いざというときのために有効な生命保険

掛け捨てから貯蓄性のある生命保険まで、それぞれの特性を考えて、複数保険に入っている方も多くなっています。

万が一の病気の際など、とても心強い保険なだけに、払い忘れがないよう、口座振替を採用している方が多くなっていますが、たまたま残高不足で振り替えが行われなかった場合。

生命保険の支払いが遅れてしまった際には、すぐに保証が受けられなくなってしまうのでしょうか?

今回は気になる生命保険の支払いを払い忘れてしまった際、どのような事態になり、どのような対処ができるのかなど、ご紹介していきます。


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

生命保険の払い忘れで支払いが遅れたらどうなる?そのまま放置したら最終的にどうなっちゃうの?

口座振替、払い込み用紙、どちらを採用していたとしても、ついうっかり払い忘れてしまったということも、長い人生ならあるというもの。

ただ、いざという時の保険なだけに、払い忘れてしまったと気がつけば、保証が受けられなくなるのではないかと心配になってしまうことも事実です。

しかし、1度の払い忘れに気づいたくらいならば大丈夫。

すぐに保険の補償が受けられなくなる、などということはないので安心することができます。

生命保険など保険関係の支払いは、大きく分けて3つの方法がとられています。

それは月払い、半年払い、または年払いの3つになり、それぞれ支払い期限を過ぎても猶予期間が設けられているのです。

  • 月払い/払込期日の翌月1日から末日まで
  • 半年払い、年払い/支払期日の特月1日から翌々月末日まで

上記が多くの保険会社で設けられている猶予になります。

また、期日に支払いが行われなかった場合、保険会社から催告の手紙がまず届くことになります。

「未納になっているので、翌月分と一緒に再引き落としを行うので、口座残高をご確認ください。」

といった文言が書かれているのが一般的です。

しかし、この翌月の期限でも支払いが確認できなかった場合、さらに同月末日までは待ってくれます。

この末日までに支払いが確認できなかった場合は、保険が失効してしまうことになります。

また、この生命保険が貯蓄性のある保険だった場合は、「自動貸付振替」が行われることもあります。

自動貸付振替とは、その保険の解約返戻金の範囲内から代わりに保険料金を払ってくれるシステムになります。

延滞料金発生する?いくらになる?

生命保険の場合、支払期限を過ぎてもほぼ1か月の猶予があり、この猶予内に支払いを済ませることができない場合は保険の失効となってしまいます。

このことから、基本的に生命保険の支払いが遅れてしまっても、延滞金がとられることはありません。

ただし、上記で口座振替ができなかった場合「自動貸付振替」で、保証を失効させないというやり方があると紹介しました。

この自動貸付振替で保険料を代理に支払ってもらった場合、こちらには延滞金がつくことになります。

各生命保険会社によって利率は変わってくるので、契約書を確認してみて下さい。

生命保険の支払いが遅れたらすぐにやるべき対処法まとめ

では生命保険の支払い忘れに気づいた場合、まずはどのような対処をすればいいのでしょうか。

上記で紹介したように、保険の払い込み忘れには1か月の猶予があります。

翌月の口座振替日までに、2ヵ月分の保険料を忘れないうちに預けておきましょう

また、払い込み用紙で払っていた、という方に関しても、支払い期限を過ぎても支払いが確認できない場合は、保険会社から払い込み用紙が添付された手紙が送付されます。

この払い込み用紙で、改めて早めに支払いを済ませればそれでOKになります。

保険というものは商品です。

支払いを忘れていたからといって、何度も催告状が送られてくる事こそありませんが、期限を過ぎればあっさり保険は失効してしまいます。

保険会社が催促してくれない分、自身で忘れないように気を付ける必要があります。

生命保険のクレジットカード支払いってできる?できない?

うっかりの払い忘れを防ぐため、またお得のポイントバックが期待できるクレジットカードでの支払いはできるのでしょうか?

結論から言えば保険会社によって異なる、となります。(ちなみにニッセイは個人の申し込みに限り、クレジットカード払いが可能です)

昨今では多くの保険会社で、クレジットカード払いに対応できるようになっていますが、まだ一部保険では取扱不可となっているものもあるので、お手持ちの契約書などを確認してみましょう。

また、クレジットカードに対応している保険会社でも、クレジットカード払いにするには細かな条件があります。

例えば、月払い、半年払い、年払い、それぞれに額の上限が決められている、家族名義のクレジットカードは不可など。

変更をするにも書類記入の必要があるので、窓口に直接行ってみる、または担当の方に確認してみるのが一番の近道です。

お金が足りなくてどうしても払えない場合の対応について

どうしてもお金が足りない!となってしまう時期もあるでしょう。

ここからは、すぐの金策ができない場合、どのような対処法があるのかなどご紹介していきます。

生命保険の担当者に相談

期限を過ぎてしまったけれど、手持ちのお金がなくてどうしても払うことができない。

こうなってしまった場合は、速やかに担当者に相談してみましょう

もちろん、支払うことが前提となりますが、相談をしないまま放っておけば、最終的には給水停止になってしまうだけです。

早めに相談をしておけば、お給料日まで支払いを待ってくれたり、分割での支払いを提案してくれることもあります。

相談が遅れれば遅れるだけ悪質な滞納だと思われてしまうので、早めの行動を心がけましょう。

ACマスターカードのキャッシングを利用する

抵抗がある方も多いかもしれませんが、お給料前だから現金がない。

このような場合はキャッシングを活用するのも有効な手段になります。

その際におすすめなのがこちらのACマスターカード

クレジットカードですが、即日発行してもらえるので、急ぎ現金が必要な時にも便利に使えます。

世界中のMastercard加盟店で使えるカードでもあるので、保険の意味でも心強くなりますよ。

またこちらはアルバイト、パートの方でも申し込みが可能になっています。

使い過ぎにだけ気を付けて、有効活用していきましょう。


▶引き落とし忘れてた!遅延すると信用記録にキズがつく…残高不足で支払いできない時に今すぐやるべき対策とは?

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い