クレジットカードの新規発行に必要な書類を予め確認しておきましょう。いざカードを申し込むときに準備出来ていないとカード発行ができません。

  • 1.身分証明書
  • 2.銀行口座
  • 3.銀行印
  • (4.収入証明書)
  • (5.保護者の同意書)

必要書類はこの5種類が必要になります。基本的には「身分証明書」「銀行口座」「銀行員」この3種類あれば問題ありません。ですがあなたの借入状況やクレジットカード利用状況によって収入証明書が必要になったり、未成年の方は保護者からの同意書も必要になります。

また、クレジットカードの種類にもよりますが、必要書類さえ準備できていれば当日中に即日発行できるものもあります。急ぎの方は特に必要書類で何を準備しなければいけないのか、このページを最後まで読んで確認しておきましょう。

アコムカード
↓クリックして公式サイトに移動↓

↑即日発行できる唯一のクレカ↑
1日でも早く発行したいならコレ

クレジットカードの即日発行の審査に必要な5種類の書類

1.身分証明書

1-1.免許証

免許証

クレジットカードは申込者本人でなければ発行ができませんので、ちゃんと本人が申し込みをしているかどうかの確認をするため、身分証明書が必要になります。

免許証をお持ちであれば免許証のコピーを提出しましょう。偽造しにくい仕組みになっていて、顔写真や免許証番号など本人確認に必要な情報が豊富にそろっているため、免許証が最も確実かつ強力な本人確認書類となっています。

1-2.健康保険証

お持ちでない場合は健康保険証でも可能です。

しかし、健康保険証の場合や、引っ越しや結婚、勤務先の変更などが重なって住所が異なる場合、まだ住所変更の手続きをしていない場合、免許証や保険証だけで本人確認が不十分の場合は、

  • 1.公共料金(電気・水道・都市ガス・NHKのいずれか1つ)の領収証
  • 2.社会保険料の領収証書
  • 3.国税、地方税の領収証書または納税証明書

いずれかの確認資料が合わせて必要になる場合があるのでご注意ください

社会保険証が審査に有利になると言われる理由

正社員の方であれば、社会保険証を提出すると審査に有利になる可能性が上がります。

  • 同時に勤務先の確認もできる
  • 勤続年数も確認できる
  • 安定した収入があることをアピールできる

免許証だけでは見えない情報が、社会保険証で伝えることができますので、クレジットカードの審査を有利に持っていくことができます。

ただし、社会保険証のコピーは両面必要になるのでご注意を。裏面に記載されている住所が古い場合は、住民票の写しを添えるとより確実です。

他にも、本人確認書類は免許証以外でも以下のモノであれば有効です。

  • 運転免許証、運転経歴証明書
  • 各種健康保険証
  • 国民年金手帳
  • 母子健康手帳
  • 在留カード、特別永住者証明書
  • 住民基本カード(氏名、住居、生年月日の記載があるもの)
  • パスポート
  • 印鑑登録証明書
  • 氏名、住居、生年月日、顔写真のある官公庁発行書類
  • 戸籍謄本、抄本
  • 住民票の写し、住民票記載事項証明書

【学生の場合】

  • 学生証

基本的には免許証や保険証の提出でOKですが、申し込みをするカード会社によって必要な書類が異なることがありますので、予め申し込みをしたカード会社で確認をしておきましょう。

【身分証明書で必要な書類】

  • 免許証
  • 免許証+住民票の写し(住所が異なる場合)
  • 社会保険証
  • 社会保険証+住民票の写し(住所が異なる場合)
  • 健康保険証+確認書類
  • その他確認書類
  • その他確認書類×2(住所が異なる場合)

2.銀行口座

通帳

クレジットカードの利用分を引き落としするための銀行口座です。通帳が無いネット銀行でも使用可能です。クレジットカードは基本的に銀行口座から自動引き落としになります。お手持ちの銀行口座をご準備ください。

複数口座をお持ちの場合は、既に引き落としの設定をされている口座を選ぶと良いです。複数口座であちこち引落があると確認も手間がかかります。引落しが一切来ない貯金用の銀行口座と、引落しや振り込みが頻繁にある銀行口座とわけておくと管理が楽でお勧めです。

毎月の給料が振り込まれている口座を、クレジットカードの引き落とし口座で登録しておくと良いでしょう。

3.銀行印

印鑑と通帳

銀行口座を作成するときに必ず銀行印を押しているはずです。通帳に押している印と同じ印鑑を準備する必要があります。

銀行口座専用の印鑑を作成している方もいますし、ひとつの印鑑を複数の口座や印鑑証明などに使用されている方もおられます。

もし銀行印がどれかわからなくなった場合は、銀行印の確認方法と銀行印の変更方法についてまとめたページをご覧ください。

銀行印がわからなくなった時の対処法

4.収入証明書(カード利用状況によって必要)

書類

基本的には、収入証明書はクレジットカードの新規発行の申し込み時に必要ありません。

しかし、あなた自身のクレジットカードの利用状況や借入状況によっては、あなた自身の収入を証明する書類が必要になります。

収入証明書が必要になる条件は、

  1. 消費者金融の借入をしている場合
  2. クレジットカードを複数発行してる場合

このいずれかとなります。

4-1.消費者金融の借入をしてる場合

総量規制とは、国が定めている賃金法という法律で、借入をするときは年収の3分の1までの範囲内で定められていることです。

例えば、年収が300万円の方だと、借入できる合計金額は100万円までとなります。100万円を超える借入はできません。

2010年6月18日に施行された法律で、この法律により返済能力の無い人がさらに借金をするという多重債務者を一気に減らすことができました。

法律で決められたことなので、お金を貸したくても総量規制を超えている方にはお金を貸すことができません。クレジットカードも後払いなので一時的にお金を借りているような状況で、クレジットカードも総量規制の対象となります。(ショッピング枠のみは対象外。キャッシング枠が対象となる)

総量規制対象となる借入は、

  • アコム
  • アイフル
  • プロミス
  • モビット

これらの場所、つまり消費者金融です。(車や住宅ローン、奨学金の返済、銀行カードローンなどは総量規制対象外となります)

消費者金融からの借入が年収の3分の1に到達しているかどうか、つまり総量規制を超えそうかどうかを確認するため、収入証明書の書類が必要になります。

あなたが消費者金融からいくら借入をしているのかは、信用会社を通してカード会社はすべて把握しております。

消費者金融の借入額が、年収の3分の1を超えていないかどうかを確認するため、収入証明書の提出が必要になります。

4-2.クレジットカードを複数発行してる場合

消費者金融から借入が無くても、クレジットカードを複数所有している場合でも収入証明書が必要になります。

理由は先ほどと同じように、総量規制の対象になる可能性があるからです。消費者金融からの借入は総量規制の対象になりますが、クレジットカードのキャッシング枠も同じように総量規制の対象となります。

クレジットカードを複数所有しているということは、各カード毎にキャッシング枠が用意されている可能性も高いということです。(キャッシング枠が0円となっていれば問題ありません)

例えば、クレジットカードを自分名義で合計5枚発行しているとします。

カード キャッシング枠 キャッシング利用
カードA 30万円 10万円
カードB 30万円 10万円
カードC 20万円 0円
カードD 20万円 0円
カードE 30万円 20万円
総額 130万円 40万円

実際のキャッシング利用は40万円だけですが、キャッシング枠を合計すると130万円となります。この130万円が総量規制の対象となるのです。

キャッシング枠を希望せず0円に設定していれば問題無いですが、気づかずにキャッシング枠が自動設定されている場合もあるので必ずご確認ください。

クレジットカードのキャッシング枠を0円に設定する方法

4-3.収入を証明するために必要な書類

収入証明書は業種によって提出する書類が違ってきます。必要な書類を業種別にまとめました。

1.会社員

  • 源泉徴収表
  • 給与明細書

2.自営業

  • 納税通知書
  • 確定申告書

3.年金を受け取ってる方

  • 年金証書
  • 年金振込み通知書

いずれも最も最新の書類が必要となりますので必ずご確認ください。

5.保護者の同意書(未成年の場合)

同意書書類

クレジットカードは18歳以上になれば自分の名義で発行することができますが、未成年なので保護者からの同意が必要になります。

親に内緒でクレジットカードを発行したいと思っても、同意書が無ければカード発行できませんし、親の承諾を得なければ同意書を書いてくれません。友達に親代わりになってもらおうと企んでも、自宅に確認の電話があったり、郵送などで確認をする場合もあるため、内緒でカード発行はほぼ不可能です。

親に内緒でバレずにクレジットカードを発行できるか調査した結果

ですが、保護者からの同意が得られれば、

  • 大学生
  • 専門学生
  • 短大生
  • フリーター
  • ニート
  • 派遣社員
  • 正社員

誰でもクレジットカードに申し込むことができます。(審査が通過するかどうかは別の話)

18歳、19歳の方は必ず親の同意書が必要になりますのでご注意ください。

最後にもう一度確認

  • 1.身分証明書
  • 2.銀行口座
  • 3.銀行印
  • (4.収入証明書)
  • (5.保護者の同意書)

書類が準備できたとしても、書類の内容や情報に相違が無いかどうか、現住所と一致しているかどうかも含めてじっくり確認をしましょう。提出書類に不備があるとクレジットカードの審査に通過しない、もしくは確認の電話が掛かってくることがあります。

予めの準備は徹底的にしておき、確実に審査通過できるように用意しておきましょう。

アコムカード
↓クリックして公式サイトに移動↓

↑即日発行できる唯一のクレカ↑
1日でも早く発行したいならコレ

カードの引き落とし日に間に合わないかも…

コメントをどうぞ