クレジットカード/おすすめ/高還元といったキーワードで検索した際に、「漢方スタイルクラブカード」「リクルートカード」がヒットした方も多いと思います。

私は両方のカードを目にして、自分自身の生活スタイルや利用機会を考慮した結果リクルートカードを選択をしました!今でも現役ホルダーです。直近で、漢方スタイルクラブカード・リクルートカードについては大きな変化があり、カードを愛用している人にはとても大きなニュースだったようです!

  1. 漢方スタイルカード vs リクルートカード比較
  2. エクストリームカード vs リクルートカード比較
  3. REXカード vs リクルートカード比較
  4. REXカード vs エクストリームカード比較

この二つのカードの様々な更新で、利用継続かカード乗り換えか迷ったり悩んだりした方もいたようです。今回、よく比較対象とされるこの二つのカードについてまとめてみました。カード選びの参考になれば幸いです!

最大6000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

リクルートカード


※クリックすると公式ページへ移動します

クレジットカードの基本スペック

まずは、漢方スタイルクラブカードとリクルートカードの基本的なスペックをご紹介します。

漢方スタイルクラブスタイルカード

漢方スタイルクラブカード

  • 提携ブランド:JCB、VISA(発行元:JACCS)
  • 支払日:月末締め/翌月27日払い
  • 年会費初年度無料/次年度以降1,500円(税抜)
  • ポイント名称:KAMPO STYLE CLUBポイント
  • ポイント還元率1.5%(2,000円=6ポイント)
  • ポイント有効期限:ポイント付与月から起算して24ヶ月
  • ポイント優遇対象サービス:薬日本堂、JACCSモール
  • ポイントの提携:Jデポ、ANAマイレージ
  • 利用可能最低ポイント数300ポイント以上300ポイント単位
  • ボーナスポイント毎年2月~翌年1月の獲得ポイントに応じて算あり
    2,000ポイント~3,499ポイント250ポイント(Jデポ利用時の換算:1,250円相当)
    3,500ポイント以上350ポイント(Jデポ利用時の換算:1,750円相当)
  • 電子マネーチャージ:nanaco、モバイルSuica、SMART ICOCA(nanacoチャージは2,000円=1ポイント)
  • 家族カード:3枚まで発行可能(本会員が初年度の場合は無料/次年度以降400円(税抜))
  • ETCカード発行手数料・年会費ともに無料
  • 旅行保険:海外旅行傷害保険(自動付帯)/国内旅行傷害保険(利用付帯)
  • ショッピング保険:無
  • 提携サービス薬日本堂

リクルートカード

最大6000円分のポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!

リクルートカード


※クリックすると公式ページへ移動します

  • 提携ブランド:JCB(発行元:JCB)、VISA(発行元:三菱UFJニコス)
  • 支払日:15日締め/翌月10日払い
  • 年会費無料
  • ポイント名称:リクルートポイント
  • ポイント還元率1.2%(100円=1.2ポイント)
  • ポイント有効期限:最後にポイント加算あった月の12ヶ月後の月の月末まで/利用サービスや期限が限定されるポイントもあり
  • ポイント優遇対象サービス:リクルート系参画サービス(じゃらん、ホットペッパーなど)
  • ポイントの提携:Pontaポイント
  • 利用可能最低ポイント数1ポイントから利用可能
  • ボーナスポイント:無
  • 電子マネーチャージ:nanaco、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCA
    ※JCBはnanaco、モバイルSuicaのみチャージでのポイント付与対象
  • 家族カード:本会員1名につきJCBカードは8枚・VISAは19枚まで発行可能(年会費無料
  • ETCカードJCB発行手数料・年会費無料)/VISA(発行手数料1,000円(税抜)年会費無料
  • 旅行保険:海外旅行傷害保険(利用付帯)/国内旅行傷害保険(利用付帯)
  • ショッピング保険(購入日より90日間保障)
  • 提携サービス:リクルート系参画サービス(じゃらん、ホットペッパーなど)

クレジットカードの機能比較

1. 提携ブランド

提携ブランドについては、両カードともにJCB・VISAブランドを選ぶことができます!他に手持ちのブランドとの兼ね合いをみて決めるとよいでしょう。

2. 支払日

漢方スタイルクラブカードの月末締め/翌月27日払い、リクルートカードの15日締め/翌月10日払いともに、メジャーな締日設定・振替スケジュールですね。

3. 年会費

次年度以降年会費が1,500円(税抜)かかる漢方スタイルクラブカードと、年会費無料リクルートカードとではリクルートカードに軍配!年会費無料で持つという部分を重視している方は多いですね。

年会費部門:リクルートカード(JCB/VISA)>漢方スタイルクラブカード

4. ポイント

漢方スタイルクラブカードの場合

年会費がかかる漢方スタイルクラブカードですが、還元率の部分では1.5%(2,000円=6ポイント)とリクルートカードの1.2%(100円=1.2ポイント)より上!ポイント獲得数に応じてボーナスポイントが付与されることで更なる加算も。

このボーナスポイントの付与を上手く利用&Jデポ(後述)への交換で年会費相当を実質無料に近づけることもできます!

また、JACCSモール経由で買い物をするとショップやサービスごとに設定されているJデポの還元率をプラスすることでお得度がグッと上がります!JACCSモールにはAmazonをはじめ有名なネットショップやサービスがたくさんあるため、漢方スタイルクラブカードを使う上で外せないものになりそうです!

下記ボーナスポイント獲得の条件を満たせばお得度が上がるのは間違いなしでしょう!

毎年2月~翌年1月の獲得ポイント
  • 2,000ポイント~3,499ポイント250ポイント
  • 3,500ポイント以上350ポイント 
ポイント交換先(300ポイントの場合)
  • 薬日本堂商品割引券3,000円分
  • Jデポ1,500円分
  • ANAマイル900マイル(移行手数料無料)

先ほどからよく出てくるキーワード、Jデポとは?

Jデポ:カードショッピング利用金額から、Jデポ金額分を自動的に差し引いて請求されるシステム)※年会費、キャッシング、Jデポ有効期間外の利用分は値引き対象外。

このJデポへの交換でキャッシュバックのような使い方ができます!なかなか魅力的なサービスですね!

  1. KAMPO STYLE CLUBポイントをためる&Jデポへ交換する
  2. Jデポの利用案内が届く(明細書に表示あるいは書類で案内)
  3. Jデポの有効期間を確認
  4. Jデポ有効期間内にカードでショッピング
  5. ショッピング利用金額より値引きされて請求を受ける

Jデポはあらゆる買い物であって利用金額からの値引きなので、購入した商品やサービス問わず値引き対象なのが嬉しいですね。Jデポの有効期限は3ヶ月ですが、カード利用を行っていれば有効期限内に請求金額から値引きされるのであまり気にしなくてよいとでしょう。

また、ANAマイレージへの交換が可能なので特典航空券に近づけるためにANAマイルへ交換する機会がある人にも良いと思います。

KAMPO STYLE CLUBポイントは有効期限として「ポイント付与月から起算して24ヶ月」が一応設けられていますが、その間に上手く交換を行えればそこまで気にする必要のない部分でしょう。

リクルートカードの場合

年会費は一切無料で、還元率1.2%(100円=1.2ポイント)漢方スタイルカードに還元率の面では劣りますが、リクルートポイントのウリはその汎用性は高さ!

じゃらんでの利用で宿泊費の割引に使ったり、Pontaポイントへの交換でローソン・大戸屋・GEO・昭和シェルといった馴染みのある店での利用が可能!

漢方スタイルクラブカードのように獲得ポイントに応じてボーナスポイントが加算といったものはないのですが、上記のリクルートID参画サービスの利用でポイント還元率をアップさせることはできます!

リクルートカード決済でポイント獲得増の例
  • ホットペッパーネット予約&来店で予約人数×50ポイント&リクルートカード決済で1.2%還元!
  • ポンパレモールで食品や日用品を購入で全品3%以上還元!20%還元商品もアリ!&リクルートカード決済で1.2%還元!

また、KAMPO STYLE CLUBポイントの利用可能な最低ポイント数が300ポイント以上からに対して、リクルートポイントは1ポイントから使えます!私は端数だけじゃらんの宿泊費の値引に使ったりしてますよ。また、2リクルートポイント→2Pontaポイント→1JALマイルへ交換(1:1:0.5)が可能なので、JALマイルをためている人にもオススメ!

このように、少ない数単位からの利用&交換が可能なのでポイント利用の柔軟性の高さも評価できる点です。有効期限も「最後に加算があった月の12ヶ月後の月の月末まで」なので、1度でもリクルートカード決済を行ったりすると有効期限が伸びるので実質無期限で使えると思います。定期的にPontaポイントへ交換しておくこともオススメです!

私はJALマイラーなのでリクルートポイント→Pontaポイント→JALマイルへの交換が主な使い道です。

ポイント部門:リクルートカード=漢方スタイルクラブカード

5. 電子マネーチャージ

電子マネーチャージでのポイント獲得では、リクルートカードに軍配が上がります!

チャージでの還元率も1.2%をキープしつつ、下記の電子マネーに対応!特にリクルート(VISA)×電子マネーは最も相性がいいですね!

  • リクルートカード(JCB):nanaco、モバイルSuica
  • リクルートカード(VISA):nanaco、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCA

一方の漢方スタイルクラブカードは、モバイルSuica・SMART ICOCAは1.5%の還元率をキープしつつもnanaco還元率が0.25%と低めの設定。楽天Edyへのチャージはポイント付与対象外となっています。

  • 漢方スタイルクラブカード:nanaco(2,000円=1ポイント)、モバイルSuica、SMART ICOCA

nanacoへのチャージを利用する場合は、リクルートカードの選択がお得になりますね。

電子マネー部門:リクルートカード(VISA)>漢方スタイルクラブカード≧リクルートカード(JCB)

6. 家族カード・ETCカード

家族カードやETCカードを持つことにより、ポイント獲得のチャンスをさらに広げることができます!

漢方スタイルクラブカード
  • 家族カード:3枚まで/本会員が初年度の場合は無料/次年度以降400円(税抜)
  • ETCカード発行手数料・年会費ともに無料 
リクルートカード
  • 家族カード:本会員1名につきJCBは8枚・VISAは19枚まで/年会費無料
  • ETCカードJCB発行手数料・年会費無料)/VISA(発行手数料1,000円(税抜)・年会費無料

家族カードを無料で持てるリクルートカードに軍配が上がります。漢方スタイルクラブカードは次年度以降に年会費発生がデメリットに。

ETCカードについては、漢方スタイルクラブカードリクルートカード(JCB)が発行手数料・年会費無料ですが、リクルートカード(VISA)は発行手数料がネックですね。

家族カード部門:リクルートカード(VISA)≧リクルートカード(JCB)>漢方スタイルクラブカード
ETCカード部門:漢方スタイルクラブ(JCB)=リクルートカード(JCB)>リクルートカード(VISA)

7. 保険

旅行保険ショッピング保険の点では、評価が少し難しいところです。購入した商品を保障してくれるショッピング保険が漢方スタイルクラブカードにはないものの、海外旅行傷害保険が「自動付帯」(リクルートカードは「利用付帯」)である点では漢方スタイルクラブカードがやや上。

海外旅行保険部門:漢方スタイルクラブカード>リクルートカード(JCB・VISA)
国内旅行保険部門:漢方スタイルクラブカード=リクルートカード(JCB・VISA)
ショッピング保険部門:リクルートカード(JCB・VISA)>漢方スタイルクラブカード

漢方スタイルクラブカードとリクルートカードプラス(JCB)の改悪

漢方スタイルクラブカードは、かつて還元率1.75%(2,000円=7ポイント)と他のカードに比べて極めて突出した還元率が人気でした。しかし…

  • 2015年6月:nanacoへのチャージでのポイント付与率の改悪(1.75%→0.25%/2,000円=7ポイント→2,000円=1ポイント)
  • 2015年12月:通常還元率1.75%→1.5%へ改悪(2,000円=7ポイント→2,000円=5ポイント)
  • 2016年2月:毎年2月~翌年1月の獲得ポイント3,500ポイント以上で付与されるボーナスポイントの改悪(ボーナス500ポイント→350ポイント)

このように改悪が続いてしまいました。今までが太っ腹だったのかもしれません、カード会社は色々と頑張りすぎてしまったのかもしれないですね…。そこで、その乗り換え候補として2%の還元率であるリクルートカードプラス(JCB)が最も有力視されていたのですが、

  • 2016年9月:nanacoへのチャージでのポイント付与が対象外となり改悪

そしてついに…

  • 2016年3月:リクルートカードプラス(JCB)新規発行が停止

となってしまいました。

今でも十分にお得感でいっぱいの漢方スタイルクラブカードとリクルートカードですが、かつてはもっと上を行くメリットでいっぱいだったんですね。カード会社の企業努力と苦渋の決断が伺えます。

結局どちらがおトク?

漢方スタイルクラブカード vs リクルートカードですが、なかなか甲乙つけがたいところではあります。全体的な比較を通すと、年会費無料且つ漢方スタイルクラブカードに負けず劣らずなカードスペックであるリクルートカードのほうがお得と思っています。

漢方スタイルクラブカードは2,000円ごとに6ポイントたまるのに対し、リクルートカードは100円ごとに1.2ポイントと更に細かい単位でのポイント加算である点や、1ポイントからの消費が可能ということで無駄がないところも評価できますね。漢方スタイルカード高還元率のメリットを存分に享受するには、とにかくメインで使い倒す!というところも大事かもしれないですね。(ボーナスポイント狙えるくらいの決済額を積むことが前提となりそうなので)

漢方スタイルクラブカードが向いている人
  • メインカードとしてガンガン使いたい
  • 薬日本堂を利用する
  • ポイント利用というよりキャッシュバックのような使い方をしたい
  • ANAマイルもためている
  • ETCカードのランニングコストを抑えたい
リクルートカードが向いている人
  • サブカードとしても持ちたい
  • リクルートID参画サービスを利用したい
  • PontaやJALマイルもためている
  • 電子マネーと連動してお得に使いたい
  • 家族カードやETCカードのランニングコストを抑えたい

といった感じになりそうですね。

私のケースでお話しさせていただくと、完全にリクルートカードがピッタリハマっているようです。

  • じゃらんをよく使う(リクルートのサービス)
  • ローソンや大戸屋によく行く(Pontaがたまる・使える)
  • JALマイルをためている(リクルートポイント→Ponta→JALマイル)
  • 家族カードを親が利用している(年会費無料)

いずれにしても漢方スタイルクラブカード・リクルートカードともにお得なカードであることは間違いなさそうです!生活スタイルや利用機会を考えて選びたいものですね!

リクルートカード

 

[recruit-list]

↑一番最初に戻ってもう一度読み直す↑

5000円分の楽天ポイントもらえる期間限定入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式ページへ移動します

キャッシュバックキャンペーン中のクレジットカード
※クリックすると表示されます
【楽天カード】5000円分の楽天ポイントもらえる
【Yahoo!JAPANカード】1万円分のTポイントもらえる
【エポスカード】8000円分のポイントもらえる
【三井住友VISAカード】最大1万円分キャッシュバック
【dカードGOLD】最大12000円分キャッシュバック
【アメックスカード】合計15000ポイントもらえる
【アメックスゴールド】合計30000ポイントもらえる
"いざ"という時の救世主カード
※クリックすると表示されます

クレジットカードランキング特集

クレジットカード
総合ランキング
学生専用 海外留学
20代新社会人 節約・主婦
即日発行 還元率高い
年会費無料 審査難しい
ステータス高い