どことなく格調高いアメックスカードは、他のクレジットカードと同様に「リボ払い」を利用する事ができます。

しかしリボ払いというのは、よく知らないで利用すると、思わぬ「落とし穴」にはまってしまうこともあるのです。

たとえば金利手数料の存在やリボ払いの仕組みを知っておくだけで、リボ払いの落とし穴を回避できるだけでなく、リボ払いをもっとお得に活用することができるのです。

今回の記事では、アメックスカードのリボ払いについて、そして金利手数料と支払い総額は具体的にどのくらいになるのかというのをまとめてみました。

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

 

アメックスカードでリボ払いを利用すると金利手数料はいくら?実際に支払総額を計算してみた

リボ払いについて確認しておこう

本題に入る前に、まずは「リボ払い」について確認します。

「なんとなく難しそうで使ったことがない」という人や、「使っているけどどんな仕組みなのかよく知らない」という人はここではっきりさせておきましょう。

リボ払いとは、「毎月の支払い金額をほぼ一定にできる」という支払い方法です!

たとえば5万円のショッピングを月々5千円ずつ支払うことができたりします。

これは一見、分割払いのようにも見えますが、分割払いは「回数」を決めることで月々の支払い金額が決まります。

それに対してリボ払いは、「金額」を決めることで総支払い回数が決まることとなります。

アメックスカードのリボ払いの金利手数料は何%?

アメックスカードは、現在はショッピングのみとなっています。(※キャッシングサービスは2012年に終了しました。)

ショッピングのリボ払いを利用した場合の金利手数料は14.9%となっています。

これは「実質年率」であるため、1年間リボ払いを利用した場合の利率になるということになります。

実際の金利手数料は「利用残高」と「支払い期間」によって決まります。

アメックスカードのリボ払いの支払い総額を計算してみよう

それでは、リボ払いを利用するとどのくらいの金利手数料がかかって支払い総額はいくらくらいになるのか、シミュレーションしてみましょう!

アメックスカード公式サイトの「リボ払いお支払いシミュレーション」を利用してみました。

5万円のショッピングを月々3千円でリボ払いした場合の支払い総額

アメックスカードの場合、リボ払いの月々の支払い額は「リボ利用残高10万円ごとに3千円」と決められています。(この支払い金額は一時的に増額することもできます。)

月々3千円ずつ支払った場合、支払い総額は55,995円、そのうち金利手数料は5,995円ということになりました。

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

 

こういう時にリボ払いはおすすめ!

金利手数料と支払い総額がわかりましたが、これをよりお得にする方法があります。

以下のような利用方法がおすすめです。

  • 短い期間で利用する
  • ボーナスなど臨時収入での繰上げ返済を予定に入れて利用する
  • 一括払いにしたものを変更したい時に利用する

ではひとつずつ確認してみましょう。

短い期間で利用する

リボ払いの金利手数料は「利用残高」と「支払い期間」によって計算されるため、支払い回数が多いほど、つまり支払い期間が長いほど、金利手数料の額も大きくなります。

少額のリボ払いであれば支払い期間も短く済むため、金利手数料もさほど大きな金額にはなりません。

ボーナスなど臨時収入での繰上げ返済を予定に入れて利用する

また、リボ払いの「増額」や「一括返済」もすることが可能です!

こうすることによって前述したような「短い期間」での利用となり、金利手数料を最小限に抑えることができるのです。

増額や一括返済などの手続きは会員サイトやカード裏面に記載されているサービスデスクですぐに手続き可能です。

手順はこちらを参考にしてください。

  1. 会員サイトへログイン
  2. 「口座振替金額の変更」ボタンをクリック(金額変更ができる期間は毎月決まっています。それ以外の期間にはこのボタンは表示されていません。)
  3. 増額の場合は「ご指定金額」を、一括返済の場合は「締め日残高全額」をチェック
  4. 振替口座と金額を確認して「設定する」ボタンで完了!

一括払いにしたものを変更したい時に利用する

アメックスカードのリボ払いには「あとリボ」というサービスがあります。

たとえば1回払いでショッピングをした後でも、それをリボ払いに変更することができるのです!

なんとも便利なサービスではありませんか?

「思ったより使いすぎちゃって支払いが不安…」という時にも安心です。

手続きは会員サイトまたはサポートデスクに連絡して行いましょう。

会員サイトでの手順はこのようになります。

  1. 会員サイトへログイン
  2. トップページから「ご利用状況」→「ご利用履歴」をクリック
  3. ページ右下の「各種変更を申し込む」をクリック
  4. 増額の場合は「ご指定金額」を、一括返済の場合は「締め日残高全額」をチェック
  5. 振替口座と金額を確認して「設定する」ボタンで完了!

とても手軽に手続きができるので、余裕がある時は増額したり一括返済も考慮に入れてみてください。

リボ払いの落とし穴!こういう使い方はなるべく避けよう!

さて、冒頭でもお伝えしたように、リボ払いにはよく知らないことによってはまってしまう「落とし穴」があります。

こちらでご紹介しますので、気をつけてみてください。

支払い回数が長い

繰り返しになりますが、リボ払いには金利手数料が発生するため、支払い期間が長いほど金利手数料の額も大きくなってしまいますよね。

アメックスカードのリボ払いの場合、月々の支払い金額は利用残高によって自動的に決められてしまいます。

月々の支払いは3千円や6千円だったりしてさほど負担にならないとはいえ、それを長い間続けた場合、金利手数料はかなりの金額になっている可能性があるのです…。

利用の都度、もしくは定期的に、「金利手数料と支払い総額がどのくらいになっているのか」を確認しておくと安心ですよ。

無計画に利用する

リボ払いのもっとも怖く、もっとも「はまりやすい」落とし穴は、「金利手数料が知らない間に莫大な額になっている」ということです。

アメックスカードのリボ払いは「利用残高10万円までは月々3千円」ということで、10万円に届くまではいくら利用してもずっと月々3千円です。

たとえば10万円のリボ払いをシミュレーションしてみました。

金利手数料は28,694円となっています…!

もはや元金10万円の1/4以上となっていますね。

支払い期間中に追加で利用した場合、それもどんどん積もり積もっていき、結果、「いつまでも支払いが終わらない」ということも有り得ます。

金利手数料は一体いくらになっているのだろうと思うと、ゾッとしますよね…。

これはなんとしても避けたい落とし穴です。

それでもリボ払いはとっても便利

しかしながら、リボ払いは使ってみるとわかるように、非常に便利です!

思いがけず出費がかさんでしまったとしても、リボ払いを活用すれば支払日にきちんと支払いができるようになります。

クレジットカードを利用する上で「支払い遅れ」はいろいろな悪影響を及ぼしますが、そんな時にリボ払いは最後の砦として働いてくれます!

また、月々の支払いを計画的にすることができるというのも大きな魅力なのではないでしょうか。

最後に

アメックスリボカードのリボ払いについてご紹介しました。

現在アメックスカードはキャッシングサービスを終了しているため、「ショッピング」のリボ払いについてお伝えしています。

ショッピングのリボ払いについては利用残高10万円までは月々3千円の支払いとなり、利用残高が10万円増えるごとに支払い金額も3千円ずつ増えていきます。

金利手数料の実質年率は14.9%で、この利率と利用残高と利用期間を元に金利手数料が計算されます。

リボ払いの利用の鉄則は、「短く」「計画的に」です!

支払い期間が長くなればなるほど、金利手数料の金額も増え続けてしまいます。

くれぐれも金利手数料や支払い総額のことを見据えた上で、支払い額の「増額」や「一括返済」なども計画的に活用してみてください。

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

給料日まで間に合わないかも…支払いが遅れそう…少しだけ支払日が過ぎちゃった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?