今回の記事ではYahoo!JAPANカードについて「Yahoo!JAPANカードの支払いが遅れた場合はどうすればいいのか?」ということについてお伝えします。

Yahoo!JAPANカードは『VISA』『Master』『JCB』というクレジットカードの3大ブランドを発行しています。

年会費永久無料、Tポイント付帯など、幅広い世代が非常に利用しやすいカードで、多くの方に親しまれています。

年会費が無料のため、『○○万円利用すれば年会費無料に!』などの使用条件がなく、放っておいても維持費がかからないクレジットカードです!

そのため、クレジットカードの詳細を知らずに使用している人は多いのではないでしょうか?

  • 「いつの間にか利用額が多くなってしまった!」
  • 「今月の請求額、支払うの無理!!」
  • 「支払いが遅れてしまった…。どうしよう?どうなるの?」

という状況になったときに落ち着いて対応できるようにしておきましょう!

クレジットカードそれぞれ、提供しているサービスは異なりますが、支払いが遅れそうな場合、遅れた場合などの対処法は共通する部分が多くなっています。これからずっとクレジットカードを利用するのであれば、万が一のトラブルに対処する方法を知っておくのは必須、不安を消すには対処法を知っておくのが一番効果的です!

クレジットカードは直訳で「信用券」です。

「ま、何とかなるだろう」と放置して遅延を繰返していると、信用情報機関に「ブラックリスト」として登録されるリスクもあるので、そんなことにならないように、知識をつけて余裕を持って対処してください。


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

1:支払日に間に合わないかも…事前に遅れそうとわかってたら何をしておくべき?

まず「支払いに間に合いそうな場合どうしたらいいのか?」についてお伝えします。

クレジットカードの悩み、トラブルで一番多いのがこの「支払いが間に合わないかも!」という問題です。

「間に合わないかも!」という状況になると、支払いのことで頭がいっぱいになってしまって仕事やプライベートまで影響が出てしまう、なんてことにもなりかねません。

そんなとき、頭の中で支払いが遅れそうな対処法が整理されていて、やるべきことが分かっていれば余裕をもって行動することができます!

利用しているカードの『締め日』と『支払日』を把握する!

『締め日』とは「あなたは今月○○円利用しました」という金額が確定する日。『支払日』はと支払いが確定した金額が実際に口座から引き落とされる日です。

まず行なうべきことは、あなたが使っているクレジットカードの『締め日』と『支払日』を把握することです。Yahoo!JAPANカードでは種類によって支払日が異なるカードが存在します!!

カード発行元 発行ブランド 締め日/支払日
ワイジェイカード株式会社 VISA,Master,JCB 月末締め/翌月27日払い
株式会社ジェーシービー JCB 15日締め/翌月15日払い

ややこしいですが、JCBカードは

  • ワイジェイカード株式会社が発行するJCBカード
  • 株式会社ジェーシービーが発行するJCBカード

に分かれます。

株式会社ジェーシービーが発行するJCBカードは『旧JCBカード』と呼ばれており、2016年に新規発行の申し込みは停止されています。

ですが、発行が可能な時期に発行して、今現在『旧JCBカード』を利用している人は、お使いのクレジットカードの有効期限が切れるまで使用することができるので、今現在でも『旧JCBカード』を利用している人はいます。

ですので、事実上、Yahoo!JAPANカードでは

  • 月末締め/翌月27日払いの『新JCBカード』
  • 15日締め/翌月15日払いの『旧JCBカード』

の二つが存在することになります。

自分が持っているカードがどちらなのかは、カードの裏面に発行元の会社名が書いてあるので確認してください。

※この記事では、月末締め/翌月27日払いの『新JCBカード』に沿ってお伝えさせていただきます。

支払いまでの一連の流れを把握する!

次にYahoo!JAPANカードの支払いまでの一連の流れを把握しておきましょう!

  • 「いつ請求金額が決まるのか?」
  • 「いつ支払うのか?」
  • 「請求金額は変更できないのか?」
  • 「変更できるとしたら、いつ頃までなら申し込みができるのか?」

などを知るためにもこの知識は必須です!

Yahoo!JAPANカードの一連の流れは下記の通りです。

①毎月月末:締め日

②毎月12日:請求金額の『仮確定日』

③毎月20日または15日:請求金額の『確定日』

④毎月27日:支払日

①毎月月末:締め日について

ワイジェイカード株式会社が発行するカード「VISA,Master,JCB」は全て月末締め/翌月27日払いです。

例えば4月1日〜30日に利用した利用金額は5月27日の支払いになります。

締め日のカード利用は注意!

締め日の月末にカードを利用すると、翌月の支払いになると考えるのが普通ですが、必ずそうなるというわけではありません。

例えば4月30日に「5月の支払いは余裕があるから、今日の内に買い物をしよう!」と月末にクレジットカードをとあるショップで利用したとします。しかし、カードを使用したショップからワイジェイカードへカード利用のデータが送られるのが遅れることがあります。

「4月30日にカードを利用したはずなのに、利用履歴を見ると5月1日だった!」ということも有り得ます。5月1日になると、その分の利用額は翌月の6月27日に請求が来るので、「こんなはずじゃなかった!」ということにもなりかねません。ですので、月末の利用の際は注意してください!

②『仮確定日』について

『仮確定日』とは「今月分のお支払いは○○円ですが、大丈夫ですか?」という請求金額が仮確定する日です。

Yahoo!JAPANカードでは仮確定日は毎月12日で、クレジットカードを申し込む際に登録したアドレスに「ご請求予定金額のご案内」という件名でメールが届きます!

また、ネット上で見ることができるカード会員のサイトでは仮確定の金額と、支払日が確認することができます。

この段階では支払い金額を変更することができます!!※変更方法の詳細については後述します。

③『確定日』について

『確定日』とは「正式な請求金額が決定しました。27日に○○円が引き落とされます。」ということが決まる日です。

利用者へのメール通知はなく、確認したい場合は利用者は自ら会員サイトで確認することができます。
※お支払い口座(登録金融機関)によっては15日が確定日になることもあります。

④『支払日』について

『支払日』は毎月27日ですが、27日が土・日・祝日の場合は翌営業日になります。

例えば27日が土曜日、翌週の月曜日が祝日などの場合は、火曜日に支払いが行なわれます。そうすると27日(土)、28日(日)、29日(月)、30日(火)のように通常の支払日から3日間支払いが延期されるため、口座に残高を準備する時間が多くなります!

ゴールデンウィークや年末などの長期休暇が27日に重なりそうな場合は要チェックです!

 

対処法1:支払いが遅れそうな場合の対処法!

Yahoo!JAPANカードの支払日と、ヤフカードの一連の流れを理解できたら、支払いが遅れそうになった場合の対処法です!先述の通り、Yahoo!JAPANカードを含めたクレジットカードは『仮確定日』から『確定日』の間に請求金額を変更することができます!

  • 「今月は支払がキツいな…」
  • 「来月は臨時の出費があるから今月は出費を抑えたい!」
  • 「急な出費で支払ができなくなった…」

という様々な理由があると思いますが、その場合の対処法をお伝えします!

確定日までに『あとリボ』を申し込む!

Yahoo!JAPANカードでは1回払いで支払ったカード利用を、後からの申し込みで『リボ払い』に変更することが可能です。『リボ払い』とは金額を設定して、その金額分+手数料を毎月に分けて支払う方法です。

『リボ払い』での支払最低金額は5000円からです。

利用残高 支払元金
200,000円以下 5,000円
200,000円を超える場合 10,000円

例えば5万円の利用残高が残っていて、それを『あとリボ』に変更したとします。

そうすると、支払うのは5,000円+手数料を利用元金5万円の支払が終わるまで支払うことになります。
「支払日に一気に5万円を支払うのはキツい…」という場合には有効活用できるサービスです。

リボ払いの手数料はいくら?

Yahoo!JAPANカードにリボ払いの利用手数料は年率18%です。

手数料の計算式は

前月末でのリボ払い残高×年率18%÷12ヶ月

ですので、例えば4月末に利用残高が5万円でリボ払いを利用した場合は5,000円+手数料の支払になり、実際の金額は以下の通りになります。

支払日 初回 二回目 三回目以降
支払元金 5,000円 5,000円 以降計算式は同じ
手数料 50,000×18%÷12
=750円
45,000×18%÷12
=675円
弁済金 5,750円 5,675円
申し込みはいつまでOK?

『あとリボ』の申し込み期限は毎月20日の22時までです!

※ただし、下記の表にない銀行口座を引き落とし先に登録している方は毎月15日の22時まで、銀行口座を登録せずに振込による支払を行なっている人は毎月10日の22時までです!

『あとリボ』が申し込み可能な口座(クリックで開く)
『あとリボ』が適用されるのはいつから??

『あとリボ』が適用される時期ですが、支払月の5日までの申し込みでその月の27日から、支払月の6日〜20日に申し込むと翌月の27日からのリボ払いになります。

ですので、「今月の支払がヤバい!!」という方は支払月の5日までに申し込むことができれば、当月の支払はリボ払いに変更した金額で支払うことができます。

 

例えば、5月分の支払額が5万円で、「6月27日に5万円を支払うのが厳しい」と分かれば、6月5日までに『あとリボ』を申し込みます。そうすると6月27日の支払分は5,000円+手数料に変更されます。

一方で6月6日〜20日の間に『あとリボ』に申し込むと、翌月の7月27日も支払から5,000円+手数用の支払が始まります。

『あとリボ』申し込むには?

Step1:Yahoo!JAPANカードのサイトで会員サイトに入る


Step2:パスワードを入力する


Step3:利用しているカードをクリックする


Step4:カード会員サービスメニューから『リボ払いへの変更』をクリックする


Step5:リボ払いにしたい項目にチェックを入れて『確認画面へ』をクリックする


Step6:確認後、『申し込む』をクリックする

電話で『あとリボ』申し込むには?

電話での申し込み方法は明記されていません。

ですので、電話で申し込みたい場合は、クレジットカードを手元に用意して問い合わせセンターに連絡してみましょう。

問い合わせ内容 問い合わせ先 問い合わせ時間帯
Yahoo! JAPANカード
全般に関するお問い合わせ
0570-058200 24時間年中無休
(自動音声案内)

1度『あとリボ』に登録しても、のちに余裕ができたときに「おまとめ払い」というサービスで一括して支払うことができるので、「今月は厳しい!」という時は有効に活用していきましょう!

対処法2:支払が遅れることが確定した時の対処法!

「もう請求金額が確定してしまって変更ができない…」そういった場合はどうしたらいいのか?の対処法です。

①友人や親族に必要な分だけ借りる

まず行なうべきなのは「いくら足りないのか?」を明確にすることです!そしてその金額が分かったら親族や友人に相談してみましょう。伝えるべきなのは

  • なぜ足りなくなったのか?
  • いくら足りないのか?
  • 貸してもらえた場合、いつ返済するのか?
  • 返済できる理由、根拠は何なのか?

の説明がキチンとできるようにしておきましょう。

②キャッシングローンで必要な分だけ借りる

お金のことなので親族や友達に相談し辛かったり、相談しても100%貸してもらえるというわけではありませんよね。

そのため、最終手段として『キャッシングローン』を考えましょう。

Yahoo!JAPANカードや他のクレジットカードのキャッシング枠を利用して、コンビニのATMなどからすぐにお金を借りることができます。しかし、勘違いしてはいけないのはキャッシングローンも同じように次の支払から支払が発生するということです!

キャッシングローンでは借りる金額によって、支払う元金が決まっています。

ご利用残高 毎月の支払元金
200,000円以下 10,000円
200,000円超~1,000,000円以下 20,000円
1,000,000円超 40,000円

例えば、請求金額が確定する4月20日に「今月の支払に5万円足りない!」と気づき、キャッシングで5万円をローンしたとします。

そうすると、4月27日の支払分は借りた5万円でまかなうことができます。
そして翌月の5月27日から4月1日〜30日までの支払分に加え、キャッシングローンの返済分1万円+利息が上乗せされることになります。

ケースバイケースですが、「どうしても今月の支払が足りない!」という場合の緊急対策としてはキャッシング枠を上手く活用することで十分余裕をもった支払にすることができます。

ATMでキャッシングを行なう場合

キャッシングを行なうにはクレジットカードを持って銀行やコンビニのATMに行き

  • 暗証番号の入力
  • 利用額の入力
  • 返済方法の入力

を行なうだけです。

※利用金額は10,000円単位になります。

①キャッシングが可能な提携先『銀行ATM』

  • 東京三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • セブン銀行
  • 近畿大阪銀行
  • 広島銀行
  • 福岡銀行
  • 親和銀行
  • 西日本シティ銀行
  • 熊本銀行
  • イオン銀行
  • ゆうちょ銀行
    ※福岡銀行、熊本銀行はリボルビング払いのみのお取扱い

②キャッシングが可能な提携先『コンビニATM』

  • セブン銀行ATM
  • ゆうちょ銀行
  • イオン銀行
  • コンビニATM E-net
  • ローソンステーションATM
  • BankTime
ネットからキャッシングを行なう場合

自らATMにキャッシングを行なう方法とは別に、ネット上からキャッシングを行なう方法もあります。

パソコン・スマートフォンから申し込みを行い、登録口座にキャッシングした金額が振り込まれる方法です。

メリットとしては

  • 24時間申し込みが可能
  • 振込手数料が無料
  • 最短数分での振込

というメリットがあります。ATMに行く必要がないので時間がない人には有効な手段です。

利用方法

Step1:会員サイトの『ネットキャッシングのお申し込み』を選択


Step2:借入れ金額、支払い方法、暗証番号の入力後、『確認画面』をクリック


Step3:詳細を確認後、『申し込む』をクリック

振り込まれるのはいつ?

ネットキャッシングで申し込んだ場合、振り込まれる時期は以下の通りになります。

お申し込みのタイミング お振り込みのタイミング
登録口座がジャパンネット銀行以外 登録口座がジャパンネット銀行
平日 0:00〜8:59 当日9:00以降 最短数分でお振り込み
9:00~14:49 最短数分でお振り込み
14:50~23:59 翌営業日9:00以降
金融機関休業日
(土・日・祝日)
0:00〜23:59 翌営業日9:00以降
キャッシングの利息は?

キャッシングの利息は年率18%で、日割り計算されることになります。計算式は以下の通りです。

融資金額×年率18%×経過日数÷365日(閏年の場合は366日)

例えば4月20日に10万円を借り、1万円づつの返済を行なうとすると以下のようになります。

支払日 初回(5月27日) 二回目(6月27日) 三回目以降
支払元金 10,000円 10,000円 以降計算式は同じ
手数料 100,000×18%×37÷365
=1,824円
90,000×18%×31÷365
=1,375円
弁済金 11,824円 11,375円

上記の様に金額に応じて利息が高くなるので、必要な分だけ借りて、計画的に利用して行きましょう!

 

2:支払い遅れてしまった!こんな時はどうすればいい?

次に、「支払日である27日に支払ができなかった!」という場合の対処法についてお伝えします!

Yahoo!JAPANカード利用者がするべき対処法たった1つ!『電話する』です!

無視してると「督促状」と「振込用紙」が送られてきますが、その間にも『遅延損害金』という罰金が増え続けていきます。ですので、Yahoo!JAPANカードが設置しているコールセンターへ自ら電話を掛け、振込先の口座番号を確認しましょう。

他のクレジットカード会社では『再引き落とし』という引き落としができなかった場合、自動的に再度引き落とされる日がある場合もありますが、Yahoo!JAPANカードには再引き落とし日はありません!つまり、自分で行動しなければ引き落とされることはなく、『遅延損害金』が増えていきます!!

クレジットカードを手元に用意して下記の電話先へ電話しましょう。

支払が遅れてしまった場合の電話先

電話先 電話番号 対応時間
ワイジェイカード
コンタクトセンター
0570-058200
(自動音声サービス)
24時間365日対応
ワイジェイカード
カスタマーセンター
0570-005040
※一部利用できない場合
092-303-2200
8:15~20:40

コンタクトセンターでは自動音声サービスによる案内になります。

音声案内では「遅延した場合の振り込み口座」という案内はなく、「3.カード利用金額の照会」を選択することで案内を受けることができます。

「振り込む日にち」をダイヤル4桁で選択。
例えば5月8日だと「0508」。

「この日でいいですか?」という確認。

遅延損害金の金額

振り込み口座の詳細

という順番で案内されるのでメモ帳を持ってしっかりと聞き取ってください!

再度お伝えしますが、Yahoo!JAPANカードの場合、遅延すると自ら行動しない限り自動的な引き落としはないので、すぐさま電話して振込先を確認しましょう!

3:もし支払いが遅れたらどんな悪影響がでる?

先にも書きましたが支払を遅延することで『遅延損害金』などのデメリットが発生します。

しかし、実際のところ『遅延損害金』は利用金額が小額の場合はそんなにダメージはありません。

「なんだ。たったこんだけか。じゃあまだ支払は延滞しとこう。」と考えるのは絶対にダメです!!
次は支払いを遅延した場合のデメリットについて詳しくお伝えします。

デメリット1:信用が損失する

クレジットカードは信用があって初めて成立するシステムです。

「この人は信用ができない」とクレジットカード会社に思われた場合に被るデメリットはハンパなものではありません!

  • 利用限度額の増額ができなくなる
  • 利用限度額の減額されてしまう
  • 遅延金返済するまでカードが利用できなくなる
  • 新規カード申し込みができなくなる
  • カードの更新ができなくなる
  • 各種審査が厳しくなる
  • カード利用を強制的に解除されてしまう

などなど、

  • 「何日遅れると○○になります!」
  • 「○○円延滞するとこうなります!」

という明確な基準は公表されておらず、あくまでもクレジットカード会社の裁量に委ねられるので、遅延してしまった場合は迷わず電話をして、返済の意志があることを伝えましょう!

デメリット2:遅延損害金が発生する

一日でも支払が遅れると、『遅延損害金』が発生します。遅延損害金の計算式は以下の通りです。

借入残高×遅延損害金利率÷365日(366日)×返済日からの経過日数

「遅延損害金利率」は法律にのっとって設定されているので、法外な金利を取られることはありません。しかし、だからといって先延ばしにすると、別のデメリットに波及するので注意しましょう!

デメリット3:信用情報機関に履歴が残る

『信用情報機関』とはYahoo!JAPANカードとは別の第三者機関です。

日本では

  • 全国銀行個人信用情報センター
  • CIC
  • JICC(日本信用情報機構)

と呼ばれる信用情報機関があり、クレジットカードでの利用に問題があると、クレジットヒストリーというあなたの利用遍歴が信用情報機関に残ります。

そうすると、Yahoo!JAPANカードのみならず、別のクレジットカード会社も、クレジットカード審査やローン審査の場合、「この人は信用できる人だろうか?」という調査をする時に信用情報機関の情報を参考にします。

ですので1つのクレジットカードで支払延滞などの問題を起こすと、その後の各種申請の際に審査の通過が難しくなります!

1,000円でも1円でも同じく『延滞』という扱いになるので注意しましょう!

すぐにブラックリストになる?

散々デメリットをお伝えしましたが、支払が遅れたからといって、すぐにカード利用が停止になったり、ブラックリストになることはあまりありません。

信用情報機関の基準では「2ヶ月以上(61日以上)の遅延があった場合」にブラックリストに追加されると言われています。ですので、もし支払いを延滞してしまった場合はとにかく迅速に支払を済ませるようにしましょう。

これはあくまでも基準ですので、何度も延滞を繰返していたり、支払を無視していたりすると、ある日突然ブラックリストになることもあります。詳細は公表されませんが、信用情報機関に自分の情報がどのように記載されているか知りたい場合は1,000円を支払うことで情報開示の請求を行なうことができます。

クレジットヒストリーは一生消えない?

クレジットヒストリーにキズがつくと、後の各種審査に影響が出ることは先ほどお伝えしました。そうすると「いつそのキズ(履歴)は消えるの?」という疑問が出てくると思います。

まず、大前提として、1度クレジットヒストリーについた履歴は自ら消去することはできません。

つまり、「今回は素早く支払いました!」という行いをしたからといって「じゃあいいよ、この前のことはなかったことにしてあげる」という風にはならないということです。

自ら履歴を消すことはできませんが、一定の期間が過ぎると自動的に消去されます。

 信用情報機関  概要  事故の解消から履歴が消えるまで
(支払い延滞)
全国銀行個人信用情報センター  全国銀行協会が設置、運営している個人信用情報機関。銀行系の信用情報機関。  5年
 CIC  割賦販売法および貸金業法の両業法に基づく指定信用情報機関。クレジットカード系の信用情報機関。  5年
 JICC(日本信用情報機構)  貸金業者系の信用情報機関。信販会社によるクレジットカード、キャッシング系の信用情報機関。  1年

健全にクレジットカードを利用したい場合はこのことを念頭に入れて注意して使用していってください!

 

4:まとめ

今回の記事をまとめると

「支払日に間に合わないかも」という時の対処法は?

  • 仮確定期間中に支払金額を変更できる
  • 支払金額を変更するには『あとリボ』を利用する
  • 請求金額が確定してしまった場合はお金を借りる
  • 親族、友人などに必要な分だけ借りる
  • キャッシング枠を利用してネットorATMで借りる

「支払い遅れてしまった」という時の対処法は?

  • コールセンターに電話する
  • 再引き落としはないので、自ら振り込み先を電話で聞く

支払いが遅れたらどんな悪影響がある?

  • カードの利用に制限がかかる
  • 最悪の場合は強制的にカード利用が解除される
  • 遅延損害金が発生する
  • 信用情報機関に履歴が残る
  • 他のローンや各種審査が通りにくくなる

クレジットカードが利用できるのは満18歳以上ですが、クレジットカードを利用したことがない人であれば「支払を忘れてしまった!」という失敗は人生の中で1度は起きることです。もちろんクレジットカード会社も何百万人という利用者を抱えているので、そんなトラブルは日常茶飯事です。

支払が遅れてしまって「怒られるかも。。。」「目を背けたい…」と思ってしまうかもしれませんが、クレジットカード会社の人は親切に対応してくれます。目を背けていたら余計にデメリットが増えていくので、早々に対応し、計画的な利用サイクルを取り戻していきましょう!


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

↑一番最初に戻ってもう一度読み直す↑

当サイトが推奨しているクレジットカード

最大10000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式ページへ移動します

もう焦らなくて大丈夫です

審査に落ちてもすぐ申込み可能!
審査が気になる方でも安心して申込みできるクレジットカードとは?

キャッシュバックキャンペーン中のクレジットカード
※クリックすると表示されます
【楽天カード】5000円分の楽天ポイントもらえる
【Yahoo!JAPANカード】1万円分のTポイントもらえる
【エポスカード】8000円分のポイントもらえる
【三井住友VISAカード】最大1万円分キャッシュバック
【dカードGOLD】最大12000円分キャッシュバック
【アメックスカード】合計15000ポイントもらえる
【アメックスゴールド】合計30000ポイントもらえる
"いざ"という時の救世主カード
※クリックすると表示されます
審査に落ちてしまった人へ

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い