毎月の出費の中でも高額な家賃は、生活費の大部分を占めていると思います。

しかし、住み続けるためには、毎月忘れず支払い続ける事も必要です。

この家賃を少しでもお得に支払うにはどうしたらよいのでしょうか。

そのひとつの方法が、クレジットカード払いです。

今回は、家賃の支払い方法をご説明しながら、クレジットカード払いのメリットをご紹介していきましょう。


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

家賃はクレジットカード払いに変更できる?カード払いできるところとできないところがある?

できる事なら便利なクレジットカード払いしたい家賃ですが、現在、家賃をクレジットカードで支払える賃貸はごくわずかです。

ほとんどが、入居時に引き落とし銀行口座を登録し、口座振替で支払っています。

実は、クレジットカード払いにすると、大家さんがカード会社に手数料を支払わなければならなくなってしまうのです。

そのため、自然と支払いコストのかからない口座振替を選ぶ大家さんが多くなってしまうという事です。

しかし、クレジットカード払いにも大家さん側にメリットはあります。

口座振替は、銀行口座に預金がないと引き落とせませんが、クレジットカード払いなら、確実に家賃を回収できるのです。

銀行口座にお金が足りなくても、カード会社から入居者への督促になるので、大家さんは手間がかかりません。

口座振替で支払いをする3つの特徴

振込手数料がかからない

口座振替は、自動的に銀行口座から家賃が引き落とされる、という支払い方法です。

引き落としだと手数料がかかる事は少なく、かかっても少額です。

家賃支払いによくある「毎月〇日までに指定口座に家賃を振り込んで下さい」というパターンだと、振込手数料がかかってしまう事が多いのです。

指定口座と同じ銀行からの振り込みは手数料不要ですが、別の銀行から振り込むと高めの手数料をとられる事もあり、悩み所でもあります。

口座振替は家賃のみの引き落としが多いので、振込よりはお得に感じられます。

ポイントは貯まらない

口座振替にはポイント制度がありません。

クレジットカードで支払うと、利用金額に応じてクレジットポイントが貯まります。

口座振替もクレジットカード払いも、自動的な引き落としに変わりありませんが、見返りのあるなしが大きな違いですね。

引き落とし日の把握が面倒

家賃の他にも、光熱費や電話代、保険料など、毎月さまざまな支払いがありますよね。

これらの支払いは、全て引き落とし日がそれぞれ違うのはないでしょうか。

家賃は月初め、光熱費は中旬、電話代は末日…など、引き落とし日がバラバラだと、口座に用意するお金の管理も大変です。

いつ何が引き落とされるのか、把握するのが大変になってしまいます。

払込用紙や大家さんへ手渡しで支払いをする3つの特徴

家賃の支払い方法として、自動的に引き落とされるクレジットカード払いや口座振替の他に、自分で支払いに行くという方法があります。

光熱費のように払込用紙銀行やコンビニに持って行って支払ったり、大家さんに毎月直接家賃を渡しに行く方法です。

最近では自動引き落としが主流なので、珍しい支払い方法ではありますが、いくつか特徴をご説明

します。

支払いに行くのが面倒

自動引き落としでない場合は、銀行やコンビニ、または大家さん宅や管理会の社事務所へ自分で支払いに行かなければいけないので、面倒です。

特に、大家さん宅や事務所などで支払う場合は、毎月訪問するので、気を遣うこともあるでしょう。

入居者との交流を大切にしている大家さんは、毎月のコミュニケーションと考えているかもしれませんが、支払う側は少し大変ですよね。

また、コンビニや銀行で支払う場合も、期限に間に合うように意識する必要があります。

忘れがち

期限内であれば、自分の都合でいつ支払いに行っても良い分、忘れてしまいがちです。

家賃を支払わなければ、大家さんや管理会社から連絡が来ます。

何度も忘れたり、滞納してしまうと、更新できなかったり、強制退去なんて事もありえますので、気をつけましょう。

現金のみ

払込用紙や直接払いの場合、ほとんどが現金払いです。

大手管理会社などでは、支払い時にクレジットカードが使えるかもしれませんが、基本は現金を用意して行かなければなりません。

今月はお金がないから、カードや電子マネーを使おうと思っても、対応できない事が多いので、要注意です

家賃をクレジットカード払いに変更する3つのメリット

もし家賃をクレジットカードで支払える住居に契約している方には、様々なメリットがあります。

ポイントが貯まる

クレジットカード支払いをすると、ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、カード会社の系列グループで利用できたり、景品や他社ポイントと交換できる場合もあります。

カードの種類によっては、ポイントを電子マネーにチャージできる場合もあるので、カード払いをした分お得感を得ることができます。

家賃のような毎月高額になる支払いは、可能な限りクレジットカード払いに切り替えたいですね。

引き落とし日をまとめることができる

家賃だけでなく、私たちは毎月様々な支払いをしています。

光熱費や保険料等もクレジットカードで支払えば、引き落とし日をまとめられて便利です。

いろいろな支払い日に追われるよりは、1日で済んだ方が分かりやすくなります。

支払い管理が楽になる

毎月家計簿をつけていると、支払い項目や金額をメモしていく管理が大変ですよね。

クレジットカード払いを徹底していると、利用明細が送られてきます。

今月の利用金額が一覧で見られるので、家計管理が楽になります。

また、支払いがバラバラだと、何の支払いをいつ行ったかわからなくなってしまう危険性がありますが、カード払いなら自動引き落としで安心です。

家賃をクレジットカード払いに変更する方法

管理会社・大家さんに電話する

家賃をクレジットカード払いできるかどうかは、まず管理会社や大家さんに電話してみましょう。

カード払いは電話1本で変更できるわけではありませんが、変更届を郵送してもらえる可能性があります。

届いた用紙に、必要事項を記入して、返送するというパターンが通常です。

しかし、管理会社や大家さんによって対応が異なるので、まずは問い合わせから始めてみましょう。

受付の曜日や営業時間について

不動産の管理会社は土日も営業している事がよくあります。

逆に定休日が平日という事もあるので、まずはホームページで確認してみましょう。

いつでも電話可能な大家さんに連絡する場合は、早朝や深夜、ご飯時などを避けて、常識の範囲内の時間帯に連絡する事を心がけましょう。

家賃って毎月の平均相場いくらぐらい?

家賃相場は、土地や部屋数によっても大きく変動するので、一概にいくらとは提示できません。

東京や大阪などの都市部では高く、地方やアクセスの悪い田舎では比較的安くなります

しかし、現在は田舎暮らしも人気なため、アクセスが悪くても古民家や風景のよい地方の賃貸でも、高額になる事があります。

大手不動産会社の調査結果では、東京だけで見れば、

  • 一人暮らし:75,000円
  • ファミリー向け:150,000円

が相場のようなので、「駅から遠い」「築年数が経過している」など条件によっては安い賃貸を見つける事もできるでしょう。

還元率1%なら年間何ポイント貯まるか

上記のような家賃でクレジットカード払いをすると、年間どれくらいポイントが貯まるのでしょうか。

還元率1%のクレジットカードとして、計算してみます。

一人暮らしの場合

75,000円×12ヶ月=900,000円
…9000ポイント

ファミリー向けの場合

150,000円×12ヶ月=1,800,000円
…18000ポイント

一人暮らしでも9000ポイント貯まれば、欲しかった家電や雑貨を購入する為に、充分なポイント数でしょう。

クレジットカード払いの注意点

レジットカード払いをする際は、限度額に注意しなければなりません。

クレジットカードには、ショッピングやキャッシングで利用できる上限額があり、その額を超えてカード払いをしようとすると、エラーとなり買い物ができません。

家賃など高額なカード利用をする場合は、特に注意が必要です。

他の買い物をしてつい限度額を超えてしまい、家賃を支払う時期にカード利用ができず、家賃を回収する管理会社等から、引き落とし不可の連絡がきてしまいます。

カードが使えないとなると、振り込みや直接支払い等、別の支払い方法で入金しなければならず、面倒な事になってしまいます。

このようなトラブルを起こさない為にも、毎月決まった支払いには「毎月払い専用カード」を作っておくという対策方法があります。

専用カードなら、毎月の引き落とし額が大体決まってくるので、限度額を超てしまうという事はないでしょう。

毎月の支払いに登録するならこの3つの条件に該当するクレジットカードがおすすめ

ポイント還元率1%以上

クレジットカードを利用するメリットとして、ポイントを貯めるという楽しさもあります。

ポイントが貯まれば、好きなものが購入できたり、商品交換する事も可能です。

そのために、毎月払い専用カードの還元率は1%以上のものを選びましょう。

最近は200円で1ポイント=還元率0.5%のカードが多いのですが、基本ポイントは還元率1%以上が、ポイントも貯まりやすくお得です。

年会費無料

家賃などの生活費を、できるだけ安く分かりやすく管理する為に作る毎月払い専用カードですから、カードを所持する為にお金をかけたくありませんよね。

年会費無料のカードを選べば、余計な出費を増やさずに済みます。

年会費無料と言っても、いつまでも無料というパターンと、年間○○円以上利用すれば年会費無料という2種類のパターンがあります。

永年無料なら気にする事はありませんが、条件付きの場合は、「家賃や光熱費、保険料などの支払いは年会費無料条件の利用金額に含まない」というクレジットカードもあるので、気をつけましょう。

入会キャンペーン特典

最近では、クレジットカードに入会する事でお得な特典をゲットできるキャンペーンが多く開催されています。

新規入会申し込みページや、PRサイトに詳細が載っているので、是非参加してみて下さい。

多くの場合、入会するだけでポイントがもらえ、更に他の条件をクリアすると、ポイントが上乗せされます。

(例)新規入会5000ポイントプレゼントの場合

新規入会特典…2000ポイント
初回利用特典…1000ポイント
毎月リボ払い登録特典…2000ポイント

他にも、大手キャリアの携帯電話料金支払い登録や、提携サービス利用登録で大量の特典ポイントがもらえる事もあります。

クレジットカードの使い方は、自分で自由に決める事ができます。

特に、毎月決まって支払わなければならない生活費は、毎月払い専用カードを作る事で、コンスタントにポイントが貯まり、支払いを忘れる事もありません。

上手にクレジットカードを使って、お得なマネーライフを送りましょう。


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

更新日:2017/09/03

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い