利用することで得られるサービスが魅力的なクレジットカードですが、そのお得さ・便利さの裏には、それを支えるだけの”見えない費用”が発生していました。

もちろんクレジットカードは利用者を増やすことが目的ですので、そのしわ寄せは利用者ではなくクレジットカードの加盟店舗にいってしまいます。

利用者がクレジットカードによる決済をすることによって、店舗からクレジットカード会社へ決済手数料が支払われます。

その手数料が店舗を苦しめているという現状があるようです。では私たちはクレジットカード決済をしない方が良いのか?いろいろな視点から、少し考えてみましょう。

クレジットカード決済を利用する度に店舗が手数料を支払う仕組み

クレジットカード決済を利用するたびに店舗がクレジットカード会社に対して支払う手数料は業種によってばらつきがありますが、平均的には決済金額の3〜5%のようです。

これは一般の小売店や専門店などの割合で、風俗店は7〜10%、バーやクラブなどは4〜7%、デパートは2〜3%、家電量販店やコンビニエンスストアでは1〜1.5%と、決済金額が高額な業種であると手数料の割合も高くなっているようですね。

一部の風俗店では手数料20%を要求されたということもあったようです。

クレジットカード決済を導入することによって店舗側にもメリットがあるから導入したという経緯があるのだと思いますが、それが今では負担になっているようです。

加盟店店舗が決済手数料に苦しんでいる理由

現在の経済状況が少なからず影響しているのだと思いますが、どこもかしこも経営が苦しいという声が聞こえてきますし、雰囲気的にも”いっぱいいっぱい”な印象を受けます。

飲食店に入ってもお客さんがまばらであったり、雑貨などの小売店に入ると、暇そうにしていた店員さんが手厚く接客をしにきてくれます。今やほとんどのお買い物をインターネットで済ますという方も多いでしょうし、リアル店舗の利用は明らかに減少していますよね。

そのような中で、薄利にも関わらずクレジットカードの決済手数料の負担も重なるとなると、経営が苦しくなることは想像できます。

私はクレジットカードのポイントを貯める目的や、便利だからという理由で、少額でのクレジットカード決済をしたことがあります。

お店によってはサインレスでできるところもあれば、たとえ100円でもサインが必要になるところもあり、面倒なのでリアル店舗でクレジットカード決済をすることはやはり定着しませんでした。

その上、このようにクレジットカードの決済手数料でお店が苦しんでいるということも知ると、さらに利用を控える方向に傾きそうです。ですが、正直に言って「利用したい」という気持ちもあります。

ではどのような利用方法が店舗・利用者双方にとって良いのでしょうか?

クレジットカード利用者の私たちができること

クレジットカード会社が利用者を増やすためにあらゆる特典やサービスを講じ、提供し続けるためには、利用者の目に見える「年会費」や分割払いなどの支払い方法に伴う「支払い手数料」だけでは手に負えないというのも納得です。

そのしわ寄せはクレジットカードの加盟店舗にいっているのですね。

インターネットでいろいろなサイトを回っていると、「お店に悪いからクレジットカード決済はもうしない」という意見も見られました。クレジットカードを利用することによって得られるメリットがあるのに利用しないのだとしたら、自分の損得だけで判断しない、あたたかな思いやりが感じられます。

しかし、お店の決済方法としてクレジットカードを明示していたり、お店に入る前や店内のレジなどに”クレジットカード利用可能”の表記があるにも関わらず、いざクレジットカード決済をしようとしたら「嫌な顔をされた」「決済手数料を要求された」「クレジットカード決済を断られた」などということも稀にあるようです。

私はこれには違和感を感じました。

お店としても何らかのメリットがあるからクレジットカード決済を導入したはずだし、都合が悪くなったからと言って利用者にその負担を「明示せずに」要求するのは身勝手なように思います。

物販など、支払いと引き換えに商品を受け取る場合などは拒否することもできますが、飲食やサービスなどの場合はすでに「受け取ってしまっている」ため、支払いを拒否することは難しいですよね。

クレジットカード会社が加盟店舗と結んでいる「加盟店規約」によると、クレジットカード決済の手数料を利用者に要求することも、クレジットカード決済を断ることも、何らかの条件付で決済できるかどうかを分けることも、禁止されているそうです。

よって、もしもそのような場合があれば、クレジットカード会社へ申し立てれば対応してくれるようです。たとえば「手数料を要求されて支払ってしまった場合でも、後日お店から返金をしてもらえる」といったような対応です。

とはいっても、お会計時になってそのような状況に立たされるのは非常に後味の悪さを残すことが想像できます。

クレジットカード会社もいろいろなサービスや魅力を提供して利用者を増やそうと工夫しているのですから、店舗のほうも集客の工夫をするというのが本来のあり方なのではないかと思います。もともとはその一端として、クレジットカード決済を導入したのかもしれませんしね。

ということで、お店側に悪いからクレジットカード決済を利用しないという選択も、利用したいから利用するという選択も、まさに個人の自由でありますが、このような現状があること、そして対応策もあるということを知っておくだけで、いざという時に役に立ってくれそうです。

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い