今回はANAとコラボしている楽天カード、楽天ANAマイレージクラブカードを紹介します。

楽天カードと比較してどのようにスペックが異なるのかどんな方向性を持ったクレジットカードであるかをお伝えします。

名前からもわかる通り、航空会社であるANA関連のサービスもお得に利用できるので、旅好きな方には要チェックの楽天カードです。

楽天×ANAという局地的な利用に関しては他の追随を許さないほど得するポイントシステムとなっているので、節約が大好きで外泊などを出来るだけポイントを稼いで行いたいユーザもぜひ読んでいってください。

楽天ANAマイレージクラブカードならではのカード4枚相当の多機能性楽天ポイントとマイルの互換性など、気になる点もバッチリフォローしています。

また、こちらでその他種類のカードも同じく無印と比較解説していますので、合わせてお読みください。

楽天カード
国際ブランド 電子マネー
年会費 (初年度) 年会費 (2年目~) 家族カード ETCカード
無料 無料 無料 500円+税
ポイント還元率 楽天Edyチャージ
100円=1P 200円=1P

5000円分の楽天ポイントもらえる入会キャンペーン実施中!


※クリックすると公式ページへ移動します

楽天ANAマイレージクラブカードとは?

楽天ANAマイレージクラブカードとは、楽天カードの中でも航空会社であるANAと提携したクレジットカードで、飛行機の利用や旅行での利用が大変お得になるサービスを提供しています。

より楽天カードとしての性能を追求したプレミアム楽天カード、女性向けサービスに特化した楽天PINKカード等ある中で、こちらはフライト、引いてはANAを利用する方ピンポイントに向けた楽天カードです。

その主な内容は以下の3点です。

  1. 4つのカード機能が搭載されている
  2. 楽天ポイントとマイルの互換性
  3. ANAマイレージモールと楽天市場でポイントの二重取りが可能

4つのカード機能が搭載されている

それぞれ解説していきますと、4つのカード機能とは、楽天カード(クレジット機能)Edy(電子マネー機能)Rポイント(楽天ポイント機能)ANAマイレージクラブのことを指し、これらが複合して1枚で使えるようになったものが楽天ANAマイレージクラブカードです。

楽天カードはとEdyは言わずもがな、品物の購入や各種お支払いに利用出来、そこにRポイントとANAマイレージクラブ機能があるために両得なポイントを貯めることが可能となっています。

勘違いさせないために補足しておくと、このポイントはコースで勘案されており、両方のポイント制度を同居させることは出来ません。

つまり、楽天ポイント制度とマイル制度の併用は不可(通常は)で、楽天コースを選択中は楽天ポイントがたまり、ANAコースを選択中はマイルが貯まる仕様です。

それぞれANAは200円で1マイル、楽天スーパーポイントは100円で1ポイントとなっています。

ですが、一度コースを決してしまったら片方しか利用できないというわけではなく、途中でもコースの変更が可能となっています。

また、後述する方法で両者一挙にポイントを貯める裏技的な二重取りも不可能ではありません

それでは無印の楽天カードと楽天ANAマイレージクラブカードとの違いを見てみましょう。

種類 楽天カード、楽天ANAマイレージカードほぼ共通部分(年会費以外)
国際ブランド MASTER CARD

JCB

VISA

年会費 永年無料 540円※1
対象者 18歳以上(高校生除く)
共通特典 ネットショッピングでも街の買い物でも100円で1ポイント貯まる

海外旅行損害保険付き

ネット不正安心制度

カード利用お知らせメール

カード盗難保険完備

 

SPU特典※2 ポイント4倍

※1 初年度は年会費無料のうえ、さらに年1回の利用で来年以降もその年が無料に

※2 スーパーポイントプログラムの略。この倍率でもらえるポイントは期間限定で利用する必要あり。

各特典 楽天カード 楽天ANAマイレージクラブカード
最高利用限度額(ショッピング) 100万円
楽天グループの優待サービス なし
空港ラウンジサービス なし ANAマイレージクラブ機能が搭載されており、「楽天スーパーポイント」または「ANAマイル」で好きなコースを選択可能。※1

ANAマイルコースを選択すると200円で1マイル貯まる

予約、購入、座席指定が済んでいれば、空港で搭乗手続きをせずに直接保安検査場に進むことが出来る「スキップサービス」が利用可能

各種保険 なし

※1 申し込み後はWEB上でコース変更が可能

 

名前が違う割に共通部分が多く、一つ目の表では年間利用料以外はほぼ同じです。

ですが、ANAマイレージクラブに相当する部分では、無印楽天カードには同サービスが全く備わっていないので、空港ラウンジサービスではずば抜けて有利です。

言い方を変えれば空港ラウンジサービスに魅力を感じないのであれば、他のカードを検討した方がより実用度も高いものと思われます。

マイレージクラブカード独自の内容を見てみるとさきほど紹介したポイント貯蓄のコースを任意に変更できること、スキップサービスなる便利なサービスが利用できることがわかります。

こうした点で、普段使いに加えて海外出張や特別なレジャー時に賢く利用できるのが楽天ANAマイレージクラブカードなのです。

利用額に対してどのような返済額を辿るのかの指標も用意したので、航空代としていくら利用するとこんな返済になるのか、など想像しながらお読みください。

ちなみに全体の条件として貸付利率は18%、月々の返済額は可変型となっています。

10万円利用した場合の返済シミュレーション

 

楽天ポイントとマイルの互換性

ポイントを貯めることの互換性は説明しましたが、実はお互いにポイントをやり取りするシステムがあり、相互交換して共通ポイントのように利用することができます。

レートは

  • 楽天ポイント→マイル 2ポイントにつき1マイル
  • マイル→楽天ポイント 10,000マイル→10,000ポイント

となっています。

お気づきかと思いますが、ポイントレートでみると、マイルから楽天ポイントが等価で、楽天からマイルが半分です。

どちらを重点的、あるいはメインに利用するのかよく考えてから利用しましょう。

また、両者ポイントを交換する際にはいくつか注意事項があります。

楽天ポイント交換時の注意
マイル交換時の注意

 

共通ポイントとして利用できる反面、運営会社によって交換側の利用規約やルールが異なるので、あらかじめ確認しておくと齟齬がありません。

 

ANAマイレージモールと楽天市場でポイントの二重取りが可能

通常であれば楽天ポイントとマイルの二重取りは不可能だとお伝えしましたが、実はあるサイトを経由すると夢の二重取りが可能となります。

そのサイトとは、ANAグループのサービスであるANAマイレージモールです。

ANAマイレージモールとは、言ってしまうとポイントサイトのような性質を持っていて、ここを経由して利用したサービスには経由先での利用とは別にマイルが貯まる仕組みがあります。

わかりやすく二重取り出来る例と出来ない例で見ていきましょう。

 

二重取り出来ない例 コンビニでクレジットカードによる買い物

コンビニで商品の購入→楽天ポイント or マイルコースでのポイント付加

二重取り出来る例 ANAマイレージモールを経由して楽天市場でクレジットカードによる買い物

ANAマイレージモール経由(マイルの付加)→楽天市場(楽天ポイントの付加)でカードで購入

 

となるので、ポイントが積算されるタイミングが2つとなり、本来は同居できないはずのポイントも別々の場所で貯まるために問題なくなります

もちろん、ANAマイレージモール自体は楽天グループのサービスだけではなく、ヤフーショッピングや旅行サイトのじゃらん、または飲食店など多岐に渡って利用でき、ご活用いただけます。

 

無印の楽天カードよりも優れている点

やはり、楽天サービスにプラスしてANAグループのサービスもお得に利用できる点は優れています。

通常であれば楽天カードとANAマイレージクラブで別々に利用をし、ポイントもそれぞれ獲得、活用していかなければなりません。

しかし、こちらではさきほど紹介したようにANAマイレージモールを経由して楽天市場で品物を購入すると、それぞれにポイントが付与されます

例えば、1,000円のものを個別に利用(つまり2,000円)して購入すると、楽天で10ポイントマイルで5ポイント獲得できます。

対して、楽天ANAマイレージクラブカードであれば、2,000円購入した場合、楽天で20ポイントマイルで10ポイント貯めることが可能。

単純計算でこのカードを利用するだけで2倍ものポイントを貯めることができます

さらに楽天カード自体にポイント4倍の期間限定ポイントが付いてくるので、どれだけお得であるかはもはや言うまでもありません。

また、既出のポイント互換制度によってポイント制にありがちなポイントが偏ってたまってしまい、利用する機会もなく無駄になることもないのです。

楽天で使いたい時はANAマイルから移し、ANAでポイントを消費したい場合は同じく楽天ポイントから交換が可能です。

他に楽天カードにない機能と言えば、やはり、空港カウンターでの搭乗手続きが不要となるスキップサービス

時間がかかって煩わしい搭乗までの時間を短縮し、直で保安検査場まで進むことができます。

楽天カード全般に言える新規入会特典のポイントも、実は無印のカードよりも多く、楽天カードが5,000ポイントなのに対し、楽天ANAマイレージクラブカードでは、最大9,000ポイント(相当)もらうことが可能。

新規入会特典が2,000ポイント、カード利用特典が3,000ポイントとここまでは楽天カードと同じで、ここへANA楽パック(航空券+宿)の予約時に利用できる4,000円分のクーポンを受け取れます。

さらに期間限定ではありますが、上記特典に加えて500円分のEdy電子マネーが自動付帯、つまりチャージされます。

ただただ楽天ANAマイレージクラブカードを申し込むだけでこれほど特典を受け取ることが出来るので、とりあえず持っておくか程度でも作っておいて損のないクレジットカードです。

仮に年間を通して一度も利用しなくとも、初年度に関しては年会費無料なので、本当に損をすることはありません。

ポイント特典の例で言えば、まず新規入会だけで2,000円ポイントがもらえ、そのポイントで何かを購入すれば3,000ポイントももらえる寸法です。

さすがにわざわざ宿泊や航空券を利用するのが嫌だという方でも、これぐらいの労力であれば利用しても良いと思えるはずです。

ANA楽パッククーポン特典詳細

 

楽天カードよりも優れている点とは違いますが、年会費540円に関しては年間一度の利用で帳消しとなるので、デメリットとしてとらえる必要はほぼありません。

それこそ楽天で1,000円程度のものをポイントでタダ買いして良いですし、年に一度ANAを利用して旅行に行くだけで大丈夫です。

むしろ、540円支払ったとしてもお釣りがくる機能性を有しているので、実質無料で利用できるだけでも大変なお得感です。

 

楽天ANAマイレージクラブカードを絶対に申し込まなきゃ損な人

ずばり、楽天ANAマイレージクラブカードを絶対に利用した方が良い人は、頻繁にANA航空を利用する方です。

または楽天系列のサービスとANA系列のサービスをそこそこ利用する人でも良いです。

とにかく片方だけで利用するよりもポイントの二重取りが出来る方が圧倒的に還元率が高くなります。

ポイント付与率=現金がその分浮いているものと思ってください。

例えば、現状それぞれ別々に利用している方は楽天ANAマイレージクラブカードを利用している場合と比べ、2分の1のポイントしか受け取れていないことになるのです。

つまりは損をしているのと同じではないでしょうか?

飛行機や宿泊となると利用金額も多いですし、申し込んで活用するのが早ければ早いほど得になります。

特に両者を結ぶサービスとして、ANA楽パッククーポン特典の存在があります。

こちらはANA国内航空券にプラスして宿泊分に対してもセット割引が出来るうえ、申し込みは楽天トラベルから行うことになるので、まさにANAマイレージクラブカードの神髄です。

なので、職業柄各地を飛び回る方、旅行や遠出が好きな方にはジャストヒットなクレジットカードです。

対してあまり航空関係に縁がない、外出しない場合は冒頭でも紹介した他の楽天クレジットカード群を検討してみてください。

ポピュラーなものであれば無印の楽天クレジットカード、少しロイヤルなものが欲しければ楽天ゴールドカード、最上級クラスのクレジットカードが良ければ楽天プレミアムカード、学生さんはード楽天カアカデミー、女性は楽天PINKカードがおすすめです。

 

楽天ANAマイレージクラブカードで目指せ夢の無料旅行

今回は飛行機に関する利用でのお得に特化した楽天カードをお届けしましたが、専門性の高いクレジットカードだけあって、重点的に利用した場合の還元率は目を見張るものがあります。

それこそ毎月1回は旅行に行くという方であれば、紹介したANAマイレージモールから楽天トラベルを利用し、入会特典でもらえるANA楽パックのクーポンを上手に活用すれば、年に一回はポイント消費で無料旅行も夢ではありません

ポイント二重取りに加えて楽天トラベルでのポイント付与が大変高い(カードの倍率が乗る)ので、キャンペーンも随時併用すれば全体で2、3割は還元されるのではないでしょうか?

還元されたポイントはさらに旅行へつぎ込んでも良いですし、ポイント交換サービスを利用して別のことに回しても満足感があります。

ぜひ、楽天ANAマイレージクラブカードで、出費なしのスキップサービスを利用して優雅な旅行を目指してみてください。

楽天カード特集
 楽天カードのメリットデメリット  楽天カードのETCはメリットあるのか?
 楽天ポイントを楽天Edyに移行するメリット  楽天ポイントの賢い使い方まとめ
 VISA/Master/JCBどれがおすすめ?  nanaco使うならJCB一択にすべき
 楽天カードの限度額について  楽天カードとリクルートカードを比較した結果
 楽天カード vs 楽天ゴールド vs 楽天プレミアム  楽天カードとYahoo!JAPANカードを比較した結果
 楽天カードの入会キャンペーンいつから?  審査を確実に通すために準備すべきこと
ピックアップ記事
JALカードを持ってるだけで先得を先行予約できる今なら年会費初年度無料 アメックスカードのステータス性はどういう状況で実感できるのか?
アメックスグリーンとゴールドで迷ってるあなたに伝えたい後悔しない選び方 ANAマイルを貯めると得られる5つのメリットと4つのプチ贅沢
Yahoo!JAPANカードとファミマTカードを徹底比較!2枚発行して二重取りできる? 楽天カードの審査を確実に通すために準備すべきこと&よくある質問まとめ
総量規制これからどうなる?銀行カードローンも総量規制対象になったけどチャンス? 家族カードとは?私が抱いていた9つの疑問について調べてみた
 
カード比較特集
楽天カード vs Yahoo!JAPANカード 楽天カード vs リクルートカード
Yahoo!JAPANカード vs ファミマTカード イオンカードセレクト vs WAON一体型イオンカード
【JAL】CLAB-Aカード vs CLUB-Aゴールドカード アメックスグリーン vs アメックスゴールド