賃貸物件に住んでいる方にとって、月々の支払いの中でも額が大きくなるのが家賃

この家賃をついうっかり払い忘れてしまった!

こんな場合、どのような対処法があるのか知っていますか?

もちろん払い忘れないことが一番ではありますが、毎日忙しくしていれば忘れてしまったり、他の払いものと一緒に払ってしまったつもりになってしまうこともあるもの。

今回は、そんな家賃の払い忘れに気づいた際、どのような対処法があるのかなどご紹介していきます。


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

家賃の払い忘れで支払いが遅れたらどうなる?

まず、家賃の払い忘れに気づいたときに最初に心配になることといえば、家賃を払っていないから強制退去になってしまうのではないか?

というところ。

今まで住んでいた場所にもう住ませてもらえない、などという事態になってしまえば、困るどころの話ではなくなります。

しかし、この家賃の払い忘れに早期に気づくことができたのならば、強制退去の心配はありません

基本的に家賃というものは、1月済んだ後の家賃を払っているのではなく、これからまた1か月住むための料金を、先に払っているというシステムになっています。

簡単に言えば先払いのシステムを採用されているということですね。

なので、数日の払い忘れ程度ならば、まず強制退去のような強硬策を取られることはありません。

まず、支払期限までに支払いを確認できなかった場合、不動産屋や大家から電話連絡があります。

家賃が振り込まれていないけれど大丈夫ですか?

という程度の柔らかな電話です。

この電話で初めて支払い忘れに気づいた、という方も多いので、この後すぐに家賃を振り込むことができればそこまで問題にはなりません。

電話に気づくことが出来なかった場合、次は手紙での督促になります。

請求書を兼ねた手紙になっていることも多く、場合によっては「内容証明」の形で送られてくることもあります。

この際、手紙とともに電話も並行してかけられることになるので、電話にはしっかりと出て、いま支払いができる状態なのかというところを、しっかりと相手方に話しておく必要があります。

これでも払えなかったり連絡がつかない場合、直に部屋に訪問されることになります。

この訪問には、もちろん話し合いをするための意味もありますが、万が一契約主が部屋内で倒れていないかとう確認の目的もあります。

昨今では身寄りがない方との賃貸契約も多く、誰にも気づかれない間に亡くなっていたなどという話も聞きます。

不動産や大家にとっては、これは最悪のケースになりうるのです。

また、この時点で連帯保証人にも支払い督促が届きます

そしてここまで時間をかけても支払いが行われなかった場合は、強制退去の可能性が出てきます。

ここまでおよそ2~3か月ほどたっていた場合は、「賃貸契約解除及び明け渡し請求」の通知が届くことになるのです。

この通知を受け取っても、まだ何らの動きも見せない場合、最終的には裁判になってしまうので、早めの行動を心がけましょう。

延滞料金発生する?いくらになる?

ついうっかりとはいえ支払いを忘れてしまった以上、延滞金がつくのは仕方のないことです。

しかし、この延滞金ですが、不動産屋や大家さんによって大きく額が違ってくることになります。

物件を借りる際に渡される、「賃貸契約書」を確認してみて下さい。

延滞料金に関しても契約書に記載されています。

そもそも延滞料金であるところの「遅延損害金」に関しての記述がなければ、延滞金を払う必要もなくなってきます

なので、支払い忘れに気づいたのならば、まず契約書を確認してみることをお勧めします。

また、基本的には上記で紹介したように遅延損害金に関しての記述がなければ、延滞金を支払う必要はありませんが、あまりにも悪質な滞納だった場合、あとから遅延損害金として延滞金を迫られる場合もあります。

民法では「年5%の割合で遅延損害金を請求できる」と書かれています。

後出しのような請求がないとも限らないので、早め早めに支払っておいてください。

また、一例として民法で定められている割合でのケースを見てみましょう。

  • 家賃54000円で7日間支払いが遅れた場合:54000×0.05×7÷366=51.63。端数切捨てで51円の延滞金がかかることになります。
  • 家賃98000円で15日支払いが遅れた場合:98000×0.05×15÷366=200.8。端数切捨てで200円の延滞金になります。
  • 家賃76000円で30日間支払いが遅れた場合:76000×0.05×30÷366=311.47。端数切捨てで311円の延滞金になります。

家賃の支払いが遅れたらすぐにやるべき対処法まとめ

さて、ここまで家賃を払い忘れてしまった場合、どのようなデメリットがあるのかというところをご紹介してきました。

しかし、何より気になるのは、支払い忘れに気づいたときにできることです。

ここからは、支払いが遅れた際にまずすべきことを見ていきましょう。

不動産、大家に連絡

何よりも一番にすべきことは、不動産や大家さんなどに連絡を入れること。

あくまでも支払いを忘れてしまっていただけの場合、すぐにでも家賃を支払ってしまいたいと考える方も多くなります。

どのような支払方法になるのか、請求書が送られてくるのか、指定口座に振り込むことになるのか、または直に家賃を持って行くことになるのか。

いずれにしても、支払い方法がわからないことには動きようがありません。

うっかり忘れてしまった、ということは誰にでも起こりうることです。

自身から忘れてしまったことをしっかりと説明すれば、動き方も指示してもらえることになります。

ここで少し番外編ですが、支払期限前に支払いが難しいことがわかっている場合は、どのように動くべきなのかもご紹介しておきます。

この場合も、基本は同じく不動産屋や大家さんに相談をしてみること

そしてこの際に、「支払いの意思があること」「支払予定」をしっかりと伝えましょう。

この2つをしっかりと伝えることができれば、何らかの対応をしてくれます。

延滞金はつくけれど、〇日までなら待てる。

または、〇日まで待つから直に家賃を持ってくるように等です。

事前にわかっているのならば、このような対処法もできます。

何より悪いのは、無視、放置をすること。

できる限り早め早めに動くようにしてください。

家賃のクレジットカード支払いってできる?できない?

そもそも支払い忘れが起きないようにするためには、どのような対処法があるのかといえば、やはりおすすめはクレジットカード払い。

しかし、家賃の支払いはクレジットカードでできるのでしょうか?

結果から言えば、こちらも不動産や大家さんによることになりますが、現在ではよほどのことがない限りはクレジット払いに対応しているところばかりになります。

全国展開をしている不動産になると、クレジットカード払いを不動産屋から進められることもあります。

家賃といえばそれなりに大きな額になるので、ポイントバックも大きくなります。

家賃の支払い方法でクレジットカード払いをチョイスするのは、とても賢いやり方になりますね。


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い