電車やバス利用の必需品、Suica。切符の値段を調べなくていいし、改札もタッチでスイスイ進めるので便利ですよね。

しかし、このSuicaを紛失してしまったら、どうすればいいのでしょうか?

チャージしたばかりだったらショックも倍増ですね。

今回は、あなたがお持ちのSuicaを紛失したらどうなるのか、どこに問い合わせて、再発行できるのかを一緒に確認していきましょう。

【支払い遅れそう…】カードの信用記録にキズをつけたくない!引き落とし日に間に合わせる2つの方法

Suicaを落としたり無くした時はすぐにここに問い合わせよう!

1-1.Suica再発行ができる種類

Suicaの紛失に気づいたら、まずは慌てずに落ち着きましょう。

Suicaの再発行は、種類によってできるカードとできないカードに分かれます。

一番手軽に作れる無記名Suicaは、発行時に氏名や電話番号を登録しないので、紛失してしまったら誰の所有物か不明な為、再発行できません。

記名式SuicaやSuica定期券の場合は、発行する際に個人情報を登録するので、再発行が可能です。

無記名Suicaを紛失した場合は、再発行を行おうとしても対応してもらえませんが、Suicaにシールを貼っていたり、ペンで何か書いているなど、何か自分の物だと確認できる特徴があれば、近くの交番や駅窓口に届け出ておけば、(可能性は低いですが)万が一見つかった場合連絡してもらえるかもしれません。

1-2.Suica紛失時の問い合わせ先

Suicaには電話での問い合わせ窓口がありません。

JR東日本のSuica利用可能エリア内の駅や、みどりの窓口、利用しているJRバス営業所などで対応しています。

まずは窓口に行き「Suicaを失くしてしまったのですが…」と伝えると、身分証明書の提示をして紛失申し出を申告する用紙に氏名や電話番号を記入します。

この手続きを行うと、再発行と利用停止の受付を同時に行ってもらえます。

Suicaを悪用されたらどうなる?どんな被害を受けるのか?

2-1.Suicaの残高の悪用

Suicaは、行ってみれば現金にも相当する財産です。

カードと言えど、現金と同じように利用できるので、もしも盗まれたり誰かに拾われてそのまま悪用されてしまったら、自分のお金を盗まれたものも同然です。

今は全国で交通系ICカードの相互利用ができるので、Suicaで電車に乗る以外にも、買い物だってできてしまいますよね。

しかも、紛失された事に気づくのが遅かった場合、紛失申請をする前の不正利用分は補償されません。

Suicaの紛失に気付いたら、すぐに利用停止手続きを行うようにしましょう。

2-2.オートチャージの利用

オートチャージ機能を使えば、改札で残高が少なくなっていても、自動的にクレジットカードからチャージされます。

わざわざ券売機やチャージ機に並ばなくて良いので、自分で利用する分にはとても便利なシステムですよね。

しかし、これが悪用されてしまうとどうでしょう。

元々チャージされていた金額よりも大きな額を勝手に利用されてしまうかもしれません!

気づいたら自分のクレジットカードから大金がチャージされているなんて事にならないよう、紛失手続きは「あとでいいや」と考えないようにしましょう!

Suicaを紛失したら利用停止するべき?どうやって停止できる?

3-1.利用停止するとどうなる?

Suicaは、利用停止手続きをすれば、システム処理が完了すれば使えなくなります。

もし拾って誰かが使おうとしても改札は通れません。

もちろんコンビニやレストランでの支払いにも利用できなくなります。

3-2.利用停止したらカードはそのまま使えなくなるのか?

Suicaの紛失手続きを行うと、そこでまた新しいSuicaの再発行処理となり、今まで使っていたSuicaの残高は、新しいカードに移行されます。

その為、紛失したSuicaがもし見つかったとしても、そのまま利用はできないので、残高が2倍になってラッキー☆という事はありえません。

見つかったSuicaは、駅窓口で返却し、デポジット500円のみ返金してもらうのがよいでしょう。

3-3.利用停止する手順と再発行する手順

①窓口へ行く

Suicaを紛失したら、最寄りのみどりの窓口へ行くのが一番手っ取り早いですね。

ちかくにみどりの窓口がない方は主な駅やJRバス営業所でもOKです。

②記入用紙を書き、身分証を提示

まずは、窓口の担当者にSuicaを失くした事を伝え、記入用紙に氏名・電話番号・住所など発行時に登録した個人情報を記入します。

再発行は元々の情報と紐づけて行うので、住所や電話番号が変わっている場合はその場で相談してみて下さい。

新しい発行カードの登録で住所変更など行ってもらえるかもしれません。

記入用紙を渡し、身分証明書の提示が求められる事もあります。

財布ごとなくして免許証がないという場合は、保険証やパスポートでも可能です。

③整理票を受け取る

処理が完了すると紛失再発行整理票というレシートのような紙を渡されるので、大切に保管しておきましょう。

というのも、手続き当日にSuicaを再発行してもらう事はできないので、その日に電車やバスを利用する場合hは、現金で乗らなくては行けません。

ちょっと痛い出費ですね…。

④再発行Suicaを受け取る

翌日~2週間以内に再発行されたSuicaを受け取りに行きます。

その際も身分証明書が必要になります。

また、Suica受け取り時には再発行手数料510円と新しいSuicaのデポジット(保証金)500円が必要になりますので、合計1010円を忘れずに(^^*)

Suicaを落としたら残額はどうなる?補償されるのか?

4-1.残額補償される場合

冒頭でも少し触れましたが、Suicaは種類によって紛失時の残高補償があるものとないものがあります。

ざっくり言えば、発行時に個人情報を登録していれば残額補償があり、していなければ補償なし、と言った感じです。

つまり、記名式Suica(My Suica)やSuica定期券は、再発行する時に新しいSuicaに紛失したSuicaに残っていた金額がそのまま移行されます。

ちなみにこの残額ですが、紛失直後から再発行手続きの間に、万が一悪用されて0円になっていた場合は、そのまま0円での処理になります。

残額は、再発行手続きの際に行われる利用停止処理が完了した時点での残高なので、いくら失くした時に10000円チャージされていたと訴えても、実際の額が違う場合は、悪用されてしまった後の残高が移行されます。

だからこそ、紛失に気づいたらすぐに窓口へ申し出る必要があるのです。

4-2.残高補償されない場合

無記名Suica(Suicaカード)は、個人の物と特定できる情報が登録されていないので、再発行できません。

つまり、残高補償もされず、失くしたらそれで終わり…となってしまいます。

Suicaに油性マジックで自分の名前を書いていたとしても、データ上個人情報が残っていないので残念ながら無理なんです。

無記名Suicaを紛失したら、再発行ではなく新規作成という事になります。

一度失くしているので、次に作るSuicaは記名式がいいかもしれませんね(^^;)

また、もし無記名Suicaが見つかった場合、利用停止処理を行っていないのでそのまま使えます。

2枚Suicaが必要ない場合は、元のSuica残高を使い切ったら、駅窓口でカード返却をし、デポジット500円を返金してもらうとよいでしょう。

Suicaを落としても安心できる一体型クレジットカードのメリット

Suicaには、クレジットカード機能のついた種類もあり、用途が幅広く便利です。

Suica一体型クレジットカードは、カード会社が発行しているので、紛失時の対応も異なります。

では、どんなメリットがあるのか確認してみましょう。

電話窓口がある

クレジットカード機能のついていない単体Suicaの場合、電話の紛失問い合わせ窓口はありません。

Suica一体型クレジットカードでは、Suicaの紛失=クレジットカードの紛失の為、多くの場合、時間・年中無休でカード会社による紛失・盗難受付対応を電話で行っています。

わざわざ窓口まで足を運んで手続きするより、かなりラクになるのは嬉しいですね。

残高補償がある

カード会社がSuica一体型クレジットカードの利用停止手続きを行った時点でのSuica残高は、再発行後のカードに移行されるので安心です。

紛失連絡の前に悪用されていなければ、金額がそのまま補償されるので、紛失時はできる限りすぐに問い合わせしましょう。

クレジットカード利用分の補償がある

これはSuicaではなく、クレジットカードの利用分ですが、紛失・盗難時の不正利用が判明した場合は、その金額を負担してもらえます。

条件はありますが、このような保証があれば、クレジットカードの不正利用を恐れる心配が軽減しますね。

再発行カードを郵送してもらえる

Suica一体型クレジットカードは、紛失後に軽い審査を経て、1週間から10日で自宅に郵送されます。

受け取りに行く必要がなく、待っているだけなので便利です。

まとめ

  • Suicaを紛失したら、まずは駅窓口へ行く
  • 種類によって、Suicaには紛失保証がある
  • Suica一体型クレジットカードは、紛失時の対応が便利

Suicaを失くしてしまうと、つい焦ってどうしたらいいか分からなくなり、そして落ち込みます。

しかし、まずは一旦冷静になって心当たりの場所にないと分かれば、まずは身分証を持ってJRの駅窓口へ行ってみましょう。

無記名Suica以外であれば、チャージ金額の補償もあるので安心ですしね。

もし、無記名Suicaを使用している方でこれを読んだ方も、ちょっと不安になったなら記名式Suicaや一体型クレジットカードに切り替えてみるのもいいかもしれません。

カードの支払日を過ぎてしまったら…

【支払い遅れそう…】カードの引き落とし日に間に合わなかったらどうなるの?

楽天カード入会キャンペーン実施中!