奨学金制度は、学びたい気持ちのある学生や、進学にお金の悩みがある学生にとって、是非利用したい救いの手です。

大学での勉強以外にも、留学や専門知識の取得など、奨学金制度を利用すれば、学びの分野も広がっていきます。

しかし、給付ではなく貸与された奨学金は、いずれ返していかなければなりません。

現在も、仕事に就きながら奨学金の返済を行っている社会人はたくさんいます。

この奨学金は、光熱費や保険料のように、クレジットカードでも返済できるのでしょうか。

クレジットカードの利用ができれば、ポイントも貯まるしお得になるかもしれませんよね。

今回は、奨学金の支払い方法について、まとめていきたいと思います。

奨学金はクレジットカード払いに変更できる?カード払いできるところとできないところがある?

奨学金には、日本学生支援機構民間の育英会、または大学が独自に行っている制度など、様々な種類があります。

様々な種類があるにも関わらず、残念ながらクレジットカードでの返済はできませんでした。

多くの学生が利用している日本学生支援機構の奨学金では、リレー口座の登録が必要で、先輩が返済した奨学金を、後輩が利用していくという、リレー方式な意味から、このような名称で呼ばれています。

そのため、返済方法は口座引き落としの登録が必要となります。

しかし、基本的な返済方法としてクレジットカードは不可であるものの、大学独自の奨学金は例外があるかもしれません。

大学独自の奨学金は比較的利用ルールも大学ごとに変わってくるので、今後クレジットカードでも返済可能な大学が今後出てくる可能性も、考えられます。

気になる場合は、入学前に奨学金について大学事務に確認してみましょう。

奨学金は、なぜクレジットカード払いできないの?

クレジットカードの支払いには、手数料がかかります。

この手数料は、奨学金を返す人にかかるものではありません。

もし奨学金をクレジットカード払いにすると、奨学金を貸している団体が、カード会社に手数料を支払わなければならないのです。

そのため、クレジットカード払いを導入してしまうと、奨学金を貸している団体が損をしてしまいます。

貸す側も、学生の学びを支援する奨学金ではあるものの、返済義務のある奨学金はしっかりと回収していかなければなりません。

返済された奨学金で、その後に入学する学生の支援も継続できるわけですからね。

奨学金の支払い方法は他にどんな方法がある?

口座引き落とし

奨学金の返済方法は、基本的に口座引き落としです。

日本学生支援機構では毎月27日が引き落とし日となっており、他の奨学金は独自の引き落とし日が設定されています。

また、日本学生支援機構では、リレー口座の登録が必要です。

ゆうちょ銀行やその他都市・地方銀行が登録可能で、ネット銀行などは登録できないので、注意しましょう。

基本的には、大学卒業後に返済開始となり、退学した場合は、貸与が終了次第の返済開始となります。

銀行振込

ほとんどの奨学金が口座引き落としで返済していますが、一部銀行振込が可能な奨学金もあります。

銀行振込の場合は、毎月決められた支払い期日までに、指定口座に振り込みます。

振込できないと、延滞金がかかってしまう事もあるので、期日は守りましょう。

 

奨学金は、各大学や民間の支援機関によって、様々な種類があります。

大学の奨学金は一般的に皆さんご存じでしょう。

新聞社が運営している奨学金は、学校に通いながら、新聞配達等のアルバイトを行い、給与とは別に奨学金が貸与されます。

更に、アパート食事も用意されるので、働きながら、生活する場所があり、安心して学ぶ事ができます。

このように、奨学金は種類があるので、利用したい方は、大学や地域が運営しているもの以外も是非調べてみて下さい。

クレジットカード支払いはできなくても、学びたい事を存分に学ぶ為に、上手に奨学金を利用していきましょう。

楽天カード入会キャンペーン実施中!
5000円分7000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーンもうすぐで終わっちゃう!

楽天カード(年会費無料)
▼申し込みはこちら▼

クレジットカード
ランキング特集

クレジットカード 総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い