クレジットカードを新規発行したい場合、必ず審査があります。あなたにクレジットカードを発行しても問題ない人かどうかを確認するため、過去のクレジットカードの利用履歴や他のクレジットカードの利用状況などを審査しています。

過去の利用状況や他のクレジットカードの利用状況が悪いものでなければ基本的に審査は通過します。でも支払いが遅れたり何度も引き落としができなかったりすると、カードを発行してくれない場合があるんです。

審査に通過するかどうか不安…

という方におすすめしたいのが「審査無しのクレジットカード」です。一体これはどういうことなのか?実は私も調査中にこの情報と出会いました。そんなカードが本当に存在するのでしょうか?具体的に調査した結果をご紹介します。

審査無しで発行できるクレジットカードってあるの?

調査した結果、残念ながら「審査無し」で取得できるクレジットカードは存在しません。審査が甘い、比較的緩いクレジットカード会社は存在しますが、審査が一切無しで発行できるものはありませんでした。

じゃあなぜそういった情報がネット上に飛び交っているのでしょうか?

その正体は・・・デビットカードVプリカのことでした。

デビットカードとは?

デビットカードは、銀行口座と紐付された決算用カードのことで、キャッシュカードの機能とクレジットカードの機能が合体したような仕組みとなっています。

クレジットカードでは、支払いで利用した総合計金額がまとまって翌月末に引き落としとなるため、後払いが基本となります。ですがデビットカードは利用した瞬間に銀行口座の残高から引落しされる仕組みとなっています。

イオンデビット

こちらがイオンが発行しているデビットカードです。イオン銀行と連携して利用することができます。このようにみるとデビットカードの見た目はクレジットカードとほとんど大差ないですね。パッと見だとクレジットカードのように見えますが、ちゃんと「DebitCard」と記載されています。

デビットカードは銀行と提携したカードとなっているので、あなたの持っている口座によってカードの種類が異なります。

  • 三井住友銀行→三井住友VISAデビットカード
  • イオン銀行→イオンデビットカード
  • 楽天銀行→楽天デビットカード
  • りそな銀行→りそなデビットカード
  • 三菱東京UFJ銀行→三菱東京UFJデビットカード

なぜクレジットカードではなくデビットカードがおすすめなのか。デビットカードにはクレジットカードに無いメリットがたくさんあるからです。

⇒徹底調査してわかったデビットカードの14のメリットとデメリットまとめ

Vプリカとは?

Vプリカとは…「プリペイドカード(=前払い方式)」のことです。サービス提供元はあの青いカードで有名な【ライフカード】です!

  1. Vプリカを入手
  2. (必要に応じて)Vプリカを購入
  3. チャージ金額の範囲内での利用が可能

Vプリカ「インターネット専用のプリペイドカード」で、提携ブランド【VISA】となっています。プリペイドカードですが、インターネットのVISA加盟店であればクレジットカードと同じように利用することが出来ます。

申込資格
  • 日本国内在住の18歳以上
カード情報
  • カード番号(利用時に入力が必要)
  • 有効期限(発行日より1年後の月末)
  • セキュリティコード
  • ニックネーム(=カードの名義人となります)

Vプリカは通常クレジットカード入会時に必要となる、

  • 本人確認
  • 引落し銀行口座登録
  • 審査

といったことが不要になります。18歳以上であれば誰でも所有でき、クレジットカードより簡単に持つことが出来ます。

Vプリカは基本的にカード発行は無しで、カード情報については会員ページで確認できます。

Vプリカは1枚だけでなく、同時に10枚まで保有が可能なので、インターネット上の買い物・オンラインゲームの課金といった用途別で管理したい方にもおすすめ。

Vプリカはセキュリティ面が安心

プリペイドカードなので、決済する以上の金額の請求や支払が行われることがありません。海外のオンラインショッピングの際、クレジットカード情報をを入力することに抵抗がある人にはVプリカを強くおすすめします。

また、Vプリカを使用しない時にはセキュリティロックをかけることも可能です。不正利用から自分の身を守ることも出来ますね!ロック&解除も会員情報メニューで簡単に設定できます。

【VISA認証サービス(3-Dセキュア)】に対応しているため、決済を行う際にも会員メニュー時と同様にIDとパスワードの入力が必要となるので、セキュリティ面では十分安心できるレベルです。

コメントをどうぞ