今回は楽天系列カード目的別ランキング!と称して、楽天のクレジットカードであればこれ!という一枚が見つかるように、数ある楽天系クレジットカードをすべて紹介していきます。

もちろん、すべてを紹介してしまうと長くなってしまうので要点だけをサクッとまとめ、それぞれの特徴を理解したうえでランキング形式によるおすすめをピックアップ。

皆さんの利用目的や状況に合わせたクレジットカードが見つかるような記事となっています。

記事中で紹介した楽天系カードそれぞれの専門記事も紹介しているので、最終的に欲しいカードについて造詣を深めることも可能です。

5000円 7000円分の楽天ポイントもらえる入会キャンペーン実施中!

カウントダウンタイマー


※クリックすると公式サイトへ移動します

スポンサードリンク

楽天系のクレジットカードは全部9種類存在する

楽天カード

楽天カードとは、楽天系列のカードの中でもまさにスタンダードの中のスタンダード、無印と言える基礎クレジットカードです。

基本的にこのカードに申し込んで落ちるのであれば、他のカードはより審査基準が難しいと言えるので、もっともポピュラーにユーザーが所持できるカードと言えるでしょう。

種類 楽天カード
国際ブランド
  • MASTER CARD
  • JCB
  • VISA
年会費 永年無料
対象者 18歳以上(高校生除く)
共通特典
  • ネットショッピングでも街の買い物でも100円で1ポイント貯まる
  • 海外旅行損害保険付き
  • ネット不正安心制度
  • カード利用お知らせメール
  • カード盗難保険完備
SPU特典※2 ポイント4倍
最高利用額 100万円
楽天グループ優待サービス なし
空港ラウンジサービス
各種保険

スペックはまさに標準なクレジットカードという感じで、特に優待などの特別なサービスもなければ、ハードルの高い制限や条件も設けられていません。

そこが良いところでもあり、悩ましい部分でもあるのですが、とにかく取っつきやすいカードであることは間違いありません。

楽天ユーザーとして日が浅い、またはクレジットカード初心者にはおすすめなので、ぜひ最初の一枚目として検討してみてはいかがでしょうか?

楽天カードの期間限定入会キャンペーンでもらえる8000円分の楽天ポイントを確実にGETする方法と注意点について

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカードはゴールドと名の付く通り、無印の楽天カードよりもワンランク上のサービスを提供するステータスカードの初期カードです。

内容としては他社のゴールドカード相当よりもやや下回る印象のスペックで、ステータスカードと言っても割と審査基準を満たしやすいのが好印象のクレジットカード

種類 楽天カード 楽天ゴールドカード
国際ブランド
  • MASTER CARD
  • JCB
  • VISA
年会費 永年無料 2,160円
対象者 18歳以上(高校生除く) 20歳以上の安定した収入のある方
共通特典
  • ネットショッピングでも街の買い物でも100円で1ポイント貯まる
  • 海外旅行損害保険付き
  • ネット不正安心制度
  • カード利用お知らせメール
  • カード盗難保険完備
SPU特典 ポイント4倍 ポイント5倍
各特典 楽天カード 楽天ゴールドカード
最高利用限度額(ショッピング) 100万円 200万円
楽天グループの優待サービス なし 楽天ETCカードの年会費が永年無料
空港ラウンジサービス なし 国内空港ラウンジを無料で利用可能
各種保険 なし 最高2,000万円の海外旅行損害保険付帯

性能を見ても、そこまで大きな違いはなく、元々楽天カードが質素な内容だったために上位互換の意味合いが強い一枚です。

楽天カードを足繁く利用して問題を起こさずに支払をしていればいつか辿り付ける上位カードなので、審査に自信のある方は以下の記事からいきなり申し込むのもありです。

楽天ゴールドカードは申し込む価値ある?どう違うのか比較してみた

楽天プレミアムカード

楽天ゴールドよりもさらにプレミアム感を高めたカードで、後述するブラックカードを除けば実質楽天系カードの中でNo1のクレジットカードです。

内容も他社ゴールドクラスのクレジットカードよりもハイグレードな内容となっていて、ステータスカードの名に恥じぬ性能を誇っています。

種類 楽天カード 楽天プレミアムカード
国際ブランド
  • MASTER CARD
  • JCB
  • VISA
年会費 永年無料 10,800円
対象者 18歳以上(高校生除く) 20歳以上の安定した収入のある方
共通特典
  • ネットショッピングでも街の買い物でも100円で1ポイント貯まる
  • 海外旅行損害保険付き
  • ネット不正安心制度
  • カード利用お知らせメール
  • カード盗難保険完備
SPU特典 ポイント4倍 ポイント5倍
各特典 楽天カード 楽天プレミアムカード
最高利用限度額(ショッピング) 100万円 300万円
楽天グループの優待サービス なし 楽天Edy無料付帯
選べるサービスでポイント+1%
誕生月の利用はポイント1倍付与
空港ラウンジサービス なし 世界900カ所以上の
空港ラウンジが利用可能で、「プライオリティパス」に無料で登録出来る
各種保険 なし 最高5000万円の国内、海外旅行損害保険付帯
動産保険付帯

付帯サービスを見てもらえばわかる通り、VIP待遇扱いです。

なので、楽天ユーザーの中でもお得意様と呼ばれるほど利用頻度、あるいは利用額の高いユーザーでなければ同グレードのカード作成は難しいでしょう。

個人的には無印から楽天カードを作って実績を積んだうえで徐々にゴールド、プレミアムとランクアップしていくのがおすすめです。

いきなり楽天プレミアムからスタートしたいんだという方は、下記記事で注意事項や審査条件を満たすためのコツを勉強してから申し込まれると良いでしょう。

楽天ゴールドカードは申し込む価値ある?どう違うのか比較してみた

楽天ブラックカード

楽天ブラックカードとは、特別に招待を楽天から受けたユーザーのみが申し込むことの出来る、プレミアムのさらに上のプラチナカードです。

圧倒的に敷居が高いこともさることながら、それだけ提供されるサービスも上質のものであり、まさに国賓級の優待を受けることが出来ます。

種類 楽天カード 楽天ブラックカード
国際ブランド
  • MASTER CARD
  • JCB
  • VISA
  • MASTER CARD
  • JCB
年会費 永年無料 32,400円
対象者 18歳以上(高校生除く) 基本的に楽天から選ばれた(案内のあった)ユーザー
共通特典
  • ネットショッピングでも街の買い物でも100円で1ポイント貯まる
  • 海外旅行損害保険付き
  • ネット不正安心制度
  • カード利用お知らせメール
  • カード盗難保険完備
SPU特典 ポイント4倍 ポイント6倍(7倍)誕生日月ポイント除く
各特典 楽天カード 楽天ブラックカード
最高利用限度額(ショッピング) 100万円 300~1,000万円
楽天グループの優待サービス なし 楽天プレミアムを1年間無料で付帯
《特別指定キャンペーン》ポイント+1%
《毎月特定日プレミアムカードデー》ポイント+1%
誕生月ポイント+1%
空港ラウンジサービス なし 世界900カ所以上の
空港ラウンジが利用可能で、「プライオリティパス」に無料で登録出来る(楽天プレミアムカードよりも上位サービス)
各種保険 なし 最高1億円の海外旅行損害保険付帯(国内は5,000万円)
動産保険付帯
その他 なし コンシェルジュサービス
楽天ブラックカード会員の旅行デスク
140ヵ国以上、7,000 拠点という世界最大のネットワークを誇るHertzレンタカーを優待価格にて利用可能

基礎カードである楽天カードと比べてしまうと、あまりの違いに別会社のカードかと思ってしまうほどです。

求められる年収や職業など、ステータス要求の難易度が高いことでも知られ、インビテーションを受けられる時点で既に楽天側の審査は完了していて、申し込むだけで作成することが出来るとまことしやかにささやかれています。

そんな幻の一枚と言えるカードの詳細は下記記事で取り扱っています。

もしかしたら自分なら作れるかも、というつわものが居れば、ぜひ下記記事から何とか申し込みまでこぎつけてみてください。

楽天ブラックカードは何が特別?楽天カードの違いを比較!ブラックならではのおすすめポイントも

楽天ANAマイレージカード

ANAマイレージの名が示す通り、飛行機や空港利用に特化した楽天系クレジットカードです。

航空系ポイントの代表格であるマイレージポイントがお得に貯まる、利用出来るのは当たり前で、通常では無料利用出来ない空港ラウンジサービスも備わっています。

逆に空港系サービス以外ではあまり楽天カードと差がないのも特徴的で、頻繁に遠出をするユーザー向けのクレジットカードと言えます。

種類 楽天カード、楽天ANAマイレージカードほぼ共通部分(年会費以外)
国際ブランド
  • MASTER CARD
  • JCB
  • VISA
年会費 永年無料 540円※1
対象者 18歳以上(高校生除く)
共通特典
  • ネットショッピングでも街の買い物でも100円で1ポイント貯まる
  • 海外旅行損害保険付き
  • ネット不正安心制度
  • カード利用お知らせメール
  • カード盗難保険完備
SPU特典 ポイント4倍
各特典 楽天カード 楽天ANAマイレージクラブカード
最高利用限度額(ショッピング) 100万円
楽天グループの優待サービス なし
空港ラウンジサービス なし ANAマイレージクラブ機能が搭載されており、「楽天スーパーポイント」または「ANAマイル」で好きなコースを選択可能。※1

ANAマイルコースを選択すると200円で1マイル貯まる

予約、購入、座席指定が済んでいれば、空港で搭乗手続きをせずに直接保安検査場に進むことが出来る「スキップサービス」が利用可能

各種保険 なし

何といっても楽天ポイントとマイルポイントのポイント貯蓄プログラムに互換性があり、コースを選択すればどちらのポイントも貯めることが出来る点が大きなメリットです。

レートが1:1とは行きませんが、楽天ポイント⇔マイルでポイント同士に互換性があるのもプラスポイント

仕事やプライベートでたくさん飛行機を乗る方は、ぜひ一度申し込みを検討してみてください。

楽天ANAマイレージクラブカードって申し込むメリットある?楽天カードと何が違うのか?

楽天PINKカード

いくつも方向性に富んだ楽天カードを紹介してきましたが、楽天PINKカードは女性のための女性向けサービスが手厚い楽天カードとなっています。

男性ユーザーが思わず嫉妬してしまうくらい(それだけ女性にリスクがあるわけですが)サービスが充実していて、楽天ユーザーでなおかつ女性であれば作らない手はないほど充実の内容です。

種類 楽天カード、楽天PINKカード共通部分
国際ブランド
  • MASTER CARD
  • JCB
  • VISA
年会費 永年無料
対象者 18歳以上(高校生除く)
共通特典
  • ネットショッピングでも街の買い物でも100円で1ポイント貯まる
  • 海外旅行損害保険付き
  • ネット不正安心制度
  • カード利用お知らせメール
  • カード盗難保険完備
SPU特典 ポイント4倍
各特典 楽天カード 楽天PINKカード
最高利用限度額(ショッピング) 100万円
楽天グループの優待サービス なし 月額324円の楽天グループ優待サービスは、クーポンや楽天スーパーポイントのプレゼントなど、楽天グループサービスをお得に利用可能
月額324円のライフスタイル応援サービスは、飲食店や映画チケットなど、110,000以上の多彩なジャンルの割引、優待特典を利用可能
空港ラウンジサービス なし
各種保険 なし 楽天PINKサポート
と呼ばれる女性のための4種類の保障プラン

表面上だけで見るとあまり差のないように見えますが、楽天グループの優待と楽天PINKサポートと呼ばれる4種類の保障プランがあり、対費用で見るとものすごくコスパに優れているカードと言えます。

実際の女性が喜ぶ保証プランの数々は専用の記事で確認していただき、気に入ってもらえればそのまま申し込みの検討に入ってみてください。

楽天PINKカードは女性の強い味方!楽天カードと何が違うのか?

楽天カードアカデミー

楽天カードアカデミーは学生専用の楽天カードとなっています。

学生専用とあって、教科書の購入がお得になるサービス楽天ダウンロードでポイントが3倍になるなど、学生生活に即したサービス内容がウリです。

種類 楽天カード 楽天カードアカデミー
国際ブランド
  • MASTER CARD
  • JCB
  • VISA
  • JCB
  • VISA
年会費 永年無料
対象者 18歳以上(高校生除く) 学生
共通特典
  • ネットショッピングでも街の買い物でも100円で1ポイント貯まる
  • 海外旅行損害保険付き
  • ネット不正安心制度
  • カード利用お知らせメール
  • カード盗難保険完備
SPU特典 ポイント4倍
各特典 楽天カード 楽天カードアカデミー
最高利用限度額(ショッピング) 100万円 10万円~30万円
楽天グループの優待サービス なし 楽天ブックス利用で
ポイント5倍※2
楽天トラベルで高速バス予約をするとポイント3倍
楽天ダウンロードを利用するとポイント3倍
空港ラウンジサービス なし
各種保険 なし

このように無印とスペック比較をしてみても、学生向けカードであるからか、利用可能額などの一部では性能的に劣っている点も多いですね。

しかし、学生専用の審査、基準で申し込みが出来るので、収入や安定性に乏しい学生属性のユーザーにとっては願ったりかなったりのクレジットカードです。

楽天カードアカデミーと楽天カードはどちらを申し込むべき?どう違うのか比較してみた

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードは、既に皆さんお分かりの通り、ビジネスシーンで役立つクレジットカードです。

取引先の接待やちょっとした外出先での仕事環境の用意など、とにかく仕事の出来る人間を目指す方は所持しておきたいカードと言えるでしょう。

種類 楽天カード 楽天プレミアムカード(ビジネスカード)
国際ブランド
  • MASTER CARD
  • JCB
  • VISA(ビジネスカード)
年会費 永年無料 10,800円+2,160円
対象者 18歳以上(高校生除く) 20歳以上の安定した収入のある方+個人事業主、または法人
共通特典
  • ネットショッピングでも街の買い物でも100円で1ポイント貯まる
  • 海外旅行損害保険付き
  • ネット不正安心制度
  • カード利用お知らせメール
  • カード盗難保険完備
SPU特典 ポイント4倍 ポイント5倍
各特典 楽天カード 楽天プレミアムカード
最高利用限度額(ショッピング) 100万円 300万円(2枚合わせて)
楽天グループの優待サービス なし 楽天Edy無料付帯
選べるサービスでポイント+1%
誕生月の利用はポイント1倍付与
空港ラウンジサービス なし 世界900カ所以上の
空港ラウンジが利用可能で、「プライオリティパス」に無料で登録出来る
+α なし Visaビジネスオファー付き
各種保険 なし 最高5000万円の国内、海外旅行損害保険付帯
動産保険付帯

申し込みに際して楽天プレミアムカードと同時に申し込む必要があり、楽天ビジネスカード単体での利用が出来ない仕様となっています。

あくまでも楽天プレミアムカードの子カードとして利用する特性上、同カードのスペック表を流用させていただいています。

しかし、まったく同じというわけではなく、ビジネスカードらしいVisaビジネスオファーが付いていたり、さらに年会費が別個に発生していたりと酸いも甘いも上乗せした内容です。

楽天プレミアムカードは個人口座でプライベート、楽天ビジネスカードは法人口座で仕事用と使い分け出来るまさに出来る人のクレジットカード。

楽天銀行カード

楽天銀行カードとは、楽天銀行のキャッシュ機能楽天カードのクレジット機能が合わさったカードで、銀行口座の操作も支払いのショッピング利用もこなせるハイブリッドな一枚

その他特筆すべき点としては、普通預金の金利が2倍になる優待が受けられたり、クレジット機能によるポイントキャッシュバックのみならず、銀行口座の利用によるポイント付与を受けることが出来ます。

また、楽天銀行カードの銀行機能部分は、楽天サービスであるハッピープログラムによって受けられる特典が変化し、以下のステージに合わせて毎月自動獲得出来る楽天スーパーポイントなどが推移していきます。

会員ステージ 獲得楽天スーパーポイント
ベーシック 3
アドバンスト 3
プレミアム 6
VIP 9
スーパーVIP 9
会員ステージ 設定条件 ATM利用手数料無料回数(月当あたり) 他行振込手数料 楽天スーパーポイント獲得倍率 振込手数料の楽天スーパーポイント払い
スーパーVIP 残高300万円以上、または取引30件以上 7回 3回 3倍 支払い可能
VIP 残高100万円以上、または取引20件以上 5回 3回 3倍
プレミアム 残高50万円以上、または取引10件以上 2回 2回 2倍
アドバンスト 残高10万円以上、または取引5件以上 1回 1回 1倍
ベーシック ハッピープログラムエントリーのみ なし なし 1倍

このように楽天サービスにどっぷり使っているユーザーであればあるほど見返りが大きいのが特徴で、銀行サービスでありながらATMを無料で利用出来たり、自社だけではなく他社まで無料で取引することも可能です。

他にも楽天銀行にはデビットカードがあるので、クレジットカードが難しい場合の選択肢として検討できる点も大きなメリットでしょう。

カードの種類 楽天銀行パンダデビットカード(JCB)

楽天銀行デビットカード(JCB)

楽天銀行ゴールドデビットカード(Visa) 楽天銀行デビットカード(Visa)
ブランド JCB VISA
発行手数料 基本無料(デビット機能付キャッシュカードを持っているユーザーで、楽天銀行パンダデビットカード(JCB)に切替申込をする場合は発行手数料が540円がかかる)
年会費 永年無料 3,086円(税込み) 1,029円(税込み)
1,000円あたりのポイント特典 10ポイント(100円で1ポイント) 5ポイント(200円で1ポイント) 2ポイント(500円で1ポイント)
利用可能ATM(国内)
  • セブン銀行
  • イオン銀行
  • PatSat
  • みずほ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • Enet
  • ローソンATM
  • ゆうちょ銀行
  • ビューアルテ
利用可能ATM(海外) JCB

Cirrus

VISA

PLUS

保険、保証、特典 盗難補償 ショッピング保険
盗難補償
Visaゴールドカード特典
海外利用サポート 24時間日本語サービス(Visa提供サービス)
盗難補償
継続方法 自動更新
申し込み可能年齢 16歳以上

銀行もクレジットサービスもすべて楽天で補いたい、またはどちらも楽天関連のサービスでよく利用するという場合はまさにうってつけのカードです。

今なら5,000円のキャッシュバックも付いているので、気になる方は専用記事からご検討ください。

楽天カードと楽天銀行の両機能を備えた楽天銀行カード!今なら5,000ポイントのキャッシュバックも

↑リンク張りお願い致します。

とにかく気軽に手軽に楽天系カードを持ちたい方向けおすすめベスト3

※端的にずばっと理由を説明させていただくため、ランキングのみ口調を変更しています。

1位楽天カード

理由:やはり、基本中の基本カードだけあって、審査基準やスペックのバランスがよく、受け入れるユーザーの幅も十分広いため。

後述する一部のユーザー属性のみ優遇されるようなカードを除けば、凡庸的に審査基準を満たしやすいカードと言えるので第一位。

2位楽天PINKカード

女性向けサービスであるため、圧倒的に女性ユーザーが申し込む分には敷居が低い

さらに女性向けにカスタマイズされた優待がもはや通常のクレジットカードの枠を超えて素晴らしい特典の数々なのも高評価。

ただし、男性ユーザーには利用しにくい点が唯一の欠点としてあるため、残念ながら第二位。

3位楽天カードアカデミー

同じくクレジットカード審査基準のハードルで言えば一番低いカードだが、如何せん学生に申し込み資格で絞られてしまうため泣く泣く3位。

しかし、申し込み条件さえ満たせるのであれば、一番受け皿の広いカードと言えるので、とにかくカードが作りたい学生諸君は絶対に申し込むべき。

楽天系の中でもステータスカードとして所持したい方向けおすすめベスト3

1位楽天ブラックカード

2位楽天プレミアムカード

3位楽天ゴールドカード

1位~3位の理由:純粋に審査難易度が高く、優遇されているサービスの多さ、質の高さ順

もしくは、そのようにステータスネーム付けされているブラック、プレミアム、ゴールドカードそのままの順位。

補足しておくと、楽天ゴールドは割と誰でも作成出来る範囲のステータスカードだが、楽天プレミアムカードで一段階難易度が上がり、楽天ブラックカードではスタートラインに立てるユーザーがどれだけいるのかというレベル

つまり、現実的に作成可能な範囲では楽天プレミアムカードが実質最上位カードと言える。

新規入会特典やキャンペーンでポイントキャッシュバックを多く受けたい方向けベスト3

1位楽天プレミアムカード

2位楽天ゴールドカード

3位楽天ANAマイレージクラブカード

1位~3位の理由:ステータスランキングに引き続き、純粋にポイントキャッシュバックが高く設定されている順番がそのまま順位。

楽天プレミアムとゴールドカード間で順位が逆転することは恐らくないが、楽天ANAマイレージクラブカードについてはキャンペーンの具合によって、多少ほかのカードと前後する点は要注意。

外出好き、旅行好きにおすすめな交通系優待のある楽天系カードベスト3

1位楽天ANAマイレージクラブカード

理由:空港サービスはもちろんのこと、何といってもマイレージポイントに対してアドバンテージがあるのが大きい。

利用すればするほどキャッシュバックも、交通費もお得になるので交通系優待の鏡のようなカード。

2位楽天プレミアムカード

理由:マイルなどの特定の交通系ポイントへの特別なサービスはないが、空港ラウンジやカーレンタカーなど、付帯サービスが充実しているため。

3位楽天ゴールドカード

理由:楽天プレミアムカードとほぼ内容は同じだが、グレードによっての差があるため。

仕事でもメインカードとして活用したい方向けベスト3

1位楽天ビジネスカード

理由:楽天系カードの中でもまさしくビジネスのために生まれてきたカード。

個人口座でプライベート利用してもよし、法人口座でビジネスシーンで利用してもよしと使い勝手も抜群と言える。

Visaビジネスオファーが利用できる点も大きなメリット。

2位楽天銀行カード

理由:銀行という特性上、取引に利用しやすく、仕事の支払い方法としてはまさにうってつけ。

個人ユーザーの一般的な利用シーンを考えるに、楽天ビジネスカードがどちらかと言えば接待や交際費に向いているのに対し、こちらは商談の決済向け

3位楽天プレミアムカード

理由:特別仕事向きということはないが、楽天系カードの中でもトップクラスの利用限度額とステータス性を誇るので、仕事上で利用しても恥ずかしくない一枚。

ビジネスシーンで利用しても恥ずかしくないという最低限の基準を満たしていることから3位。

気になるランキング複数上位が最適カード

今回は利用目的を絞ったランキングごとにおすすめのカードを紹介してきましたが、単純に単テーマのトップが最適のクレジットカードとは限りません。

例えば、仕事での利用をメインに考えていても、普段使いも視野に入れているのであれば、「仕事でもメインカードとして活用したい方向けベスト3」+「とにかく気軽に手軽に楽天系カードを持ちたい方向けおすすめベスト3」の上位カードが最大公約数です。

あくまでも今回のランキングは楽天系カード選びの一つの指標として見てもらい、自身の実際の利用環境を考えたうえで最適なカードを選んでみてください。

もちろん、これだ!というカードがあればさっそく各種専用記事へ飛んでもらって、具体的に申し込み検討へ移っていただければ幸いです。

各種カード紹介では、大分内容を端折って簡単な概要しか説明していませんので、既に申し込みを決められている方は、出来れば今一度専門記事を参考にしてから申し込むと、より一層間違いがないのかなと思います。

5000円 7000円分の楽天ポイントもらえる入会キャンペーン実施中!

カウントダウンタイマー


※クリックすると公式サイトへ移動します

スポンサードリンク

↓8種類のカードを厳選しました↓

↓当サイト人気No1クレジットカード↓

今月のおすすめカード一覧
スポンサードリンク