いきなりひょいっと出てくるお巡りさんや、インパクトのあるデザインである白バイに止められて、「ハイ、ちょっとスピード出しすぎですね~」などと違反切符を切られたことはありますか?

やってしまったと落ち込んでしまうものですが、基本的にこのくらいの違反ならば、罰金を支払うことによって済ませることができます。

しかし、この際に渡される青色切符での支払いを、うっかり忘れてしまったらどうなってしまうのでしょうか?

もちろん多くの方が、早々に郵便局などで支払うと思いますが、時にはうっかりということもあります。

今回は、この交通違反などで切られた罰金を、払い忘れてしまったらどうなるのか?

また支払い忘れに気づいたときにできる対処法など、ご紹介していきます。

少しだけ口座の残高足りないかも…
  • あと1万円だけ足りない…
  • 次の給料日まで間に合わないかも…
  • たまたま今月だけ出費が重なっちゃった…
 

急いでください!

 

支払い遅れが続くと信用記録に"キズ"がつき、ローン審査などに悪影響を与える可能性があります。

罰金の払い忘れで支払いが遅れたらどうなる?そのまま放置したら最終的にどうなっちゃうの?

交通違反などできられる青切符。

基本的にこの支払い書を渡されてからの支払い期限は7日間となっています。

ただし、コンビニなどでの支払いができないので、実質のところ、郵便局があいている期間である5日間が支払い期限となります。

コンビニでの支払いに慣れてしまっている人など、ぎりぎりに支払おうと思っていたら、郵便局が閉まっていたなんて払い忘れもあります。

ちなみにこの青切符は、そもそもは違反者に対する温情措置の一つ。

裏面に細かく書かれていますが、この罰金を支払うことによって刑罰を科されなくて済むようになるというもの。

ではこの支払いを忘れてしまったら、どうなってしまうのでしょうか?

刑罰の代わりだと聞けば、すぐにでも捕まってしまうのではと、心配になってしまいますよね。

しかし、1日2日払い忘れたからと言って、すぐさま逮捕されるということはないのでそこまで心配することはありません

この7日までの支払い期限は実は「仮納付」となっています。

郵便局や銀行など、金融機関に納付することで正式な納付機関である「交通違反通告センター」へ支払うめどが立ったということですね。

期限内に支払ってしまえば、あとは金融機関が代わりに本納付をしてくれるというシステム

なので、最初の支払い期限を過ぎてしまうと、渡された青切符では金融機関での支払いができなくなってしまいます

金融機関で支払えないのならば、どこで支払うのかと言えば、支払い期限である7日を過ぎた後10日までは、今度は自分で交通違反通告センターに本納付をすることになります。

持っている青切符だけで対処できるのは、この10日まで。

ここから先、何もアクションを起こさないと次は「警察本部長名で反則金通告」が届きます。

いわゆる督促状ですね。

大げさな名前で来ることになるので驚いてしまいますが、ここで支払うことができればこちらも大丈夫。

ただし、内容証明郵便で発送されるので、別途違反金にプラスして800円が請求されます

もし、ここでも支払わなかった場合はどうなるのかというと、管轄が警察から検察へと移り、ある日いきなり略式裁判に呼び出されてしまうことになるのです。

また、場合によっては裁判になる前に最後の最後で警察から電話がかかってきたり、督促のはがきが来ることもあります。

略式裁判になってしまえば、罰金を払っても前科になってしまうので、早め早めの対処を心がけてください。

延滞料金発生する?いくらになる?

罰金の支払いを忘れてしまったと気が付いたら、どうなってしまうのかととても心配になりますが、同時に心配になるのが延滞金の問題。

しかし、罰金の支払いを忘れていたとしても、基本的に延滞金などは追徴されません

上記の項で紹介した、督促状が送られて来た際に、郵送代金を別途請求されるくらいになります。

罰金の支払いが遅れたらすぐにやるべき対処法まとめ

では罰金(反則金)の支払い忘れに気づいたなら、どのような対処をすればいいのでしょうか?

支払い遅れが1日程度の場合は、違反切符を切られた警察署に連絡、または出向いてみてください。

警察署やその際に対応してくれた人によっていくらか違ってきますが、1日限りの仮納付書を発行してくれる場合があります。

期間限定の納付書を発行してもらった後は、その足で金融機関で支払ってしまえば支払い終了です。

また、交通違反通告センターがどこにあるのかわかっているのならば、直に出向けば納付書を再発行してくれるので、この納付書をもって金融機関から支払うことになります。

この際には、納付書と運転免許証を提示する必要があるので、忘れずに持って行ってくださいね。

では最終支払い期限である10日を過ぎてしまった場合はどうすればいいのか?

これも、交通違反通告センターに、期限の切れた納付書と運転免許証を持って行けば、納付書を再発行してくれます

10日の期限内に納付書を再発行してもらったときと同じように、納付書を使い金融機関で支払うこととなります。

しかし、交通違反通告センターは都道府県に1つしかないので、出向くのが難しい場合もありますよね。

この場合に一番簡単なのは、督促状が送られてくることを待つことです。

郵送代800円をプラスして支払う必要がありますが、督促状が来ないということはありませんので、確実に支払うことができます。

ちなみに納付書の再発行は、違反をした本人以外の代理人でも可能です。

代理人にお願いする場合は、青切符、期限の切れた納付書、違反をした本人の運転免許証のいずれかが必要になるので、忘れずに持って行ってくださいね。

罰金のクレジットカード支払いってできる?できない?

遅れると面倒そうだから期限内に支払いたいけれど、手持ちがない、という場合にクレジットカードで支払うことができれば便利ですよね。

しかし、交通違反の罰金(反則金)は原則、現金一括での支払いしか受け付けられていません

分納などの対応もされていないので、クレジットカードでの支払いはあきらる必要がありますね。

少しだけ口座の残高足りないかも…
  • あと1万円だけ足りない…
  • 次の給料日まで間に合わないかも…
  • たまたま今月だけ出費が重なっちゃった…
 

急いでください!

 

支払い遅れが続くと信用記録に"キズ"がつき、ローン審査などに悪影響を与える可能性があります。

楽天カード入会キャンペーン実施中!
5000円分7000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーンもうすぐで終わっちゃう!

楽天カード(年会費無料)
▼申し込みはこちら▼

クレジットカード
ランキング特集

クレジットカード 総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い