[ad1]

あなたの月々の携帯料金の支払い方法は何ですか?

  • 口座振替
  • 請求書
  • クレジットカード

クレジットカード払いの方は節約家ですね。とても賢く利用されていると思います。その調子でポイントを貯め続けてください。

口座振替や請求書での支払いの方は、必ずこのページを最後まで読んでください。今のあなたがいかに損をしているかを知ることができます。

携帯電話の支払いは
楽天カードを使うとお得!

銀行口座の引き落としだとポイントは貯まりません。
楽天カードなら100円で1ポイント貯まるから超お得!

楽天カード

5000円分7000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーンもうすぐ終わっちゃう!


※クリックすると公式ページへ移動します


携帯料金をクレジットカードで支払うメリット

携帯料金をクレジットカードで支払うメリットといえば、やはりポイントが貯まることです。支払金額に応じてポイントが貯まり、商品や金券、マイルに交換できます。

月々の携帯代が1万円としたら、年間12万円、5年で60万円の支払いをしている計算になります。口座振替や請求書だとお金を支払って終わりですが、クレジットカードなら100円の支払いにつき1ポイント貯まります。(カードによってポイントレートは変わります)

5年で60万円の支払いだと、6000ポイントを貯めることができます。1ポイント1円のレートなら、クレジットカードで支払いをするだけで、5年間で6000円もの差が生じます。1人当たりの支払額なので、これが家族全員分で計算をしてみるとさらに大きくなりますね。

携帯電話は生活必需品となっているので、電気代や水道代と同じぐらい必須なツールです。携帯料金の支払いは毎月発生するものなので少しでもお得に利用するためクレジットカード払いを活用していきたいところです。

携帯料金をクレジットカードで支払うデメリット

携帯料金をクレジットカードで支払うデメリットは、しいてあげるといくつかあります。

  1. クレジットカードの有効期限が過ぎると支払いできない
  2. クレジットカードの利用限度額によっては支払いができない
  3. クレジットカードの解約をする前に別カードに変更手続きが必要
  4. クレジットカードを紛失・盗難・悪用されたら番号が変わる

1.クレジットカードの有効期限を確認しておこう

クレジットカードには有効期限があり、新規発行してから5年ぐらいで更新が必要になります。クレジットカードの有効期限が切れてしまうと支払いができなくなるので携帯料金が滞ってしまいます。

携帯料金の支払いの遅延を避けるために、有効期限が近いクレジットカードは更新手続きを忘れないようにすることが必要です。

カード会社によってはクレジットカードの有効期限が近づいてくると自動的に次のカードを送ってもらえます。その場合はクレジットカードの番号は変更されずそのまま利用できるので、いちいち番号の変更をする必要はありません。

2.クレジットカードの利用限度額によっては支払いができない

クレジットカードの支払いは携帯代だけではなく、他の支払いでも利用されているかと思います。ショッピングしたり旅行に行ったり奮発した買い物をしてしまって、限度額がギリギリになってしまうこともあるでしょう。

クレジットカード利用額と携帯料金の支払額の合計が、クレジットカードの利用限度額を超えてしまうと、携帯料金の支払いができず滞ってしまいます。すると、現金払いもしくは別のクレジットカードで支払いをする必要があります。

リボ払いを選択していると、支払額を少なく抑えることができるメリットはありますが、使いすぎるとショッピング枠の利用限度額がギリギリになるので、携帯代の支払いが確実にできるように限度額に余裕を持たせておきましょう。

3.クレジットカードの解約をする前に別カードに変更手続きが必要

やむを得ない理由でクレジットカードを解約する場合は、必ず携帯料金の支払い方法の変更手続きを先に終えてから解約をしましょう。

携帯料金の支払い方法がクレジットカード払いになった状態でクレジットカードの解約をしてしまうと、解約をしてもクレジットカード会社から請求書が毎月送付されます。

クレジットカード解約の前に、口座振替に変更するか、別のクレジットカードに変更しておきましょう。

4.クレジットカードを紛失・盗難・悪用されたら番号が変わる

万が一クレジットカードを落として紛失したり、財布ごと盗られて盗難にあったり、カード番号が漏れて不正利用や悪用されてしまった場合、すぐにカード会社に連絡してカードの利用停止手続きをする必要があります。実質解約となります。

クレジットカードの再発行もできますが、前と同じカード番号を使用してしまうとまた悪用される可能性もでますので、カード番号は変わります。

そのため、携帯料金やショッピングサイトなどで登録しているクレジットカードの番号を変更をしなくてはいけません。

携帯料金を口座振替で支払うメリット

携帯料金を口座振替で支払いメリットは、その日に現金から自動で支払いができるという点です。現金主義の考えをお持ちの方からすると、クレジットカードのようにまとめて後払いをする感覚に慣れていませんので、銀行口座から直接引き落としをしてもらう方が家計管理もしやすく安心できるでしょう。

口座振替で支払いメリットはその程度でそれ以外は思い当たりません。おそらく無いでしょう。

携帯料金を口座振替で支払うデメリット

携帯料金を口座振替で支払いデメリットは、やはりポイントを貯めることができないことです。

クレジットカードなら支払額に応じてポイントが貯まり、貯まったポイントを食品や家電、商品券や無料チケットなどに交換することができます。でも口座振替にはそれがありません。

携帯代が月々1万円で、100円で1ポイント貯まるクレジットカードなら、毎月100ポイントのポイントが貯まります。小さい額かもしれませんが、携帯料金のように毎月の支払いが何年も続く固定費の場合は、数年数十年スパンで考えることができますし、そう考えると塵も積もれば山となっていくわけです。

冒頭でもお伝えしましたが、携帯料金は5年で約60万円近い支払いになります。100円で1ポイント貯まる計算なら6000円を得ることができます。クレジットカードの種類によっては、1ポイント5円で交換できるところもあります。そう考えると6000ポイントは3万円の価値へと変わります。

ただ何も考えずお金を支払うのではなく、支払い方法をクレジットカードに変更するだけで簡単節約ができます。でも節約のように我慢をしている意識は一切無く、気が付けば勝手にポイントが貯まっているのでボーナスをもらうような感覚に近く、とてもうれしいものです。

今すぐ携帯料金をクレジットカード払いに変更する方法

携帯料金をクレジットカード支払い可能な会社は以下の通りです。

固定費 サービス会社
固定電話料金 KDDI、ソフトバンクテレコム、フュージョン・コミュニケーションズ、NTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズ、ジーエーピー など
携帯電話・PHS料金 NTTドコモ、au(エーユー)、SoftBank(ソフトバンク)、WILLCOM(ウィルコム)、Y!mobile(ワイモバイル)
プロバイダ料金 イオン・ネット、Yahoo!BB、OCN、au one net、ODN、BIGLOBE、@nifty、Spin Net、SANNET、BROBA、So-net、ZERO、@nsk、メディアキャット、TikiTikiインターネット、DTI、ぷらら、ASAHIネット、AOL、hi-ho など

docomoの携帯料金をクレジットカード払いに変更する方法

docomoでは、パソコン、スマホ、電話、ドコモショップで支払い方法の変更手続きができます。

公式ページ:http://faq.nttdocomo.co.jp/

auの携帯料金をクレジットカード払いに変更する方法

auでは、パソコン、スマホ、電話、ドコモショップで支払い方法の変更手続きができます。

公式ページ:http://www.au.kddi.com/

SoftBankの携帯料金をクレジットカード払いに変更する方法

SoftBankでは、パソコン、スマホ、郵送、電話、ドコモショップで支払い方法の変更手続きができます。

公式ページ:http://www.softbank.jp/

携帯料金をオトクにできるクレジットカードはコレ!

【DoCoMo】dカード

docomodカード

dカード(年会費無料)
▼申し込みはこちら▼


※クリックすると公式ページへ移動します

dカードゴールド
▼申し込みはこちら▼


※クリックすると公式ページへ移動します

【au】au WALLETクレジットカード

au

【SoftBank】ソフトバンクカード

ソフトバンク

 

楽天カード入会キャンペーン実施中!
楽天カード入会キャンペーン実施中!
5000円分7000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーンもうすぐで終わっちゃう!

楽天カード(年会費無料)
▼申し込みはこちら▼

クレジットカード
ランキング特集

クレジットカード 総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い