スポンサードリンク

クレジットカードを利用する上で、自分のカードがいくらまで利用できるのか意外に知らないものです。

カードを申し込む際には、年会費やカードの特典は気になってチェックしますが、限度額はたくさん使った時などに初めて気になってくるものです。特に大きなショッピングを予定している時は、店頭で使えない!と慌てることがないように、事前に確認しておきましょう。

スポンサードリンク

楽天カードの初回の限度額はいくらで設定されているのか

楽天カードの初回の限度額ですが、10万円~30万円が相場です。

学生やパートの場合だと10万円会社員や年収が高い自営業の場合だと30万円に設定されることが多いです。ただし、他のクレジットカードの利用状況が悪いと5万円と低いスタートになることもあります。

最大300万円と言われておりますが、楽天カードで信用を構築できた段階で初めて設定されるため、信用レベルがかなり高い人であっても、初回は30万円ぐらいで設定されることが多いです。

利用頻度や利用期間、返済状況によって少しずつ限度額が引き上げられていき、優良顧客と判断されればされるほど限度額が上がっていき、最終的に最大300万円へと到達することが可能です。

そもそもクレジットカードの限度額は、一律同じではありません。人によって異なります。楽天カードの場合は、5万円~300万円まで大きな幅があります。

限度額は楽天カードの場合、一般カード(「楽天カード」「楽天PINKカード」など)で初回最大100万円、プレミアムカードの場合は、最大で300万円までと公表されています。

ちなみに「限度額」とは、ショッピングとキャッシングを合わせて使える額の最大額です。(最大限度額が100万円の場合、そのうちキャッシング枠は50万円といった具合)キャッシング枠はショッピング枠(現金で引き出せる額)よりも通常低く設定されています。

楽天カードの場合は、会員のほとんどが楽天市場のユーザーかと思われますので、楽天市場での買い物はもちろんですが、普段のリアルの店での買い物もショッピング枠で計算されます。

限度額の違いは「信用」の差

なぜこのような差が出てくるのかというと、それはひとえに人によって「信用」が異なるからです。

「信用」といっても「あの人は口が堅いから信用できる人だ」ということではなく、「返済能力がある人」という意味の「信用」です。

学生や主婦の初回の限度額がそれほど高くない理由は、「定職を得ていないので返済能力は高くないだろう」とカード会社側が考えるからです。

定職があるサラリーマンで、しかも持家で年収がそれなりにあれば、初回から100万円もの金額を設定されることがあります。これは、「家も持っているし年収も高いから返済能力も高いだろう」と判断されるからです。

信用が積み重なれば、限度額も当然引き上げられます。

知らないうちに信用が積み重なり、限度額が自動的に上がっていた、ということはよくあります。「信用を積み重ねる人」とは、延滞もなく、何年にもわたってたくさん使ってくれる人です。

当然このような人は「延滞なくたくさん使ってくれる可能性が高い」と考えられるので「優良顧客」として位置づけられ、カード会社としては、限度額をどんどん引き上げることで、どんどん使ってくれるように仕向けます。

逆に、何度も延滞している人は信用が下がっていきます。カード会社側で「この人マズイかも(=返済できないかも)」と判断されれば限度額も下がります。

インターネット取引は犯罪に利用されやすいので、楽天カードのようなインターネット上の決済が多いクレジットカードは、カード会社側も「延滞情報」には相当な注意を払っています。だから、一度でも延滞をしたら途端に使えなくなるのだと思われます。

利用限度額を300万円にするにはどうすればいいのか?

楽天カードの場合、一般カード(「楽天カード」「楽天PINKカード」など)では基本的に限度額は100万円なので、限度額を300万円にしたいということであれば、プレミアムカード会員になるのが近道です。

しかし、プレミアムカード会員であっても、人によって限度額が異なり、70万円~200万円の間に設定されている人が多いのが現状です。

では、限度額が300万円に設定できる人はどのような人なのでしょうか。

>>不動産業を営む40代女性の場合>>自営業・自由業を営む40代男性の場合>>お勤めの60代男性の場合

楽天プレミアムカード入会後の1カ月で利用可能額が200万円から300万円に増額されていた。 月にショッピング枠で100万円程利用していたが、可能枠の変更手続き申請はしていない。1

楽天プレミアムカード入会1年後に、いつの間にか200万円から300万円に増額されていた。可能枠の変更手続き申請はしていない。

楽天カードを持っていたが1年で解約(楽天カードの時は限度額100万円)。2年後に楽天プレミアムカードの申込をしたところ、最初から限度額が300万円に設定されていた。

 

一般的に、楽天プレミアムカードなどのゴールドカードの入会審査は、年収以外に、

  • 勤務先会社の資本金
  • 従業員の規模
  • 勤続年数
  • 借入状況
  • 延滞履歴

において高得点を得ることが必要です。

初回限度額が300万円に増額できる人は、楽天プレミアムカード会員基準で最高得点を得ている人と考えられます。また、意外に年齢も重要で、年齢以外の条件が同じでも、年齢が高い方が限度額を上げるためには有利です。

しかし、初回から300万円になる人はごく一部なので、一般的に300万円となるには、利用実績を積み上げる必要があります。

具体的な利用金額については、月10~20万円程度の楽天プレミアムカードのコンスタントな利用(通常3か月程度)で、延滞もなくきちんと返済していれば、審査に通る可能性が高いといえます。月間100万円利用している人であれば、短期で基準に達するので、やはり利用金額と返済実績によるところが大きいと言えます。

尚、海外旅行などで一時的(1回のみ)に限度額を上げたい場合は、審査はありますが、一時的な増額であれば通常よりも少しゆるい基準で増額できる可能性はあります。

 

自分が基準を満たしているはずなのに、もし初回の限度額が思ったより低かったら、これまでの他カード利用での影響かもしれません。もし不本意な限度額が設定されていたら、限度額を上げる申請をしてみてもよいと思います。(限度額は「楽天e-navi」を通じて簡単に申請ができます)

自分の限度額を知らないということであれば、ぜひこの機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
カードの引き落とし日に間に合わないかも…

コメントをどうぞ