空港でも目を惹くそら豆のような緑が可愛いSolaseed Air(ソラシドエア)。

「空から笑顔の種をまく」をコンセプトに、九州に生まれた航空会社です。

今回は、このSolaseed Airから誕生したSolaseed AirカードSolaseed Airゴールドカードをご紹介します。

マイルの貯め方や割引運賃まで、Solaseed Airユーザーにとっては、待ってましたと言わんばかりの嬉しいメリットもたくさん。

まだSolaseed Airを利用した事ない方にも分かりやすい様、基本スペックからまとめていきます。

スポンサードリンク

1.Solaseed Airカードの特徴スペック一覧表

提携ブランド VISA
 支払日 毎月10日(前月15日〆)
 年会費 【一般】1250円:初年度無料(税別)
【ゴールド】10000円(税別)
 ポイント名称 ワールドプレゼントポイント
ソラシドスマイルクラブのマイル
 ポイント還元率 0.5%
 ポイント有効期限 ワールドプレゼントポイント:2年間
ソラシドスマイルクラブのマイル:3年間
 ポイント優遇対象サービス なし
 ポイントの提携 ワールドプレゼントポイントをソラシドスマイルクラブのマイルへ交換可能
 利用可能最低ポイン 200ポイント~
 ボーナスポイント  毎年継続時にボーナスマイルプレゼント
【一般】500マイル
【ゴールド】1000マイル
 電子マネー付帯 なし
 チャージできる電子マネー 楽天Edy、nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCA
 家族カード  あり
【一般】初年度無料、2年目~400円(税別)
【ゴールド】1人目無料、2人目~1000円(税別)
 ETCカード  あり
 国内・海外旅行保険  あり
 ショッピング保険  あり
 ApplePay対応かどうか  別発行のiD(後払い)として対応可能
 マイルの還元率 ワールドプレゼントポイント:ANA/1ポイント=3マイル
ワールドプレゼントポイント:1ポイント=ソラシドスマイルクラブ:1マイル
即日発行できるかどうか 不可

2.Solaseed Airカードのメリットについて

ソラシドエアのマイルが貯まる!

ソラシドエアにも、ANAやJALのようにマイルが貯まるソラシドスマイルクラブのマイル制度があります。

ソラシドスマイルクラブとは、誰でも入会可能なソラシドエアの会員サービスで、インターネットから入会可能です。

主に、搭乗する度にマイルがゲットできたり、事前に名前やクレジットカード番号を登録しておけるので、予約から搭乗までがスムーズになります。

このソラシドスマイルクラブで貯められるマイルが、Solaseed Airカードの利用額に応じてて貯まるワールドプレゼントポイントから交換できるのです。

搭乗だけでなく日々のお買い物ポイントもマイルへ交換可能♪

しかも、クレジットカード入会特典で、一般:1000マイル、ゴールド:2000マイルもらえるだけでなく、毎年の更新でも、一般:500マイル、ゴールド:1000マイルももらえます!

マイルが貯まる機会が多く、現存会員にも評判のマイル制度です!

会員は割引運賃適用!

ソラシドエアは、LCCではありません。

飛行機のサイズも小型なのでLCCと間違いやすいのですが、希望が小さめの普通の航空会社と思って下さい。

その為、座席もLCCほど窮屈ではなく、機内サービスも充実しています。

そして、航空券代も格安ではないので、片道3000円以上である事も普通。

しかし、Solaseed Airカード会員になると、会員割引が適用されて片道10000円以上安くなる事もあるのです。

ソラシドエアにも早割りが存在するので、60日前の予約の方が安い事もありますが、基本的には普通運賃よりコンスタントに安い会員割引はありがたいですね。

空港や機内販売で割引!

Solaseed Airカードで機内販売を利用すると、10%OFFでお買い物ができます。

また、九州を中心に就航しているだけあり、那覇空港や鹿児島空港での対処店舗は5%OFFにもなります。

空港のお買い物って、少し高い印象がありますが、割引があればむしろ得した気分になります。

3.Solaseed Airカードのいまいちポイントについて

Solaseed Airカードはどんなに頑張っても年会費がかかってしまいます。

一般カードの年会費は1250円(税別)とお安く、一度航空券をSolaseed Airカード会員割で購入すれば元をとれるレベルです。

しかも、初年度年会費無料なので、もし使ってみてやっぱり持っている意味がないかもしれないと思ったら、解約する事もできます。

しかし、ゴールドカードは初年度から年会費10000円(税別)と高く、年会費がお得になる制度もありません。

更にポイント交換率も航空券割引率も一般カードと変わらないという悲しさ。

なかなか近寄りがたいゴールドカードなので、わざわざ年会費10000円払って発行するメリットが少ないのです。

代わりに、ソラシドエアのヘビーユーザーの方にはゴールドカードでもストレスフリーでお得な旅ができるかもしれませんので、お伝えしておきます。

実は、Solaseed Airゴールドカード会員で、年間搭乗回数が20回以上の方は、ソラシドファーストメンバーズに認定され、毎年5月にボーナスマイル2000マイルもらえたり、機内への優先搭乗や空席待ちの優先案内の特典があります。

年会費のかかるゴールドカードですが、たくさん乗る人にはお得という事なんですね。

4.Solaseed Airカードの最大の特徴!こんな人におすすめしたい!

Solaseed Airカードを持つのにおすすめな方は、ズバリ九州から羽田への飛行機利用が多い方です!

ソラシドエア自体、九州に本社がありますが、路線としては大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島から羽田の便が特徴的で、福岡のような主要空港以外から東京へ行くのに便利です。

地方に優しい航空会社ですよね。

その為、これらの便に搭乗する回数が多ければ多いほど、Solaseed Airカード割引で航空券を予約でき、マイルも貯まります。

便の利用が多いと言っても、月1回程度でしたら一般カードの方が断然お得です。

年間20回以上乗る方はゴールドカードでもいいかもしれませんが、基本は一般カードで充分です。

搭乗マイルに加えて更新ボーナスマイル、いつものお買い物で貯めたポイントからのマイル…と、貯められるチャンスも多いので、回数は少なくても、いつもソラシドエアを利用してるという方におすすめできます。

5.Solaseed Airカードはどういう使い方が最もお得になるのか?

Solaseed Airカードはメインカードにするには還元率の低いカードです。

その為、ソラシドエアを利用する時のみが出番のサブカードとしておすすめ。

航空券の予約だけでなく、機内サービスや割引可能な空港内ショップでも利用した方がお得なので、旅行や出張専用にしてもいいかもしれません。

また、とにかくソラシドエアのマイルを貯めたいというのであれば、クレジットで貯まるワールドプレゼントポイントを交換する事ありきで、光熱費や保険料の引き落としもSolaseed Airカードにすると、以下のような使い方もできます。

【目標★マイルを片道航空券分貯める】
九州各地ー羽田の必要マイル:7000マイル

・(例)宮崎ー羽田便に年10回搭乗
積算マイル:420×10=4200マイル

・毎月の引き落とし
光熱費:10000円
保険料:10000円
________
合計:20000円=20ワールドプレゼントポイント=200マイル
年間なら…200マイル×12ヶ月=2400マイル

・年間旅行費
航空券(Solaseed Airカード会員割引適用)
15000円×10回=150000円=150ワールドプレゼントポイント=1500マイル

4200+2400+1500=8100マイル!目標達成!

※本来は宮崎ー羽田便が14000円台なので、年間搭乗回数9回でも7000マイル超えますが、航空券の変動や適用割引の違いにもよるので、分かりやすく10回搭乗で計算しています。
このように、マイルを貯める為に月20000円の引き落としにSolaseed Airカードを利用するという手もあります。

しかし、実際はカード利用更新のボーナスマイルだったり、もっと搭乗する機会が多かったり、マイルと貯めるチャンスはあります。

毎月の引き落としは、ポイント還元率の高いクレジットカード使うという手もあるので、生活スタイルに合わせて、Solaseed Airカードを上手にお得に使いこなしましょう。

まとめ

実際にSolaseed Airカードを利用してみると、「よく乗る飛行機はソラシドエアであるにも関わらず、マイルを貯めないなんて損!」…そう感じます。

Solaseed Airカードを利用する事で、よりお得に、より早くマイルが貯まります。

更に、Solaseed Airカード会員割で航空券を購入すれば、それだけで年会費の元がとれる事もあるので、断然お得です。

ソラシドエアを使うのに、Solaseed Airカードを持ってないなんて、もったいない!

一般カードは初年度年会費無料ですから、是非一度Solaseed Airカードを使ってみて、本当の使い心地の良さを実感してみて下さい!

スポンサードリンク

↓8種類のカードを厳選しました↓

今月のおすすめカード一覧

スポンサードリンク

クレジットカード13枚利用した私がたどり着いたポイント貯まりやすいカードはこの3枚でした

管理人管理人

2018年5月の段階で発行した枚数は13枚!

でも正直ハズレと思うカードもいくつかありましたし、全然ポイント貯まらないカードもありました。実際に使ってみないとわからないものです…。

その中で、私が実際に13枚のカードを使ってみて、ポイント貯まりやすいと思ったカードがこちらの3枚でした。

  • 楽天カード
  • dカード
  • Yahoo!JAPANカード

なかでもこの3枚は、かなりポイント貯まりやすいので、どのカードにすればいいかわからない場合はこの3枚からひとつ選んでおけば間違いないです。

ちなみに、3枚ともすべて年会費無料なので、カードを作って損することは一切無いので、気軽な気持ちで1枚持っておいて大丈夫です。

1位:楽天カード
管理人管理人

楽天カードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • 楽天市場で使うようにすれば、100円で4ポイント貯まる
  • 楽天ポイント貯まる
  • ETCカード発行可能
  • 楽天ポイント、楽天Edyが一体型

楽天カードは100円につき1ポイント貯まります。ETCカードを発行すれば高速料金に対しても楽天ポイント貯まります。

楽天市場で買い物をすれば、100円につき2~5ポイント貯めることもできます。楽天市場ってほぼすべてのジャンルの商品が揃っているので、普段の買い物を楽天市場で買うようにするだけでポイントはものすごく貯まりやすくなります。

実際に私も、生活用品や日用品、家具や家電なども楽天市場から買うようにしています。家電量販店や薬局などで商品を目で確認して型番やサイズを確認して、最終的に楽天市場で買うという流れです。

私の場合、楽天市場で買い物をすれば、100円につき4ポイント貯まるようになっています。

他の店舗で楽天カードを使えば、100円で1ポイントしか貯まりませんが、楽天市場で購入すれば100円で4ポイント貯まります。4倍もの差があるので、楽天市場を利用しない理由はありません。

しかも、店舗で買うよりも楽天市場で買った方が安い場合もありますしね。メリットだらけです。

貯まった楽天ポイントは、楽天市場や楽天トラベルといった楽天関連のサービスで使えますし、楽天Edyという電子マネーに交換すれば、スーパーやコンビニでも楽天ポイントを使うことができます。

なにより、入会キャンペーンでたくさんポイントもらえるのが嬉しいですね。カード発行は無料なのに5000円分もポイントもらえるなんて、発行する価値十分アリです。

5000円分の楽天ポイントもらえる!期間限定の入会キャンペーン実施中!

楽天カードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

2位:dカード

管理人管理人

dカードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • dポイント貯まる
  • ドコモ携帯料金の1%ポイント貯まる
  • dポイントを電子マネーiDの支払いに充当できる
  • カード提示でローソン、マクドナルドで割引
  • カード提示でdポイント貯まる店舗も急増中

ドコモが発行しているdカードですが、ドコモユーザーじゃなく誰でも申込可能のカードです。100円につき1円分のdポイントが貯まります。

正直、ポイント業界の中では楽天ポイントがダントツで優位な位置にいると思っています。ポイントも貯まりやすく使い道も広く、対応店舗も多いので、利用しやすい環境がバッチリ整備されています。

それに続いて、dポイントはここ数年で急速に普及が広がっており、楽天ポイントと同等レベルぐらいまで対応店舗が増えております。

支払いをすべてカード払いに切り替えるなら、dカード1枚にまとめるのもアリです。

年会費実質無料!
最大9000円もらえる入会特典実施中!

dカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

管理人管理人

私の場合は、年会費無料のdカードではなく、年会費1万円(税別)のdカードGOLDを持っています。 ドコモユーザーであれば、携帯料金の10%が毎月dポイントとして貯まっていくので、毎月1500円分のdポイントが勝手に貯まり続けています。 dカードGOLDの特徴はこちら

  • 年会費1万円(税別)
  • ドコモ携帯料金の10%のdポイント貯まる
  • ケータイ補償あり
  • 海外旅行の保険の範囲が広い
  • 空港のラウンジを無料で使える
さらにdカードGOLDの詳細を知りたい方はコチラ

最大14000円分もらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

dカードGOLDのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます

3位:Yahoo!JAPANカード
管理人管理人

ヤフーカードの特徴は以下の通りです。

  • 年会費無料
  • 100円で1ポイント貯まる
  • Tポイント貯まる
  • ヤフーショッピングやヤフオク、ロハコ利用でポイント貯まりやすい
  • ソフトバンク携帯料金でTポイント貯まる
  • Tポイント使える店舗数も多い

Yahoo!JAPANカード。通称ヤフーカードやワイジェイカードとも呼ばれています。100円につき1円分のTポイントが貯まります。

楽天カードは楽天関連のサービスで、ヤフーカードはヤフー関連のサービスで効果を発揮します。

ヤフーショッピングやヤフオク、ロハコでTポイント貯めたり使ったりできます。ソフトバンクユーザーであれば、携帯料金でTポイントを貯めることもできます。

そもそもTポイントは歴史が長く、ファミマやTSUTAYAを筆頭に対応店舗も非常に多く、楽天ポイントやdポイントと同じように貯めやすいと評判も高いです。

年会費無料!
8000円分のTポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

Yahoo!JAPANカードのお申込みはこちら
※5~10分あれば申し込み完了できます