今回は楽天ETCカードについて詳しく紹介していきます。

楽天ETCカードはいわば交通系サービスに特化した内容となっており、楽天系カードの特徴であるポイント高還元もしっかり受け継いでいるカードです。

プライベートや仕事の区別なくどちらでも一枚あると便利でお得なものとなっているので、楽天ETCカードの特徴を余すことなく一つ一つ紐解いていきます。

また、記事後半で楽天ETCカードでよくある質問を簡易的にまとめたQ&Aを設置しましたので、さっと読みたい方はそちらだけでもぜひ読んでみてください。(各項目の内容も簡単に掲載)

残念ながら本カードは楽天系カードの中で比べるとメイン所とは言えないサブカード。

楽天カードを作らずに楽天ETCカードだけ作ることは可能?

楽天ETCカードは楽天カード(本体)に紐づいているカードです。

まず、多くの方が思わず誤解してしまうのが楽天ETCカードがクレジットカード(一枚完結の本体)であるということ。

楽天ETCカードはあくまでも楽天カードに紐づいて利用することの出来るサブカードです。

つまりは楽天カードありきで利用出来るものとなっています。

そのため、楽天カードを作成せずに楽天ETCカードだけを利用すると言うことは出来ません。

ただし、利用料金は楽天カードと合算して精算する料金体系のため、家族カードのような役割を持ったカードと言えるでしょう。

楽天ETCカードのスペック

年会費 無料、または540円
利用条件 楽天カードを持っていること
ポイント還元率 100円利用ごとに1ポイント
発行可能枚数 1枚(楽天ビジネスカードのみ複数枚)

楽天ETCカードのスペックは上記の通りです。

年会費は基本540円発生することになっていて、所持している楽天カードのグレードや楽天会員のランクによって年会費の有無がことなります。

詳しくはQ&Aでまとめていますので、そちらを参照してください。

さきほどもお伝えした通り、楽天カードに付帯しているサービスが楽天ETCカードなので、楽天系カードを持っていることが絶対条件です。

そのため、楽天ETCカードを未所持のユーザーは2パターンに分けられ、踏む手順も段階も異なります。

楽天カードを持っている人、持っていない人

楽天カード未所持ユーザー:楽天カードの発行→楽天ETCカードの発行

楽天カード所持ユーザー:楽天ETCカードの発行

そもそも楽天カードを持っていないユーザーは本体カードを手に入れるところから始めなければなりません。

逆に既に楽天カードを持っているユーザーはすぐに楽天ETCカード発行手続きに移ることが出来ます。

具体的な申し込み方法はQ&Aで詳しく解説していますので、参考にしてください。

スポイラーのタイトル

全国11,000箇所のENEOSでポイント2倍

楽天ETCカードは本体カードである楽天カードと同様に100円につき1ポイントの還元率を持っているとお伝えしましたが、ENEOSのサービスステーション限定でポイントが2倍になる特典があります。

ENEOSのサービスステーションは全国で約11,000ヵ所も設置されており、利用する機会も多いことでしょう。

内容としては給油はもちろんこと、オイルの交換やカーケア商品まで100円につき2ポイント(相当)のポイントがキャッシュバックされます。

さらには楽天ポイントカードとして、下記のガソリンスタンドで利用額に応じたポイントを貯めることも可能です。

  • IDEMITSU
  • KYGNUS
  • SOLATO
  • エネフリ
楽天カードの中でも様々なポイントが優遇されているカード

楽天Edyの支払いでキャッシュレスにお会計

楽天ETCカードには楽天Edy機能を付けることも出来るので、さきほどの機能と合わせてサービスエリアやパーキングエリアでキャッシュレスに支払いが出来ます。

もちろん、楽天Edy機能もチャージや支払いをお得に利用出来るので、本体の楽天カードでの利用を考えれば、余すことなくお得に生活することが可能。

これでもかと言うくらいに女性向けサービス盛りだくさんな楽天カード

楽天ETCカードの540円の年会費を無料にする方法

楽天ETCカードの540円掛かる年会費を浮かせる方法は、上位の楽天カードを作成するか、楽天会員のランクを上げることです。

次のQ&Aで詳しく解説していますが、楽天カードで言えば楽天ゴールド、楽天プレミアムカード楽天会員ランクで言えばダイヤモンド、プラチナで年会費が免除されます。

たかが540円と言っても、長年利用することを考えれば無視できない出費です。

楽天ETCカードが無料になるクレジットカードが気になる方は、下記見開きからご確認ください。

楽天プレミアムカード
楽天ゴールドカード

楽天ETCカードでよくある質問一覧とQ&A

Q 楽天ETCカードの年会費はいくら?

A無料~540円

楽天ETCカードでは通常540円の年会費が基本的に費用として別途発生しますが、所持している楽天カード(本体)、または楽天会員のランクによって年会費が免除される場合もあります。

契約しているクレジットカード 楽天の会員ランク
ダイヤモンド会員、プラチナ会員 左記以外のランク
楽天プレミアムカード 無料
楽天ゴールドカード
楽天カード 無料※1 540円
楽天ANAマイレージカード
楽天PINKカード
楽天銀行カード
楽天ビジネスカード 1枚目は無料、2枚目以降は540円

※1-1 初年度年会費が無料となる場合は、楽天ETCカード申込み時点の楽天会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の方

※1-2 次年度以降の年会費が1年間無料となる場合は、楽天ETCカード年会費請求月(楽天ETCカード入会月の翌月)の楽天会員ランクが「ダイヤモンド会員」「プラチナ会員」の方
となっており、※1の場合はカード発行台紙には楽天ETCカード年会費が初年度無料となる会員であっても、年会費540円(税込)が記載されますが、しっかりと請求月の明細にて割引されます。
また、楽天会員ランクの判定は毎月2日00:00までに切り替わり、切り替わった楽天会員ランクにて判定される仕様です。

Q ETCカードのみの利用明細が欲しい場合は発行可能か?

A  ETCカードのみの利用明細は発行不可能
基本的にETCのみの明細を発行をすることは出来ず、楽天会員サービスである楽天e-NAVIでもETCのみの利用明細表示は不可能です。

そのため、ETCカードの利用明細を確認するためには、カード利用明細と合わせて確認する必要があります。

確認する具体的な手順は以下の通り。
楽天e-NAVI
ETC利用照会サービス
走行明細確認

ETC利用照会サービスとは、ETC無線走行時の利用証明書の発行を担っている道路事業者のサービスです。

印字された利用証明書の走行明細確認が可能となっています。

Q ETCカードを持っていない場合(本体カード所持)の追加申し込み方法は?

A会員様専用オンラインサービス楽天e-NAVIより申し込み可能

上記方法以外にも自動音声ダイヤルで電話申し込みという方法も存在します。

Q ETCカードでも利用金額分のポイントが貯まるのか?

A もちろん、楽天ETCカード利用分も通常ショッピング利用分と同様に楽天スーパーポイントが100円で1ポイント還元されます。

Q 楽天ETCカードの複数枚所持は可能なのか?

A楽天ETCカードは基本1枚のみの発行なので、楽天ビジネスカードのみ複数枚発行することが可能

楽天ETCカードは楽天カード株式会社が発行するクレジットカード一枚につき一枚の付帯が限度となっています。

そのため、仮に2枚目以降を申し込んだとしても、例外的な楽天ビジネスカード以外は発行することが出来ないので気を付けてください。

Q 楽天ETCカードを持っていない場合でもETCカードのみ発行することは可能か?

A 楽天ETCカードは本体である楽天カードに付帯するサービスであるため、楽天カード未所持の場合は利用出来ません。

支払体系も楽天カードにETC利用分の料金を合算して支払う料金体系になっています。

Q 本体カードだけではなく、家族カードにもETCカードを付帯することは可能か?

A 本体カードのみの付帯で、楽天ETCカードに付帯することは出来ません。

本サイト掲載クレジットカード総合ランキングベスト3

楽天ETCカードは楽天カードの特典

既にご存知の通り、楽天ETCカードは本体カードがなければ発行することが出来ません。

楽天カードありきのサービスとなっているので、楽天カードの利用特典の一つと考えましょう。

楽天ETCカードは交通系の支払い方法として優れているだけではなく、楽天カードと同等のポイント還元率が魅力的な一枚です。

仮に楽天ETCカードだけ利用出来たとしても、単体での利用ではその魅力も半減してしまいます。

支払とポイントを一元化してこそメリットのあるサブカードとなっているので、本体カードを未所持という方はぜひとも新規申し込みを検討してみてください。

5000円8000円分の楽天ポイントもらえる入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式サイトへ移動します