• Yahoo! JAPANカードを持つべきかどうか
  • どのくらいオトクになるのだろうか

楽天カードと並んで、Yahoo! JAPANカード(YJ!カードという愛称でも呼ばれています)をクレジットカード入会の候補に入れている方も多いとでしょう。今回はYahoo! JAPANカードの情報について色々とまとめてみました。

なかなか魅力が詰まったカードで気になる点がたくさんありますよ。

Yahoo! JAPANカードの基本スペック


  • 提携ブランド:JCB、VISA、Master(発行元:ワイジェイカード株式会社)
  • 支払日:月末締め/翌月27日払い(金融機関が休業日にあたる場合は翌営業日)
  • 年会費永年無料
  • ポイント名称Tポイント ※期間固定ポイントあり(有効期限延長の対象外)
  • ポイント還元率1.0%(100円=1ポイント)
  • ポイント有効期限:最後にポイントを獲得した月を含めた1年(加算があった場合は更に延長)
  • ポイント優遇対象サービス:Yahoo!系列サービス、LOHACOなど
  • ポイントの提携:ANAマイル、その他各社クレジットカードからの移行サービスあり
  • 利用可能最低ポイント数1ポイント=1円分相当から可能(交換する場合は一部条件あり)
  • ボーナスポイント(Yahoo!などのキャンペーン他多数)
  • 電子マネーチャージ:nanaco(JCBのみ)、モバイルSuica、SMART ICOCA、au WALLET (Masterのみ)
  • 家族カード:3枚まで発行可能(年会費無料)
  • ETCカード年会費:540円(税込)/通行料金100円=1ポイント
  • 旅行保険:無
  • ショッピング保険有(ショッピングガード保険)

デザインは黒・赤の2種類から選択することが出来ます!

Yahoo! JAPANカード利用で貯まるポイントと使い方

Yahoo! JAPANカードを利用することで貯めることが出来るポイントは、あの「Tポイント」です!

クレジットカード決済を行うとポイント還元率は100円=1ポイントなので1.0%となります。有効期限もコンスタントに加算・利用があればその分有効期限が延長されるので実質無期限のようなものなので、ポイント消滅リスクを気にする必要がないところも評価できます。

Tポイントといえば、TSUTAYA・ファミリーマートを利用する方はかねてからおなじみのカードとなっているかと思いますが、Yahoo! JAPANカード決済に限らず、提示するだけで貯めることができる機会(店舗やサービス)がたくさんあります。よく目にするポイントサービスだけに、クレジットカードをあまり使わない人も、Tポイントカードは持っている、という方は多いのではないでしょうか。

Tポイント提携先

一覧にしてみると分かりますが、身近で利用する機会が多い店舗・サービスがかなり多くあるのではないでしょうか。

私が普段利用する店舗を並べると思い当たりのあるところだけでこんなにもありました!

  • TSUTAYA
  • Yahoo! ショッピング
  • ファミリーマート
  • ドラッグイレブン
  • エディオン
  • LOHACO
  • ガスト
  • ドトールコーヒー
  • 吉野家
  • 新生銀行
  • その他日用品や生鮮食品店舗 など…

普段の生活でこれだけ馴染んでいるTポイントであれば、使い勝手は申し分ありません。

提示してコツコツ貯めつつ&カード決済でもポイント獲得、1ポイントから消費することが出来るのでちょっとしたものを購入する際に代金に充てたりと柔軟な使い方が出来ます。

ポイント交換先

Tポイントの特徴として、提携先が多くポイントの相互交換などが非常に充実しているところもメリットです!

マイラーにはお馴染みのANAマイルとの相互交換の他、その他ポイントサイトやクレジットカード会社のポイントサービスからの移行が出来ます。

Tポイントの交換

三井住友VISAカードのワールドプレゼントポイント・MUFGカードのグローバルポイント・JACCSカードのラブリィポイントといったカード会社独自のポイント、お財布.com・ポイントインカム・Gポイントといったポイントサイトなどをはじめ、三菱東京UFJ銀行・りそな銀行・埼玉りそな銀行といった銀行のポイント特典もTポイントへの交換で効率よく消費が期待できます。

ANAマイルの例

TポイントANAマイル=2ポイント:1マイル(※500ポイント以上500ポイント単位)
※ANAマイルからTポイントへ移行するときは年間の交換累計マイル数によって変わるという条件あり

年間交換累計が20,000マイルまで

  • ANAマイル→Tポイント=1マイル:1ポイント(※10,000マイル以上10,000マイル単位)
    →ANAマイル:10,000=Tポイント:10,000

年間交換累計が30,000マイル以上の場合…

  • ANAマイル→Tポイント=1マイル:0.5ポイント(※10,000マイル以上10,000マイル単位)
    →ANAマイル:10,000マイル=Tポイント:5,000とレートが半分に。

相互ポイント交換は可能ですが、TポイントからANAマイルへの移行は交換単位も小さく、効率的に生かせる半面、ANAマイルからTポイントへの交換ですと30,000マイルからレートが一気に下がるのでオススメできませんね。

  • 提携先が広い
  • 利用機会が多い

ポイントの利便性が高いTポイント!還元率も1.0%と悪くないのでYahoo! JAPANカードでたまるポイントは効率的に消費できそうですね。

Yahoo! JAPANカードで決済して獲得できるTポイントは、利用月の翌月15日頃に加算されます。

ただし「期間固定ポイント」といった利用店舗・サービスや交換不可の制限があるポイントもあるので(Yahoo! JAPANカードの入会特典やキャンペーン時などに付与)、明細をチェックするようにしたほうが良いでしょう。

さらに効率よくポイントを狙うには?

Tポイントは提携先で様々なキャンペーンやポイントアップのチャンスがあるので、そういったタイミングを狙うのが良いかと思います。また、Yahoo! ショッピング、LOHACOでYahoo! JAPANカードでの決済を行うと還元率は3%(クレジットカードポイント1%+Yahoo!ショッピング・LOHACO利用ポイント1%+ストアポイント・LOHACOポイント1%)になります。

  • カード入会特典(※期間固定ポイントや利用が制限されていることが多い)
  • 「ポイント●倍」キャンペーン(Yahoo! ショッピングやLOHACO、提携先小売店でもあり)
  • 商品別に特別に付与されるボーナスポイント など…

特に、Yahoo! ショッピングなどでは頻繁にキャンペーンが行われており、定期的に特定の曜日にポイント●倍といったキャンペーンを行っていることも多いです!不定期でポイント10倍など大奮発されることもあります。

普段利用している店舗のキャンペーン情報に常にアンテナを張りつつ、買い物を行うタイミングを見極めたりすると獲得できるポイントのアップへ繋がります!

もちろん、生活費・光熱費をYahoo! JAPANカードに決済を集中させることでTポイント獲得スピードとボリュームは大きくなります!

また、Tモールを経由してYahoo! ショッピング・ヤフオクはじめとするショッピングサイトや資料請求、旅行予約、アプリのインストールなどを買い物・サービス利用を行うことでカード決済に加えて更に所定のTポイントをゲットすることが出来ます!もし普段利用しているサイトがTモール内にあれば更にオトクになりますね。是非積極的に利用したいところです。

Tモール


Yahoo! JAPANカードに付帯するサービス

ショッピングガード保険

Yahoo! JAPANカードには旅行傷害保険の付帯はありませんが、「ショッピングガード保険」の付帯サービスがあります!いわゆる、ショッピング保険(動産総合保険)なので、Yahoo!ショッピング利用に限らず、Yahoo! JAPANカードで決済を行った買い物が補償対象になります!

補償の対象とならないモノもあるため、いくつか例外がありるので要注意です。Yahoo! JAPANカード会員の入会日から1年間&Yahoo! JAPANカード会員期間に購入した商品が補償の対象
ショッピングガード保険: 購入日(配送での購入の場合は商品の到着日)より90日以内に、破損・盗難・火災といった事故により損害があった場合所定の金額を補償するもの。

このショッピングガード保険があれば、安心して買い物することが出来ますね。年会費無料のカードでは付帯されていないこともあるので、こういったサービスがあるカードが1枚あると安心です。

プラチナ補償

また、Yahoo! JAPANカード会員のみが対象となっている「プラチナ補償」というサービスも利用可能に!月額490円(税抜)で買い物の補償やイベントのキャンセル代などを補償するプラスのサービスを付けることが出来ます。モノの補償だけでなく、サービスも対象というのが注目です。

初回の申し込み時に限り、初月は無料で利用できるようです!

買い物で…

  • 修理補償金/破損補償金/宅配郵送事故補償金/盗難補償金/返品補償金

日常のイレギュラーで…

  • 携帯電話水濡れ全損補償金/交通トラブル見舞金/電子デバイス災害補償金/車上荒らし損害補償金/自転車事故賠償責任補償金/お悔やみ帰省見舞金

旅行で…

  • 旅行・イベントキャンセル補償金/海外旅行けが・病気見舞い金/海外旅行持ちもの損害補償金/海外旅行思わぬ出費補償金

インターネットでのトラブル時に…

  • なりすます賠償責任補償金/ネット売買トラブル見舞金/個人情報漏洩過失責任補償金

なんと18種類の補償が用意されているというプラチナ補償という名前にふさわしいサービスとなっています!

プラチナ補償

補償金の申請は、事故発生日やトラブル内容を申請すると審査が始まり、完了後に補償金が支払われるフローになっています。

レジャーや日々のカードライフで安心を更にプラスしたい人には是非オススメしたいです!


Yahoo! JAPANカードのデメリット

Yahoo! JAPANカードはクレジットカード・ポイントカードとしての機能もあり、インターネットショッピングで更にオトクをすることが出来る万能型のカードですが、デメリットとなる点は下記が挙げられます。

  • 旅行傷害保険の付帯がない
    →他のクレジットカードで旅行付帯保険をカバーする必要があります。
  • ETCカードに年会費:540円(税込)がかかる
    →ETCカードを無料で持つことが出来るカードは他にもあるので、無料にこだわりたい場合は他のカードでのETCカード発行を検討するほうが良いでしょう。

挙げたデメリットは、いずれも他のカードで補うことが出来る部分なのでサブカードとしての利用をする人にはそこまで気にする部分ではないかと思います!

Yahoo! JAPANカードを持つ価値は十分にあり!

旅行傷害保険の付帯サービスはなし・ETCが有料…といったデメリットはありますが、トータルで考えた場合、メインカードとしてもサブカードとしてもYahoo! JAPANカードは非常に有用なカードだと思います!

  • 年会費無料
  • 相互交換可能な豊富な提携先とカード提示での獲得機会が多い
  • ポイント利用が1ポイントからと単位が小さい
  • 有効期限が利用や加算があるたびに延長されるので実質無期限
  • 国際ブランドをJCB、VISA、Masterの3つから選べる
  • ショッピング保険が付帯
  • 家族カードの発行が無料
  • 大量ポイント(※固定ポイント)獲得が期待できる入会キャンペーン

メリットのほうが圧倒的に多く、年会費無料で持つことが出来るカードの中でも使いやすい・ためやすいという柔軟性があり、クレジットカードを持つ上で基本的な条件を備えています。機能性の高さがウリだといえるでしょう。

既にTポイントカードを持っている方も、Yahoo! JAPANカードを代替カードとして入会検討するのも大いにアリですし、ANAマイルをためている人はマイルの補完・追加獲得に備えてTポイントをコツコツ貯めておく(=サブカードとして持っておく)のも大変オススメです。

クレジットカードを積極的に使わない…という方であっても、Yahoo! JAPANカードをポイントカードとして持っておくのも十分良い方法だと思います。いざというときに必要になるケースでも役に立つかもしれません。

私自身もTポイントカードを既に持っている&ためる・使うが日々の生活にすっかり馴染んでいるものなのですが、キャンペーン時を狙ってYahoo! JAPANカードの入会を前向きに検討したいと思っています!

今回ご紹介したカード
楽天カード入会キャンペーン実施中!
カードの支払日を過ぎてしまったら…

【支払い遅れそう…】カードの引き落とし日に間に合わなかったらどうなるの?