。

残額が返金されるのは、PiTaPa解約時もしくはカードの有効期限を迎えたときのみとなります。

最後に

PiTaPaのオートチャージは、自動的に「いつでも電車に乗れる状態」にしてくれるとても便利なサービスです!

利用区間はPiTaPaに限られているものの、1度でもエリア内の電車に乗ればオートチャージの恩恵を受けることが可能です。

PiTaPaは、オートチャージ機能を使えば使うほどお得になる優れたICカードです。

自分がどう使うか・どこで使うかで自分にピッタリのカードが選べるバリエーションの豊富さも魅力です。

関西エリアに住んでいて、JR以外の私鉄やバスを利用するならこれ以上のICカードは存在しないのではないでしょうか。