皆さんは消費者金融とは?カードローンとは?と聞かれてすぐに答えることが出来るでしょうか?

恐らく多くの方がすぐにはっきりと答えられないはずです。

そこで今回は皆さんが「これはこうだ!」と自身を持って説明できるように、消費者金融とは、カードローンとは何ぞや?という基礎的なことから、両者の違い利用ケースについてわかりやすく比較説明していきます。

それぞれの特徴メリットデメリットを理解したうえで注意点利用方法を解説していくので、金融関連にはうとい、あるいはお金を借りたことがないという若葉印のユーザーでも安心して読み進めることが出来ます。

消費者金融とは?

まず、消費者金融とは、一般的に個人へ少額の融資を行う貸付業者のことを指します。

たまに法外な高金利で方に貸し付けを行ういわゆるヤミ金と混同している方がいますが、法定金利等ルールを守って運営されていれば合法な貸付業務となります。

さらに突っ込んだ説明をすると、消費者金融と呼ばれる貸付業者は、貸付に関する法律である貸金業法によって定められた、内閣総理大臣、または都道府県知事の認可を受けて営業しなければなりません。

例えば、大手のアコム、アイフル、プロミスなどは、言わば政府お墨付きのお金を貸す会社なのです。

消費者金融と銀行との違い

カードローンとは?

カードローンとは、専用の利用カードを発行して契約したローンの借入、返済を行うものです。

正確に説明すると、個人向けに提供されている無担保融資のことを指し、何か保証として担保が必要な有担保ローンとは異なり、比較的手軽にお金を借りることが出来る特徴があります。

カードローンは消費者金融が提供しているイメージが強いですが、実は銀行も数多くカードローン商品を提供しています。

カードローンのほとんどは、利用した分だけ返済し、返済した分だけ再び利用出来る仕組みになっていて、借入中であっても利用可能額があれば再び追加融資を受けることも可能です。

ちなみに有担保ローンの代表的なものには住宅ローンがあり、利用用途があらかじめ決まっているケースが多く、利用出来る金額も高額です。

対して無担保ローンであるカードローンは、個人向けであるため少額から利用することができ、利用用途も目的別商品も多く存在します。

比較項目 有担保ローン(住宅ローンなど) 無担保ローン(カードローン)
利用可能額 多額 少額~ある程度多額まで
利用出来る用途 おおよそ決まっている 目的別に利用出来るもの、ある程度自由に利用出来るもの等様々
利用形態 借りたらひたすら返済 借りた後も返済した分だけ再利用可能

消費者金融とカードローンの違い

両者のどんなものがわかったところで、消費者金融とカードローンの違い、関係性について触れていきます。

まず、消費者金融がお金を貸す会社であれば、カードローンは会社が貸付を行うための売り物、商品です。

少し語弊はありますが、ユーザーはその商品(カードローン)を購入(契約)してお金を借りるわけです。

ということは、消費者金融は複数のカードローンによって構成されていると言っても過言ではありません。

なので、消費者金融は提供元、カードローンは提供商品と認識してもらえば大丈夫です。

あるいはカードローンは商品のカテゴリーと言えば良いでしょうか。

あくまでも提供商品なので、消費者金融専用のものではなく、銀行にもカードローンがあるのです。

消費者金融とカードローンの違いまとめ!
  • 消費者金融が提供している金融商品(貸付)がカードローン
  • 銀行が提供しているカードローンも存在する
  • カードローンは無担保融資であるため、利用出来る幅が広い

消費者金融のカードローンを利用するメリット

ここでは消費者金融が提供しているカードローンに銀行のものと対比して焦点をあて、考えられるメリットデメリットをまとめています。

消費者金融のカードローンを利用する際に発生するメリットは以下の通りです。

  1. 審査スピードが速い
  2. 手軽に借りられる
  3. 個人向けに最適化されている

1.審査のスピードが早い

借入先として消費者金融を選ぶ人の多くは、このメリットのためにカードローンを選択していると言っても間違いではないでしょう。

お金を借りるシーン、つまりは金銭的に困窮している場面では工面するスピードが特に重要です。

お金を借りるのが遅かったということはあっても、早くお金を貸されて怒る人はいません。

その点、消費者金融では審査をする仕組み、申し込みや融資までの手続きが銀行よりもスマートでスムーズなので、所要時間で圧倒的な開きがあります。

私の個人的なイメージとしては、銀行だと1週間たってようやく審査結果が出るか否かというところを、消費者金融は最短即日、遅くても翌日までには手元にお金を用意出来る印象です。

2.手軽に借りられる

有担保、無担保の説明でも触れましたが、何か保証になるものを用意しなくても借りることの出来るカードローンは、重々しく下準備などせずともふらっと申し込むことの出来る借入手段です。

一部収入証明書や税金関係の書類提出が求められることもありますが、基本的には身分証明書と住居(住所)、連絡を取るための電話さえあれば審査完了まで進むことが出来ます。

また、利用出来る金額も少額なので、気持ち的にも構えて申し込む必要がありません。

3.個人向けに最適化されている

審査もそうですし、申し込みシステムもそうですが、あらゆる面で個人向けに最適化されているのが消費者金融のカードローンです。

例えば、追加書類の提出で勤務先や自宅への電話確認の代替とすることが出来る返済から借入をスマホ一つで済んでしまうなど、極力個人で完結するようなサービスが多く存在します。

近年、銀行も消費者金融のようなサービスを取り入れてはいますが、利便性などユーザビリティはまだまだ本家に分があると言えるでしょう。

銀行が消費者金融化している!?利用者に求められる鑑定眼

消費者金融のカードローンを利用するデメリット

逆に消費者金融のカードローンを利用することで生まれるデメリットはこちらです。

この項目は相対的に銀行側のメリットと思ってもらっても構いません。

  1. 金利が高い
  2. 銀行と比べると利用可能額が少額
  3. 社会的信用度が低い

1.金利が高い

言わずもがな、消費者金融の永遠の課題とも言えるのが金利の壁です。

上限金利で銀行が15%を下回る金利なのに対し、軒並み消費者金融の金利は18%付近でまとまっています。

下限金利となればそれこそ会社によって十人十色ですが、上限に関しては消費者金融は一律18%と言っても差し支えないほど、差がありません。(17.8%など微差はある)

金利が高ければそれだけユーザーの返済する額も大きくなり、借りた金額+αで負担となるので、唯一の大きな欠点です。

2.銀行と比べると利用可能額が少額

銀行と相対的に見た場合、借入可能な金額はやや小ぶりになるのでデメリットとしましたが、そもそも消費者金融のカードローンは小口で個人向けの商品なので、そこまでマイナスなポイントではありません。

それこそ数十万円規模の借入であれば、気にする必要はないでしょう。

逆に数百万円規模の借入を検討している方は、前述の金利差も相まって消費者金融よりも銀行での借入を検討することをおすすめします。

3.社会的信用度が低い

どれだけ消費者金融の大手が躍起になってCMをバンバン流していても、銀行=安心消費者金融=危ないという構図はぬぐい切れないものです。

これは昔に違法と合法の狭間であったグレーゾーン金利なるものがあった時代の名残で、闇金と呼ばれる違法業者以外の消費者金融も高利貸しを行っていたためと推測できます。(他にも要因はありますが)

銀行からお金を借りていると言えば信用のある人物なのだと思いもしますが、消費者金融からお金を借りていると堂々と宣言しても何の得にもなりませんね。

消費者金融のカードローンは利用しやすい反面、世間体は良くないので極秘裏に利用するのが良いでしょう。

それは消費者金融側もわかっているのか、昨今ではほぼすべての手続きをインターネット上で済ませる仕組みや、郵便物の送付を無くしたり電話連絡先を絞ることも出来ます。

そのため、こちらのデメリットもユーザー自身によっていくらでも打ち消すことが可能です。

消費者金融(カードローン)で借りる際の注意点

消費者金融でお金を借りる場合は以下の点に気を付けて借入際を選んでもらえればバッチリです。

  • 社会的に知名度があるか
  • 金利は法外ではないか
  • グループ会社を意識する

社会的な知名度があるか

正直、アコムやアイフルなど大手の消費者金融で違法な行為を行っていることは今の時代まずないことだと思います。

ですが、まだまだ全国にはヤミ金と呼ばれるような違法金利で高利貸しを行っている消費者金融も残念ながら存在します。

そういった危ない借入先を回避するためには、社会的に知名度があるかを気にすることが重要です。

言い換えると世間に認知されているのか、果たして一般の消費者金融と同じように多くの一般ユーザー(利用者)がいるのかということ。

しかし、全国的にみると知名度のない会社も、地元ではそこそこ名の知れた中堅消費者金融の場合もあるので、知らない会社=ヤミ金と捉えるのは性急です。

例えば、有効的な手段として、ネットで検索して利用者の声を探すのも良いですし、会社の住所や連絡先、貸金業者として登録必須な貸金業者登録番号を参照するのも良いでしょう。

貸金業者登録番号は登録されていない時点で明確にアウトなので、最も効果的です。

こちらから検索することが出来ます。

金融庁 登録貸金業者情報検索サービス

金利は法外ではないか

知名度よりもさらに重要なのが設定されている金利です。

一般的な消費者金融だと下限は3%から18%の一年を通しての実質年率が一般的です。

具体的には、お金の貸し借りにおける利息の限度を定めた利息制限法というものが存在し、元金10万円未満年20%、10万円以上100万円未満年18%、100万円未満年15%と決められています。(出資法に関しては上限金利年29.2%)

つまり、上記金額と割合を超えている金利はすべて違法ということになります。

細かい数字を覚えてられないという方は、20%以上の年金利は違法と覚えておけば大丈夫でしょう。

ちなみによく言われるトイチは十日で一割と、20日間で通常の年間金利を上回る法外なものです。

借金の返済を間違いなく行っているのに元本が膨れ上がるという場合は、違法な貸付の可能性があるので専門家に必ず相談しましょう。(違法でなくとも借金縮小の手伝いもしてくれる)

グループ会社(業務提携)を意識する

消費者金融が審査保証を担って銀行と業務提携しているという話しにも関係してくるのですが、信用の情報は一社で管理、共有しているわけではありません。

例えば、アコムは三菱東京UFJ銀行が母体となっています。

アコムのカードローンと、三菱東京UFJ銀行が提供しているカードローンバンクイックは一見別々のものに思えますが、情報は共有している可能性大です。

申し込み履歴や以前利用していたサービス情報、延滞や信用事故といったバッドステータスについてもやり取りしているものと思ってください。

私も何度か経験があるのですが、新規で申し込んで思い当たる節がないのに審査に落とされ、よくよく調べてみると過去にトラブルがあった借入先とグループ会社になっていたというケースがありました。

審査落ちするのが嫌、無駄に申し込みを掛けたくない方は、申込先の後ろにいる企業にまで目を向けると無駄足を踏まずに済むはずです。

消費者金融のカードローンを利用する際の注意点まとめ!
  • 地元での知名度があるか(全国であればなおよし)
  • ネット上などの利用者の声や評価は良いのか(少しもない場合は論外)
  • 借入先の企業だけではなく、横と縦のつながりのある会社も気にする必要あり

消費者金融カードローンを利用するための8ステップ

借入初心者の方のためにざっと消費者金融でカードローン借入をする場合の利用方法について触れておくと、以下のような手順で申し込みから借入まで行うことが出来ます。

  1. 申し込み方法を決める(インターネット、店頭、郵送、電話)
  2. 申し込み者の情報入力、またはオペレーターの聞き取り
  3. 申し込み終了後、本人確認
  4. 在籍確認
  5. 審査
  6. 審査結果の通知
  7. 通過していればカードの発行
  8. 振込融資

という流れが一般的です。

店頭(自動契約機)インターネットからの申し込みの場合はユーザー自身で申し込み内容を入力する必要がありますが、電話で申し込んだ場合はオペレーターの聞き取りに沿って応答し手続きを進めていく形がほとんどです。

無事申し込みが完了すれば、本人確認の折り返しの電話勤務先への在籍確認が行われます。

基本的に申し込んだ日に両方とも行われるので、あらかじめ都合の良い日に申し込むと良いでしょう。

そして、審査に通過すれば借入返済するためのカード(カードローンと言われるゆえん)を自動契約機の場合はその場で発行、それ以外は後日送付という形になるはずです。

どちらであっても希望すれば合格した当日に振込にて融資を受けることが出来ます。

消費者金融のカードローンはデメリットを理解して賢く活用

消費者金融のカードローンは世間体が悪い、金利が銀行と比べて高いといったデメリットを理解したうえで利用すれば、これほど便利で生活の助けになるものはありません。

緊急でお金が必要な時はもちろんのこと、完済した後でも利用可能額は丸々残ることになるので、非常時の備えとしても有効的です。

また、サービス業のようにユーザー目線で取り入れられているサービスも多く、公的機関然としている銀行よりも快適にお金を借りられることでしょう。

ぜひ消費者金融とカードローンそれぞれの特性を把握したうえで、しっかりと予備知識を持ってカードローンの契約に挑んでみてください。

特にヤミ金まがいの借入先に当たらないように、本記事で取り上げた注意事項見るべきポイントを意識して契約先を選定してもらえれば幸いです。

5000円8000円分の楽天ポイントもらえる入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式サイトへ移動します