電子マネー界では先陣を切って発展した楽天Edy

楽天と言えば、「ポイントざくざく貯まる!楽天カードマーン!」のCMでクレジットカードが有名ですが、同じくらい電子マネーの楽天Edyも日々のお買い物に欠かせない存在です。

せっかく楽天サービスを利用するなら、一括してお得にポイントを貯めたくありませんか?

今回は、楽天Edyの基本から、上手な使いこなし方までまとめていきたいと思います(^^*)

この機会に、もっともっと楽天ポイントの恩恵を受ける方法を学んでいきましょう。

1.そもそも楽天Edyカードを使うメリットって何?具体的にどう使えばお得になるのか?

1-1.小銭不要!カードだけで外出できる

楽天Edyを利用できるお店は、全国で45万店舗以上!

コンビニやファミレス、スーパーなど、利用者数の多い施設では電子マネーが使えて楽天Edyは使えないという店舗の方が珍しいくらいです。

その為、少しのお出かけなら楽天Edyカード1枚持って出れば、用事が済んでしまう事もあります。

小銭が要らないので、支払い時の細かい計算も不要、スムーズに時短できるようになりました。

また、おサイフケータイ機能付きのスマホを持っている人は、アプリをダウンロードするだけで、スマホがそのまま楽天Edyカード代わりに!

こうなってくると、外出はスマホひとつで支払いも検索も連絡もでき、身軽なことこの上ないですね♪

1-2.ポイントがたくさん貯まる!

楽天Edyのホームページで会員登録をすると、楽天Edyの支払い200円=1Pの楽天ポイントを貯める事ができます。

使っている楽天Edyカードの種類にもよりますが、基本的な楽天Edyカードには楽天ポイントが貯まり、提携店舗発行の楽天Edy付き会員カードなどでは、店舗独自のポイントが貯まる楽天Edyもあるんです。

また、楽天ポイントがざくざく貯まる理由のひとつに、現金・電子マネー・クレジットカードのどの支払い方法でもポイント付与されるという点があります。

クレジットカードで楽天ポイントを貯めるには、もちろん楽天カードの利用ですね。

では、現金で楽天ポイントを貯める方法ですが、これは楽天Edyカードが一役買っているんですよ。

楽天グループのサービスの中に、楽天ポイントカードという現金払いでもクレジット利用でも楽天ポイントが貯まるカードがあります。

楽天Edyに以下のようなマークがついている場合、1枚のカードで楽天Edyと楽天ポイントカード両方の役割を果たします。

マクドナルドやミスタードーナツ、サンクスなどが楽天ポイントカード提携店の代表です。

※楽天Edyは使えても現金での楽天ポイント付与は対応していない店舗もあるので、利用の際はレジで確認しましょう。

楽天Edy残高を減らしたくない時には、嬉しいシステムですね。

更に、ローソンでの楽天Edy支払いなら、楽天ポイントに加えてPontaカードの提示で200円=1Pontaポイントも貯まります。

ファミリーマート等のTポイントでも同様のシステムがあるので、2枚のカードを駆使する事で200円で2Pゲットする事もできてしまいます!

1-3.全国で使える!

楽天Edyが使えるお店は、全国で45店舗以上あります!

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソンといった主要コンビニは基本ですし、イトーヨーカドーから地域のスーパー、ドラッグストアなど、日用品の買い物でも楽天Edy支払いができるので、ご存知の方も多いでしょう。

もちろん、飲食店や百貨店でも利用でき、更にネットショッピングの支払い方法も楽天Edyを選択できるので、日々の生活のほとんどを網羅していると言っても過言ではありません。

異なる店舗でも共通の電子マネーが利用できるのは有り難いですね。

2.楽天Edyカードってどこで使える?どこで使えばお得になる?

店舗名:セブンイレブン
ポイント:200円=1P
チャージ:可能

店舗名:ローソン
ポイント:200円=1P
チャージ:可能
備考:エントリー応募すると、ポイント2倍キャンペーンをやっている期間もあります。

店舗名:ファミリーマート
ポイント:200円=1P
チャージ:可能
備考:沖縄ファミリーマートなら、楽天Edy支払いでANAマイルを貯める場合は2倍になります。

店舗名:イトーヨーカドー
ポイント:200円=1P
チャージ:不可

店舗名:マツモトキヨシ
ポイント:200円=1P
チャージ:不可
備考:ANAマイルを貯める設定にしておけば、マイルが2倍貯まります。

店舗名:ブック・オフ
ポイント:200円=1P
チャージ:不可
備考:一部の店舗で利用できます。

店舗名:TSUTAYA
ポイント:200円=1P
チャージ:不可
備考:一部の店舗で利用できます。
ポイント2重取り可能(Tカードの提示でTポイントも200円=1P貯まります。)

店舗名:ビックカメラ
ポイント:200円=1P
チャージ:可能

店舗名:マクドナルド
ポイント:200円=1P
チャージ:不可
備考:

店舗名:ガスト
ポイント:200円=1P
チャージ:不可

店舗名:ビックエコー
ポイント:200円=1P
チャージ:不可
備考:ANAマイルを貯める設定にしておけば、マイルが2倍貯まります。

店舗名:てもみん
ポイント:200円=2P
チャージ:不可
備考:ポイントが通常の2倍貯まります。

楽天Edy対応の店舗一覧はこちら

3.それらの場所で楽天Edyカードを使う方法と手順について、注意点や気を付けるべきこと

3-1.使用方法

楽天Edyを店舗で利用する場合は、支払い時に「楽天Edyで支払います」と伝えましょう。

ICカード読み取り機にタッチし「シャリーン♪」と音が鳴れば支払い完了です。

店舗によっては、タッチの前に利用する電子マネーを選ぶボタンを押す事もあるので、その場合は楽天Edyを選んでからタッチしましょう。

楽天Edy対応のネットショッピングで支払う場合は、パソコンに「楽天Edyリーダー」または「FeliCaポート/パソリ」をセットすれば、タッチで利用する事ができます。

しかし、この場合事前にEdy Viewerというサービスに登録する必要があり、WindowsパソコンのInternet Explorerのみの対応になるので、利用環境を整えておかなければなりません。

3-2.様々なチャージ方法を理解しよう

楽天Edyを使おうと思ったら残高がなかった時、レジでチャージしようと思ったらチャージ非対応店舗だった!なんて事になってドタバタしてしまうと、レジで並んでいる他のお客さんにへの迷惑になりまねません。

残高がいくらなのか気にしておくと共に、どこでチャージできるかもチェックしておきましょう。

楽天Edyには様々なチャージ方法があります。

まず、現金でチャージする場合はチャージ可能店舗である事を確認し、スタッフにチャージする旨を伝えましょう。

店舗に設置してあるEdyチャージ機を利用する場合は、おつりが出ないので注意して下さい。

次にクレジットカードからチャージする方法ですが、楽天Edy付帯の楽天カードを持っていれば、楽天e-NAVI(https://www.rakuten-card.co.jp/e-navi/index.xhtml)からチャージしたり、オートチャージ設定を行う事ができます。

楽天Edyカード単体の場合は、楽天EdyリーダーやFelicaポート/パソリを事前に準備し、パソコンと繋ぐ事でチャージするか、ArrowsやHTCなどのNFC機能が搭載されたAndroidを持っていればEdyチャージアプリを利用してチャージする事も可能です。

おサイフケータイ機能のあるアプリで楽天Edyを利用している場合は、登録したクレジットカードからアプリに直接チャージができるので簡単です。

3-3.紛失・盗難に注意!

楽天Edyカードは単体で持っている場合、紛失や盗難に遭っても残高補償がありません。

失くしてしまった時は、オートチャージやクレジットチャージの利用停止しか対応してもらえないので、10000円でも500円でも残高分が返ってくることはありません。

保管やサイフからの出し入れの際は充分注意しましょう。

4.現金でチャージするが損と言われる理由について

楽天Edyのチャージを現金とクレジットカードで行う場合2つの損得ポイントがあります。

ひとつめは、時間短縮です。

現金チャージの場合、レジでスタッフとやりとりしたり、チャージ機で操作する手間がかかります。

クレジットチャージなら、手の空いた時間にインターネットで金額指定してチャージするだけです。

また、特にファミリーマートでの楽天Edy利用が多い方なら、オートチャージ設定をしておけば、チャージに一切時間も手間もかかりません。

ふたつめは、楽天Edyはクレジットチャージでもポイントがつくので、ポイントの2重取りが可能という点です。

楽天Edyへチャージ:200円=1P
楽天Edyの利用:200円=1P

…チャージと利用なら200円で2Pゲットできます。

また、加えて楽天Edy支払いでも店舗ポイント(Pontaポイント、Tポイント等)が貯まるお店なら、更に100円か200円で1Pと、ポイント3重取りも可能です!

更に楽天では、事前にエントリーをすればポイントがお得に貯まるキャンペーンを、期間限定で数十種類展開しています。

その中で、「楽天Edyへ3000円以上のチャージで200ポイント!」のようなキャンペーンもあり、ボーナスポイントをゲットできます☆

キャンペーンポイントは2週間から1か月程度で使い切らなければならない期間限定ポイントですが、ちょっとした買い物にも使えるので、是非見逃さないで下さい。

5.楽天Edyカードと連携するとお得になるクレジットカード

楽天カード

楽天Edyとクレジットカードの利用でポイントざくざく!

年会費:無料

貯まるポイント:楽天ポイント
クレジットカードの利用なら、100円=1Pの嬉しい還元率1%
更に、楽天Edy利用で200円で1P、加盟店での利用ならお支払いが現金でも100円で1P!
クレジットカードから楽天Edyへのチャージにも200円で1P貯まるので、ポイント2重取りができて還元率1%

※定期的に開催されている楽天グループのサービス利用キャンペーンにエントリーすれば、期間限定ポイント100~300Pもらえるチャンスも!

≪還元率≫

楽天ポイント(クレジットカード):1%(クレジットカード→楽天Edyへのチャージ分は0.5%)
楽天ポイント(楽天Edy):0.5%
=クレジット利用でも楽天Edy利用でも還元率1%!
※楽天市場の利用を楽天カードで支払えば、最大還元率4%!

楽天ゴールドカード

年会費があっても、楽天ヘビーユーザーなら損しないゴールドカード!

年会費:2160円

貯まるポイント:楽天ポイント
クレジットカードの利用なら、100円=1P
更に、楽天市場でのお買い物はいつでもポイント5倍!
楽天Edyは200円=1P、現金払いでもポイントがつく楽天ポイントカード機能もついて100円=1P
クレジットカードから楽天Edyへのチャージでも200円で1P貯まるので、還元率1%のポイント2重取り!

※入会時に楽天Edyへチャージ500円分プレゼントされています☆
※空港ラウンジ利用もできて、ワンランク上のクレジットカードです。

≪還元率≫

楽天ポイント(クレジットカード):1%(クレジットカード→楽天Edyへのチャージ分は0.5%)
楽天ポイント(楽天Edy):0.5%
=クレジット利用でも楽天Edy利用でも還元率1%!
※楽天市場の利用なら、5%

楽天プレミアムカード

海外利用の多い方に安心のサービスがついた、ラグジュアリーな1枚!

年会費:10800円

貯まるポイント:楽天ポイント
クレジットカードの利用なら、100円=1P
楽天Edyは200円=1P、現金払いでもポイントがつく楽天ポイントカード機能もついて100円=1P
クレジットカードから楽天Edyへのチャージにも200円で1P貯まるので、ポイント2重取りができて還元率1%
楽天市場・楽天トラベル・楽天SHOW TIMEの中から1サービス選んで更にポイント1%アップ!

※世界120か国の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パス会員カードの発行が無料になります。

≪還元率≫

楽天ポイント(クレジットカード):1%(クレジットカード→楽天Edyへのチャージ分は0.5%)
楽天ポイント(楽天Edy):0.5%
=クレジット利用でも楽天Edy利用でも還元率1%!
※楽天市場の利用なら、選べるサービスで最大6%

楽天ANAマイレージクラブカード

生活スタイルに合わせて、ANAマイルと楽天ポイント選べます!

年会費:540円(初年度無料、以降年1回の利用で無料)

貯まるポイント①:楽天ポイント
クレジットカードの利用なら、100円=1Pの嬉しい還元率1%
更に、加盟店での利用なら楽天Edyでも現金払いでも200円で1P!
クレジットカードから楽天Edyへのチャージにも200円で1P貯まるので、ポイント2重取りができて還元率1%

貯まるポイント②:ANAマイル
クレジットカードの利用で、200円=1マイル
楽天Edyや楽天ポイントカードの機能も備わっているので、毎日のお買い物でもマイルゲットできます。

≪還元率≫

楽天ポイント(クレジットカード):1%(クレジットカード→楽天Edyへのチャージ分は0.5%)
楽天ポイント(楽天Edy):0.5%
=クレジット利用でも楽天Edy利用でも還元率1%!

ANAマイル:1マイル=1円ではなく、獲得したマイル数によってANA便の航空券と引き換えられます。

LABI ANAカード

いつものお買い物で貯まるポイントが、ANAマイルに交換しやすい!

年会費:540円(初年度無料、以降年1回の利用で無料)

貯まるポイント①:ヤマダポイント
ヤマダ電機でのクレジットカードの利用なら、購入金額の10%ポイント還元!
加盟店での楽天Edyの利用なら、200円=1Pのヤマダポイントが貯まります。

貯まるポイント②:永久不滅ポイント
クレジットカードの利用で、1000円=1P(1000ポイント貯まると5000円相当の利用ができます。)
貯めたポイントはANAマイルへの交換も可能!

貯まるポイント③:ANAマイル
ANA路線のフライトやホテル利用でマイルがもらえる!
ANA提携先の施設利用でもマイルが貯まります。

≪還元率≫

ヤマダポイント(クレジットカード利用):2%(ヤマダ電機での利用なら10%!)
永久不滅ポイント:0.5%
=クレジット利用で最大2.5%!

ANAマイル:1マイル=1円ではなく、獲得したマイル数によってANA便の航空券と引き換えられます。

6.まとめ

  • 楽天Edyが使える店舗は幅広いので、全国各地で使いやすい!
  • 楽天Edyカードには楽天ポイントカード機能もついて、電子マネーでも現金でもポイントが貯めやすい!
  • 楽天Edyは楽天カードとの相性抜群!

やはり、楽天Edyを利用するにあたって、一番おすすめのクレジットカードは楽天カードです。

オートチャージに関しては、現在ファミリーマートでの利用に限るのであまり設定しなくてもよいかもしれませんが、通常のクレジットチャージでポイント2重取りができるのは嬉しいですよね。

年会費のかからない楽天カードでも楽天市場のポイント還元率は4%ですから、今のところこれを超える楽天Edy付帯クレジットカードはありません。

楽天Edyとクレジットカードを駆使して、貯めやすい楽天ポイントを上手に利用していきましょう♪

コメントをどうぞ