口座の残高が足りず、カードの引き落としができないかもしれない…

 

それ、要注意です!

 

支払日に間に合わないとカードの信用にキズがついてしまい、さらに“遅延損害金”を支払うことになります。(キズがつく=遅延記録がつく)

一度でもカードに遅延記録がついてしまうと、5年間は記録が残ってしまいます。(遅延することなく安全に5年間利用すれば記録は消えます)

つまり、5年間はローンを組めない可能性があるということです。

 

私も以前、家族に迷惑かけてしまい、とても後悔しました

 

自分だけならいいけど、家族に迷惑をかけてしまったのは本当に後悔しましたし、すごく自分が惨めでした…。

けど、この方法を使えば、回避することができます。

引き落とし当日にお金が少し足りなくても、既に支払日を過ぎても、この方法を使えば遅延記録から逃れることができます。

家族に迷惑をかける前に、今できることをやっておくことをおすすめします。

 

その方法とは・・・?

 

カードの引き落としで足りない分だけ”借り入れ”しよう

引き落としで足りない分を借りれば、引き落としを間に合わせることができます。

  • カードの引き落としに間に合わせることができる
  • 遅延記録がつかない
  • 信用にキズがつかない
  • 遅延損害金の利息も必要ない
  • ローン審査に悪影響がでない

借り入れするって、なんとなく抵抗を感じてしまいがちですが、だからと言ってこのままだと遅延記録がついてしまいます。

後悔する前に、今のうちに対策しておくべきです。

正直…最初はものすごく
抵抗を感じてました

私も最初は相当緊張しました。電話を持つ手も震えるし、緊張して声も震えてました。笑

でも、だからといって他に方法も無かったし、遅延記録がついてしまうのは将来的にリスクになるので、思い切って申し込みました。(ちなみに、私が人生で初めて借り入れをしたのはアイフルでした。)

申し込んでからその日のうちに借り入れできたし(私の場合は5万円借り入れをしました)、引き落とし日から1~2日遅れても遅延記録はつかないので、なんとか信用記録にキズがつく前に支払いができました。

30日以内であれば無利息なので、次の給料が振り込まれてすぐに返済しました。手数料もかからず無駄なく遅延記録を回避できたので、利用してよかったと、本当に助かりました。

 

遅延記録は1度ついてしまうと
5年間も残ってしまいます

将来的にローンを組む予定がある方は
特に要注意です

 

さらに、子供がいる場合も遅延記録に注意してください。

奨学金や免許の取得、車やバイクを購入する際のローン審査でも、親の信用記録も確認されます。

 

実は、私は過去に一度、お金にかなり困ってた時期があり、カードの引き落としが大幅に遅れた時がありました。

18歳の息子が免許合宿の費用30万円のローンを組む時に、父親である私の名前を保証人として書いたのですが、

 

ローン審査に落ちました(泣)

 

このままだと免許合宿に行けません。しかし、息子は友達と一緒に免許合宿に行く予定で、友達は既に支払いを済ませていました。

これでは迷惑がかかってしまうため、なんとかお金を集めて一括で支払いをしました。(その時に初めてアイフルで20万円の借り入れをしました)

下の子もいるので、子供がローンを組む機会は今後もまだまだあります。また迷惑をかけないように、今後は絶対に遅延記録を付けないようにしようと心に誓いました。

 

自分だけならまだしも、家族に迷惑はかけたくない。

かといって出費が重なって今月だけ厳しい、どうしようもない時もあります…

 

そんなときにものすごく心の支えになっています。それがアイフルです。

 

遅延記録がついてしまうと、今後さらに苦しい連鎖が続いてしまいます。精神的なプレッシャーも大きくなってしまいます。

そうなる前に、今のうちに遅延記録がつかないように回避しておいたほうがいいと思います。

私の場合も、勇気を振り絞ってアイフルで借り入れしたことが、大きな支えになりました。今も厳しい状況になったら足りない分だけアイフルにお世話になっております。

 

アイフルを利用すれば最短1時間で借り入れ可能だから、まだ間に合う!

アイフルを利用すれば、申し込みから最短1時間ほどで借り入れができます。

さらに30日間の無利息期間があるので、次の給料日までなら金利手数料は一切かかりません。

次の給料日まで間に合わないって時にとても助かっています。

アイフルをオススメする理由
  • 30日間の無利息期間を活用できる
  • 無駄な利息を払わなくていい
  • 最短30分で審査完了
  • 最短1時間で借り入れできる
  • 引き落とし当日の朝でも間に合う
  • ネット上で手続きが完了
  • 学生・バイト・パート・派遣もOK

 

ネット上で完結するので、いつでもどこでも申し込みができ、審査が通れば指定口座にすぐ振り込まれます。

アイフルで借り入れをする手順は以下の通りです。

 

アイフルで借り入れを申し込む手順
  • 公式サイトに移動する
  • 「今すぐお申込みへ」ボタンを押す
  • 必要事項を入力する
  • 審査結果が届く
  • 指定口座に振り込まれる

 

分割返済もOK!!

 

5万円借りたけど、次の給料で5万円を一括返済するのは難しい…という場合は、数回に分けて返済することも可能です。

しかし、そうなると30日間の無利息期間を超えてしまう為、利息が発生してしまいます。

 

『具体的にどれぐらいの利息になるのか?』気になるところなので、調べてみました。

 

アイフルの場合、借りる金額が50万円以下であれば金利18.0%となります。実際にどれだけの利息を支払う必要があるのか、計算してみましょう。

金利シミュレーション(金利18.0%の場合)
10万円借りて
月々11000円
12回払い
利息合計
9710円
20万円借りて
月々12000円
24回払い
利息合計
37869円

もちろん、30日以内に返済すれば利息は0円です。5万円借りて次の給料で一括返済すれば利息0円になります。

公式サイトから簡単な必要事項を入力すれば、1秒後には借り入れ可能かどうかすぐ確認できます。

アイフルの借り入れの流れ
  • 公式サイトから申し込む(スマホ・パソコンOK)
  • 必要書類を撮影またはスキャンして送信する
  • 最短30分の審査完了後、指定口座に振り込まれる

借入希望額が50万円未満であれば、免許証や保険証があれば申し込みできます。もちろん3万円だけとか1万円だけの少額の借り入れOKです。

「審査が通るかちょっと心配…」という方でも、まずは1秒診断からお試しください。

 

ちょっと待って!申し込む前に必ず確認してください!

書類を正しく準備しないと即日発行・即日受け取りができません。

お急ぎのところ申し訳ございませんが、確実に申し込み手続きを完了させるために、最短1時間で借り入れ完了するために、スムーズに借り入れを済ませるために、必ず確認してからお申し込みください。

必要書類

いずれか一つだけ必要!

  • 運転免許証
  • 住民票
  • 公共料金の「領収書」
    (電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)※携帯電話の領収書は不可
  • 「納税証明書」

上記いずれか一つの書類を予め必ず用意してください。

さらに、申し込みフォームで希望額の情報を入力する時は…

申し込みのコツ
  • 枠の希望額を『10万円』に設定

★審査のワンポイントアドバイス

枠の希望額を、最初だけ低めに設定しておくといいです。なので10万円に設定して申し込みましょう。

 

これで準備はバッチリOKです!それではアイフルの公式サイトへお進みください。