クレジットカードの限度額をもっと伸ばしたいから増額の申し込みをした。けど審査に落ちてしまった・・・

なぜ増額審査に落ちてしまったのか原因がわからず困っていませんか?

実は限度額審査にはある基準があり、その基準を満たしていないと審査に通過することはかなり難しいです。

まずは落ちてしまった原因を理解するために増額審査の基準を確認しておきましょう。


▶限度額増額するよりも確実に増枠できる方法とは?

クレジットカードの限度額増額審査に落ちる理由

1.過去にカードの支払いが遅れたことがある

クレジットカードの引き落とし日に預金残高が足りなくて引き落としできなかった。

カードの支払いを待ってもらったことがある。

カードの支払いを少し遅れてしまい指定された口座に直接振り込んだ。

というように、カードの支払日に確実に支払いができていない場合は、増額の審査に落ちる可能性が高くなります。

1回だけ遅れたことがある程度なら審査に悪影響が出にくいですが、何度も延滞したことがある、支払いの滞りが常習化している場合は深刻です。

限度額の増額をする前にまずは現段階の限度額分の範囲内で使った分に関してちゃんと支払いをできるように家計管理をしましょう。

2.カードを発行してから6か月未満

クレジットカードを発行してから6か月未満の状況で限度額の増額審査の申し込みをしても、審査に落ちる場合があります。なぜならカードの利用履歴が少ないので審査通過にふさわしいかの判断ができないからです。

ちゃんとカードを利用してくれる人なのか、ちゃんと滞りなく支払いできる人なのか、どういうところでカードを使うのかなど、あなたのカートの利用明細や利用履歴をチェックし審査します。

利用期間が短いとその判断ができないため審査に落ちてしまいます。まずは最低でも半年以上はカードを利用し続けましょう。カードを使わずに半年間持っておくだけでは意味ありませんよ。

3.勤続年数が短い

就職したばかり、転職したばかり、再就職したばかりという状況では、収入が今後も続くかどうかの判断が難しくなります。勤続年数が短い人は、仕事を転々としている人という印象を受けやすくなり、収入が安定しないということで審査に落ちることがあります。

勤続年数も6か月以上が目安となります。限度額の増額審査の申し込みは今の職場で働き始めてから半年後にしましょう。

4.リボ払いの支払額がたくさん残っている

リボ払いの残高が多く残っている状態で増額審査の申し込みをすると、審査に落ちる可能性があります。

リボ払いは月々の返済額を調整できるので家計の負担を減らすことができる便利な機能ですが、それに甘えて月々の返済額を落とし過ぎると、リボ払いの残高が減らずに溜まりっぱなしになります。

  • 限度額30万円
  • リボ払い利用額25万円
  • リボ払い毎月の返済額1万円
  • 毎月カードの利用額1~2万円

こういう状況になっていると審査が危うくなります。

返済額は1万円なのにカードの利用額が1万円を超えているということは、返済をする姿勢が伺えないため返済能力が低いと判断される可能性があります。

限度額の増額は、まずリボ払いの残高を減らすことから、返済を終えてから申し込みしましょう。

5.無職

仕事が無い状況で限度額の増額の申し込みをしても審査に通過しない可能性があります。やはり安定した収入の無い人に高い限度額を与えることは難しいです。

アルバイトやパートなど安定した収入を獲得できる状況になってから限度額増額の申し込みをしましょう。

クレジットカードの限度額増額の審査通過に必要な基準

1.カード発行してから6か月以上の利用実績

限度額増額の審査通過に必要なのはカードの利用実績です。

最低でも6か月以上クレジットカードを使い続ける必要があります。どんな支払いにカードを使っているのか、毎月の利用額はどれぐらいか、支払いは遅れずに確実に引き落としできるか、という実績が残っていると審査を有利に持っていくことができます。

2.支払いが滞らずちゃんと返済できている

最も重要と考えるべきポイントは、支払いの延滞をしないことです。

延滞なく遅延なく確実に支払いができている状況が続けば続くほどカード会社からの信用も積み重なります。

毎月の支払額はどれぐらいになるのか、引き落とし日はいつになるのか、銀行口座の預金残高はいくらになっているのか、毎月必ずチェックする習慣をつけましょう。

3.他のカードもちゃんと利用する

例えば、楽天カードとイオンカードとオリコカードの合計3枚のカードを所有しているとします。

楽天カードの限度額増額をしたいからといって、楽天カードを最優先に考えて支払いをして、イオンカードやオリコカードは支払いが遅れてもいいや、というのはNGです。

限度額増額の審査では、申し込みのあったカードの利用実績を確認するのはもちろんですが、他に所有しているカードの利用実績も確認されることがあります。

楽天カードでは延滞記録がゼロだとしても、オリコカードで支払いの滞りが常習化していては審査に悪影響を与えてしまいます。

所有しているカードすべての返済に常に気を使って利用しましょう。

4.「限度額ギリギリまで使う⇒確実に支払う」を繰り返す

限度額増額の審査をより有利に運んでいくためには「限度額ギリギリまで使う⇒確実に支払う」というサイクルを続けると良いです。

限度額の増額をしたいということは、今の限度額の範囲内では足りないからという理由が自然ですし、問題なく支払いができるのであればカード会社も安心して限度額を引き上げてくれます。

支払い能力の高い人はそれだけ限度額も増額しやすくなります。

それをカード会社にアピールするために、毎月限度額ギリギリまでカードを使って支払いは遅れず確実に済ませるように実績を作ると良いです。

もし限度額増額の審査に落ちてしまったら…

もし限度額増額の審査に落ちてしまったら、次の増額審査の申し込みは半年後にしましょう。

審査に落ちたことに納得がいかないからといって何度も申し込みをしてしまうと、不信感を与えてしまい余計に審査に不利になります。

審査に通過しても信用情報にキズが付いたり記録されたりすることは無いのでご安心ください。

審査に落ちたということは今回お伝えしたことが原因となりますので、まずは半年間利用実績をしっかり積むように行動を開始していきましょう。

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い