スポンサードリンク

クレジットカードを使う上で、カード利用の締日と引落日をきちんと確認しておくことが大事です。後払い方式なので、払ったつもりでいたものが引き落としはまだだった…なんてこともあります。

私も割かし明細はこまめに見るほうなのですが、買った商品がいつの引き落としになるか、意外とそこまで意識していないことも多いです。

今回はそのリクルートカードの締日・支払日(引落日)のタイミングについて調べてみました!

また、支払日に残高が不足している(うっかり入金するのを失念していた)という場合の対応についても載せています。

クレジットカードの引き落とし口座に毎月入金している方は、入金漏れケースに遭遇することもあるかもしれないですね。

普段使いしている方はおさえておきたいところです!

スポンサードリンク

リクルートカードの締日と引落日

リクルートカードの締日と支払日(引落日)は割とメジャーな締日設定ですね。こちらは、JCB・VISAともに共通で、【15日締・翌10日支払】となっております。

利用と引き落としの一例
・1月16日~2月15日の利用分 → 翌3月10日引き落とし
・2月16日~3月15日の利用分 → 翌4月10日引き落とし というスケジュールになります。

この利用分のタイミングというのは、厳密には所定の締日(15日)までに、利用店舗→カード会社側へ【売上データ】が届いた分が請求対象になるという認識です。

締日前後の売上データの到着日によっては、請求が後ろ倒しになる場合もあるとのことです。一部の加盟店や海外でのカード利用した場合は、請求書到着にタイムラグが発生することもありえるようですよ。

いずれにしても、請求額が確定したら明細をWebなどで確認したほうが良いですね!

また、引落日(10日)が金融機関の休業日(土・日・祝祭日)にあたる場合は、その次の稼働日に引き落としが行われます。

基本的には平日が引落日にあたるとの認識でOKです。

リクルートカードの利用可能額の反映タイミング

クレジットカードには【利用限度額】がありますので、その限度額の範囲内での利用のみが可能です。

「リクルートカード一本!」で決済を集中させている方は、高額決済を行った際などには利用限度額の反映がいつ行われるかも気になるところです。

「毎月の支払日の時点で、利用可能枠を算出している」とのことなので、リクルートカードの場合はJCB・VISAの場合も、支払日(10日)に利用可能枠の復活が反映されるようです。

もちろん、金融機関が休業日となる土・日・祝祭日の場合は、その次の稼働日の引き落とし時になりますね。

利用可能額についてはWeb上や電話でも確認することができるので、気になる方はサービスログインやコールセンターへの確認をオススメします!

Web

JCB「MyJCB」
ログイン後、「ご利用可能額照会」で確認

VISA「NEWS+PLUS」
ログイン後、「ご利用可能額照会」で確認

電話
JCB「JCBお支払い金額・ご利用残高および可能額案内サービス」
(受付時間 24時間・年中無休・自動音声)

・0120-592-196 または 0570-000-767(携帯電話・有料)
サービスコード#3

VISA「自動音声応答サービス」
(受付時間 09:00 – 17:00(自動音声・12/31~1/3は除く))
・0570-050535 または 03-5489-6165
サービスコード#1 → メニューコード#4

TELでの照会の場合は、カード番号と暗証番号の入力が必要となりますので、カードを手元に用意してガイダンス案内に従ってください!

リクルートカードの引き落としタイミングに間に合わなかった場合

「引落日の口座に十分な残高がない!」「引き落とし口座を変更していたのを忘れていた!」

理由は様々ですが、うっかり引落日の口座振替に間に合わない場合の対応方法です。

まずはカード会社への連絡を早急に行い、カード会社からの指示を受けるようにしましょう。

※もし引落日に何らかの理由で準備が間に合わない場合が事前にわかる場合は、予めカード会社に連絡をしておくのも手だと思います。

  • 遅延の理由を説明する
  • 支払予定日を知らせる

といった連絡をすることで、利用停止といった事態を避けられるかもしれません。

カード会社への連絡・相談を最優先としましょう!

リクルートカード(JCB)
JCBインフォメーションセンター
受付時間 09:00 – 17:00(土・日・祝・年末年始休)
東京:0422-76-1700
大阪:06-6941-1700
福岡:092-712-4450
札幌:011-271-1411
#4 お支払いが間に合わなかった場合のお問い合わせ(オペレーターと直接会話)
リクルートカード(VISA)
三菱UFJニコス カスタマーズセンター
受付時間 09:00 – 17:20(土・日・祝休)
052-259-1761

リクルートカードの引落日当日の振替タイミングは何時頃?

「十分な残高がないことに気づき、当日急いで口座に入金!」というケースも考えられます。

引落日当日の何時頃に振替が実行されるのか・ギリギリの入金で間に合うかどうかというのも気になるところですね。

この点については、「引落口座に指定している金融機関(銀行)による」です!

日付が変わって引落し日の0時になった瞬間に実行するところもあれば、09:00AM頃に行うところもあるなど対応は各行によって異なっています。

当日入金を行うケースが発生したら金融機関への問い合わせをするほうがよさそうです。

併せてカード会社へにも振替の状況確認をしておくとよいですね。

リクルートカード(JCB)の場合

JCBの公式サイトのFAQで各行の対応についての情報記載がありました!引落口座に指定しているご自身の金融機関を確認できます。

振替日当日および再度のお支払いについて 

リクルートカード(VISA)の場合

下記銀行を引落口座に指定しているケースでは、通常の引落日に振替が行われなかった場合でも、その請求月末日(土・日・祝の場合は前営業日)までは毎営業日再振替を実行しているとのことです。

万が一10日の引き落としに間に合わなかった場合でも、すぐに入金を行えば翌営業日に実行されるようです。

  • 三菱東京UFJ銀行
  • 三井住友銀行
  • 横浜銀行
  • 京都中央信用金庫

毎営業日の口座引落の対象にならない場合もあるとのことなので、遅れないことに越したことはないですね!

振替実行は通帳記帳・インターネットバンキング・金融機関への問い合わせなどで確認です。

放置は絶対にNG

上記はあくまでイレギュラー時の対応になりますが、やはり支払日を守るのが原則ですね!そのまま放置しておくことは絶対避けるようにしてましょう。

引落日前日までに支払金額以上の残高があるように確認は欠かさず行いところです。普段しっかり行っている方でも、うっかりで忘れてしまうこともあると思います。

短い期間かつカード会社への連絡を速やかに行う・指示に従っていれば、大きな問題にはならないと思います。未払期間の長期化・支払遅延の度重なる発生などが続いた場合、カード会社の判断によっては、入金が確認するまでカード利用を制限遅延損害金の発生、最悪のケースですとカードの強制解約もありうるので信用情報に大きな傷をつけないようにしたいところです。

カード会社とクレジットカードホルダーは信頼で成り立っています。

次回の更新や別のクレジットカード・ローンの審査への影響につながりますよ!スマホ機種代の分割払いの可否などにも関係していたりします。

実際、口座引落に間に合わなかった場合の電話窓口対応なども受付時間帯が平日に限られ、口座引落日(毎月10日)前後は回線が混み合うことが多いようなので、なかなか面倒だと思います。

やはり口座への準備は余裕を持ったほうが良いでしょう!

  • 金額と引落スケジュールの把握
  • 口座残高の事前チェック
  • 請求明細の定期的なチェック

など、入金が遅れないよう利用の際から意識してカードと付き合っていきたいですね。

スポンサードリンク
カードの引き落とし日に間に合わないかも…

コメントをどうぞ