楽天プレミアムカードは、楽天ユーザーなら一度は耳にしたことがあるワンランク上のカードです。

プレミアムなんて年会費の高そうなカード、自分には関係ない!と思っていたのですが、調べてみるとうまく使えば楽天でのお買い物や旅行でもお得に使えるカードでした。

そして実は、実績を積み上げれていけば楽天ブラックカードのインビテーションにも繋がるカードでもあります。

将来を見据えて、楽天プレミアムカードからラグジュアリーな生活のスタートラインに立ってみませんか。



楽天プレミアムカードの特徴スペック一覧表

提携ブランド VISA、JCB、MasterCard
 支払日 毎月27日(前月の月末〆)
 年会費 10000円(税抜)
 ポイント名称 楽天ポイント
 ポイント還元率 1%
 ポイント有効期限 最終ポイント獲得月から1年間(期間限定ポイントは例外)
 ポイント優遇対象サービス 選べるポイント1%アップ特典(楽天市場・楽天トラベル・楽天SHOETIMEのいずれか1種類)
 ポイントの提携 ANAマイル
 利用可能最低ポイント数 1楽天ポイント
 ボーナスポイント ランクに応じて誕生日ポイント(毎年100~700ポイント)&誕生日月の楽天市場・楽天ブックスの利用でポイント1%アップ
 電子マネー付帯 楽天Edy
 チャージできる電子マネー 楽天Edy、モバイルSuica、SMARTICOCA、nanaco(JCBブランドのみ)
 家族カード 発行可能(最大5枚)
 ETCカード あり(年会費無料)
 国内・海外旅行保険 あり
 ショッピング保険 あり
 ApplePay対応かどうか 対応可能
 マイルの還元率 楽天ポイント:2ポイント=ANAマイル:1マイル(50ポイント~交換可能)
即日発行できるかどうか 不可

楽天プレミアムカードのメリットについて

よく使う楽天グループのサービスを選んで、ポイントUP

楽天プレミアムカードは、楽天グループでの利用が断然お得です。通常の楽天市場での利用は、楽天ゴールドカードと同様、通常ポイントの5倍で、100円につき5ポイントが加算されます。

楽天プレミアムカードでは、楽天グループで自分が一番よく使うサービスを選んで、お得にポイント獲得できるコースがあるのです。

楽天市場コース

楽天プレミアムカードで楽天市場を利用すると、お買い物100円につき5ポイントの特典があります。

この楽天市場コースを選ぶと、この特典に上乗せして、プレミアムカードデー(毎週火曜日・木曜日)のお買い物は、更に1%加算。

つまり、100円で6ポイント獲得できるようになります。

トラベルコース

楽天トラベルでは、通常ご利用の1%がポイント加算されますが、楽天プレミアムカードで決済すると更に1%アップ、加えてこのトラベルコースを選ぶと更に1%アップの、合計3%のポイントがもらえます。

50000円の旅行を申し込むと、通常500ポイントのところ、1500ポイントもらえてしまうという事なんです!

また、楽天e-naviという会員用サイトで申込みすると、成田・羽田・関空・セントレアの4空港での手荷物宅配サービス無料クーポンもゲットできます。

エンタメコース

最近は映画や本、コミックなどもスマホやタブレットで楽しむ時代になりました。

楽天にも動画の楽天SHOWTIMEと、電子書籍サービスの楽天ブックスがあります。

エンタメコースを選んで楽天プレミアムカードで決済すると、通常ポイントにプラス1%加算され、ポイントが貯まりやすくなります。

プライオリティ・パスが無料で申込み可能!

楽天プレミアムカードの利用者は、全世界800箇所の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パスのプレステージ会員を無料で申込みできます。

プライオリティ・パスがあれば、空港を利用する際の待ち時間も優雅にラウンジで過ごすことができます。

軽食やドリンク、アルコールが用意されているところもありますし、落ち着いた空間でインターネットも使うことが出来るので、海外出張の多いビジネスマンにもおすすめです。

入会できるプレスージというランクでは、通常は年会費がUS$399(レートによるが、日本円で40000円前後)するにも関わらず、楽天プレミアムカードは無料で発行できます。

年会費が2.3万のアメックスゴールドカードやMUFGプラチナカードでも、プライオリティ・パスの入会ができますが、ラウンジ利用に制限のあるスタンダード会員なので、比べると、楽天プレミアムカードの方が、断然お得です。

保険が充実

楽天カードの中でも、国内旅行、海外旅行、ショッピング保険が付帯しているのは楽天プレミアムカード以上になります。

やはり、万が一の時の保険は重要です。

特に、海外旅行で事故や病気になった場合に支払う額は、日本とは比べ物にならない場合もありますからね。

楽天カード・楽天ゴールドカードでは20万円だった携行品損害も50万円となり、病気やケガに関しては100万円UP、傷害死亡に至っては3000万円もUPしています。

また、機会の多い国内旅行にも保険が自動付帯(旅行代金を楽天プレミアムカードで決済しなくても自動的に保障)され、破損・盗難・火災等でトラブルのあった商品にもショッピング保険が適用されるので、至れり尽くせりです。

誕生日月の利用でポイントUP

楽天カード会員になると、誕生日時点のランクによって条件付きでポイントが加算されます。

それとは別で、楽天プレミアムカードで、誕生日月に楽天市場の決済をすると、ポイントが1%アップします。

先ほどご紹介した楽天市場コースと合わせれば、最大7%にもなるので、誕生日の1ヶ月間はできるだけ楽天市場でお買い物したくなりますね。

楽天市場での送料分がポイント還元!

楽天の新しい特典「送料分相当をポイント還元」が楽天プレミアムカード会員は1年間無料で使えます。

「この商品安い!」と思っても、結局送料がかかってしまうので、楽天市場で検索する時は送料無料を選ばざるを得ないという時、ありますよね。

このサービスを利用すれば、送料を気にせず表示価格で購入しても、後ほど送料分がポイント加算されるので、あまり損した気分になりません。

通常は楽天プレミアムというサービスに入会して利用できるのですが、こちらは年会費3900円(税込)が必要です。

1年の期間が終了すると、自動更新される事もないので安心です。

使ってみてよかったと思う方のみ、別途入会するという優しいシステムで。

最近は、無料期間から自動的に有料更新されてしまう意地悪なサービスも多いので、この点はありがたいですね。


楽天プレミアムカードのいまいちポイントについて

楽天プレミアムカードのいまいちポイントは、カードデザイン。

「プレミアムカード」という名にしては、一般的にも入会しやすく、恩恵も受けやすいので、年会費10000円にしては楽天ユーザーに対するメリットもたくさんあります。

しかし、楽天プレミアムカードは、あまりかっこよくて自慢できるというデザイン性はありません…楽天カードの色が違うだけなので。

誰が見るわけでもないので、楽天ユーザーや海外渡航の多い方には、機能的には問題ありませんが、あえていまいちな点をあげるなら、この1点です。

楽天カード自体が、入会もしやすくポイントがざくざく貯まるという庶民的な点に良さがたくさんあるので、手の届きやすいプレミアムカードといった印象です。

もちろん、私自身も庶民ですし、入会前に一歩踏みとどまってしまうほど年会費の高いクレジットカードに比べたら、かなり親しみやすくて可愛らしさがあります。

楽天プレミアムカードの最大の特徴!こんな人におすすめしたい!

楽天プレミアムカードは、やはり楽天市場などの楽天グループサービスをよく使う方におすすめです。

楽天市場だけでなく、楽天トラベルや楽天SHOWTIME、楽天ブックスでもポイントアップ特典があるので、せっかくならポイント1%アップでも恩恵を受けておいた方が良いですもんね。

ただ、ポイントだけで得をしようと思ったら、年会費の事もあるので、年間10000ポイント以上コンスタントに貯めている方でなければなりません。

その為には、使う金額も年間100万円。

正直なところ、楽天市場だけで言うと、楽天カードでもポイント4倍、楽天ゴールドカードなら5倍、楽天プレミアムカードの楽天市場コースでようやくポイント6倍というシステムなので、プレミアムでなくても一定の条件を満たせば特典が受けられます。

それなら、更にどんな人におすすめかと言えば、海外旅行や出張へ頻繁に行く方です。

楽天プレミアムカードの発行で入会できるプライオリティ・パスは、日本円で約40000円前後の年会費を無料で利用する事ができるので、こんなにお得な事はありませんよね。

空港ラウンジの利用が多い方や、今後利用を考えている方にとっては、VIPで優雅な時間を過ごす事もできるので、無駄にはなりません。


楽天プレミアムカードはどういう使い方が最もお得になるのか?

最近のクレジットカードは、クレジット利用1000円からポイント付与のようなシステムが多いですが、楽天プレミアムカードは100円で1ポイント(1円相当)と、少額から貯めやすいカードです。

更に楽天Edyや楽天ポイントカードの機能もついているので、1枚3役。そうなると、スーパーやコンビニでの普段使いにも使えます。

しかし、通常のクレジット利用ポイントの還元率は1%と、プレミアムカードと言う名にしては高くありません。

その為、光熱費、携帯代金や保険料など、毎月の高額な引き落としは、還元率の高いレックスカードやリクルートカードの方が貯まりやすいですよね。

ここは個人差が出てしまうのですが、還元率を意識するならメインの引き落としは高還元率クレジットカードを選び、楽天プレミアムカードは楽天グループでの利用と日常のお買い物で楽天Edyやポイントカードとして使うという方法があります。

(楽天Edyの還元率は0.5%ですが…)

ただ、他のカードを使うとポイントの互換性がなかったりするので、楽天1本に絞ってメインカードにしても、悪くはないと思います。

例えば、楽天市場で年会費分のポイントを稼ぐには…

※年会費は、現時点の消費税率8%で計算します。

楽天市場:90000円/月
…楽天ポイント:5400ポイント(楽天市場コース選択時)

★内、4500ポイントは楽天ゴールドカード保持者でももらえるので、楽天プレミアムカード独自での特典は900ポイント分

楽天市場で月90000円以上(×12ヶ月=年間108万円以上)お買い物をすれば、年会費:10800円(税込)分のポイント獲得可能

ちなみに、毎月の引き落としを還元率の違うカードで比較すると…

【リクルートカードを利用した1か月の利用内訳】

光熱費:20000円
携帯電話料金:20000円
保険料・個人年金:30000円
…リクルートポイント:840ポイント(還元率1.2%)

【楽天プレミアムカードを利用した1か月の利用内訳】

光熱費:20000円
携帯電話料金:20000円
保険料・個人年金:30000円
…楽天ポイント:700ポイント(還元率1%)

楽天グループ以外でのポイントは還元率1%なので、リクルートカードに比べて月140ポイントの差があります。

こうなってしまうので、楽天ポイントとの相互交換ができなくても、還元率にこだわる方は、カードの使い分けが重要です。

どちらにしろ、還元率0.5%のクレジットカードが大半を締める時代ですから、楽天プレミアムカードの1%は悪い還元率ではありませんし、楽天グループで使えば最大6%とかなりお得ですからね。

加えて、国内・海外旅行での利用は、プライオリティ・パスで空港ラウンジを使ったり、保険の安心を備えているという点で、メインでも損のないカードと言えます。

まとめ

楽天プレミアムカードに入会し、一番手っ取り早く年会費の元をとるには、プライオリティ・パスを存分に使う事です。

空港ラウンジをお使いの方で、知らなかったという方は是非楽天プレミアムカードをおすすめします。

しかし、実際のところ今まで空港ラウンジを使ってこなかった方からすれば、プライオリティ・パスがなくても生きていけるのが現実です。

でも待って下さい!

ここでポイントになるのが、毎月クレジットカードでいくら引き落としをしているかという事。生きるのにはお金が要りますし、毎月の引き落としもばかになりませんよね。

特に、月10万円以上支払っている方は、今すぐ楽天プレミアムカードに変えるべき!

楽天グループを使った方が断然お得ですが、楽天ゴールドカードとの差など考えず、単純に計算したら年会費の元は取れます。

これを機に、家族の引き落としをまとめたり、クレジットカードの1本化を考えてみてもいいかもしれませんよ。


楽天カード入会キャンペーン実施中!
カードの支払日を過ぎてしまったら…

【支払い遅れそう…】カードの引き落とし日に間に合わなかったらどうなるの?