スポンサードリンク

クレジットカードは年会費無料を選ぶのが鉄則。でもカードの特典内容や利用状況によっては年会費を多く払う方が得になることも。

さらにカードのグレードが上がると、ゴールドカードは年会費1万円以上、プラチナカードは年会費5万円以上、最もグレードの高いブラックカードは年会費10万円以上になることも。

その中でもさらに年会費が高い、世界で最も年会費の高いカードはアメックスが発行していました。その特典内容を見ると唖然としちゃいますよ。では具体的にご紹介していきます。

スポンサードリンク

世界一年会費が高いクレジットカードはコレ

2016-08-17_161741

アメリカンエキスプレスが発行しているセンチュリオンカードです。もちろんブラックカードで最も高いグレードのカードとなっています。

その年会費は350000円(税抜)、さらに入会金50万円(税別)が必要なり、とズバ抜けて高い金額となっています。毎年35万円の年会費を支払うとどんな特典を受けることができるのでしょうか?

 

1.ポイントを貯めると宇宙旅行に行ける

2016-08-17_162026

クレジットカードの支払額に応じてポイントが貯まりますよね。還元率は1%で支払った分の1%がポイントとして貯まり、貯まったポイントを1ポイント1円で利用できます。

ちなみに宇宙旅行は2200万ポイントで行くことができます。そのためにはセンチュリオンカードで22億円分の支払いをしなければいけません。逆に22億円分の支払いをすれば、宇宙旅行が特典でついてくるってことです。

他にも500万ポイント(5億円の支払い)で高級車と交換できるなど、ポイントの交換先が超セレブです。

2.海外保険は億超え

年会費無料のJCBカードで海外損害保険が2000万円となっていますが、センチュリオンカードは基本的に1億円を超える海外保険が付帯されています。

3.VIPルームは当たり前

レストランに行けばVIPルームで案内、買い物に行けば奥の部屋のVIPルームでゆっくり買い物を、パーティーに行けばVIPルームから披露宴の様子を伺いつつ雰囲気や交流を楽しむことができます。

予約が殺到して数か月~1年以上待ちのレストランだとしても、センチュリオンカードを持ったお客様専用のVIPルームは常に空席を用意している場所もあります。

4.最高級プランのアップグレードは当たり前

ホテルに宿泊すれば最高級スイートルームへアップグレード、飛行機や鉄道に乗ればファーストクラス、最高級のVIPルームスイートルームへと案内してくれます。チェックインやチェックアウトもかなり融通がきいたり、滞在中は時間を気にせず自由に部屋を利用できるホテルも。

待合室やラウンジも常にVIPルームが当たり前となります。旅行に関しては年4回まで同伴者の飛行機代を無料で招待してくれます。

同伴者と一緒に年4回もファーストクラスで海外旅行をすれば、これだけで年会費の元は取れてしまいます。

5.利用限度額は無制限

センチュリオンカードは限度額が無制限となります。そのため37億円もする絵画を購入したり、戦車や島を購入したりも可能。仮に37億円の買い物をした場合、1%がポイントとして貯まる計算をすると、3700万円分のポイントを使うことができます。ポイントでマンション買えるレベルです。

6.24時間365日コンシェルジュが徹底サポート

  • ジェット機をチャーターしてくれ
  • 送迎のリムジンを用意してくれ
  • ここから一番近い最高級の宿泊先を予約してくれ
  • ここから一番近い最高級のレストランを予約してくれ
  • 欲しいものがあるからあの店に在庫あるか確認してくれ
  • 10分後にそのお店に行くと伝えておいてくれ
  • 家族でハワイ旅行を存分に楽しむための計画を立ててくれ

何でもコンシェルジュがサポートしてくれます。

7.メディカルサポート

専属のドクターが毎年健康診断と健康管理を徹底してくれます。(入会金525,000円、年会費588,000円が別途必要)

センチュリオンカードを持つための準備を今から始めよう

ゴールドカードやブラックカードなどハイグレードのクレジットカードは、カードの利用実績(クレヒス)を見て優良顧客かどうか判断をして審査をします。つまりクレジットカードの利用実績が無ければハイグレードのクレジットカードを作ることはできません。

ゴールドカードなら一般カードの利用実績、プラチナカードならゴールドカードの利用実績、ブラックカードならプラチナカードの利用実績を見て審査します。

特にアメックスが発行している世界最高峰のブラックカード「センチュリオンカード」を所有したい場合、アメックスの利用実績が必要になります。利用実績を積んでいくためにまずは「グリーンカード」を利用することから始めましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ