今回はろうきんのカードローンの審査落ちや審査条件、基準について取り上げたいと思います。

ろうきんとは、労働組合や生協などが資金を出し合って運営されている中央労働金庫の略称で、一般的な銀行とはことなり、利益を出すことを目的とした運営ではない非営利が特徴的です。

そもそも運営目的が異なるため、一般的なクレジットカードや銀行と審査基準が違う、他では契約出来たのにろうきんで落とされたなんて声もよく聞きます。

そんなろうきんのカードローンで審査落ちした方、あるいは審査中のユーザーに向けて審査時間の目安審査結果の確認方法落ちる原因と対策について紹介していきます。

ろうきんの審査に落ちて、やっぱり普通の借入先が良いかも・・・と悩んでいる方はこちらの借入先がおすすめです。

どれも私イチオシの借入先で、借入に対するハードルは比較的低く、とにかくお金を借りたい方は必読です。

アコムは金利が高い?いくら?他社と比較してみた各種資料

アイフルの返済日と返済額の確認方法について

プロミスのATM利用手数料と営業時間について

【審査に落ちてしまった人へ】

クレジットカードの審査に落ちてしまった…

しかし、ご安心ください。審査に落ちてしまった人でも申し込みできるクレジットカードが1枚だけあります。

>>申し込んでから最短1時間でカード発行可能!審査に落ちても申し込み可能なクレジットカードってどんなカード?

【支払いが遅れても遅延記録を残さないようにしたい私が考えた対策】

支払いが遅れそう、少しだけ支払日が過ぎてしまった人へ

支払い遅れは危険です!絶対NG!遅延記録が残り、今後のローン審査で落ちてしまうかもしれません。

そこで、遅延記録を残さないようにするための”ある対策”を考えました。

⇒ 支払いが遅れてしまっても、遅延記録を残さないようにする方法とは?

ろうきんカードローンの審査時間は”2週間”が目安

ろうきんは中央労金だけではない

ろうきんろうきんと言っていますが、労働金庫は全国にいくつか存在します。

今回紹介する労働金庫のカードローンは、以下の1都7県の関東対応の中央労働金庫になります。

  • 茨城
  • 栃木
  • 群馬
  • 埼玉
  • 千葉
  • 東京
  • 神奈川
  • 山梨

また、取り扱っている金融商品も豊富で、ざっと確認したところ13ものローン商品が見て取れました。

中央労金で提供されているローン商品
  1. 住宅ローン(不動産担保型)
  2. 借り換え、買い替えローン(不動産担保型)
  3. 無担保住宅借り換えローン(無担保型)
  4. リフォームローン(無担保型)
  5. 住宅ローン「フラット35」(不動産担保型)
  6. 有担保フリーローン(不動産担保型)
  7. カーライフローン
  8. 教育ローン
  9. フリーローン
  10. 福祉ローン
  11. 自治体提携融資制度、利子補給制度
  12. NPO事業サポートローン
  13. カードローン(マイプラン)

ろうきんが提供する数あるサービスの中でもカードローン(マイプラン)が今回のメインです。

ろうきんは非営利団体なので、審査が非常に遅い

冒頭でもお伝えした通り、中央労働金庫は非営利団体です。

銀行や消費者金融であれば、お金を融資する裏側には貸付をして利息で利益を挙げるという営利目的があります。

利益を出してなんぼなので、契約の回転率を上げるために素早く申し込み内容を吟味するスコアリングシステムや、融資スピードを高める様々な工夫がなされています。

そのために、よくある最短当日、最短30分での審査回答、初回借入が実現されているのです。

ところがろうきんは利益をあげる必然性がないため、じっくりと審査をして貸付しても問題ありません。

短くても2週間、遅くても3週間は見ておく

一般的な借入先よりも審査手続きが長引くことは明らかなので、短くても2週間、時間がかかったとしても3週間前後の審査期間があるとみておくと良いでしょう。

借りるための金融商品としては営利でない分、ユーザーに寄り添ったサービスですが、ことスピード重視となった場合は全くおすすめの出来ないカードローンと言わざる負えません。

ろうきんカードローンと対比のような超スピード審査をしてくれるカードローンもあるので、融資をお急ぎの方はぜひこちらを利用してみてください。

最短30分でお金が借りられるアコム 審査時間どれくらい?審査結果は電話?メール?

ろうきんカードローンの審査結果が返ってこない…審査結果を今すぐ確認する方法

ろうきんでは店舗と電話で問い合わせが可能

カードローンの審査結果がわからない、返ってこない場合は、申込先への問い合わせが有効ですが、消費者金融であるとリアル店舗へ直接問い合わせを行うことは、人件費を極力削減している形態上大変難しいですね。

しかし、ろうきんは全国(対応地域)に銀行のような窓口をいくつも設けているので、直接店員に確かめてもらうことも可能です。

審査結果のおすすめな確認方法は電話

審査結果を自分で確かめたい場合のおすすめ方法は電話による確認です。

ろうきんは他社と比べて専用の電話回線が多く、下記4つの電話から問い合わせが可能となっています。

問い合わせ内容 問い合わせ先 電話番号 営業時間
預金、融資商品、各種サービス等に関する問い合わせ お客様相談デスク 0120-86-6956 9:00~18:00
預金通帳、キャッシュカードの紛失、盗難に関する問い合わせ 取扱店舗 なし 平日8:40~17:00
自動機照会センター 0120-060-560 24時間
ろうきんダイレクトバンキングに関する問い合わせ ろうきんダイレクトバンキングヘルプデスク 0120-698-956 9:00~24:00
生協組合員の客様専用ダイヤル 生協会員専用フリーダイヤル 0120-692-506 平日9:00~18:00

ろうきんカードローンは利用者が区分分けされているので、生協会員専用のフリーダイヤルがあるなど、自身の状況にあったカスタマーコールへと問い合わせがしやすいようになっています。

基本的にはカードローンについての相談は、お客様相談デスクで問い合わせをすれば間違いありません。

既に申し込んでいる、あるいは審査中である自身の状況を伝え、審査手続き上自分の状況はどうなっているか問い合わせを行います。

状況に合わせて審査中、既に結果を連絡済みであると教えてくれるので、すぐに自分の審査段階を把握することが可能です。

ろうきんカードローンの審査に落ちた原因とは?落ちる人の特徴と傾向について

原因1.満18歳以上、満65歳未満を満たしていない

カードローンと言えば年齢制限です。

ろうきんのカードローンの場合は満18歳以上、満65歳未満の方を対象にサービスが提供されています。

20歳以上や、60歳未満など、年齢制限を狭めて申し込み者の条件としている借入先もあるので、比較的良心的と言えます。

原因2.同一勤務先に1年以上勤務していない(自営業者は原則3年以上同一事業)

ここはろうきんならではの条件で、同一勤務先に1年以上、自営業者の場合は原則3年以上同一事業を行っていることが条件になっています。

消費者金融でも継続勤務年数が高ければそれだけ審査で評価されるのは周知の事実ですが、具体的に何年以上と条件として提示されるのは珍しいですね。

ただし、継続勤務が1年以上と達成しやすい条件ではあります。

注意が必要なのは自営業者で、例え自営業者として3年以上の実績があったとしても、同一の事業者でなければ条件を満たせません。

あくまでも同じ仕事で3年以上働いてきた実績があるかを考えてみましょう。

 

原因3.安定継続した年収を指す150万円以上収入がない

ろうきんでは、申し込み条件の一つに安定した継続年収のボーダーラインを150万円以上と定めているので、それよりも年収が乏しい場合はスタートラインに立つこと自体困難です。

中央労働金庫以外のろうきんも調べてみましたが、他の東海や東北ろうきんでも同様の文言を見つけたので、年収150万円以上は労働金庫カードローンの一つの指標と言えるでしょう。

月10万5千円のお給料があれば年収150万円を超えるはずなので、もしも10万円を切る収入である場合は、収入源、または給料を増やしてから申し込むようにしましょう。

原因4.申し込み者区分が一般労働者

ろうきんは団体構成員や生協会員であれば優遇されるとお伝えしましたが、区分をランク付けすると、

団体会員生協会員>一般労働者

であることは後述する引き下げ金利よりも明らかです。

例えば、ろうきんではなく一般的な銀行カードローンであっても、同銀行の口座を所持している、または頻繁に支払いや給与振り込みに利用していると実績として評価される話しを聞きますので、出来れば一般労働者区分以外で申し込むのが望ましいでしょう。

審査に落ちた=ブラックリスト、ではない!

ろうきんは銀行や消費者金融よりもお堅い印象を受けますが、ろうきんのカードローンに落ちた=ブラックリストではありません。

キャッシングの審査落ちによってデメリットは発生するものの、他社で一切クレジットカードや借入が出来なくなることはないのでご心配なく。

具体的にどうするとブラックリストになるのかというと、既に借りているところの返済を3ヶ月以上行わない借金を踏み倒す等すると、他所でも審査通過が難しい状態になります。

思い当たる節がなく、審査落ち後にどこへ応募しても契約出来ない場合は、純粋に利用者としてのステータスや条件が足りていないものと思われます。

ろうきんカードローンの審査基準・審査条件について

カードローンとしては破格の性能

審査基準と条件を語る前に、まずはろうきんカードローンの金融スペックをご覧ください。

項目 内容
利用目的 旅行、ショッピング、冠婚葬祭、リフォーム、教育資金などの暮らしに関する自由資金(事業資金、投機目的は不可)※1
融資限度額 最高500万円(所属会員によって異なる)※2
融資期間 1年ごとの自動更新
金利タイプ 変動金利
保証 ろうきん指定の保証協会

※1団体会員の構成員に限り、他行、信販、消費者金融からの借換え資金として利用可能。ただし2018年3月30日実行分まで

※2 団体会員の構成員以外の場合、生協会員の組合員および同一生計家族以外の方は最高100万円まで

対象 団体会員の構成員の方 生協会員の組合員および、同一生計家族の方 左記以外の一般労働者の方
実質年率 最大引き下げ後金利3.875%~

7.075%提示金利

最大引き下げ後金利4.055%~

7.255%提示金利

最大引き下げ後金利5.275%~

8.475%提示金利

対象条件 中央労働金庫に出資している、以下の団体の構成員の方が対象

  1. 労働組合
  2. 国家公務員、地方公務員等の団体
  3. 勤労者のための福利共済活動を目的とする団体で一定の条件を満たすもの

なお、対象とならない場合もあるので、不明な点は中央ろうきんまで必ず問い合わせをすること

中央労働金庫に出資している生協のうち、生協組合員融資制度を導入している生協の組合員および同一生計家族の方が対象

※左記同様

関東1都7県(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨)に住んでいる、または勤めている方で、団体会員の構成員の方、生協会員の組合員および同一生計家族の方のいずれにも該当しない方

以上がろうきんカードローンのマイプラン概要です。

注目してほしいのが、2つ目の表。

金利が一番高いもので5.275%~8.475%となっています。

これは控えめに言って銀行金利の半分、消費者金融金利の4割程度の破格金利です。

やはり、お金を貸すことで利益をあげるには金利を高く設定することが一番手っ取り早く、非営利ともなれば維持+少しの利益で良いためにここまでの低金利が実現可能なのだと思われます。

契約出来るのであればろうきん以上におすすめのカードローンはないでしょう。

前前項でも少し触れましたが、団体会員>生協会員>一般労働者の順で金利と融資額共に優遇されています。

一般労働者区分のユーザーはいきなり団体会員になれと言っても無理な話だと思うので、審査を有利に進めたい場合は生協会員を目指してみてはいかがでしょうか。

ろうきんは申し込み者によって銀行や消費者金融よりもハードルが高い

金利があからさまに低いことから、いくら営利目的ではないカードローンであっても、容易に貸してくれるものではないことがわかります。

しかも2週間以上じっくり審査されるとあっては、良い点も悪い点もすべて洗い出されてしまうのです。

基本的に団体会員や生協会員であればカードローン審査を優遇してもらえるという話しを聞きますが、これは中央労金自体が組合員などの出資者から運営出来ており、相互互助のような仕組みを作ることが目的であるため。

そのため、接点のないユーザーがお金に困ったから貸付をするというような仕様には根本的になっておらず、一般労働者の方には相対的にハードルが高いカードローンと言えるでしょう。

低金利が大変魅力的なので、ついつい私も・・・と考えてしまいますが、アドバンテージのない一般労働者区分にあたるユーザーは、他社での借入を検討した方が時間を無駄にせずに済みます。

逆を言えば金利さえどうにかできれば、ろうきんよりもキャッシングのハードルが低い消費者金融に分があることになるので、高金利のデメリットを打ち消せる借入先を用意しました。

新生銀行レイクは無利息最大180日間と利用しやすいのが特徴

本記事とリンク記事を読み比べてもらえれば、月々の返済額で言うとあまり大差はないことがわかると思うので、下記ろうきんの返済シミュレーション表も申し込みの参考にしてください。

労金の定例返済金額シミュレーション
 貸越極度額 毎月返済  毎月ボーナス加算返済 
 毎月返済額 毎月返済額   加算返済額
30万円以内 5,000円 5,000円
30万円超
50万円以内
10,000円 10,000円
50万円超
70万円以内
12,000円 10,000円 20,000円
70万円超
80万円以内
13,000円 10,000円 20,000円
80万円超
100万円以内
15,000円 10,000円 30,000円
100万円超
150万円以内
20,000円 15,000円 30,000円
150万円超
180万円以内
25,000円 20,000円 30,000円
180万円超
200万円以内
30,000円 25,000円 30,000円
200万円超
250万円以内
35,000円 30,000円 30,000円
250万円超
300万円以内
40,000円 30,000円 60,000円
300万円超
350万円以内
50,000円 40,000円 60,000円
350万円超
400万円以内
55,000円 40,000円 90,000円
400万円超
450万円以内
65,000円 50,000円 90,000円
450万円超
500万円以内
70,000円 50,000円 120,000円

ろうきんカードローンの再審査・再申し込み可能?再審査のタイミングや注意点について

前回より最低3ヶ月空けて申し込めばOK

ろうきんカードローン自体には再申し込みに関する制限や審査に不利となる文言は発見できませんでしたが、一般的にカードローンやキャッシングの契約は短期間に連続で申し込むとマイナス評価だと言われています。

短期間では審査落ちした理由を改善出来るとは容易に考えられない、短期間で複数回申し込むほどお金に切羽詰まっている、複数社に申し込んでいる場合は多重債務者の傾向が強い等の理由からです。

そのため、最低でも3ヶ月以上間を空けて申し込むことをおすすめします。

とりあえず審査落ちから3ヶ月以上経過していれば、前回の申し込み不合格による影響ですぐさま機械審査で落とされることもありません。

特にろうきんカードローンは審査に2週間以上長いスパンを掛けてじっくり精査します。

短いスパンで申し込みをかけて、挙句2週間後に前回の審査落ちを理由に再び落とされては目も当てられません。

再申し込みの最低条件として、最低でも3ヶ月以上は空けて必ず申し込むようにしてください。

6ヶ月以上空けての再申し込みが出来れば万全

最低3ヶ月以上と説明しましたが、他社のカードローンで6ヶ月以上は再審査、再申し込みを受け付けないと明記している会社もあるくらいです。

再審査に万全の状態を期したいのであれば、6ヶ月以上間隔を空けて申し込めば問題ないでしょう。

間隔が短くて不利になることはあっても、間隔を長くして不利になることはないので、出来るだけ充填期間をおいて申し込みを検討するのが一番良いでしょう。

やはり、審査期間が一般的なカードローンよりも長い関係上、数回申し込んでどれか審査に通れば良いという考えではなく、次の1回で必ず審査基準を満たすという気持ちでカードローン契約を狙うのがおすすめです。

6ヶ月以上と明記しているカードローンも同社の同金融商品のケースなので、他社であれば3ヶ月で十分デメリットを打ち消せると言えます。

その場合は、下記の借入先に申し込んで、さらに3ヶ月後(ろうきんからすれば6ヶ月後)に再審査を受けるとスケージュールに無駄なく金策することが可能です。

私が知っている中でも、審査基準の受け入れ間口が広い借入先ばかりなので、審査落ちしたユーザーにはうってつけです。

審査難易度で選ぶならこの消費者金融!審査通過率の良い借入先ベスト3

ろうきんカードローンは契約出来ればお得だが、若干特殊

他社のカードローンを見てきた人であれば、一目で毛色が違うカードローンだと思ったのではないでしょうか。

労働金庫に与する団体に加入しているか否かで、優遇度合いと中身が変化する、営利目的ではなく非営利目的の貸し付け元であることなど、銀行や消費者金融とは一線を画す借入先です。

金利だけ見て取れば、消費者金融どころか銀行カードローンすらも凌駕する低金利で、契約出来ればお得に借入可能なのは間違いありません。

しかし、審査基準や申し込みまでのハードルを考えると、一般労働者区分の方におすすめは出来ないというのが素直な感想です。

ましてや一度審査落ちされている方は、お金の工面だけを考えれば他社での借入を考えた方が建設的です。

求められているユーザー像も明瞭ですし、審査基準を満たすボーダーラインも把握しやすいでしょう。

特別な事情がない限り、一度下記のおすすめ借入先で審査通過を目指してからの再挑戦をおすすめします。

おすすめNo1 アコム

おすすめNo2 アイフル

おすすめNo3 プロミス

【審査に落ちてしまった人へ】

クレジットカードの審査に落ちてしまった…

しかし、ご安心ください。審査に落ちてしまった人でも申し込みできるクレジットカードが1枚だけあります。

>>申し込んでから最短1時間でカード発行可能!審査に落ちても申し込み可能なクレジットカードってどんなカード?

大阪在住の20代男性。クレジットカードを使ったポイント活用術の魅力にハマり、現在は15枚のカードを所有。使う場所や組み合わせを変えたりなど、いつもポイントを貯めることばかり考えている。(累計30万ポイント、累計20万マイル以上を保有)貯めたポイントを使ったプチ贅沢が大好き。貯めたポイントやマイルを使った旅行が趣味。新幹線や飛行機に乗るのも大好き。