クレジットカードを申し込み、手元にまっさらなカードが届いたときは少しドキドキしませんか?

私はこれまで、様々なカード(銀行のキャッシュカード含む)を申し込みをして手にしてきましたが、毎度のことながら、新しいものが届くたびにテンション上がります!

もちろん、いつかは使うことになることにはなりますがピカピカのデザインに、カード読み込み時のスワイプで擦れていく跡もなく使うのがもったいないなぁと思うこともあります。まず、クレジットカードは台紙に貼られて送付されてくるのですが、その際に必ず目にすることであろうこの文字。

「すぐにカードの裏面に署名をしてください。」

カードの裏面に自筆で署名をするというのは当たり前のことなのですが、このサインについて「なぜ?」を感じる人も多いのではないのでしょうか。

実は、私の周りでも意外とサインをしていない人が多いことにビックリしました。届いたらすぐに財布にしまう人も多く、うっかり署名をせず使い続けてしまう…という人もいるみたいです。でも、このカードの【署名】はとても大事なことなのです!

今回はカードの署名=サインについてのあれこれをまとめてみました!

クレジットカードのサインは漢字とローマ字どちらがいい?

私たち日本人にとって、自筆のサインといえば【漢字】が一番馴染みがありますね。私もクレジットカードの署名は、フルネームの漢字に統一するようにしています。

一番書く機会が多いため、最もスムーズに書けるからという単純な理由です。

一般的にはフルネームの漢字で自筆サインを行う人が多いのではないでしょうか。しかし、中には【ローマ字】で自筆サインを書いている人もいます。

「実際のところ、どちらが正しい?」と疑問を持っている人も多いと思います。果たして「日本人だから漢字・ひらがな・カタカナでなくてはいけない!」というルールはあるのでしょうか。

実は、カードの署名は漢字・ローマ字どちらでもOKなのです!

カードが届いたときの台紙やしおりにも、「署名は漢字・ひらがな・カタカナで書いてください」という表記はありません!もちろん、ローマ字の場合でも、筆記体でもブロック体どちらでも問題ないです。

サインとして日頃馴染みのあるほうを選んでいただいてOKです!そうなると必然的に漢字を選ぶ人が多くなりそうですね。

余談ですが、海外旅行などでクレジットカードのサインを行うときに漢字だと興味をもってもらうことも多い気がします。特に欧米圏ですと、なかなか目にすることがないので珍しがられることもありました。中華圏でも話のきっかけになったりして、私の個人的な範囲で感じることですが、漢字署名のメリットが結構多い気がします。

海外の渡航先・お店などによっては、クレジットカードでの決済の際にパスポートの提示を求められることもあるそうです。

クレジットカードのサインは漢字でもローマ字でもどちらでもOKではありますが、カードとパスポートのサインが一致させておいたほうが不便がなく何となく良いような気がします!

実は私の場合、何故かパスポートのサインはローマ字、クレジットカードは漢字の署名になっています。意図はなく、なんとなくパスポートの更新の際に「前回漢字だったので今回はローマ字」で書いてしまっただけですが…。今まで海外渡航先でクレジットカードと一緒にパスポートの提示を求めらるということに遭遇したことはないのですが、「二つの署名が明らかに違う」ということでカード決済が断られたりすることもあるのだろうか?と少し不安ではあります。

クレジットカードでサインを書く理由と意味・どういう役割があるのか

カード会社から送付される台紙やしおりにも「カード裏面に必ず署名をしてください」とあるように、クレジットカードを利用する際に【署名=サイン】が持つ意味というのはとても重要なのです!

クレジットカードとサインの関係は、「カードホルダー(本人)を明確にする」というものです。自筆の署名を加えることで、「このカードは私のもので、利用するのは本人です」という証明になります!

ざっくり説明すると、下記のような感じになります。

  1. カードを受け取る
  2. 署名を行う=所有者が本人であることを明確にする
  3. カードで決済を行う=利用者が本人であることを明確にする

面倒だからと署名を行わないままカードを利用し続けると、極端な話ですが自分のカードという証明がないままということになります。そして、カードの自筆サインなしのまま利用し続けることにはデメリットしかありません!メリットはゼロといっても過言ではないでしょう。

カード決済を断られることがある

普段の生活の中でスーパーマーケットなどで、カード決済を行うとサクサクと進んでいきますね。「わざわざカード裏面の署名を細かく確認されることはあまりないから大丈夫!」と署名なしのカードで決済を行えたとしても、それは【OK】というわけではなく、たまたまスタッフのにより「確認されなかった」だけです。

自筆サインのないカードは基本的に利用できないことになっているので、きちんと確認された場合にはカードでの支払いを断られることがあるのです。※本当は店側でも確認を徹底・注意喚起されるべき部分でもありますが…

カードが届いた際のしおりや規約にもしっかりとサインについては記載があります。つまり、「カード利用のルールを無視して使っている」という見方をされてしまうことになります。

トラブル時の補償適用外になることも!

「不正利用された」「カードを紛失した」「ショッピング保険(=カード決済した物の破損・未着時など)を利用したい」といったケースの場合、署名なしのカードで利用していることが発覚すると、その補償の【適用外】となる場合があります。前述のカード利用における【規約違反】ということになります。

極端な例になりますが、カードの紛失・盗難に遭った…カード会社・警察にも届けて対応はOK!だと思ったが、後日カードが警察に届けられたものの、カードの裏面にサインがなかったため様々な補償を受けられなかった…。といったようなことがあり得るわけです。

限度額いっぱいまで不正利用されたカードがどこかで捨てられ、幸い発見されたとしても、サインがなければ補償が受けられない…という最悪のケースを考えると恐ろしいですよね。

サインが持つ意味は、所有者を明確にする・自分自身のカードを守るためにもとても重要ということです。

スマートでかっこいいクレジットカードの支払いってどんな方法がある?

小銭要らずで財布からサッと1枚出すだけで決済が行えるクレジットカード。私も財布から小銭や札を出す煩わしさがあまり好きではなくて、どんな少額であってもクレジットカードでの決済を行うようにしています。

きちんとレシートの金額やカード会社のポータルサイトで明細を確認することができるので、現金管理より家計簿として使えたりします!

クレジットカード決済自体がスマートな手段だと思っているのですが、財布からゴチャゴチャと出さず予め出しておいて、決済の時にスムーズに渡せるようにする…というがいいのでは?と思います。

または、必ずしもカードリーダーを通さなくてもクレジットカードのような使い方ができる【iD(NTTドコモ)】【QUICPay(JCB)】といった【非接触型IC】でのカード決済もスマート&スムーズですね!

店頭に置かれている端末にカードをかざすだけで支払が完了。いずれも【後払い方式(ポストペイ)】と呼ばれるサービスなので、電子マネーのように事前のチャージといった手間も不要!

クレジットカードと同じように請求が来ますし、ポイント加算なども対象になります。サービス対象のカードや携帯端末を持っている人、使えるお店があれば利用価値があると思います。

ちなみに、私が住んでいる場所の市バスではiDでの決済が可能です。小銭を用意する必要もなく、両替の手間もないのでかなり便利です!

まとめ

とりあえず、「カードを手にしたらすぐ裏面に自筆サイン!」ということを念頭に入れておくことが大事ですね。

私自身の筆跡は、かなり個性的(と言われている)なので真似をするのはなかなか難しいので不正利用はすぐ見抜ける!と根拠なく安心している部分があるのですが、それもしっかりと自筆サインがカード裏面にあることが前提。サインが持つ意味を改めて知っておくことは大事ですね。

今一度署名漏れがないかチェックしてみましょう!

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い