楽天Edy使うなら楽天カードが便利!

楽天カードから楽天Edyにチャージでき、ポイントも2重取りできるから超お得!

年会費無料で楽天Edyを使えるのは楽天カードだけ!

楽天ポイントは楽天市場や楽天トラベルなど楽天に関連したサービスで幅広く利用可能ですが、楽天ポイントを楽天Edyに交換すると、楽天ポイントをリアル店舗で利用することができちゃいます。

楽天カードでコツコツと貯めた楽天ポイントを、カフェや映画館、コンビニやカラオケ、ファミレスで使えちゃうのは驚きです。

日々の生活をよりお得に過ごしていくために楽天Edyはおすすめです。ここでは楽天Edyを使う方法と、楽天ポイントからEdyに交換する方法をご紹介します。

楽天Edyと楽天ポイントの違いについて(タップで開く)

楽天Edyカードを入手する方法

楽天Edyは

  1. おサイフケータイ
  2. 楽天Edyカード(Edy機能のみ)
  3. 楽天Edy対応クレジットカード

3つのパターンがあります。それぞれの媒体で楽天Edyを利用する方法をご紹介します。

1.楽天Edyカード対応クレジットカードで楽天Edyを使う

2016-07-05_171214

最近はクレジットカードに電子マネーの機能が付属されているカードも多く発行されています。

交通機関のクレジットカードには「Suica」や「ICOCA」、イオンカードには「WAON」、リクルートカードには「nanaco」、そしてソフトバンクカードや楽天カードには「楽天Edy」が対応した種類もあります。

電子マネーにチャージしてすぐに使えるし、場合によってはすぐにクレジットカードとして支払いもできるし、何よりカードが1枚にまとまるので財布がかさばらないのが大きなメリットです。

楽天Edyカード対応クレジットカードのメリット

  • カード所有枚数を少なく抑えられる
  • 楽天Edyのチャージが楽ちん
  • クレジットカードからチャージすると楽天ポイントが貯まる
  • いざという時にはそのままクレジットカード払いができる

楽天Edyカード対応クレジットカードのデメリット

  • クレジットカードを紛失すると楽天Edyを利用できない

2.おサイフケータイで楽天Edyを使う

2016-07-05_171204

iPhoneはおサイフケータイに対応していないので利用できませんが、Androidでおサイフケータイに対応しているスマホ機種であれば、楽天Edyアプリをインストールしてすぐに利用することができます。

楽天Edy公式アプリを使えば、楽天ポイントの交換の手続きも楽ちんですし、楽天Edyのキャンペーン情報もすぐに入手できるのでおすすめです。

おサイフケータイを利用するメリット

  • 楽天Edyの残高をすぐに確認できる
  • 楽天ポイントの交換・移行も楽にできる
  • 楽天Edyのキャンペーン情報をすぐに入手できる
  • 楽天Edyの利用明細をいつでも確認できる

おサイフケータイを利用するデメリット

  • スマホの電池が無くなると楽天Edyが使えない
  • スマホが紛失・故障すると楽天Edyが使えない

3.楽天Edyカードで楽天Edyを使う

2016-07-05_171232

iPhoneだからおサイフケータイに対応していないし、今すぐ楽天ポイントを楽天Edyとして使いたい場合は、楽天Edy専用のカードで支払いをすることができます。

おサイフケータイだとスマホが故障したり電池が無くなってしまうと使えなくなってしまいます。なので楽天Edy専用カードがあれば独自で管理できるので便利です。

いざというときの損失を最小限に抑えられるのが大きなメリットです。

おサイフケータイ対応のスマホ機種かどうかを判断する方法(タップして開く)

楽天Edyカードのメリット

  • 楽天ポイントや楽天Edyを独自管理できる
  • 無くしたときのダメージが小さい
  • カード管理がシンプル

楽天Edyカードのデメリット

  • カード枚数が増えるのでかさばる

楽天Edyカードはコンビニで購入可能なのか?

2016-07-06_100401

楽天Edyカードはコンビニでも購入できます。上の画像のようなカードの種類があり、各店舗ごとで売っているカードのデザインが変わります。

楽天Edyカードを購入する時は、必ず「楽天Edy」のマークがついているカードを購入してください。楽天ポイントのギフトカードも一緒に並んでいるので間違えて買ってしまう可能性もあります。ご注意ください。

 

しかし、楽天Edyカードを購入するのであれば、楽天Edy付きの楽天カードを発行する方がお得です。むしろ楽天Edyカードは損をするので買わないでください。

損してる?楽天Edyカード単体で発行するデメリットについて

2枚持ちが面倒

楽天Edyカードで電子マネー支払いをし、クレジットカードでクレジット払い…となると、おサイフの中にカードを2枚保有する事になります。

どちらも利用するのであれば、楽天Edyとクレジットカードが1枚になっている方が手持ちもすっきりしていいですよね。

2枚持っていると、会計時にカードを選ばなくてはならないのも面倒です。

ポイントが貯まらない!

楽天Edyで支払えば200円につき楽天ポイントが1ポイント貯まります。でも現金でチャージする時はポイント貯まりません。これは損です。

しかし、クレジットカードで楽天Edyのチャージをすれば、クレジットカードでもポイントが貯まるので、ポイントの2重取りができてかなりお得になるんです。意外と知らない人が多い裏技です。

取引明細の管理が大変

生活の出費を、現金だけでなく楽天Edyやクレジットカード利用金額で管理している方にとって、明細を管理するのは大変な事ですね。

楽天Edyカードは、会員情報を登録しておけば、インターネットで利用履歴が確認できます。

これは楽天のクレジットカードにのみ言える事ではありますが、楽天カードならひとつのアカウントで楽天Edyも楽天カードも管理する事ができます。

インターネットでも会員登録が多くなってきた今、アカウントはより少ない方が良いですよね。

そういった点では、楽天Edyは楽天カードとの一体型を持っていると、毎日の家計管理も見やすくなります。

会員登録が増える

楽天Edyは、会員登録をしてもしなくても単体での利用ができます。

会員登録をしておけば、紛失してもチャージ金額が戻るので、皆さんインターネットで会員登録をする方が多いようです。

しかしこの会員登録、毎回毎回自分の個人情報を入力しなければならないのは正直面倒です。

楽天のクレジットカード一体型なら、カード申し込み時に自動的に楽天Edyの会員登録されるので、作業が一度で済むのは嬉しいです。

楽天Edy一体型クレジットカードがお得な理由

1.ポイントが貯めやすい

楽天Edy一体型クレジットカードなら、楽天Edyの利用とクレジットカードの利用でそれぞれポイントが貯まります。つまりポイントの2重取りができます。

楽天Edyで支払うと200円で1ポイント、楽天Edyにチャージする時に100円で1ポイント(還元率1%の場合)、チャージと支払いでポイントが2重取りできます。

生活スタイルに合わせた支払い方法を1枚のカードで選べ、どんな支払い方をしてもポイントが貯まるのはありがたいですね。

しかも、貯まったポイントを楽天Edyにチャージしたり、いつも利用しているお店のポイントやマイル移行もできます。ポイントの使い道はたくさんあるので、とりあえず少しでもポイントを多く貯めておいた方が良いです。

2.提携先で割引が利用できる

楽天Edy一体型クレジットカードは提携先で提示する事で、ホテルやレストランの割引や、空港ラウンジが利用できるサービスもあります。

カードを作った時に、「この施設でクレジットカードを利用するとお得になりますよ!」という一覧表がもらえたり、インターネットにも掲載されていますが、意外と知られていなかったりします。

実はいつもいく居酒屋がカード提示で10%OFFなんて事もありますので、一度調べてみると良いですよ(^^)

3.必要なカードをひとまとめにできる

楽天Edy一体型クレジットカードなら、電子マネー・クレジットカード・ポイントカード・マイレージカードなど、普段バラバラで持っているカードをひとつにまとめられます。

カードの種類にもよりますが、特にヤマダLABI ANAマイレージクラブカードであれば、家電を購入する時も、旅行に行く時も、1枚のカードで便利に使えます。

年会費無料で発行できる!おすすめの楽天Edy一体型クレジットカード

楽天カード(年会費ずっと無料)

年会費無料の楽天Edy付きクレジットカードは「楽天カード」だけ!

  • 国際ブランド:VISA・JCB・Master
  • 年会費:無料
  • 楽天ポイント:利用金額の1%をポイント還元(100円で1ポイント)
  • 楽天市場などでの利用はポイント4倍以上にもなる!
  • 楽天Edyへのチャージでも、100円につき1P加算されます!
  • 楽天Edyで支払いをすれば、さらに200円につき1P貯まる!

ANA VISAカード(年会費初年度無料)

飛行機をよく利用する人はANAカードでマイルも貯まる!

  • 国際ブランド:VISA
  • 年会費:2000円(初年度無料)
  • ワールドプレゼントポイント:1000円=1P
  • ポイント利用:ANAマイルへの交換は無料の5マイルコールなら1P=5マイル、移行手数料6000円の10マイルコースなら1P=10マイルへ換算されます。
  • ラウンジ利用は不可だけど、ANAサービスの割引やホテル・レンタカーがお得に使えるサービスがあります。


ANAアメリカン・エキスプレス・カード(年会費7000円)

ステータス重視なら世界最高級ブランドのアメックスがおすすめ!マイルも貯めやすい!

  • 国際ブランド:アメリカンエキスプレス
  • 年会費:7000円
  • メンバーシップリワードポイント:100円=1P
  • 1P=1マイルとして1000PからANAマイルへの移行が可能!
  • 空港ラウンジが使える!
  • 年会費はかかりますが、ANAユーザーには嬉しい特典がたくさんあるので、出張や旅行でよく使う方にはおすすめです。

まとめ

楽天Edy付きのクレジットカードを発行すべき理由まとめ

  1. カード1枚で管理できるから財布がスマート
  2. 楽天カードから楽天Edyにすぐチャージできる
  3. チャージでポイントが貯まる
  4. ショッピングは楽天カード、コンビニは楽天Edy
  5. カード1枚だけで買い物できる

楽天Edyつきクレジットカードでおすすめなのは

楽天Edyは電子マネーとしても幅広く利用できますが、クレジットカードと持つなら断然楽天カードがおすすめです!年会費無料で発行できるのは楽天カードだけとなります。

楽天カードマンのCMでも有名ですが、ポイントの還元率も高く、使えるお店が多いのは助かります。新規入会や楽天Edyからクレジットカードへの切り替えには、どどんと8000ポイントもらえる!など、その都度キャンペーンを行っているので、ポイントをがっつりもらえるチャンスです。

楽天Edyご利用をお考えの方は、期間限定のキャンペーンを見逃さないよう、公式サイトをチェックしておくように!

楽天Edyカード単体だと損する!年会費無料の楽天カードで賢く使おう!

楽天Edy使うなら楽天カードが便利!

楽天カードから楽天Edyにチャージでき、ポイントも2重取りできるから超お得!

年会費無料で楽天Edyを使えるのは楽天カードだけ!


楽天カード入会キャンペーン実施中!
カードの支払日を過ぎてしまったら…

【支払い遅れそう…】カードの引き落とし日に間に合わなかったらどうなるの?